【レビュー】WEECKE FENIXはコンベクション方式で味がおいしいプレミアムなヴェポライザーだった!使い方オススメポイントも紹介。

3
4897

前回ご紹介した記事FENIX MINI(フェニックスミニ)、ミニがあるということは普通サイズのFENIX(フェニックス)もございます。

今回はコンベクション方式採用のプレミアムヴェポライザー『FENIX』をレビューしていきたいと思います。

FENIX(フェニックス)レビュー

この製品もVAPE MONSTER(VEPONAVIショップ)様から提供を受けての紹介記事になります。

WEECKE FENIX|コンベクション方式のプレミアムモデル

  • 加熱方式:コンベクション方式
  • 加熱温度:170℃~210℃
  • バッテリー:2200mAh
  • 温度設定:ランプ
Amazonでチェック ヴェポナビ

FENIX (フェニックス)スペック紹介

FENIX MINI(フェニックスミニ)スペック紹介
  • サイズ:111×28.0×58.0mm(立てたときの大きさはスマートフォンの半分程度)
  • バッテリー容量:2200mAh
  • 電源入力:5V/1A
  • 加熱温度:170°C/180°C/190°C/210°C(本機ボタンで4段階で調整可能)
  • LEDランプによる加熱温度選択
  • 加熱タイプ:コンベクション式

充電は絶対に、1A以下かつ5V以下の充電器をご使用下さい。高電圧の物を使用しますと、故障、バッテリー劣化、火災等の原因になり危険です。

FENIX(フェニックス)付属品紹介

FENIX MINI(フェニックスミニ)付属品紹介
  • FENIX 本体
  • 取扱説明書(英語のみ対応)
  • microUSB
  • クリーニングブラシ
  • シリコンマウスピース(本体に付属)
  • シリコンマウスピース(予備)
  • ピンセット
  • パッキングルール
  • ワックス、オイル用タンク

残念ながら取り扱い説明書は日本語対応していないため、使い方などは詳細にこの記事に記載していきたいと思います。

FENIX(フェニックス)の使い方

日本語には対応していないものの、簡単に利用できるようになっています。

FENIX MINI(フェニックスミニ)の使い方
  • 本体充電
  • マウスピースを外す
  • チャンバーにシャグ(手巻きタバコ用の葉)を詰める
  • 電源ボタンを5回クリックし、電源を入れる
  • 4段階の設定温度から好みの温度を選択する

①本体充電

本体充電中は赤いランプが付きます。

②マウスピースを外す

フェニックスはマグネットでの着脱が可能なタイプとなっています。吸着力が強く途中で外れてしまう心配もありません。

③チャンバーにシャグを詰める

後にそれぞれとの比較も記載したいと思います。

④電源ボタンを5回押して起動、自分の好みの温度に調節。

今回は1度で紹介いたしますが、フェニックスはボタンが1つで5回押すと起動、すぐに自動加熱されるタイプです。

設定温度は起動した後2回ずつ押すことで次の温度に変更することが可能です。

緑:170℃ / 青:180℃ / 紫:190℃ / 赤:210℃の4段階より選択可能となっています。

⑤オイル、ワックスはお好みで使用してください

ジャストサイズで収まる設計です。

オイル、ワックス用のタンクも搭載していますのでお好みに合わせて使用してください。

注意点として、リキッドの使用は故障する可能性もあり、保証対象外になる場合がございますのであらかじめご了承ください。と、販売元に記載がございますので注意しましょう。

さて、これで準備は完了したので吸引していきます。

WEECKE FENIX(フェニックス) 専用510規格アダプターで死角なし

2018年2月20日更新

また、別売りのFENIX専用510規格アダプターを使うことでタバコのフィルターを指すことのできるドリップチップを装着することが可能です(こちらも別売り)

FENIX用に作られたアダプターはコンパクト、僕はC-Vapor2+に付属していたドリップチップを流用しました。

510規格なので、C-Vaporの吸い口もそのまま付け加えることができます。

これはすごい!!

また、加熱式タバコには、iQOS用のヒートスティックがよく合います。

ハサミでぶった切りましたが、ヒートスティックのフィルターは普通の煙草のフィルターよりもやや硬め!これがおいしさの秘密なのか?

今回は写真でわかるようにやや長めにカットしましたが、ドリップチップと同じくらいの長さにカットすると味も、吸いやすさもちょうど良いです。

  • 510アダプターは980円、ドリップチップは880円とお手頃なので、ヴェポライザーを深く楽しみたい人はこちらも合わせて使ってください!
チェック!
  • コンベクション方式+ヒートスティック用フィルターの相性抜群
  • マイルドな口当たりが喫煙をより一層楽しませてくれます。

FENIX(フェニックス)のオススメポイントを紹介

【オススメポイント①】コンベクション方式(熱風対流)加熱がうまい!シャグをムラなく温めてくれる。

こちらは吸い殻です。まんべんなく加熱されているのがよくわかります。

コンベクション方式について少し触れておきたいと思います。

日本語で熱風対流方式です。

熱風対流方式はオーブンレンジなどに採用されいてる方式で、加熱された空気の流れ(熱風対流)を作り、まんべんなくオーブン内を温めることで食材がおいしく仕上がるといった方式です。

用語で語ると難しそうですが単純に、温めらた空気は上にいき温められていない空気は下にいきます

これらが連続して起る機構がヴェポライザーに備わり、内部で対流が発生するのでムラなく加熱されるということですね。

FENIX,FENIX MINIも吸引口の内部構造はC-VAPOR2+と比較してもやや縦長になっているのが特徴的です。

FENIXは二段構造になっていて、シャグを入れるチャンバーとマウスピースの間にもう一つ対流を作り出すための穴があります。

こちらはFENIX MINIですね、同じように2段階構造です(水滴は僕の涎ですきったねーw)

【オススメポイント②】マウスピースの可変が超便利!ぐるぐる回って最適なポジションになってくれます

 

FENIXのマウスピースはぐるぐるまわります。

吸わない時は閉まって、吸うときにはだす。

吸引時のこのポジションがとても楽なんです。僕はすごく気に入りました。

【オススメポイント③】マウスピースの形状が僕史上最高

さらにこのマウスピース吸引口の大きさが僕の中でほぼ理想的(理想ってなんだ)だったんです。

ヴェポライザーに口を付けてミストを吸引するときの量がどんぴしゃ、FENIX MINIはやや大きくて、あれ?となりましたが、こちらは完璧。

マウスピースの大きさでミストを吸う量を調節するとこんなにも吸いやすいのか!と感動しました。

いままで利用してきたヴェポライザーの中でも吸引口が最高に良い。

FENIXの大きさをスマートフォン、iQOSと比較

PREMIUM VAPORIZERS(プレミアムヴェポライザー)と記載された本機はこの記事で紹介してきたオススメポイントなどヴェポライザーのなかで超ハイスペック。

上級者にも楽しめるという触れ込みは伊達ではなく、シャグの香りをダイレクトに楽しめるので是非おすすめしたいです。

しかし、「大きさが気になる」そんな人がいるのは当然のこと。いつもと同じようにiPhone SE、iQOSと比較してみました。

iPhone SEとFENIXを比較

先ほども紹介しましたが、マウスピースは本体側に収納されてるときのおさまりも良く、見た目ほどゴテゴテしていません。

また、加熱部(奥)とボタン(手前)形状が細くなっています。

この形を鑑みるとこの製品の味を実現するために「本体が厚くなっちゃったけど、不要な部分は削った感」が感じ取れます。

バッテリーサイズも2200mAhと通常のヴェポライザーよりも大容量を搭載しているのでこの大きさは仕方ないのでしょう。

iQOSとFENIXを比較

大きいと感じるかもしれませんが、先ほども記載したように本体が円形の三角形状なのでホールド感は良い。

FENIX(フェニックス)総評

FENIX MINIを使ったときはそれほど感じなかったのですが、FENIXを利用したときははっきりとクリアな味でした。(純粋なタバコの香)

サイズこそ大きいものの味はたぶんこれが一番おいしいのではないかと思います。(ヴェポライザーランキング更新しないと…)

またバッテリーサイズも2200mAhと大容量。他のヴェポライザーと比べても多く、バッテリー容量を気にしなくても良い点はいいですね。

そしてやっぱりマウスピース!みんながオススメする理由がわかりました。

FENIX (フェニックス)価格、現状通販サイトはAmazonのみ

現在こちらの製品は日本国内で購入する場合、Amazonでの販売となっています。

値段は2月20日現在で9,800円(税込み)輸入販売となっているため在庫数にも限りがあります。気になる方は早めに手に入れておくのが良いでしょう。

Amazonでチェック

フェニックスレビュー記事まとめ

「ヴェポライザーが欲しいんだけど何が良い?」と知り合いに聞かれたらFENIXをお勧めします。

金額こそ1万円越えと値は張りますが、その価値は絶対ありますのでヴェポライザーで迷っている方がいらっしゃったらこれがオススメです。

携帯性を気にする方はFENIX MINIもどうぞ

WEECKE FENIX|コンベクション方式のプレミアムモデル

  • 加熱方式:コンベクション方式
  • 加熱温度:170℃~210℃
  • バッテリー:2200mAh
  • 温度設定:ランプ
Amazonでチェック ヴェポナビ

FENIXを購入する方法とVEPONAVIショップ紹介

FENIXはAmazonもしくは、販売会社のショップサイトで購入が可能です。

VEPONAVIショップは、ヴェポライザー販売点としては老舗。

僕が普段利用しているヴェポライザーはVEPONAVIショップより提供されているものです。対応もよく、安心して購入できるウェブサイトです。下記をチェックしてみてください
送料はご購入金額2000円以上で全国どこでも一律無料となります。

VEPONAVIショップ公式ページ
※ヴェポライザーは喫煙グッズです喫煙は20歳を過ぎてから
※本体にUSBを指して充電する際は5V/1Aを守りましょう。
※パススルーは未対応のため、充電と同時にヴェポライザーを利用するのは辞めましょう。

3 コメント

  1. 詳しい内容の記事でよかったです。

    FENIX使っていますが、よくわからない事があります。
    ボタン3秒押しのエンハンスモードとソフトモードの切替りますが、これについて詳しく調べていただけませんで
    しょうか?
    よろしくお願い致します。

    • コメントありがとうございます。

      >>ボタン3秒押しのエンハンスモードとソフトモードの切替りますが、これについて詳しく調べていただけませんで
      しょうか?

      ご指摘いただいた点については検証後記事に反映させていただきたいと思います。ありがとうございます。

      現在、僕の認識ではエンハンス=加熱強化

      FENIXに関してはコンベクション方式の加熱機構を搭載しておりますが、「加熱する」という点において他のヴェポライザーと違いはないように感じます。
      また加熱の強化と記載しましたが、最大温度は決まっているため、僕が考えているのは熱を伝える間隔?が違うのではないかということです。しかし、当方の知識では詳細はやはりわからないのがつらいところです。

      先ほども記載した通り検証後、反映させていただく予定です。

      内容は『味の感想』として記載させていただきたいと思います。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください