【やるべき?】windows10へのアップデートを迷っているあなたの背中を押す3つの理由

0
50

こんにちは、うっしーです。

皆さんはwindows10へのアップデートはされましたか?

うっしーはまだしておりませんが、最近強制アップデートが話題になっていますね。

今回はwindows10にアップグレードするべきか否かということを記事にします。
それではどうぞ。

windows10へのグレードでサポートが延びる

windowsのアップデートで変わるのはマイクロソフトのサポートの延長期間が延びます。

OS名 メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日
Windows Vista 2012年4月10日 2017年4月11日
Windows 7 2015年1月13日 2020年1月14日
Windows 8(8.1) 2018年1月9日 2023年1月10日
Windows 10 2020年10月13日 2025年10月14日

windows8及び8.1はサポート期間を同一としており、2023年までのサポートが受けられます。
windows7は2020年オリンピック開催の年にサポート終了としていますね。
vistaの方は延長サポートがあと1年を切っていますので、アップデートは効果的かもしれませんね。

自分のPCがアップグレードに耐えられるか。

windows10の「このPCは互換性があります」を選択すると表示されます。

win10speck
んーわからん

ということで公式へ

CPU 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ストレージ 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
GPU DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ 800×600

なるほど、最近のPC市場では2in1の低スペック市場のみ伸長しているとのことなので、システム要件を満たすPCは安価で入手できるということか。

うっしーが気にしていることはここ

・UI変更による利便性の低下
・windows8.1→windows10によるパフォーマンスの低下
・対応ソフトの減少

windows10のUIといえば

モダンUIを廃止してスタートボタンを付けたものですよね。
windows8にも慣れてきたのに、またスタートメニューになるとは・・・
ここはカスタマイズで何とかなりそうな気がします。まぁ所詮UIなので自分が我慢すれば使えないということはないのです。

windows8.1→windows10によるパフォーマンスの低下

この辺を気にされている方多いのではないでしょうか。

GIGAZINEさんのWindows 10・Windows 8.1・Windows 7の性能を比較し検証するとこうなる
が非常に参考になりました。

んーということは気になる2点はクリア

対応ソフトの減少

windows10ソフト起動しない」で検索すると結構出てきます。

といいつつ、普段から大したソフトをうっしーは利用していないので実はどうでもよかったりします。
ただドライバーの対応ができなかったらいやじゃないですか!

以前家電量販店で使っていたAcerのAspireシリーズAspire AM5400 AM5400-H64DはCPUがAMD製のphenomだったこともあり、windows7からwindows8に挙げるのも一苦労で、まともに動かなかった経験があります。
そのため、ドライバーの対応って結構気になるとことなんです。

ちなみに初代マイPCのAlianware13に関しては、windowsのドライバーを全てDELL様に管理されていたので、DELL様のやる気がなくなる←サポート終わりみたいな感じでした

今はintelの自作PCを使っています。

windows10有償価格は16000円!

高い!いやwindowsosからすると安いのですが、windows8用のアップグレードメディアはマイクロソフトのセール時に5000円で購入した記憶があります。

その時の価格からすると高い気がします。

みんなが使っているOSは

osshare2016april
windows7が50%弱
windows10が15%
windows8(8.1)が9%
windowsvistaが1.4%

windows7のシェアが高いのは、XPの延長サポート終了が高いのはまぁわかるとして・・・

windows10が驚異の追い上げですね。
これからwindowsのノートPCあるいはタブレットPCを購入される方は、すべてwindows10になりますよね。

マイクロソフトはさっさと旧OSの管理費コストを削減し、新OSで使えるサービス環境の充実化を図るための試みだといわれていますが、執拗にアップグレードをせまるのは以下かがなものかと思ってしまいました。

ということで無償の間にクリーンインストールのための準備をしておきましょう。

まとめ

エンジニアの方や仕事で使われてる方向けではない内容になりましたが、細かい悩みはさておき、2番目のパフォーマンスは低下ではなく向上するということなので、向上するならアップグレードしない手はないですね。
さんざん、windows10のアップグレードを無視してきた皆様も、あと2ヶ月で有償になってしまうことを考えると、ここで1度熟考されてはいかかでしょうか。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください