子供に持たせるスマホは本当にドコモでいいのか?僕がUQモバイルをオススメする理由

0
214

中学生になる子供にスマートフォンをもたせたい、あるいは子供が持ちたい、そう思う方も少ないはずです。

従来ではドコモ、au、ソフトバンクの学割を利用して、家族が使っているドコモの子回線として導入するパターンが多かったと思います。

これは、元販売員だった僕の意見にかなり偏ってきますが、今の流行りの環境に合わせて使って見ていただいて損はないはずです。

一般的なドコモ回線の子回線を追加した場合の料金

総務省の規制により新規契約優遇措置がなくなり、お子さんにドコモの回線を持たせる際に追加される料金は、シェア回線としての料金プラン+本体代金がかかります。

ドコモ最安料金プラン 1月の料金 24回の合計料金
iPhone 8 (64GB) 3,699円/月(全24回) 88,776
シンプルプラン(スマホ)
(2年間の定期契約あり)
1,058円/月 25,392
シェアオプション 540円/月 12,960
月々サポート(24回) -2,403円/月 -57,672
合計 3,218円 77,232円

一見すると安い料金プランのように見えますが、パケットのシェアが前提料金プランです。

ここに潜む問題点は多く、意外と見落としがちなのでご紹介します。

シェア回線の落とし穴:子供が使うパケットを制限できない

僕が販売員をしていて最も多かった問い合わせが、

子供がパケットを使いすぎて家族全員の速度が低下した」です。

ドコモは携帯会社で唯一シェア回線に対してパケットの共有を前提とした料金プランを盛り込んでいます。

解決策として、親回線(主回線、代表者)が契約しているシェアパックの料金プランをあげることがありますが、僕はあまりおすすめしていません。

ドコモのシェアパック

下記はドコモのシェアパックプランの料金表ですが、現在過去に契約したシェアパックを利用されている方は、パケット増量を検討されるかもしれません。

パケットが足りずにプランを変更した場合、今契約しているシェアパックプランに金額が上乗せされますので先ほどのお子さんのスマートフォン1台分の料金だけではすまないことがお分かりいただけると思います。

パケットパック データ量 月額定額料
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円

自分の青春時代に電話かけすぎておこられたことないですか?ちなみに僕はあります。「ゲームをするな」といってもしたいのが子供、僕の場合は家の固定電話から携帯電話にかけてお金が数万円を超える経験をしたことがあります。

今の時代でいえば、「YouTubeや携帯ゲームを控えろよ!」と子供に言うのと同じことですよね。果たしてできると思いますか?

高価なスマートフォンを子供に持たせておいてよいか?

表で紹介したiPhone8の料金は88,776円です。もちろん月々の割引があるためドコモが提示する実質金額は3万円程度。

トラブルなく晴れて2年を迎えられれば気にする必要はないのですが、iPhoneを壊してしまう人で最も多いのが若年層という統計データがあります。

ドコモ用の保証は月額750円(税込み810円)で加入することができます。

チェック!
  • 思春期の子供を制御するのは無理
  • パケットパックを30GBにしても50GBにしても火に油を注ぐ行為
  • iPhone本体がそもそも高い

ドコモのシェアプランの落とし穴まとめ

結果的に、3218円では使えません。

お子さんの回線+主回線のシェアプランを増量=6000円程度月額の費用が増えます。

僕はそこで格安スマホの会社で最もお勧めできるUQモバイルをたくさんの人におすすめしてきました。

格安スマホならUQモバイルがオススメ

UQモバイルといえば、親会社がauを運営するKDDIが親会社です。回線品質も早く、毎年顧客満足度ナンバー1を取得していることからもわかる通り、学生さんや、今までドコモを使っていた方たちも多く加入しています。

ドコモと比較したUQモバイルのメリット

  • 基本的な料金が安い
  • KDDIが親会社なのでサービスも安心できる
  • 回線速度が速い
  • 売れ筋の端末がある

UQモバイルなら1980円でインターネットも電話も使える

1年目の料金は基本料金が1000円割引され、2138円(税込み)で利用することができます。

2138円に含まれるプラン内訳
  • 5分間カケホーダイ
  • 2GBまでのパケット利用
  • スマートフォンの本体料金

ドコモを契約した場合、パケットは共有です。

UQモバイルなら単独でインターネットを利用することができる上、自然とお子さんのインターネット通信の利用を制限することができます。

KDDIが親会社なのでフィルタリングサービスも安心

格安スマホの会社としてあなどってはならないのは、お子さんにスマホのフィルタリングサービスをかける際のサービスです。

UQモバイルが採用しているフィルタリングサービス『あんしんフィルターfor UQ mobile』は、ドコモで提供されるフィルタリングサービスと同じネットスター株式会社が作っています。

回線速度は普通の携帯会社と変わらない

上記の画像は僕が独自に計測した、回線が最も込み合うお昼ごろに集中的に計測した回線速度データです。

UQモバイルは100Mbpsで、普通の携帯会社と同じレベルでスピードが出ます。一方楽天モバイルは非常に遅く使い物になりません。

UQモバイルは料金が安く、回線が早い格安スマホメーカーです。

格安スマホ回線4社分を比較した記事も記載しましたのでぜひ参考にしてください。

売れ筋のモデルがある

価格.comで最も売れているのは、『Huawei P20 lite』ですiPhoneではありません。

先ほどからも紹介している通り、

  • 安い価格
  • 高性能
  • きれいなカメラ

と見事に3拍子揃ったスマートフォンなので玄人からの人気も高いのです。

UQモバイルの利用料金

UQモバイルの場合大人気の機種を本体込みで月額2,138円で利用することができます。

ちなみに、僕はこのP20 liteをレビューした記事もございますので是非参考にしてください。

レビュー記事を見る

最新のiPhoneは学生に必要?|iPhoneが人気の理由はみんなが使っているから。

少し話が変わります。

スマートフォンが販売され始めてから10年が過ぎました。そうして、ほとんどの人が利用する社会です。そうなってくると、社会人になったら運転免許を取得して、車を買うように当たり前に使わなくてはなりません。

その際、考えなくてはならないことは何の機種を選ぶのか?ということです。

あるデータによれば日本人のうち半数がiPhoneを使っているといわれています。

さらに驚くことに学生の8割はiPhoneを利用しているそうです。みんなが利用しているからiPhoneを選ぶというのが本音でしょうか。

僕が販売員をやっていた時に話ですが、親子連れの人に

なぜiPhoneしたいんですか?

と聞いたことがあります。しかし、返ってくる答えはみな一緒でした。

よくわからないけれど、みんな使っているからiPhoneにしたい

という答えです。どんなに明確な理由を聞いてみても、やはりみんなiPhoneにしたいのです。

ただ、最近では中国メーカーのHuawei社が発売するAndroid端末が価格.comで売れ筋上位に食い込んできており、無駄に高いiPhoneを選ぶ必要性がありません。

iPhoneを使う理由は自撮り、カメラがきれいだから

iPhoneが高性能になっていく上で、変化するのは2つです。これをよく覚えておいていただきたいのですが。

  1. 自撮り撮影の画質
  2. iPhone内で行う映像編集

自撮りして公開するのが今の流行りです。

インスタグラムというアプリをご存知でしょうか?芸能人などがリアルタイムで近況を写真でみんなに知らせるアプリです。

学生だけでなく、世界中ではやっています。アプリを使っていろんな人に見てもらうことで、共感を得たり、また、情報を得るために使うのが目的です。

その場合画質が高い方がたくさん共感を得られるため、最近のiPhoneはフロントカメラを高画質化しています。

画像で見てみましょう。

赤い枠で囲んでいるところは、フロントカメラの画質を表しています。これはApple社の公式画像で、「美しいセルフィ―(自撮り)が撮れる」がうたい文句で魅力を表現しています。

高性能なiPhone8ではさらに高画質化して1200万画素になっています。

先ほども紹介した通り、Huawei社のAndroidが端末がバカ売れしている理由にカメラがきれいだからという理由があります。

iPhoneは未成年による機能制限を設定するのが大変

さて、ここでもう一つiPhoneのネックとなる部分をご紹介します。

県の条例で制定されているのは未成年(高校生以下)の携帯電話利用者にフィルタリングサービス(機能制限)を設定することです。

保護者の裁量によってはつけないことも可能ですが、インターネットを介した犯罪が散見される世の中です。子供が使うスマートフォンには機能制限をかけて利用してほしい人も多いと思います。

iPhoneは購入してから保護者の人がアプリごとに機能制限を行う必要があり、詳しくない人が行うのは大変です。

Androidスマートフォンの場合、フィルタリングアプリをインストールすれば、機能を制限することができます。

アプリを入れただけで昔のガラケーのようにサイト別にフィルターをかけてくれるので安心です。

チェック!
  • iPhoneはフィルタリングサービスが面倒
  • Androidは楽
  • 最新の安いAndroidは性能が高い

以上の理由により、初めてスマートフォンを持たせるうえでお子さんにドコモでiPhoneを使わせるのは安いようで安くない価格設定です。

自分で稼ぐようになってから好きなスマートフォンを使ってもらいましょう。

まとめ:今最もお勧めできるケータイ会社はUQモバイル

ここまでご覧いただいてなんとなくわかっていただけたかと思いますが、実は高いスマートフォンを使わなくても十分楽しむことができます。(iPhone6SやiPhoneSEなら契約できますし。)

さらにさらに、UQモバイルはインターネットから申し込むと13000円のキャッシュバックをもらうことができます。

一番安いプランでも1万1千円のキャッシュバックがもらえてとってもお得です。

一点大事なのが下記のボタンから申し込まないとキャッシュバックがもらえないので注意してください。

UQモバイルで詳細を確認

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください