国内FX業社がオワコンへ、レバレッジは25倍⇨10倍へ、資金は株式投資に突っ込めということなのか?

0
90

謎です。全くもって謎です。

まずは、日経の記事をご覧ください。

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。

外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

と言った次第で、この記事は全部を読むと何故倍率を下げなければならないのか、理由が記載されています。

これに対して僕が思うことを記載してこうと思います。

レバレッジを10倍に抑制すれば危険じゃない?

日本で投資、といったワードを主に資産を銀行預金にしてる人に投げかけてみると「元本保証が欲しい」などの意見が目立ちますが、投資、を行う場合そもそも元本補償、補填がうたわれたものは全て禁止されています。(昔は暗黙で行なっていたところもあるようですが。)

特にFX(外国為替証拠金取引)は自分が持っている金額の何倍もの資金を動かして取引することで、株式や不動産とは違った、優位性を確保している側面もあり、今回のようにレバレッジを引き下げられてしまうことによって、資金効率が悪くなります。(もし資金効率について知りたければググってください)

そんな中、この記事の本文を読んでいくと、レバレッジ10倍程度にすれば、指標時に為替の価格が飛んだ(大きく動いた場合)場合に資産を守ることができます。といった論理だった。

ただ、問題はそこではないとおそらくFXトレードをしたことがある人は思うのではないでしょうか。

レバレッジを10倍に規制しても全く安心できないのがFX

USD/JPYの通貨ペアで考えた時に、現状の25倍の場合、40万円程度の証拠金を入れておくことで10万通貨のポジションを持つことができるのに対し、10倍になった場合は100万円必要になります。

 

金融庁は過去の外為相場の値動きを踏まえ、変動率が最も大きいケースでも元本がなくならないような制度設計をめざしている。

1985年以降でみると、主要10通貨の平均の変動率は11.4%。元本がなくなるレバレッジは約9倍だ。検討の軸に据える「10倍程度」という案はこうした過去の変動率から計算したものだ。

極端な話をします。大きな変動時に100万円入れていて、10万通貨ポジションを持ったと考えてください。

例えばスイスフランショックと言われている出来事がありました。この時CHF/JPY(スイスフラン/日本円)が1400pipsEUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)では3800pipsが一瞬で変動した幅でした。10万通貨でそれぞれ140万、380万の損失。

ちなみにブレグジット時でポン円の2000pipsの場合、10万通貨の取引をしていた場合200万程度の損失。

やはり、10倍にしたところで口座が壊滅するときはするわけで、レバレッジ規制をかけたから安心できる、とは思えません。10倍でも借金背負う可能性はあるわけです。これって意味あるんですか?

今回の規制はFX業社のためのもの?

国内の業者で払いきれない借金を抱えた場合、(個人で数億円、数十億円)起業家などを除き払うことはできませんので、細々と返していくわけですが、その間の損害を被った場合の金額はFX業社が立て替えていることになります。

ただ、先ほども申し上げた通り、100万円持ってる人が100万の負債を背負ってしまった、としても、従来の25倍のレバレッジに比べると早急に回収できそうです。

簡単に書きますが、FX業社のためのものである可能性が非常に高いのです。

とはいえ、指標時に広がるスプレッドを先になんとかしてくれっていうのが僕たち、としては、望むところなんですけどね。楽天証券などでは1000pipsスプレッドが開いたりするわけですから、証拠金がたくさんあるとか、ないとか、関係なしにカットされてしまいます。

レバレッジ規制で国内FX市場から資金がなくなる理由

投資商品が多いご時世にFXをしている人がいるのか、というと、その理由として資金効率が一番に挙げられると僕は思います。

  1. レバレッジをかけられる
  2. 必要証拠金が少なくても大ロットでトレードができる
  3. 必要証拠金が少なくて済む、FX会社の口座に入れておく証拠金を少なくできる。
  4. 以上の点により、リスクを制限できる。

証券会社に入れておく金額は少なくしておくに限ります。これは億トレーダーと言われる人たちを見ても、自分の持つ全資産を全額証拠金にしている人は数限りなく少ないのです、

資金が拘束されるのは、「リスク」であると当時に、レバレッジが引き下げられて資金効率が悪くなる=国内のFX会社の口座に入れておく金額が多くなるのは、それはそれでリスクであるということです。

レバレッジ上限を引き下げて、トレーダーが失う金額を限定したい、国内のFX業社が被る不利益を減らすのが金融庁の意向ですが、必要証拠金を引き上げるということは、手数料をたくさん落としてくれる有能なトレーダーが嫌がることなんです。

とはいえ、決定は年明けということですから、国内業者から海外のFX業者に移動したい人はまだ時間があります。

海外FXのレバレッジを使って、少額で億り人になった方もいますので、国内業者だけを使っている人は海外を検討した方が良いかもしれませんね。

国内FXのレバレッジが下がると参加者必ず少なくなる現状、これはつまり株式投資を行えということ?

これもよく言われていることです。FXが危険と言われるのはレバレッジをかけられるので、変動幅が少なくても容易に儲けられる、失うことができる。といった特徴がありますが、変動率が高いのは株式投資の方が高いのですね。

まぁそうなると、信用取引で全力で2階建するのと、FXのレバレッジ10倍どっちの方が良いのか?みたいな議論になりそうです。
ということで僕はこれから年末にかけて、この議論がめちゃくちゃ盛り上がると思ってます。

海外FXをするうえで知っておくべきDD方式とNDD方式

FXという業界は深堀すれば深堀するほど胡散臭い業界なのですが、それでもきちんと仕組みを知ることで、自分にとっての優位性を築ければよいと思います。

NDD方式とは

No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)の略語、ディーラーを介さずよりインターバンク市場のレートに近い価格で取引できる仕組みです。

メリット

  • スプレッドが開きにくい、
  • 最初からスプレッドが狭い(最小0pipsがありえる)

デメリット

  • 急な変動がなくても価格が結構滑るので指値にヒットしない

DD方式とは

NDD方式とは異なった取引方法になります。インターバンクと僕たちの間に証券会社が割ってはいって、各通貨の価格を決定します。

メリット

  • あらかじめ価格が決まるので滑りにくい
  • 指値が刺さりやすい

デメリット

  • レートを証券会社が管理しているので実質やりたい放題

 

まとめ

国内業者のレバレッジが引き下げられて困るのは僕のような貧乏な層なので、ある程度の資産を持つ人にとってはあまり関係がなさそうです。

しかし、これによって国内FXの資金はどこかの市場に流れ出ることは明らかなので、それが仮想通貨市場なのか、海外FXなのか、国内株式相場なのか。要注目です。

以上国内FX業社がオワコンへ、レバレッジは25倍⇨10倍へ、お金を株に突っ込めということなのか?でした。

NDD方式採用おすすめディーラーはXM

XM

 

 

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください