【Amazon Echo発売!】ついに日本上陸のAlexa(アレクサ)スマートスピーカーのラインナップをパパっと紹介。

4
140

ついにきましたね、Amazon echo

待ち望んでいた方はまずは、招待リクエストを送信してもらわないと買えないようなので、早速ですが、Amazonのリンクを貼っておきます。

記事の一番下に招待リクエストを送信するとどうなるか?も記載しておきましたので気になる方はご一読ください。

Amazon EchoをAmazonでチェック

日本語対応のために発売が米国から遅れましたが、やっと日本でAmazon Echoが発売となります。

個人的にどれを買えばいいか悩んでいる人のためにサクッとまとめておきます。

そもそもAmazon Echoとは?

iPhoneでは「Hey Siri
Androidでは「OK google

といった呪文を唱えて呼び出します、Amazonは「Alexa」が入っています。

Amazon Echoでできること(amazon公式より引用)
  • 音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作
  • Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスです。話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学びます
  • 音声操作にて音楽再生いただけます。Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名など指定して再生や、Alexaに選曲をおまかせもできます

詳細はこちらのページで確認できます。

  • パソコンではマウスを操作し、音楽ファイルをクリックして再生していた
  • スマートフォンでは、音楽ファイルをタップして再生していた
  • スマートスピーカーでは音声で音楽を再生する。

ということです、音楽ファイルだけでなく、天気やクックパッドのメニューなども「アレクサに話しかければ」がお手伝いしてくれるということ。

また、Amazon Echoの頭脳となるAlexaはクラウドベースの音声サービスであるため、会話をすればするほど賢くなるそうです。(どっかのロボットかな?)

オーケーわかった三種類あるAmazon Echoはどれを選ぶべき?

Amazon echoの種類を確認。

  1. Echo Dot(エコードット)
  2. Echo(エコー)
  3. Echo Plus(エコープラス)

アンプ持っている人はAmazon Echo Dotを選べばよい?

Amazon Echo Dotは省スペースを売りとしていますが、スピーカーのスペックとしては3000円程度のアクティブスピーカーと変わらない音質だと予測できます。

しかし、写真のような(アンプ+Amazon Echo Dotの組み合わせ )環境で利用できる方は高音質で安価に利用できることを考えるとめちゃくちゃうれしくないですか?

僕はpioneerのネットワークレシーバーを持っていますが、AUX(3.5Ω)で接続することができるため、賢く、コンパクトなAlexaだけを手に入れてしまおうという考えですね。

  • Amazon echo Dotは11月17日までクーポンで2000円OFFで購入できます!プライム会員限定
チェック!
  • デジタルアンプを持っている人はこれ買えばよいと思う
  • クーポンなしでも5980円
  • スピーカーの質はことなるがAlexaの質はモデルによって変わらない

Amazon Echo Dotのレビュー記事書きましたので是非ご覧ください

Amazon Echo DotをAmazonでチェック

AmazonEcho(エコー)は2.5インチウーファー/0.6インチツイーター搭載!コスパ最強のアクティブスマートスピーカーになるか?

 

2.5インチウーファー/0.6インチツイーターを搭載している無印エコーですが、アクティブスピーカーを持っていないという人はお勧めできます。

このサイズのスピーカーはアクティブスピーカーにしては結構でかめです。

スピーカーのサイズ感からしてアクティブスピーカー中堅クラスのパフォーマンスは期待できます。

BOSEのSoundlink collar以上のパフォーマンスを発揮してくれれば価格的には及第点ですね。

僕はSonyのアクティブスピーカーを利用していましたが、「手軽にアレクサで音楽を楽しみたい人」はこのモデルじゃないでしょうか?

又、Bluetoothを利用し、スマートフォンの音楽を流すこともできるのでAlexa使っても使わなくてもこれでよい気がします!

チェック!
  • スピーカーサイズが大きめ(高音質を期待できる)
  • クーポンで7980円は安い
  • Alexaに興味がない人でもアクティブスピーカーとして使うのにあり

  • 11月17日までに利用するクーポンのことを考えると7980円で購入することができます。プライム会員限定
Amazon EchoをAmazonでチェック

Amazon Echo Plus(エコープラス)はスマートホーム対応、お金持ち向けか?

スマートホームハブ内蔵のAmazon Echo Plus(アマゾンエコープラス)はスマートホーム家電を持っていない人は不要かもしれません。

ただ、スマートホーム市場はこれからもますます発展していくでしょうし、お金持ちの方で既にスマートホームにしている方は実際に使ってみて僕に教えていただければ喜びます。

クーポンはありませんでした。

Amazon Echo PlusをAmazonでチェック

Amazon Echoの購入方法招待リクエスト必須なので、Amazon公式で招待リクエストしよう!

Amazon Echoは招待生なのでリクエストしないととりあえず購入できません。

僕は早速リクエストしておきました!

これで、招待Eメールが届けばAmazon Echoを購入できるようです。わーい

まとめ

スピーカーの質こそ違うものの、Alexaはクラウドで学習するAIですから、ハードウェアに依存するのは音質のみ!

ですからAmazon EchoDotは凄くありがたいモデルになると思います。

ちなみに、僕はAmazon Echo DotとAmazon Echo両方購入予定です!!


Amazon EchoをAmazonでチェック

まだAmazonプライム会員になっていない方はこちらの記事もオススメです。