AppleMusic使い道

0
25

こんにちはうっしーです。

流行りの音楽と若い女性の顔の区別がつかなくなったらおじさん

そうおじさんなのです!

おじさんにならないためにApple Musicを推しておきます。

音楽聴き放題のストリーミングサービスは結局どれを選べばいいのか

たくさんストリーミングサービスありますよね…

うっしーはApple Musicを利用しています。

何故Apple Musicなのかという理由はClubのDJが一般的に利用するのはMacです。

理由はよくわかりませんがみんなMacを使っています。

ということは、そこで利用されている楽曲がApple Musicにフィードバックされ常に最新の楽曲がリリースされるのは容易に考え付きます。

提供楽曲数はGoogle Play Musicの方が多いということですが、提供ジャンルはAppleの方が「流行り」を押さえています。
今若い子は何を聴いているのか、どんなアーティストがはやっているのかをタイムリーにキャッチできるのはApple Musicだと考えます。

さて大前提を理解していただいた上で使い方ですが
非常に簡単です。

Apple Musicに登録するだけ。

登録の仕方は割愛しますが、わからない方はググってください!

うっしーの使い方はあくまで「おじさん」にならないようにするためなので好きなアーティスト、ジャンルを登録し聞き流すだけ!

〇〇ラーニングみたいですね…

しかしこれだけなのです。
そもそも流行りの音楽についていけない人は聞かず嫌いがほとんどだと思いますので、EDM、JPOP、KPOP、R&B、ROCK等々好きなジャンルさえ指定しておけば適当に聞いて好きな曲やプレイリストをダウンロードすればよいのです。

うっしーはその日の気分でアルバムやプレイリストを適当に検索して車で聞いています。
車内でiPHoneの音楽を再生されるという方のためにお勧めのトランスミッター張っておきます。

無線で音楽が聴けるうえトランスミッターの中ではかなり音質は良いと思います。
より高音質で聞きたい方はカーナビ等で相応のプレイヤーとスピーカーを要しますが3000円程度で簡単に良い音を聞けます。

この製品の良いところはBuletoothなのでエンジンを切ると再生が自動で停止され、再乗車時に自動でそこから再生してくれるというところです。

他にも利用シーンはあります。
Sound hound

clubや街中で聞いた曲をもう一度聞きたいときはこのアプリを起動すれば曲名が出てくれるのであとはApple Musicで検索するだけです。

他人に歌ってもらうことでも曲名がわかるので、仲間たちとの集まりや合コンで困ることはなさそうです。

うっしーの経験談ですが、キャバ嬢と夢の国にドライブデートしたときに自分の完璧なプレイリストに絶対の自信を持ち「これだろ!これをかけとけばいいんだろ」

という傲慢な態度でドライブしていたわけですが、その子に「EDMないの?」と言われそれがなんなのかすらわからない状態で盛り上がりにいまひとつ欠ける展開を経験したことがあります。

そうならないためにも皆さんにもぜひ活用していただきたいと思います。

特に日本の人は「物」にはお金を払うけど「サービス」にはお金を払わない傾向があります。
チップの文化がないからだと思いますが、非常にもったいないと思います。

AppleMusicは初月無料なので好きな楽曲があるか確認してから正式登録するのが良いですね。
ちなみに休みの日はこれを付けて散歩してます。

コメント

Please enter your comment!
Please enter your name here