8畳以上の部屋で使うにはピッタリの存在感。ハイレゾ対応スピーカーSRS-X9

2
402
SRS-X9はデスクに置くには向かない

こんにちはうっしーです。

猫も杓子もハイレゾハイレゾ

実際ハイレゾ聞いている人どれくらいいるでしょうか…

本当は1年前からONKYOのGX-D90狙ってたんですが、ハイレゾブームに乗り遅れ価格が高騰し金額が1.5倍になってしまったので買いあぐねておりました。

なので別の製品を入手することに。

ハイレゾってなんぞや

非圧縮音源を再生すること(であってるのかな…)

再生器、増幅器、発生器

この3種がそろっていないと効果を発しないようです。

再生機はPCを使っております。

私のPCはASUSのGTX-750tiを利用しているため、光ケーブルで出力することが可能です。

再生機としては、スマートフォンやウォークマンがほぼ対応しているのでそれでも大丈夫ですね。

後は信号を増幅させるアンプ

これが高い、そしてスピーカーが別売りというのも難点

最初に挙げたGX-D90は光同軸ケーブル対応、且、アンプ内蔵型のスピーカーのためつなげただけでハイレゾが楽しめちゃうほどのすぐれものなのです。

いや実際他にもたくさんあるんだけど、そのとき7000円くらいで買えたんですよね…

場所をとるスピーカーとアンプを買うのはあまりスマートではないですよね。

今の主流はアンプ内蔵型のシステムスピーカーらしいので
買いました!

SONY SRS-X9

SRS-X9

はい、もう後継機のX99が発売されています。

X9特徴

このスピーカーの凄いところは音質は当然のことながら入力端子がたくさんついているというところなんですね

・USB-A(ウォークマン、USBメモリー)
・USB-B(PC接続)
・LAN端子(ネットワークスピーカー対応)
・Wi-fi
・NFC
・オーディオ入力

もうなんでも再生していいですよ!

っていうSONYのクオリティの高さ!
そして154Wという驚きの超パワー

8畳間1K住人のうっしーとしては、最大出力で聞くことはありません!
いや以前紹介したSRS-X2ですら最大音量では聞けません。(近所迷惑ですからね…)

http://usshi-na-life.com/2016/02/17/srsx2/

X9に関しては完全に持て余します!

音質

 

音質はというと
SONYお得意のドンシャリサウンドに圧巻!

1度80%程度まで出力あげましたが部屋全体が揺れてた気がします。

X2とX9でほぼ同じ音量で再生してみましたが、音域とサラウンドがやはり全然違いました。

X2は平面なのっぺりした感じ、X9は音域からすでに包まれてるかのような感覚になります。
加えてサブウーファーから腹にどっしりと響く低音!!!

金額差が8倍なので当然ですねw

メリットデメリット

X2

メリット

・本体が軽量
・充電時間が短く長持ち
・スペース取らない

デメリット
・重低音を楽しむほどの音のメリハリがない

X9

メリット
・音質はこの種類のスピーカー最上位
・入力端子に困らずTV音源も再生可
・かっこいい(ボタンがすべてタッチパネルになっているため非常に外観はスマートです)

デメリット
・スペースをとる
・本体重い

 

まとめ

 

X2はアクティブスピーカーなのでPCスピーカーで利用しようとすると、ちゃんとしたスピーカーには遠く及びません。

持ち運びようと加味したときにBOSEとかBeatsと比較すると非常にコストパフォーマンスが高いです。

車に搭載したり出かけるときに役に立ちます。

X9に関しては、高音質なためまず内部のスピーカーが重く、本体の振動を抑えるため重く作られています。
スピーカーとしては当然なのですが、長方形の重い鉄の塊をPC前に配置することはできないため、最適視聴スペースへの配置がちょっと難しいと感じました。最初に挙げた場所をとるは回避できませんでしたw

これを始めてみたときに広い部屋に無造作に置かれてる情景が目に浮かびました経済的に余裕がある方がもってたらすごくオシャレだと思います。



いずれにしてもソニー様は良い製品を作っているなと改めて感心しました。

中古相場は新型の99が発売され大分安くなっているため、ハイレゾやBlue toothスピーカーを検討されている方はこの機会に思い切って買ってみるのもありかもしれません。

2 コメント

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください