【レビュー】30日間英語脳育成プログラムを試す。英検3級すら受からない僕が試してみた感想

0
325

この記事は、30日間英語脳育成プログラムのレビュー記事です。

英語が話せないから話せるようにしたい

海外ドラマを字幕なしで聞き取れるようにしたい

そんな、願望を持っている人も少なくないはず。

日本語と英語を比較した時に差が出るのは、文法が逆であるとか、発音の仕方など。

一番悲しい現実として、人口が増え続けて他の国と人口が減る社会に生きる日本、こうした背景から、日本語利用者と英語利用者の数の差が今後もますます広がることでしょう。

前置きはこのくらいにして、英語脳プログラムの概要から記載していきます。

Twitterでリアルタイムに感想もツイートしていたのでそちらも参考に乗せておきますので是非ご覧ください。

30日間英語脳育成プログラムとは

このプログラムは全30からなる、日常のケースを想定した英会話を第三者の視点で聴き続けることにあります。

手順として、

まずはシーン、状況が文書として現れます。そのシーンを自分でイメージした後、実際に登場人物が会話を始めるといった仕組みです。

英語にかかわらず、第二言語習得は積み重ね教育により発達するものであると大学の時に学びました。(残念ながら僕はまともに話せませんが…)

  1. ひたすら英語を聞く
  2. わからない部分を文章で自分の頭の中に落とし込む
  3. 再び聞く
  4. シャドーイング(プログラムの音声に合わせて自分も発音する)

といった形になります。

後述しますが、この教材は「英語嫌い」「英会話に通うお金がない」人にとてもお勧めできます。

いずれにしても、お金が英会話スクールと比較するととても安いため、金銭的には有利であると感じました。

チェック!
一連のパターンが決められているため、勉強が苦手な人も、より効率的に英語を学ぶことができる

30日間英語脳育成プログラムの付属物、必要な機材などを紹介

30日間英語脳育成プログラムの付属物一覧です。

CDをパソコンのCDドライブにセットしてインターネットエクスプローラーからプログラムを呼び出すタイプなので、CDが再生できるパソコンが必須になります。

スペックだけでいえば2010年以降に購入したパソコンであれば大丈夫そうです。

公式サイトを確認したところ

動作環境:日本語版Windows 10/8.1/8/7/Vista、メモリ64MB以上、解像度1024×768以上、IE5.0以上またはChromeインターネットブラウザ/Flash Player

チェック!
忙しい社会人はオーディオCDもついてくるためスマートフォンに入れて出先で英語プログラムをすることも可能

 

30日間英語脳育成プログラムの進め方紹介プログラム別で順序だてて受けることができるところがポイント

パソコンにCDを入れたら、30日間英語脳育成プログラムをクリックします。

こちらはインターネットのブラウザ、windows10であればMicrosoftedgeが標準で起動されるようですね。

プログラムの進め方など説明もありますが、『スタート』を押せば始まります。

次の画像は実際のプログラム画像んあります。

No.1から30まであり、1日に一つ進めていけば30日間ということですね。

前述したようにシーンの背景を理解します。どんな内容の英会話が繰り広げられるか頭で想定しながら「Next」のボタンを押します。

ひたすら聴くステップです。

人のマークを押すと再生されます、リピートなので「Next」のボタンを押すまではこのまま延々と繰り返されます。

なので自分のペースで英会話ができてしまうんですね!すごい!

聞き取れなかった部分を実際に文字で読むことで発音させやすくします。

東進スクールで有名な英語講師も「発音することができない音は聞き取ることができない」とおっしゃっていましたから、やはり発音が大事。

文字で読むだけでなく、僕はこの時にひたすら発音していました。

実際に文字をみながらのリスニングします。

ちなみに、このやりとりは先ほど紹介した付属の冊子に記載してありますが、読んではいけないようです。

全て頭で英会話しろってことなんでしょうね。

 

30日間英語脳育成プログラム感想、レビュー

続いて実際に僕が30日間英語脳育成プログラムをやってみた感想をリアルタイムでTwitterに投稿していたのでそちらをご紹介します。

長くなるので実際に効果を感じた2週間分にまとめました。

実際に自分で変化に気づくのは10日くらいかなーという印象です。

30日間英語脳育成プログラム感想

チェック!
とりあえず聞き続けるとわかるようになるので実行するべし!

30日間英語脳育成プログラムのおすすめポイントを紹介

先ほどの感想の中で個人的に大事だなと思ったことを記載します。

  1.  パソコンの前でやる英会話のメリットはわからない語を速攻で調べられること
  2. 生活に出てきそうなシーンが多く、イメージしやすい
  3. 英会話習得に必要な「読む」、「聞く」、「話す」の一連のパターンが完成されている

パソコンの前でやる英会話のメリットはわからない語を速攻で調べられること

実際に僕が感じたのは、自分の英語力、特に英単語がわからないってこともよくわかりました。

わからないことがわかるようになるのは進捗があった証拠だと思って喜ぶべきことです。

実際に英会話教室などに通うと自分のペースでやろうと思っても、

わからない語はあとで調べましょう英会話はリズムが大切です

なんていわれたりしてしまって、結局恥ずかしくって「英語って難しい」のイメージだけが残り続けちゃいます。

パソコンの前で英会話をすることでわからない単語はすぐに調べることができますし、発音まで教えてくれるのでパソコンの前でできる英会話はさいこーだとおもいました。

自分のペースでできるのも人見知りな僕としてはとてもうれしい。

生活に出てきそうなシーンが多く、イメージしやすい

やはり、実際にマクドナルドとか、Sonyっていう単語が出てきたりすると

あ、ネイティブはこうやって発音するんだ!

という気づきもあり素直に楽しくプログラムを進められるのもおすすめポイント。

泳ぐとか歩くって英語圏の人たちと会話するとき使います?

マクドナルドの方が30倍くらいは使うと思います(たぶん( ^ω^)・・・

英会話習得に必要な「読む」、「聞く」、「話す」の一連のパターンが完成されている

これが一番大切だと思います。

30日間英語脳育成プログラムカリキュラムが組まれているかのように進めることができるので自分のペースを崩さず無理なく続けられます。

3日目の感想にも書きましたが、3日目まできちんと続けることができれば最後までいけます。

30日間英語脳育成プログラムの1つの所要時間はどれくらい?

再掲になりますがきちんとやると30分くらいはかかると思います。

これは英語の実力に依存するので得意な人は短いと思います。

「そもそも英単語わからないんですが?」

という人は僕と同じくらいの時間が必要じゃないですかね?

さらっと流すだけなら15分程度でできます。

英会話スクールに通うのと30日間英語脳育成プログラムはどちらがおすすめ?

僕はAEONのお試しレッスンに通ったことがあります。

英会話教室は高いうえに、1講義のやり直しはできないため、ダイレクトに時間にお金をかけることになります。

そっちの方がモチベーションが上がるから良いという人もいると思いますが、恥ずかしくてコツがつかめないと通い始めてある程度の期間は英語の習得よりも、英会話教室そのものに慣れる必要性もあってお金を払った分の成果を実感するのが難しいと感じました。

反対に30日間英語脳育成プログラムはイニシャルコストこそかかるものの、いつやってもいいですし、自分のペースで1日2つずつプログラムを進めてもいいわけです。

意欲さえあればどんどん進めることもできるし、先ほども紹介したように、一連のパターンがカリキュラムになっているので、これに従って実行さえすれば確実に英語を聞き取る力は伸びると思います。

DMM英会話などのオンラインレッスンと組み合わせて使うのも良い

英語脳育成プログラムはランニングコストが発生しないため、できるまでやり続ければ最初に教材を購入する費用があれば確実に習得できると思います。

英会話スクールは体験申し込みでも2万円程度の費用が発生し、きちんとやろうとすると月々の費用も高額になります。

今話題の安価で始められるDMM英会話などと組み合わせて、30日間英語脳育成プログラムを利用するとさらに効率的に英語を習得できると思います。

30日間英語脳育成プログラムはこんな人にオススメ

  • そもそも自分の英語力がわからない、けど英語を話せるようになりたい
  • 自分のレベルが気になって他人と英会話するのに緊張してしまうからある程度準備したい人
  • 仕事で忙しくとても英会話スクールや、オンライン英会話の時間を合わせるのが大変な人

以上に当てはまる人はお勧めできます。

30日間英語脳育成プログラム公式サイト

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)