【超コスパ】Zenfone3レビュー。最強の理由はカメラ性能の向上と、かつての弱点の克服!

0
239

MVNOが勃興する昨今。

通信コストの圧縮に躍起になっている皆様こんにちは。うっしーです。

以前Zenfone2 laserを購入して利用していた際はGPSの測位性能やカメラの画質の低さなどからiPhoneSEへの変更を決意した私でしたが、いよいよ格安スマホが当たり前の時代が到来しているので、サクッと変更してきました。(メインはIPhoneSEで行きますが・・・)

http://usshi-na-life.com/2016/06/23/post-871/

http://usshi-na-life.com/2016/05/10/zenfone2laserrevew/



楽天モバイルのコミコミプランとは

楽天モバイルでは、他の格安SIM会社と同様に、SIMカードのみの販売と端末のセット販売がある。

今回私が利用したのはコミコミプランであり、契約書をそのまま抜粋します。

結論から申し上げますと、月額1613円で5分間カケホーダイと4GBのパケットが使えます。

端末セットの購入を行うことで、通信料金を既存のプランより安くするということです。
ウェブ限定の価格と謳っておりますが、店頭でも同じ価格で購入することができました。

komikomiplanryoukin

結局のところ、総務省の端末のセット販売で通信費の割引をやめなさいよっていうのは、特定の端末を割り引くのをやめろということで、このように全ての端末の金額を下げて販売するのは大丈夫ということなんでしょうか。

正直なところ、大手キャリアと格安スマホ会社の販売の違いが私にはよくわかりません。
MNPだけを規制するというのであれば、「競争するな」ということですし、利用料金の引き下げに関して言えば、通信に対しての管理コストを下げさせると、通信技術の業界の伸び幅は無くなってしまうでしょうし、有事の際の対応などが気になります。

要するにですね。コミコミプランでZenfone3を購入してから、端末を売却すると通信費がやすくなりますよ。ということです。

Zenfone3の中古(未使用品)の相場は11月25日現在で3万円程度(ヤフオク調べ)

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?auccat=&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&fr=auc_top&p=zenfone3&x=0&y=0

Zenfone3を使おうが使うまいが、端末をとりあえず購入して、売却した方が利用料金が安くなりますよということですね。

あれ、これ、デジャブかな・・・

Zenfone3開封

Zenfone3を購入すると以下のものが付属する

  • SIMピン
  • USBタイプCケーブル
  • ACアダプタ
  • イヤフォン

はいお待たせしました。Zenfone3です。

zenfone3zentai

私が気になっていたところをサクッと紹介して行きます。

指紋認証がすごいiPhoneよりも早い気がする

今回の目玉の一つである指紋認証機能がすごい!

精度も高くて応答スピードも早い!

これはiPhoneのTouch IDよりもすごいのではないかと思ったほどです。

とにかく反応が早い

指紋認証の登録方法は簡単です。

設定から

指紋認証の前に端末のロックを解除するパスワードを設定する必要があります。

実験!iPhoneSEとZenfone3の指紋認証はどっちの方が登録が早いのか。

んー認証している部分も違いそうだし、

何しろTouch IDの方は決済システムまで担っているので、それは丁寧に丁寧に行われているのに違いないので、結果を申し上げるのは忍びない。

iPhoneは1分以上かかったのに対して、Zenfone3は30秒でできてしまうという驚異的速度だった。

とはいえZenfone3が適当に指紋認証やってるのかと思って右手の指(登録してたのは左手の人差し指)で解除しようと思ってもできなかったし、セキュアだと思うんですね。

Zenfone3の良いところ2つ目マルチキャリア対応

Zenfone3は次で実際にau系のUQモバイルのSIMでDSDSをした写真がありますが、Zenfone3の良いところは、日本国内で発行されるSIMカード全てに対応できるということです。つまり今まではiPhoneの特権だったフルバンド対応(各キャリアの主要バンドを全て網羅している)所にあります。
そのため

この端末ってau系だけなんよね?
ということもなくいざ新しい通信サービスが提供スタートされても簡単に今のサービスから移行できる点にあります。

「auの端末はauでしか使えない」は今は昔の話であります。Zenfone3最大の長所かもしれません。

Zenfone3の良いところはユーザが簡単にAPNの設定ができること

Zenfone3が優れいている点は、価格、パフォーマンスはもちろんのこと、ユーザーの手間をとらせないことです。簡単にAPNの設定ができて素敵なんです!

そのため、ドコモ系の格安SIMは全て網羅、あとは、KDDI系のUQモバイルにも対応している点です。

 

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

 

 

ドコモ系とau系の電波をDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)

 

 

しっかりと認識されている

このようにして、SIMカードを装着するだけで、APNが勝手に設定されているという、オートマティックを感じてください。
格安スマホに対して不安を持っている方はZenfone3であれば、解決してくれるでしょう。

 

写真編

前回iPhoneSEとの比較では「その差が」最も顕著に現れていた点であります。

zenfone3piture
iPhoneSEで撮影
zenfone3piture2
Zenfone3で撮影

印象としては、マグカップ白すぎね?

我がマグカップは若干黄ばんでいるのですが、めっちゃ白い!

明るい部屋で撮影した紙コップ

iphonesekamipakku
iphoneseで撮影

 

zenfone3kamipakku
Zenfone3で撮影

Zenfone3は標準でWBが荒い感じがします。実際蛍光灯の下では黄色になるのが普通なんですけれど、白が強い=発色が強い。
この辺りは、SAMSUNGとかシャープとかのスマートフォンのような印象を受けます。スマートフォンのカメラって結構ぶっきらぼうなのよね。

zenfone3
iPhoneSE
Zenfone3
iPhoneSE

Zenfone3の方がやや広角か。

iPhoneは繊細にできていると思います。

風景写真を撮るとカメラの性能差が顕著に出ますね。

とは言え、解像感やピントに関してはZenfone2と比較すると大幅に改良されパワーアップしているなと感じることができます。
今度、イルミネーションでも撮りに行こうかな。

続いて

電波掴み問題

Zenfone2Laserの弱点だった電波ロスト問題。
ここに関しては大幅に改善されており、非常に使いやすいと感じます。

以下はかつて記載したZenfone2Laserのレビュー記事の抜粋ですがこのような症状は一切出ません。

APN設定がされてませんの頻出

SBMで利用しているのでが、APN設定がされていません表記が頻発 再起動で解決します。

割と頻繁に出てきます。

鬱陶しい。

細かいとことで言うとweb閲覧時にちょっとひっかかるとか、画面の輝度コントロールがへぼいとか
ありますが、とりあえず電話できて、アプリが使えて、スマホ使ってまっせーっていう感覚にはなれます。

過去記事(今更ながらのZenfone2 Laserレビューソフトバンクで使ってます。

GPS測位しない問題

こちらも上記と同様にZenfone2Laserの弱点と言われている部分になります。

Zenfone2Laserの弱点だったGPSの測位と電波の掴み問題に関しては大幅に改善されています。

GPS測位があまい。

感覚としては初めて買った初代GalaxyS並みにGPS信号が失われます。

「GPS信号が失われました。」

車にカーナビがついてないのでクレードルでナビ代わりとしてスマホをはめて使っているのでが、10km移動するとに3回ほどGoogleMapのお姉さんから先のGPS信号が失われましたと言われました。

ちゃんとAGPSも作動してるはずなのになぜか位置情報は20mくらいずれてます。

謎です。

グラフィックパフォーマンス

screenshot_20161122-153031
Zenfone3 3DMark
iPhoneSE 3DMark
iPhoneSE 3DMark

Zenfone2laserは50程度でしたので、ゲームもしっかり遊べます!

それにしてもiPhoneはなんでこんなに良いスコアなんだろうか。

3万円で買えることを考えるとZenfone3のコストパフォーマンスは驚異的です。

Zenfone3 laserはCPUのみダウングレードしているようですから、ゲームなどを行わない場合、Zenfone3 Laserが一番おすすめ。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

Zenfone3は白と黒どっちを買うべき?

僕は黒を使ってます!白はなんか安っぽかった(安い端末なのに安っぽいとはこれいかに・・・)黒は高級感あります。光沢ありますし、Zenfone3かっこいいです!

まとめ

  • Zenfone3はiPhoneSEよりも広角レンズを搭載するとともに、写真の撮影クオリティが大幅な進化!
  • Zenfone2Laserの弱点だった位置情報の測位と通信エラーを改善
  • 上記2点の弱点を克服し、コストパフォーマンスの高い最強の端末に仕上がっている

iPhoneSEの値下がりもあり、低価格層のスマートフォンを購入するのであれば、Zenfone3かZefone3 laserかiPhoneSEですね。



コメント

Please enter your comment!
Please enter your name here