【春のスマホ最安値】子供に持たせるスマホは本当にドコモでいいの?学割と格安スマホを比較する。

0
589

中学生になる子供にスマートフォンをもたせたいあるいは、子供が持ちたいそう思う方も少ないはずです。

従来ではドコモ、au、ソフトバンクの学割を利用して、家族が使っているドコモの子回線として導入するパターンが多かったと思います。

最後まで読んでいただければ、お子さんにぴったりのプランが見つかるはずです!

料金プラン、2017年の学割を使うのと格安スマホはどっちが安いの?

まずはこちらを見ていただきたいと思います。

以下の写真は各ケータイ会社のプランを家族回線あり、家族回線なしににまとめた表になります。

ここで重要になってくるのは、特別な割引がないということです。
昨年の1月から策定された総務省のガイドラインによってキャッシュバックは行えなくなっています。
基本的にこれ以下の料金で使うことはできません。

なぜならここに本体代金を支払わなければならないからです。

又、auとソフトバンクはデータシェアがないため、全て単独での契約になります。

1GBプランは得?か損か

各ケータイ会社の1GBプランをまとめました。

料金プランでは一見やすそうに見えますが、携帯会社特有のサポート料金がありません。サポート料金とは何か次に記載していきます。

端末購入で通信料金を割引するサービスとは

ここで復習しておきましょう。

  • ドコモは月々サポート
  • auは毎月割
  • ソフトバンクは月月割り

通信料金の割引は、新規、機種変更、MNPで変わります、端末でさらに変わります。
携帯はこれで端末の料金をコントロールしています。

今、総務省で問題になっているのは、乗換ユーザや新規ユーザーに対して実質0円で提供することです。

実質0円で提供するというのはこういうことです。

実質金額というのは、下の図に書いている1ヶ月あたりの実質の本体代金が0になるということです。

※サポートは月々の料金からマイナスされる金額です。

実質金額と月額基本料金を足した金額が利用料金になります。

実質0円じゃないということは通信料金の割引がされず、本来割引されるはずの料金がそのまま支払いをしなくてはならないのです、ですからケータイショップなどで購入する場合

1GBプランに加入すると逆に高くなりますよ?

と言われてしまうわけですね。

これは損します。

各ケータイ会社の最低パケット利用プランドコモは2GB、auは3GB、ソフトバンクは5GB

  • ドコモはカケホーダイプランと2GB
  • auはスーパーカケホと3GB
  • ソフトバンクはカケホーダイライトと5GB

上の3つは全て5分間のカケホーダイが付いています、そして月間で使用できるパケット数を示しています。

下の図では家族回線のなし、家族回線のありで分けています。

家族回線なしではドコモは2GB、auは3GB、ソフトバンクは5GBです。

 

 

ドコモを利用している人はドコモで契約した方が非常に有利だということがわかります。

反対にauやソフトバンクでお子さんにスマホを契約させるのはもったいないですね。

うちの子供は5分間カケホーダイで大丈夫?

5分間のカケホーダイプランはその名の通り1回の通話が5分間だけカケホーダイ=通話料金が発生しない、ということです。

MMD通信社(スマートフォンの利用データを収集する会社)の画像を引用します。

1日の通話時間(キャリア番号を使って発信した場合)を聞いたところ、「1分未満」が32.5%と最も多く、次いで「1分以上3分未満」が20.6%、「3分以上5分未満」が13.0%、「5分以上10分未満」が9.2%と、合わせて75.3%が「10分未満」と回答していることがわかった。
また、キャリア番号を使って通話をしている人(N=1,218)を対象に、1カ月の通話時間を聞いたところ、「1分以上3分未満」が15.9%と最も多く、次いで「5分以上10分未満」が14.8%、「1分未満」が14.6%という結果となった。また、86.1%が1カ月の通話時間が「1時間未満」であることがわかった。

若い方は特に電話を利用しませんから、5分のカケホーダイもあれば十分、あるいは、不要ということになります。

パケットは?何Gバイトあれば足りるの?

高校生、中学生が主に利用しているのはゲーム、動画、SNSがメインとなっております。

つまり、今話題のカウントフリーの契約ができるUQモバイルやLINEモバイルを利用することで、パケットの消費を抑えることができます。

また総務省では、2020を目処にWi-Fiが無料で使えるスポットを増やすサクサクジャパンプロジェクトを推進しております。

詳しくはこちら(【衝撃】総務省がキャッシュバックを辞めさせたかった本当の理由。経済から紐解く

そもそもiPhoneじゃなきゃダメ?格安スマホでオススメはあるの?

先ほどまで各携帯キャリアの料金を並べましたが、最安のドコモでも3607円です。

パケットに関しても書きましたが、ドコモは逆に危険です。

ドコモのシェアパックは子回線(子供に持たせる携帯)に対してパケットの制限をかけることができません、ご家族でシェアしている回線のパケット数をお子さんに使われてしまうご家庭も多いようです。

そのため、家族とは別の携帯会社で持たせる家庭が増えています。

 

iPhoneはアップルオンラインストアの金額で8万円ほどです。

この金額をお子さんに買い与えるのを高いと見るか安いと見るかはそれぞれですが、昨今の格安スマホの普及を見て、流石に3万円で使える端末と8万円の端末が比較できるようになりましたので、格安スマホも検討材料になるのではないかと思います。

キャッシュバックのガイドラインが改定されてソフトバンクが苦肉の策で発表した、スマホデビュー割。

そのプランを使うことで、高性能な端末をより安く使うことが可能になっています。

売る気がないドコモの学割

25歳以下のXi契約のお客さまで、既に料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン1をご利用中のお客さまについても、「ウルトラシェアパックTM50/100」「ウルトラデータL/LLパック」のパケットパックをご利用いただくことで36、dポイントを1年間毎月1,000ポイント7進呈いたします。

なお、本キャンペーンは、ご家族の新規契約や光ブロードバンドサービス契約、端末購入を条件としておらず、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランとパケットパック(小容量の「データSパック」から大容量の「ウルトラシェアパック100」までのいずれか)を新たにお申込みいただくこと123、または、既にご利用中のお客さまについては、大容量のパケットパックをご利用いただくこと138を条件に適用いたします。

  • 1年間毎月1000円割引を実施
  • U25(25歳以下は500円割引)カケホーダイライトは適用しない
  • シェアパック子回線の最低料金が1500円1年後は通常料金の2500円

ひどい・・・ひどすぎる。

1年後は冒頭で見ていただいた料金になるということです。

ドコモは価格で勝負することをやめたようです。

全然安くないauの学割天国。

auの学割天国についてまとめます。

今年の学割は昔のパケットプラント同一であると言うこと。

まず、学割天国U18は18歳以下の人が新規でauで契約できるプランだと言うこと。

スーパーカケホ(5分間カケホーダイ)とU18データ定額20を組み合わせて成り立つ。

スーパーカケホはもうサービスインしてから結構な時が経ちますので説明はご不要かと思います。

U18データ定額20とは

イメージとしては昔のパケットプランでしょうか、ただこのプランに関しては2段階ではなく、4段階に分かれています。

これががっかりした点なのですが、従量制を盛り込んでいるこのプランは、最安値こそ2980〜と謳っています。って安いのか?

2980円は乗換前提プラン

もしかしたら、上の説明だけでがっかりされた方多いのではないかと思いますが、

auの学割天国の2980円は他の家族が新規で契約して家族割を申し込むと、学割が適用されている人の基本料金を1000円割り引きますよという、家族乗換前提プラントとなっております。

かつauスマートバリューが必須なので回線の契約がない方は2980円にならない・・・

ということで、あまりメリットがない・・・

普通に契約すると割引金額すごく少ないです。

驚き!810円しか安くなかった・・・

月々のお支払い額の内訳は

5390円=2000円+3390円(スーパーカケホ+LTENET+U18データ定額20の3GBまで)

これにスマートバリュー(固定回線とのセット割)をつけると3980円ということ。

ちなみに普段auで契約できるスーパーカケホと3GBのプランは6200円なので、実は810円しか安くないです。あらがっかり。

6200円=2000円+4200円スーパーカケホ+LTENET+普通の3GB)

7500円=2000円+5500円スーパーカケホ+LTENET+U18データ定額20の20GBまで

8000円=2000円+6000円 (スーパーカケホ+LTENET+U18データ定額20の20GBまで)

あれ?500円しか安くない・・・

これって使えば使うほど損してないですか?

ソフトバンクスマホデビュー割を使う

今回のスマホデビュー割の目玉は何と言っても月々の利用料金が携帯キャリアなのに2800円で電話とパケット(1GB)が使えるところです。

基本料金が1700円のスマホーダイライト(5分間カケホーダイ)300円のSベーシックパック、そして1GB利用できて800円。

僕が契約しているLINEモバイルのデータ通信SIMは1GBプランで500円ですから、格安スマホ業界に肉薄する安さ!

というか、格安スマホと肉薄する=実質的に格安スマホよりも安いので非常にお得なります。
参考-【1GBフリー】AmazonからLINEモバイルを注文して登録が完了したので、一連の流れをまとめる

そして機種変更するまでこの割引は続きます。

つまり、このプランで一度加入してしまえば、1GBながら携帯キャリアの通信がずーっと800円で使えるのです。

スマホデビュー割の注意点

画像に掲載されている通り、注意点としては、ガラケーからの機種変更となっている点ですが、MNPも対応になっているようです。

そしてこちらは光とセットではなくた良いため、auよりも良心的なプランとなっております。

【SoftBank光キャンペーン】新規時2.2万円CB!更に公式キャンペーンもおトク!



情報ソースはTwitterですが、大丈夫そうです。(つまり他社でスマホ使ってても対象になります。)
https://twitter.com/hashtag/スマホデビュー割

スマホデビュー割を効率的に使う方法。

これに関しては、僕の主観でおすすめするのですが、乗換時に発生するキャッシュバックを利用し、Zenfone3を購入したのち、ソフトバンクで購入したスマートフォンを売却すると、格安スマホをきちんとした携帯キャリアで2800円で使えることになります。

【おとくケータイ.net】
こちらがおすすめ(外部リンクが開きます)

Androidでオススメは?

現状AndroidでオススメなのはZenfone3です。

楽天モバイルから購入すると、39000円の本体代金を割引価格で購入することができるため3万円前後で購入することが可能です。

Zenfone3ってなに?どこの国のメーカー?

Zenfone3はASUS(エイスースとよみます)が作っています。このメーカは台湾メーカですので、パソコンのパーツや、タブレット、スマートフォン事業をメインで行なっている会社になります。

品質は?どうなの?

この2つの記事を見ていただければ、Zenfoneがどういう端末で何ができるか分かると思います。

楽天モバイルをお子さんに持たせる方はこちらからご利用の流れ
を確認ください

子供がiPhoneが良いと言ってるんだけれど?

どうしてもiPhoneが良いのであれば、2つの選択肢を提案します。

  • SIMフリーiPhone(アップルオンラインストアで購入)と格安SIM(楽天モバイルなど)を利用する方法
  • UQモバイル、Yモバイルで販売されているiPhone5Sを契約する方法

SIMフリーiPhoneと格安SIM(楽天モバイルなど)を利用する方法

メリット

  • 本体代金を先に支払ってしまうので、月々の通信料金が安い
  • 年齢認証不可によるLINEIDでフレンド登録ができないので犯罪に巻き込まれにくい。

デメリット

  • SIMフリー版はiPhone本体がアクシデント(故障や操作)に見回われた際はAppleでしか受付してくれない
  • 一括購入が条件のため8万円ほどを先に支払う必要がある。
  • 契約内容などは直接各格安スマホの会社に問い合わせる必要がある。
    通信の契約と本体の契約が別であるため、個別に管理する必要があるということです。

UQモバイル、Yモバイルで販売されているiPhone5Sを契約する方法

メリット

  • Yモバイル、UQモバイルは端末故障の際に問い合わせ窓口が一つで済む。
    両者は料金差がなく1980円で端末及び、通信費を支払うことができるので契約がシンプル
  • Yモバイルはショップを構えているので、いざという時に安心

デメリット

  • iPhone5Sになるため(7は販売していない)機種は古いモデルになる(これだけです。)

Yモバイルの契約が簡単です。こちらから申し込みできます。

Yモバイル申し込みの流れ-iPhoneの場合-

ここからY!mobile公式ホームページへ

するとこのようなページが出てきますので、iPhoneを選びましょう。

料金プラン

Yモバイルは3つのプランがあります

  • Sプラン→10分間カケホーダイと1GBのパケット通信
  • Mプラン→10分間カケホーダイと3GBのパケット通信
  • Lプラン→10分間カケホーダイと7GBパケット通信

尚、現在Yモバイルではデータ容量2倍キャンペーンを行なっているので、各プランの標準が最初から2倍使えるようになっています。

オプションを選ぶ

ここで重要なのはApplecareなのですが、壊れたら買い替えるくらいのスタンスの方が無難だと思います。

契約者情報

  • クレジットカード
  • 身分証明書(免許証など)

ここで重要なのはネットワーク暗証番号の決定です。今後、契約プランの変更や確認、電話での問い合わせの際に必要になるので忘れないようにしましょう。

この後注意事項を読み完了となります。

審査後問題なければ、当日および翌日の発送となりますので、自宅に到着までの所要日数は2-3日といったところでしょうか。

コメント

Please enter your comment!
Please enter your name here