【レビュー】『Ocean-C N1 IQOS互換機』は携帯性抜群の専用ポーチ付きその味を検証してみました。オススメポイント紹介

2
1015

iQOS互換機のレビューも着々と増えてきました。

今回はAmazonで購入可能なデザイン性に優れたiQOS互換機『Ocean-C N1』をレビューしていきます。

携帯性、デザイン性に優れている製品ですが、iQOSヒートスティックの味はどうなの?と思っている方は記事の下の方に僕の感想も記載しましたので参考にしてください。

今回はOcean-Cから提供を受けてレビューしておりますが、ありのままをお伝えしますのでどうぞ最後までお付き合いください。

iQOS互換機『Ocean-C N1』レビュー

Amazonで確認

Ocean-C はiQOS互換機以外にもプルームテック互換機などを販売するメーカーです。

iQOS互換機『Ocean-C N1』スペック、付属物紹介紹介

Ocean-C N1スペック紹介
  • 本体サイズ:14mm×112.8mm
  • バッテリーサイズ:700mAh
  • 加熱温度:非公表
  • 電源:5V/1A
  • 重さ:非公表(20-30g程度)
Ocean-C N1付属品紹介
  • Ocean C本体
  • マイクロUSBケーブル
  • ギフトボックス
  • シーリング
  • 検品証
  • 説明書

なかなかパンチの効いた取扱説明書になっていて、日本語で記載されているもののなかなか理解するのに時間がかかりました。一通り使用してみたので使い方を紹介していきます。

iQOS互換機『Ocean-C N1』使い方紹介

使い方紹介
  • 本体充電
  • iQOS用ヒートスティックを挿入する
  • 電源ボタンを5回押して電源オン
  • 電源が入った状態からさらに電源ボタンを3回押す
  • 好みによってチェーンスモークを

①本体充電

5V/1Aなのでスマートフォン用の充電器を使用し充電。

充電中は、赤色→白色→緑色の順番で充電量を黙視することができます。

②iQOS用ヒートスティックを挿入

最早説明はいらないかもしれませんが、iQOSと同じようにヒートスティックを指すだけです。

③電源ボタンを5回押して電源オン

電源ボタン5回押すとこのように白く点滅します。

④電源が入った状態からさらに電源ボタンを3回押します。

加熱開始するためには点滅→点灯になっている必要があります。

あとは同様にしてチェーンスモークをすることが可能なのでお好みのでどうぞ。

iQOS互換機『Ocean-C N1』のオススメポイントと気になった点

【オススメポイント①】圧倒的なコンパクトサイズが凄い

左からpilotのシャープペンシル、Ocean-C N1、iQOS本体となっています。

Ocean-C N1は本体にバッテリーが付属しているためこれ一つでiQOS用のヒートスティックを吸引することが可能です。

サイズ感は最小ですね。シャープペンシルよりも小型設計が凄い。

【オススメポイント②】付属のポーチがオシャレ!これが付いてiQOSよりも低価格なのは凄い!

ポーチのデザインはシンプルでオシャレ。誰もこれがタバコケースだとは思わないでしょう。

ヴェポライザーを始め、『持ち運び安さ』を重視する人が多いためポーチが標準でついてくるのはありがたいですね。

このポーチ、コンパクトデジカメのケースと同じくらいのサイズなので小さなモバイルバッテリーくらいなら一つ入りそうです。

ちなみにiQOS本体も入るみたいなので、このポーチだけでも結構なお得感があります。

【オススメポイント③】ヒートブレードはセラミックを採用!iQOSよりもクリアな味わい

日本語が不自由な取り扱い説明書にも「これはセラミックブレードやで!」と強く訴求されていたのでこれはオススメポイントなのだと思います。

味は確かにクリアな味わいでヒートブレード部の劣化が味が損なう原因にもなりますので、安定性の高いセラミックを採用しているのは非常に好感が持てます。

キャップも取り外しやすくメンテナンス性が高いのも良いことですね。

さて、ここからは気になった点を記載していきます。ちょっと辛口かもしれません( ^ω^)・・・

チェック!
  • シャーペンよりも小さいサイズ感
  • 付属のポーチは携帯性抜群でコスパ高い
  • ヒートブレードはセラミックを採用でiQOSよりもクリアな味わい

【気になった点①】700mAhの弊害か?パワー不足感が否めない。ヒートスティックの吸い殻で確認

ちょっと見づらいと思いますが、吸い殻です。1度の使用では全く加熱されていない部分があります。

「これは非常にもったいない」そう思った僕はチェーンスモーク(加熱が終了した後再加熱)してみました

中央部がやや黒くなってきたのは確認できます。それでもこれでやっとiQOSくらいか?と思いました。

ちなみに以前レビューした、Fyhit CS PENの吸い殻を見てみましょう。

やはり写真を見比べると一目瞭然。

キック感もFyhit CS PENと比較してしまうと物足りない印象でした。本体の軽量化に重点を置いたための弊害なのだとしたらしょうがない。

後述しますが、女性にはお勧めできます。

【気になった点②】電源ボタンを押す回数が多い問題

先ほど見ていただいたgif動画でもわかる通り加熱されるまでのステップで

電源起動→5回

加熱→3回

チェーンスモーク3回

計11回あります。1度の加熱では先ほどの吸い殻の写真を見ていただいた通り非常にもったいないのでチェーンスモーク前提での使い方になると仮定してます。(たぶんさっきの吸い殻の状況だと3回は吸った方が良い)

個人的にこれは面倒だったりします。

自動加熱が多い加熱式タバコの中ではやや不便かなといった印象。慣れれば全く問題ないとは思いますが。

チェック!
  • キック感を求めている人はいまひとつの可能性
  • 慣れるまでは操作を覚えるのが面倒(直観的な操作)

まとめ:iQOS互換機『Ocean-C N1』の口コミをAmazonで確認してみた、僕が女性にオススメしたい理由

意外にも好評価を得ているのがびっくりですが、味が悪いわけではないので納得です。

タバコ自体はクリアな味に仕上がっているので良い製品だと思います。またAmazonの評価で書かれている「一時停止機能」も良い。

ただ、タバコを吸う時間を誰にも邪魔されない環境にいる僕からすると、口を付けて再度吸引するのに時間がかかったら抵抗がある人もいるのではないか?と考えるとうーんとなります。

そもそも連続吸引するよりもガツンとくるほうが個人的にはありがたい( ^ω^)・・・

一方で、外回りの営業をしている方や、小売店などで突然休憩から復帰しなければならない人には大変ありがたい機能であると思います。

長時間のチェーンスモークに対応していると考えたら節約になるのではないか?

多少加熱温度にパワー不足を感じるものの、何度も何度も加熱して吸引することができる点はヒートスティックの節約に直結しますし、高温度で加熱していないのでそれはそれで体にはいいのでは?と思ったり。

なによりもサイズ感はiQOS互換機の中でも最小、最軽量なので荷物にならないのが一番ありがたい

特に女性の方はキック感よりも持ち運びを重視される人が多いと思いますし、iQOSでもちょっとニコチンが強すぎると感じている人にもオススメです。

Amazonで口コミを確認

iQOS互換機『Ocean-C N1』価格

5400円程度なので、本機iQOSよりも安価に入手することができる点もメリットだと思います。

  • キック感よりも一時停止などの利便性を重視したいかた
  • iQOSは吸いたいけど持ち運びで不便を感じているかた
  • iQOS壊れてしまって新しい製品を検討されているかた

以上の人におススメできます!

またほかのiQOS互換機も気になるよ!という方はこちらの記事もおすすめです。

Amazonで確認

2 コメント

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください