株式投資するなら米国株にすればいいのにと言う話。

0
133

貯金が大好きな日本の皆さんこんにちは。

うっしーと申します。

プロフィールにもあるように、僕は以前日経平均先物で100万円吹き飛ばすという悲しい出来事を経験しました。

僕は投資家というよりも投機家です。

最近の話

NISAというのがあって、老後のための貯蓄は若いうちからやっておくべき、株は競馬やパチンコと違って胴元がいないから、リスクが少ない上に税金がかからないのがメリットで長期的なリターンが望める」(こんなような話。)

といった話を小耳に挟んだので耳を立てて聞いておりました。

ここから書く文章は投機家として、高校生の頃から行っていた僕の、私見であり、知識不足なぞを露呈するからもしれませんが、暇つぶしになればこれ幸いでございます。

今から行う株式投資は貯金よりもタチが悪い。

GPIF(日本年金機構)が日本株を購入するのは、

日本はこれからインフレにするぞ!だから株買って資産増やすぞ!

といった、国家主導の買い入れなわけであります。

そこに連れ添うように、日銀がETFの買い入れを行うわけです。
そのため、アベノミクスがアベノミクスになっているわけでありますが、実際のところ、外資(ヘッジファンド)の日本株がおもちゃになっている事実にみんな気づいていません。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-07/O5998O6S972E01

現在はQE(世界的金融緩和)によって世界中にお金が溢れている時代です。

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304152804579211072819908650

アメリカがスタートさせたので、それに追従するわけですが、アメリカは金融大国であり、不動のナンバーワンであります。

日本はというと、やはりアメリカの属国であり、世界市場から見れば極東の島国であり、1日が一番早く始まる国という印象であります。

日本の借金に関して言えば、すべて円建てなので、ギリシャのようにそう簡単には破綻しません。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100802/215663/

そのため、リスクヘッジ(資金逃避)のために円が買われて円高になります。
リスクオンと言って、金融不安が起こると勝手に円が買われます。以前どこかで読んだ記事では

円が安全なのではなく、相対的に他国の通貨よりも安全であるために買われる」というのを読みましたが、外人が円買いするのは株価(ダウ)暴落のリスクヘッジであるということらしいです。

ヘッジとは割安を買い、割高を売ることで利益を上げることですが、ヘッジファンドからするとアベノミクス当初は割安だった日本の株価も公金(日銀のETF購入や年金)買いが一服し、割高となったため、現状はダウとの差が顕著に出ています。

つまるところ、今から日本株に投資するということは、割高株を買うことであり、投資の王道とは言えません。
安く買って高く売るができないのですね。

それでも日本株を買う人は

私はソフトバンクを購入して30年くらい持っておくのが良いと思います。

孫正義社長は20倍にすると言っているのですから、20倍になるのではないでしょうか

株式投資というのは本来資産家が行うものであり、労働者の私たちが行って、実際に利益を出すためには、大成するベンチャー企業がたまたま当たったり、まとまった金額(1口で100万くらい)がたまたま10倍になったりする俗に言うテンバガー銘柄に当たった時だけです、それにしたってウォレーンバフェットは言います。

本当に良い株なら購入してずっと握ったままにしなさい。

とはいえ、先のたまたま当たっちゃった人はアベノミクス中は、しばしばあらわれておりました。(2013-2014年)

しかしながら、テンバガー銘柄を当てるのは投資とはいえません。

投機(ギャンブル)と言います。
投機は日本の法律上ギャンブルと何ら変わりなく処理されます。

よく言われる「株で数千万借金を背負って身投げした」人たち。

まぁだいたいは、新小岩駅で身投げして東京のサラリーマンたちの時間を止めてしまったりするのですが、このような人たちは信用取引よってレバレッジ(テコの意、自己資金の3倍まで株式に投資すること)をかけた上で株価の下落をダイレクトに喰らってしまった人たちです。
当然自己責任ですし、任意整理などの免責も降りないため、借金を返すあてがなく・・・
といった次第なんですね。

じゃあ投資します。

アベノミクス当初からソフトバンクを買っていた場合確か2000円から9000円くらいまで上昇していた記憶があります、ベンチャー色の強いソフトバンクですら、4倍程度です、1000株20万で購入しても100万円に届かない計算です。2年で100万円が多いのか少ないのか・・・

真面目にコツコツ貯金して500万貯金があった人の場合、天井で売り抜けると2000万くらいにはなっていますね。

とはいえ、天井だと教えてくれる人はいませんし、ホールドしておくのが投資ですから、現状だと1000万円くらいになっている計算です。

英紙が報じた「アベノミクスの末期症状」ステルス増税が日本にとどめを刺す

これで老後の資金として十分と言えるのか・・・

とはいえ、僕は日経平均先物で100万円を1週間で吹き飛ばしておりますから、

「それ見たことか、ザマァwww」と言われても何も言えないのであります。

投資するならアメリカ株

日本の産業は終わっています。

唯一購入してもいいかなと思えるのはソニーとソフトバンクくらいでしょうか。

ソフトバンクは日本の携帯会社であることを早く辞めたがっているように思えます。(別の事業を大きく成長させる。)

アメリカ株といえば、利上げを行っても依然強いままですし、これは知識とか理論とかを除いて、世界経済はアメリカが全てを握っているということを知った方が良いと思います。

アメリカが崩壊すれば大恐慌になりますから、それを防ぐためにあるいは、一番信用があるアメリカを担ぐために、資金がどんどんダウとS&P500に集まります。

アメリカが崩壊したら終わりですから、そこにオールイン(全掛け)してもいいと思うんですよね。

コメント

Please enter your comment!
Please enter your name here