【比較動画付き】MMORPG『BLESS』推奨スペックを考えてみた。

1
508

現在クローズドベータテスト中のBLESSをプレイしましたので、推奨環境、パソコンのスペックを考えたいと思います。

最近のMMORPGは要求スペックが高くなってきていることもあり、自作パソコンを検討されている方では、グラフィックボード選びの失敗はあとあと「高くつく」可能性もあるため、比較動画からのご紹介をさせていただきます。

公式サイトに行きたい方はこちらから確認できます。

BLESS公式サイトはこちら

BLESSでGTX1080とGTX1060で比較してみました。

まず、こちらの説明ですが、ASUSのGTX1060搭載した自作PCとマウスコンピューターより【ドン勝モデル】として発売されているi660PA-1 SMMの比較動画になっております。

GTX1060の詳細を知りたい方は、僕が書いたレビュー記事をご覧ください。レビュー記事はこちらから

 

公式推奨動作環境を見てみよう

必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7、8、8.1、10(64bit)
※32bitオペレーティングシステムでは、
ゲームの実行をすることはできません
Windows 10(64bit)
※32bitオペレーティングシステムでは、
ゲームの実行をすることはできません
CPU Intel Core i5 4670 / AMD FX8350 Intel Core i7 7700 / AMD RYZEN 7 1700
メモリ(RAM) 8GB 16GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX760 /
AMD Radeon HD7870
NVIDIA GeForce GTX1060 /
AMD Radeon RX580
HDD 空き容量55GB以上 SSD
空き容量55GB以上
DirectX Direct X 9.0c 以上

BLESS公式サイトから引用

このゲームは長い製作期間を要し、万全の状態での正式サービス公開を計画しているようで、Direct X 9.0となっております。それでこの重さですから、アップデートがかかりDirectXが11になったときに、どれくらいのパフォーマンスになるのかはちょっと想像がつきません。

 

CPUは低スペックでも大丈夫!Corei7がオススメだけどi5でもなんとかなる

Intel CPU Core i7-7700K 4.2GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700K 【BOX】

費用対効果を考えたときに、CPUをi5にするかi7にするか悩む方は大勢いるかと思います。が、オンラインゲームでの動作では、差が出にくい部分です。

特に僕が、プレイしている環境はCorei7-4770ですが、全く問題ありません。型落ちでも特に問題ないのですから、i5程度でも問題ないかと予測できます。

 

BLESSはGTX1080がオススメ!?

ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080搭載ビデオカード ベースクロック1670MHz STRIX-GTX1080-A8G-GAMING

動画をご覧いただけるとわかると思いますが、GTX1060はかくつき、GTX1080はヌルサクなのがわかると思います。

昨今、FF14を始めとしたMMORPGの要求スペックは上がる一方です。

そのおかげでグラフィックも綺麗で、攻城戦などのイベントが迫力ある映像で楽しめるようになっています。

グラフィックボードの価格は、GTX1060で2万円から3万円程度GTX1080では6万円から10万円程度と、かなり価格差が開いていることもあり、僕たちユーザーとしては、どちらを選ぶかが重要になっています。

妥協のGTX1060か、満足いくGTX1080か

グラフィックボードはGTX1060を推奨としていますが、冒頭の僕の比較動画を見ていただく限り、グラフィックボードはGTX1080が良いでしょう。

とくに、がっつりMMORPGを楽しみたいと思っている人に降りかかる問題として、GvGがあります。

動画後半にGvの一部をご覧いただけているかと思います。1枚の画面に出現するキャラクターの数はFF14と同程度かと推測できるのです。

例えば、GTX1060でも画質を落とすことによってなんとか動作する環境は構築可能かと思われます。しかし、せっかく高画質なゲームで評判の高いBLESSですから、GTX1070かGTX1080を選びたいところですかね。

BLESS公式サイトでチェック

 

BLESS公式サイトはこちら

1コメント

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください