子供に持たせるスマホは本当にドコモでいいのか?僕がYモバイルかUQモバイルをオススメする理由

0
3668

中学生になる子供にスマートフォンをもたせたい、あるいは子供が持ちたい、そう思う方も少ないはずです。

従来ではドコモ、au、ソフトバンクの学割を利用して、家族が使っているドコモの子回線として導入するパターンが多かったと思います。

これは、元販売員だった僕の意見にかなり偏ってきますが、今の流行りの環境に合わせて使って見ていただいて損はないはずです。

iPhoneを使う場合はYモバイルかUQモバイルがオススメ

2つの選択肢を提案します。

  • SIMフリーiPhone(アップルオンラインストアで購入)と格安SIM(楽天モバイルなど)を利用する方法
  • UQモバイル、Yモバイルで販売されているiPhoneSEやiPhone6Sを契約する方法

ここで紹介するのはUQモバイル、Yモバイルを利用する場合ですが、一応メリットデメリットを記載しておきます。

SIMフリーiPhoneと格安SIM(楽天モバイルなど)を利用する方法

メリット

  • 本体代金を先に支払ってしまうので、月々の通信料金が安い
  • 年齢認証不可によるLINEIDでフレンド登録ができないので犯罪に巻き込まれにくい。

デメリット

  • SIMフリー版はiPhone本体がアクシデント(故障や操作)に見回われた際はAppleでしか受付してくれない
  • 一括購入が条件のため8万円ほどを先に支払う必要がある。
  • 契約内容などは直接各格安スマホの会社に問い合わせる必要がある。
    通信の契約と本体の契約が別であるため、個別に管理する必要があるということです。

UQモバイル、Yモバイルで販売されているiPhoneを契約する方法

メリット

  • Yモバイル、UQモバイルは端末故障の際に問い合わせ窓口が一つで済む。
    両者は料金差がなく2980円(税抜き)で端末及び、通信費を支払うことができるので契約がシンプル
  • Yモバイルはショップを構えているので、いざという時に安心

デメリット

  • 機種は古いモデルになる(これだけです。)

Yモバイルの契約が簡単です。こちらから申し込みできます。

学生に人気なのはiPhoneシリーズその理由はみんなが使っているから。

 

スマートフォンが販売され始めてから10年が過ぎました。そうして、ほとんどの人が利用する社会です。そうなってくると、社会人になったら運転免許を取得して、車を買うように当たり前に使わなくてはなりません。

その際、考えなくてはならないことは何の機種を選ぶのか?ということです。

あるデータによれば日本人のうち半数がiPhoneを使っているといわれています。

さらに驚くことに学生の8割はiPhoneを利用しているそうです。みんなが利用しているからiPhoneを選ぶというのが本音でしょうか。

僕が販売員をやっていた時に話ですが、親子連れの人に

「なぜiPhoneしたいんですか?」

と聞いたことがあります。しかし、返ってくる答えはみな一緒でした。

「よくわからないけれど、みんな使っているからiPhoneにしたい」

という答えです。どんなに明確な理由を聞いてみても、やはりみんなiPhoneにしたいのです。

ですから。ここではAndroidの他機種をおすすめするのでなく、学生がiPhoneを使う上で知っておいてほしいことを紹介していきます。

多くの人が格安スマホを選ぶ今、格安スマホといわれている会社はたくさんあるからです。その数は500社を超えます。

学生が使うiPhoneは何が良いのか?iPhoneSEかiPhone6Sがオススメ

iPhoneシリーズでも現状で販売されている機種は5つあります。

iPhone現行機種
  • iPhone X
  • iPhone8
  • iPhone7
  • iPhone6S
  • iPhoneSE

この中から選ぶのですが、iPhoneXは本体金額も高いということもあり、選択肢に入らないと思います。

携帯会社で販売される機種の中で1番安いのは一覧のなかの下から順番になっています。

僕は一番値段が安いiPhoneSEを利用しています。

 

性能だけ見てもまったくわからないけれどどれが良いのか?

特にiPhoneが高性能になっていく上で、変化するのは2つです。これをよく覚えておいていただきたいのですが。

  1. 自撮り撮影の画質
  2. iPhone内で行う映像編集

自撮りして公開するのが今の流行りです。

インスタグラムというアプリをご存知でしょうか?芸能人などがリアルタイムで近況を写真でみんなに知らせるアプリです。

学生だけでなく、世界中ではやっています。アプリを使っていろんな人に見てもらうことで、共感を得たり、また、情報を得るために使うのが目的です。

その場合画質が高い方がたくさん共感を得られるため、最近のiPhoneはフロントカメラを高画質化しています。

画像で見てみましょう。

赤い枠で囲んでいるところは、フロントカメラの画質を表しています。

先ほど紹介した、高性能なiPhoneXや8ではさらに高画質化して1200万画素になっています。

しかし、これは本当に必要でしょうか?

iPhone内で映像編集ができるのはYouTuberがはやっているから

実際、YouTuberだけではないのですが、リアルタイムで動画を配信することも流行っています。

が、ここでは動画編集について書きます。

動画をiPhoneで動画を編集することができるのはとても便利です。

動画はとても性能が高いパソコンではないとできないことでした。それくらいiPhoneの性能が上がっているので、とてもすごいことです。

動画編集には機械の性能が高くなければいけないために、最新のiPhoneは高額になっています。

先ほど書いた、自撮りもそうですが、果たして本当に必要でしょうか?

iPhoneSEは本当に古くて使えないのか?大画面が欲しい場合はちょっと高い6Sをお勧めします。

使っている僕がいうのですから、安心してほしいのですが、そんなことは決してありません。

iPhoneSEはiPhone6Sと同じくらいの性能です。最新のゲームはプレイできる性能も有していますし、写真もかなりきれいに撮影することができます。

しかし、最近の若い子はパソコンを使わない代わりに大画面を求めます。

ですから、その場合はちょっとだけ高価なiPhone6Sをオススメします。

iPhoneSEとiPhone6SはUQモバイルかYモバイルがオススメ

新規で契約する場合はどちらでも料金に差がないので、

ソフトバンク系は好きじゃないからUQにする」でもよいと思います。

よくわからないけれど、なぜかおうちのインターネットがソフトバンク光だからYモバイルにする」でもよいと思います。

それぞれの料金を表にしてまとめてみました。

ワイモバイルでiPhoneSEにした場合(端末代金込み) UQモバイルでiPhoneSEにした場合(端末代金込み)
3218円 3218円
ワイモバイルでiPhoneSEにした場合(端末代金込み) UQモバイルでiPhoneSEにした場合(端末代金込み)
4082円 4082円

 

と、まったく一緒なのです。

それぞれの料金に含まれているサービス

それぞれサービス
  • 最初の10分電話無料(UQモバイルは5分間)
  • パケット2GBまで使い放題(最初の1年間)

注意点としては1年後にどちらも1080円値段が上がることです。これだとそんなに安くないのでは?と思う方もいると思いますが、端末を分割で購入していることも考えると、2年間はこれくらいの料金で使った方が良いと思います。

反対に端末を一括で購入した場合、Apple公式サイトから購入できますが、5万円程度はかかってしまいますので、やっぱり高い!ということになります。

 

 

Yモバイル申し込みの流れ-iPhoneの場合-

ここからY!mobile公式ホームページへ

するとこのようなページが出てきますので、iPhoneを選びましょう。

料金プラン

Yモバイルは3つのプランがあります

  • Sプラン→10分間カケホーダイと1GBのパケット通信
  • Mプラン→10分間カケホーダイと3GBのパケット通信
  • Lプラン→10分間カケホーダイと7GBパケット通信

尚、現在Yモバイルではデータ容量2倍キャンペーンを行なっているので、各プランの標準が最初から2倍使えるようになっています。

オプションを選ぶ

ここで重要なのはApplecareなのですが、壊れたら買い替えるくらいのスタンスの方が無難だと思います。

契約者情報

  • クレジットカード
  • 身分証明書(免許証など)

ここで重要なのはネットワーク暗証番号の決定です。今後、契約プランの変更や確認、電話での問い合わせの際に必要になるので忘れないようにしましょう。

この後注意事項を読み完了となります。

審査後問題なければ、当日および翌日の発送となりますので、自宅に到着までの所要日数は2-3日といったところでしょうか。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください