【電子マネー用】Suica,Quick Payなど汎用性に富んだ年会費無料のクレジットカードを紹介

0
75

「小銭なくしたいんじゃ!電子マネーに移行すんじゃ!」

と考えだしても、そうなると次に訪れるのは

「じゃあどこのクレカ使えばいいんだろう?」

そんな疑問ではないでしょうか。事実僕も結構考えたりしてみたんですけれど、例えば楽天カードは1%のポイント還元システムがあるから便利だけど、そもそも楽天市場であまり買い物しないからなーと思う人も少なくないはず。

とはいえ、楽天ポイント=楽天Payでも利用できるようになったため、都心部にお住いの人は【お金】としての利便性にそろそろ気づき始めているでしょう。

特化して利用するため便利に1枚に収めようとすると弊害がでてきてしまうため、今回は電子マネー用などに使える汎用性の高い便利なクレジットカードを紹介してみる記事です。

【電子マネー用】僕がApplePAYで利用しているSuica,Quick Payなど電子マネーに便利なクレジットカードを紹介

楽天カード

僕は普段からApplewatchでQuick Payを利用する際、楽天カードを登録しています。

QuickPayでの利用時は『楽天カード』の表記が見えないのもうれしい。

そのうえきちんと1%での還元を受けられるため、多くの人から支持されています。

残念ながら現在では改定されてしまいましたが、Suicaチャージでもポイントの還元を行っていたこともあり、僕はこのカードを重点的に利用していました。(現在はポイント対象外なのでsuicaはリクルート)

メリット

  • ほとんどの決済手段で1%の還元
  • 楽天市場で買い物する際はさらに還元
  • 貯まったポイントを電子マネーのEdyに交換することができる
楽天カード公式ページで確認 僕の楽天カード体験記を読む

三井住友VISAカードデビュープラス

対応電子マネーが多い三井住友VISAカードは汎用性が高く、迷ったらとりあえずの1枚として選択することをお勧めします。

QuickPayだけでなくiDに対応している点は楽天カードよりも有利だと思います。

また、20代限定のプライムゴールドカードに26歳を過ぎた最初の更新日に切り替えが可能になり、初年度の年会費無料で全国主要空港の空港ラウンジサービスが使える特典もあるため、後々プライムゴールドカードを手に入れるためにまずは三井住友VISAカードデビュープラスを選ぶのもよいでしょう。

メリット

三井住友VISAカード公式ページで確認

エポスカード

 

年間50万円の利用で、永久年会費無料のエポスゴールドカードにランクアップさせることができるのがエポスカードの魅力。

また、もっているだけでロイヤルホスト提示で5%OFFカラオケシダックスの提示ではルーム料金30%OFF

還元率は0.5%と低いものの、Quick Payに対応することができ汎用性は高い

プリペイドカードを作ることで貯まったポイントをプリペイドVISAで使えるのはとてもありがたいです。

メリット

  • 大きな収入がなくてもゴールド、プラチナを簡単に取得できる
  • 加盟店では提示するだけで割引を受けられる特典
  • 貯まったポイントをプリペイドカードで現金と同じように使える
エポスカード公式ページで確認 僕のエポスカード体験記を読む

まとめ:電子マネー用は特化でなく利便性の高いものを選んだ方が良い

どのクレジットカードを使おう?と迷うタイミングは生活していればたびたび遭遇します。

そんな時、「迷ったらこのカードを使っておこう」といったものがあれば、深く悩む必要もありません。

僕が挙げた3枚のカードは万人に大正解ではないにしろとりあえず損しない。そんなカードをチョイスしてみましたので、小銭をなくして財布の中をすっきりさせたいと思っている方は上記カードを選択してみてはいかがでしょうか?

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください