【月額2000円!】格安SIMを使いながらドコモやau並みの回線満足度を手に入れる方法を考えてみる

0
74

「携帯電話の料金が高すぎるから格安SIMに変えたい」と思ってもなかなか難しいと考えるのは、大手携帯会社が提供する電波強度に絶対的な信頼をおいているからです。

事実、以前僕が書いた記事、【4社比較】回線速度の速いオススメの格安スマホ会社はUQモバイルだった話では悲惨な結果となりました。どの格安スマホ会社もよくて1Mbpsが限界。

いくら安いからといっても許せる限度があるというものです。インターネット通信全盛の現代においては低速すぎます。

とはいえ、毎月6000円以上スマートフォンに支払い続けるのは、サービスやスマホ端末が多様化する社会の中ではもったいないと言わざる負えません。

数年前と比較しても回線の種類によってスマホで使える使えないといったことが少なくなってきているため、Android端末を選択肢にいれてもらえれば、2000円程度で回線キャリア並みの満足度を手に入れることが可能です。

では、いったいどうすれば「大手携帯会社並みの満足度を低価格で実現できるのか」を考えてみたいと思います。

UQモバイルのデータ高速プランに注目してみる

YモバイルのデータプランSは1980円で1GBと高額

Yモバイルは残念ながら高額な、データプランSしかないためそれだけで2000円に到達してしまうため選択肢に入りません。UQモバイルだけなのです。

UQモバイルのデータ高速プランは3GB利用可能で980円

事業者 3GBプラン
UQモバイル 980円
楽天モバイル 900円
IIJmio 900円
OCNモバイルONE 1,100円
Nifmo 900円
DMM 850円
イオンモバイル 980円※
LINEモバイル 1110円
mineo 900円
イオンモバイルは3GBがないため4GBプラン

さて、ざっくりみていただきましたが、このUQモバイルの異常な安さがお分かりいただけるでしょうか?

UQモバイルはサブキャリアとして、他のMVNO事業者と比較しても速度優遇されています。実際に速度比較してみたのでこれは間違いないです。

UQモバイル公式サイトより

ウェブ上でも紹介されているように、普段使いでしっかりと使えるレベルで提供できる安い回線はUQモバイルであり、ユーザーからも評価されています。

ただ、なぜみんなUQモバイルにしないのか?といった理由ですが、それは音声プランにした途端料金が高くなるからだと思います。

UQモバイルの音声プラン、おしゃべりプラン、ぴったりプランは高い

UQモバイルが用意する音声プラン、『おしゃべりプラン』『ぴったりプラン』を選択すると、1年目1,980円、2年目2,980円と他の格安SIM会社と比較すると料金差が目立ちます。

そうなると、「いや、どうせ安くするならとことん安くしたい」と考える人がいても、なんらおかしくはありません。

他の格安SIMを選択すれば、音声プラン+データ通信3GBで1600円で使える!なんてことはざらにあります。

事業者 音声+3GBプラン
UQモバイル 2,980円
楽天モバイル 1,600円
IIJmio 1,600円
OCNモバイルONE 1,800円
Nifmo 1,600円
DMMモバイル 1,500円
イオンモバイル 1,580円※
LINEモバイル 1,690円
mineo 1,510円
※4GBで記載しています。

といった次第です。UQモバイルを音声プラン付きで契約するとなると2,980円とかなり高い金額となってしまいます。

UQモバイルにもデータ高速プラン+音声プランはすでに端末を持っている人用プラン

UQモバイルにもSIMだけ契約するデータ高速プラン+音声プランはあります。

ただ、マンスリー割(毎月の通信料金割引)が受けられない、補償が入れない、通話料金が高いなどのデメリットがあります。

既に端末を持っている人がSIMカードだけ契約する場合のみ有効ですが、本当に回線だけ使える契約になるのでいささかもったいない気がします。

格安SIMの特典も魅力的

例えば、楽天モバイルなら、SPU(楽天市場での買い物のポイント倍率がアップ)特典があったり。

LINEモバイルならSNSのカウントフリー(Twitterやインスタグラムのパケットを計算しない)システムがあったり。

Nifmoならバリュープログラムで回線料金をさらに安く使えたり。

格安SIM会社の特典は思った以上にお得で、僕がクソみたいな楽天モバイルをやめられないのも、楽天スーパーセール時に上乗せされる還元ポイントが大きいからなのです。

なんとかしてUQモバイルと格安SIMのおいしいとこどりはできないものかと思ったときに活躍してくれるのがDSDV機能を持つスマートフォンです。

DSDV(デュアルシムデュアルVoLTE)対応スマートフォンならおいしいとこどりできる

DSDVとはデュアルシム・デュアルVoLTEの略称で、簡単に言うと同時にLTE待ち受けができるというもの。

同時待ち受けができる。つまり、格安SIM会社のクソ通信回線は使わず、UQモバイルの高速通信を利用して、電話の待ち受けだけ格安SIM会社のものが利用できると言い換えてもいいです。

DSDVが生まれる前の機能DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)ではau回線(UQ)を利用することができなかったため、ドコモ系のSIM2枚だけ刺せるという本当に使い道のない機能だったのです。

昨年まではDSDVは無駄に高性能なシステムなので、ハイスペックスマートフォンにしか搭載されていませんでしたが、ASUSやOPPOが低価格なDSDV対応スマートフォンを市場に投入しているため、今なら低価格でUQモバイル+格安SIMの組み合わせで使うことが可能です。

3万円以下で買えるDSDV機能を持つ格安スマホ

ZenFone Max Pro (M1) |ASUS

  • 6インチ
  • CPU Snapdragon 636
  • RAM 3GB
  • ROM 32GB
  • 29,800円
ASUS公式で見る Amazonでみる

一昔前であれはあきらかに超ハイスペックスマホなのですが、現在では3万円で購入できるDSDV搭載スマートフォンの中でもっともおすすめできます。5000mAhの大容量バッテリーも搭載し、モバイルバッテリーとしても使えます。

OPPO R15 Neo |OPPO

  • 6.2インチ
  • CPU Snapdragon 450
  • RAM 3GB
  • ROM 64GB
  • 21,974円
Amazonでみる

とにかく低価格でDSDVを実現するのがOPPOのスマートフォン。

コストパフォーマンスの観点からいえば、Zenfone Max Pro(M1)を購入するのが最も合理的だと思います。

そのほかHuawei 製のスマートフォンは3万円以上となり、低価格ではなくなってしまうため記載していません。

UQモバイルと組み合わせて使うおすすめの格安SIM

UQモバイルというコスパ最強のインフラがあるため、もし僕が利用するなら、というよりもすでに利用していますが、楽天モバイルを強く推したい。

楽天モバイルは楽天ポイント決済が可能で楽天SPUが鬼強い

ネット通販の楽天市場で開かれる楽天スーパーセール時にポイント還元率が跳ね上がった際、SPU(スーパーポイントアップ)システムで期間限定ポイントではありますが、還元ポイントが爆増します。

ちなみに、上記画像のほかに増加した還元率がポイントで付与されるため、月々の格安スマホ料金が各社と比べて数十円高かったとしても誤差の範囲で済みます。

貯まったポイントは楽天トラベルや、楽天市場での買い物で再度使うことができますし、僕はマクドナルドが好きなのでマクドナルドで消費するといったこともできます。

また、期間限定ポイントの使い道がどうしてもなければ月々の楽天モバイルの支払いに自動充当することもできるため無駄がない。

通信品質に目をつむればポイントが大量につくため楽天モバイルは魅力なのです。

料金
楽天モバイル(ベーシックプラン) 1250円
UQモバイル(データプラン3GB) 980円
合計 2,230円
月額2,230円で、楽天ポイント還元の恩恵と、UQモバイルの高速通信を手に入れることができます。

楽天モバイル公式ページでみる



今回のようにDSDVでUQモバイル+楽天モバイルを利用する場合弱点を克服した状態で利用できるのは最高です。

LINEモバイルはカウントフリーが魅力

UQモバイルの3GBでは足りなくなると困るという人は、Twitter、Instagram、LINEなどのSNSアプリではカウントをしないLINEモバイルも選択肢にあげると良いでしょう。

SNSはデータフリーサービスの対象となり、仮にLINEモバイルの通信制限がかかった場合でもTwitterやLINEを使う際は通信制限が入らない太っ腹なシステムです。

料金
LINEモバイル(3GB音声プラン) 1,690円
UQモバイル(データプラン3GB) 980円
合計 2,670円
2670円でLINEモバイルの音声プラン+3GB(カウントフリー)の通信とUQモバイルの3GBの高速通信を手に入れることができます。

また、LINEフリープラン(LINEだけカウントフリー)の場合は、1,200円となり、2180円です。

LINEモバイル公式ページでみる

LINEモバイルUQモバイル+UQモバイルという組み合わせ

もちろん、UQモバイル+UQモバイルという組み合わせも可能です。

料金
UQモバイル(おしゃべりプラン) 2,980円※
UQモバイル(データプラン3GB) 980円
合計 3,960円
[/su_table]※、イチキュッパ割が終わった後のプランSの場合。

5分間のカケホーダイと3GB+3GBで合計6GB。やや高めかもしれませんが通話が多い方はこのプランもありかもしれません。

UQモバイル公式ページで見る


まとめ今の環境に不満があるなら検討してみては?

宣伝につられて楽天モバイルを契約してしまったけど、遅すぎて使い物にならない。なんとかならないだろうか。」あるいは、「回線速度の遅さが気になって格安SIMへの乗り換えができない

と考えている人は、DSDV端末を購入してUQモバイルのデータ通信回線の未契約することで大幅に満足度が向上するでしょう。

使い放題だけど全く使い物にならないものを契約するよりも、UQを選択した方が良いと思います。僕は。

関連記事

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください