【CP+2018】α7ⅲの瞳AFをレビュー美女とともに紹介|Canon EOS Kiss Mとのインプレッション比較も

0
100

1年に1度、2月最後の週に行われるCP+(プラス)はカメラの祭典です。
僕は今まで行く機会は何度となくあったのですが言ったことなかったんですよね。

でも今年はスケジュールの都合が見事についたためサクッといってきちゃいました。

お目当ては、やはり2月27日に発表されたSONYのフルサイズミラーレス一眼『α7ⅲ』

正直僕のカメラの腕前は素人同然で、カメラの販売に携わっていたとは思えないほどなので、その点はご了承ください。

CP+(プラス)α7ⅲ体験レポート


今回僕がα7ⅲを体験してきたのSONYブースの屋外ポートレートコーナー

α7ⅲ体験コーナーでは、Gレンズ=FE24-105mm F4 G OSSレンズとともに体験できるようになっておりました。(僕にはさっぱりだ)

屋内ポートレートを再現するための光源がめちゃくちゃ強いせいか、きちんと本体の撮影ができませんでした。

α7ⅲはフルサイズのミラーレス機ですが、どこになにがあるかすぐにわかるボタン配置と圧倒的なグリップ力を発揮する本体ボディのおかげか、『重い、操作しづらい』と思うことはない。

α7ⅲの瞳AF(オートフォーカス)と圧倒的描写力を体験|素人でも超簡単にポートレート撮影が可能。

α7ⅲは動体、静体どちらもクオリティの高い写真撮影が可能な性能であることがネットでも有名ですね。

今回は、瞳AF(オートフォーカス)を体験してきました。(素人でもそのすごさがわかるってこれくらいなのかも…)

α7ⅲ

被写体がどこを向いていても必ず『そこ』にピントが合ってくれるのはとてもすごい。

というかモデルさんが美女すぎてファインダー越しに見つめられててニヤニヤが止まらない僕やばい。

Canon Power Shot G1X MK2

ハイスペックなコンデジといわれるG1Xmk2でも、撮影写真がα7ⅲと比べてひらべったい印象なのは、素人の僕でもわかる程。

そう、僕が語れるのはこの辺まで!お姉さんかわいいからゆるちて。

SONYのα7ⅲの瞳AF(オートフォーカス)はGレンズについているボタンを押すことで、延々と追尾することが可能な機能です。

ご家族の写真や動物の写真を撮影される方にとってこれほどありがたい機能があるでしょうか?

また、デジカメとの比較画像は少ないものの、表現力が高くて使いやすい実機を手に取ると、ついつい「これいくらでしたっけ?」とスタッフの方に聞いてしまうほど。(ボデイ単体で23万円~)

素人でも使いやすい最強カメラでした。

α7ⅲのSONYストア公式ページはこちら

キャノンのEOS kiss Mももちろん見てきました。|ボディ外観と所感

SDカードを指さなかったため、作例はありませんごめんなさい。

  

本体の外観から、ボタン周りはPower ShotやEOS Mシリーズをきちんと踏襲しており、キャノンユーザーにとっては扱いやすいボディとなっていると思います。

近いのはPower Shot G1XMark3かな?

動体のAFスピードもかなり速い。サイズ感でいえば、ピカ一。

ただ、上記のようにSONYのα7ⅲが強力すぎて今一つ存在感が発揮できないモデルになってしまわないことを祈るばかり。

これはこれで、初心者にもかなり使いやすくて綺麗に撮影できる。

まとめ実は甲乙つけがたいのでは?

両社、ミラーレスカメラの新機種として2月下旬に発表されました。下馬評では

キャノンの出落ち感www

ソニー一強すぎるwww

など、言われておりますけれども、僕の印象はちょっと違っています。

SONYはインスタグラムガチ勢=サロンモデルやインフルエンサーと呼ばれる人たちを撮影するカメラマンにとっての最強武器であることに異論はありません。

EOS Kiss Mはキャノンユーザーからの切り替えよりも、こうした新しくできた市場のユーザーを取り込む施策を打つべきなのかなーとは思うものの、一歩引いてみてみると家族向け、初心者向けで手に取りやすいのはEOS Kiss Mなのかなーなんて思ったり。(この辺は昔から変わっていませんね)

といった感想です。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください