【vapeレビュー】HERB SITCK ECOハーブスティックエコ、ハーブスティックリラックスと比較して紹介

1
1828

前回の記事ではハーブスティックリラックスをiQOSと比較して掲載させていただきました。

この記事は人気商品、Ciggo社から発売されいてる(HERB STICKECO)ハーブスティックエコのレビュー記事です

ヴェポライザーの種類は多義にわたります。今回ご紹介するのはハーブスティックシリーズの「エコです。

HERB STICK ECOハーブスティックエコとは何か

ヴェポライザーはミストを発生させてタバコ葉からニコチンや風味を摂取するためのものです。

前回紹介させていただいた記事を参考にしていただければと思います。

今回紹介するハーブスティックエコも、ハーブスティックリラックスと同様、CigGo社というメーカ製造、BAUWAY社(卸売)から日本の各社が販売している。ハーブスティックリラックスとは兄弟機のようなものです。

基本的に、ヴェポライザーは中国から輸入されているもので、日本の小売業者が販売しているのですが、Amazonで購入する場合は保証がきちんとついているところを選びましょう。

HERB SITCK ECOハーブスティックエコレビュー

HERB STICK ECO ハーブスティック エコ性能
  • バッテリー容量2200mAh
  • LEDボタンの色で温度管理(169℃〜210℃まで)
  • ボタンの色が点灯から点滅
  • 本体電源は3秒長押しでOFF
  • チャンバー容量0.2〜0.3g

ハーブステイックエコの同梱されているものは以下のとおり。

HERB STICK RELAX ハーブスティックエコ同梱物、付属品
  • HERBSTICK ECOハーブスティックエコ本体
  • マウスピース(予備)
  • 充電用USBコード
  • パイプクリーナー
  • クリーニングブラシ
  • クレーニングナイフ
  • 説明書
チェック!
  • 充電器が同梱されているので、購入したらすぐ使える
  • マウスピースの予備も付属しているので衛生面が安心
  • ここからは実際の製品の外観、使い方をレビューして行きます。

HERB SITCK ECOハーブスティックエコ外観

ECOは縦に長いのですが、重量はリラックス、iQOSと同程度の重さ

 

ポイント

  • ハーブスティックリラックスと違い吸引口はスポンジ状(マウスピース)に柔らかく窄まるのでお口にジャストフィット
  • 重さはiQOSと一緒なので持ちやすい

 

HERB STICK ECOハーブスティックエコの使い方

吸引口をネジを回すようにすると上部が外れシャグを入れる部分が露出する
今回も前回同様に一般の紙巻きタバコを分解して詰めた
ピントが合っていなくて申し訳ない。

ハーブスティックエコの利用方法はリラックスのように液晶ディスプレイが付いているわけではなく、Gifのように本体に配置されているボタンを2回押すたびにで加熱温度を切り替えられる仕組みになっているシンプル設計。

ポイント

  • 液晶ディスプレイがないので目標加熱温度まで自分でボタンをクリックする
  • 目標加熱温度は5段階で最高は摂氏210度まで

 

HERB SITCK ECOとRELAXの違い

大きな違いとしては液晶ディスプレイがあるかないか、と葉っぱを詰める口が上についているのか、下についているのかだと思います。

ハーブスティックリラックスは下についているため熱がきになることを前回の記事でも言及したのですが、ECOはそこまで熱くなりませんでした。

加えて味に関連するところですが、最大加熱温度はRELAXが225度に対してECOは210度。

ポイント

  • 最大加熱温度はRELAXが225度に対してECOは210度
  • 液晶ディスプレイがあるかないか、と葉っぱを詰める口が上についているのか、下についているのか

HERB SITCK ECO味の感想

最大加熱温度がECOとリラックスでは違うため、加熱温度の違いが味の違いであることがよくわかりました。

味といっても今回も前回同様、紙巻きタバコを分解して吸引したため、(しゃぐを使っていないため)最高に楽しめる使い方ではないのですが、変化を楽しむのであればやはりリラックスが良いかなと。

ただ、楽しめないのか?というとそうでもなく、最大加熱温度の210度まで熱することで、しっかりとした味を感じることはできた。

ハーブスティックエコのオススメポイント

ハーブスティックエコは操作性が良い

例えば、リラックスを片手で操作できるか?と問いに対して、それはできるけどれど、ハーブスティックエコの方が楽だと思う。なぜならボタンは一つしかないからだ。

加えて、吸引口の近くにチャンバーがある(リラックスは本体下画像あり)のもポイントで、持ち運んで使った場合を想定して考えると、やはりチャンバーは上にあった方が良いと感じました。

リラックスのチャンバー部分

リラックスの場合おしりの方からシャグを入れなくてはならず、この場合のセットアップ方法がやや面倒だと感じる。

おしりからシャグを入れる⇨蓋を閉める⇨本体上部の吸引口を上に向ける

といった形だ。

ハーブスティックエコであればその点は心配ない、シャグをチャンバーに入れてセットアップが完了した後はそのまま加熱⇨吸引といった形をとることができる点はやはり良い。

ハーブスティックエコのマウスピースは無駄なく吸引できる。

リラックスはプラスチック素材のため、どうしても吸引口から空気が抜けていくような感覚があった。

その点ハーブスティックエコはスポンジ形状のマウスピースからの吸引のため、無駄なく吸引することができる。気持ち的な部分ではあるけれど、マウスピースはこっちの方が絶対良い。

ハーブスティックエコは携帯性が良く、衛生面も良い。

特に女性の場合は吸い口がむき出しになっているリラックスよりは、吸い口を外して携帯できると衛生面の観点から見てもエコの方が買いやすいのではないだろうか?

実際にハーブスティックエコはキャップさえ外してしまえば実寸はスマートフォンのモバイルバッテリーの小さいやつとそんなに変わらないため、ポーチなどに収納しやすく、携帯性にも優れていると思う。

デジタル製品特有のガジェット感、に関しては圧倒的にリラックスの方が良いと感じるのですが、携帯性に優れているとは言えない点がリラックスの弱点だと思いました。嗜好性が高いのは僕みたいな人間からの評価は非常に高いと思うのですが。

あとは充電している際の利用に関しては不便かなと多少感じました。

 

HERB SITCK ECOハーブスティックエコまとめ

ポイント

  • 携帯性やメンテナンスはECOの方が良い
  • 吸引口がグッド
  • シンプルイズベストな設計でスッキリわかりやすい
  • 最高温度の違いがあるため、味重視はリラックスか?

シャグとリキッドを買いましょう・・・

ハーブスティックエコのレビュー動画を見る

この記事を見て、「文章だとわかりにくい」と、思う方のためにYouTuberの方が紹介している動画を貼っておきます。

こちらの紹介動画を投稿しているのは『シチリア産(さん)』さんです。

シチリア産は『手元動画』をモットーに、トータル再生回数が130万再生を突破する人気YouTuberです。視聴者が知りたい情報をきちんとまとめてくれているのでとても分かりやすく、たくさんの方の支持をえています。

この動画はハーブスティックエコのレビュー動画です。

動画の所要時間は6分弱です。

シチリア産チャンネルをのぞいてみる

HERB SITCK ECOハーブスティックエコの価格比較

正直なところ、ハーブスティックエコはリラックスと違って安く出しているネットのストアもありますが、保証期間が長いところを選んだ方がいいと思います。なぜかというと、基本が中国製品なので、やはり初期トラブルが怖いからです。

保証期間が180日超えたショップ調べて見ました。

Amazon NSマーケット楽天市場 バッグレイ
44803949円

こんな感じでした。探せばまだ安いところはあるのですが、できれば保証ありが良いと思います。

Amazonでチェック 楽天でチェック

 

VAPEログショップ紹介コーナー

国内最大級の電子タバコ・ヴェポライザーリキッド取扱サイトとなっております。

Amazonや楽天市場やヤフーショッピングで出品されているヴェポライザーはほとんどがこちらのVAPEログショップ様からの出品となっています。わからないこと、不明なことはこちらのサイトで問い合わせをするのが早く、購入も一番安心できます

是非一度のぞいてみてください。

VAPEログをのぞいてみる

1コメント

  1. 連絡ありがとうございます。
    すみませんまた質問したいですが
    WEECKE C-VAPOR2+ってキャップを回してジャグを入れますか?
    ジャグの出し入れはリラックスと比べてどちらが楽ですか⁇
    あと今エコで一番めんどくさいのが温度設定なのですが、WEECKE C-VAPOR2+とリラックスは一度気に入った温度が分かればすぐセットボタンで加熱はじまりますか⁇
    質問多くてすみません。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)