LUV MACHINES iG810をレビュー|はじめてのデスクトップPCにおすすめのミニタワー

0
114

LUV MACHINES iG810シリーズは第9世代CPUを搭載したデスクトップパソコンです。
2018年12月現在では、第8世代CPU搭載デスクトップパソコンと並行して販売されているため、コストパフォーマンスでは、価格.com金賞受賞モデル好景気のIG700XN-SH2をお求めされる方も多いでしょう。
終売後はこのIG810およびIH810シリーズがメインとなります。

LUV MACHINESのIH,IGシリーズはマウスコンピュータ―の主力デスクトップパソコンですから、ノートパソコンよりも安価で高性能なデスクトップパソコンが欲しいというニーズにこたえてくれます。

今回僕がマウスコンピュータ―からレンタルしたモデルは、『LUV MACHINES iG810HN-M2SH2』です。シリーズ内ではスタンダードで売れ筋モデルのパソコンをレビューします。

LUV MACHINES iG,IH810シリーズの特徴

IGは専用グラフィックボード搭載、IHは非搭載

ご覧いただいている通りですが、IHシリーズにはグラフィックボードが非搭載で,

最もオーソドックスな構成となり、価格も抑えられています。最新のインテルCPUを搭載しているため、グラフィックボードが非搭載なIHシリーズを購入しても、簡単な動画の編集処理などには困らないでしょう。

グラフィックボードが非搭載でも構わないという人はIHシリーズ、動画の編集や一眼レフで撮影したRAWファイルをAdobe Lightroomなどで現像される方、株やFXのトレード用に3枚以上のマルチディスプレイにされる予定のある方は専用グラフィックボードを搭載しているIGシリーズを選びましょう。

第9世代CPUを搭載

市場評価がいまひとつの第9世代CPUですが、これは”自作でパソコンを組む人にとってコストパフォーマンスが悪い“されているからです。第9世代CPUのCore i7 9700はハイパースレッディングテクノロジーを封印し、シングルコアあたりのパフォーマンスを改善することで、第8世代のCore i7 8700よりも作業効率を上げる場面があります。

具体的にいえば、動画の変換時におけるCPUの熱です。

下記は動画の変換=レンダリングにかかった時間を比較したもので、別モデルの数値となります。

CPU CPU単体処理 CPU最高温度
Core i7 9700K 11分10秒 64℃
Core i7 8700K 11分31秒 78℃

 

この時のCPU温度は、Corei 7 9700KのCPU温度は64℃と非常に安定しており、限界パフォーマンスに余裕があるからだと思われます。したがって長期的な利用を検討されているのであれば、やはり第9世代CPUを搭載したモデルの方が堅牢制は高いです。

チェック!
とはいえ、価格差が2万円以上するなら、IH(IG)700シリーズのCore i搭載マシンでもよいか。というのが僕の感想。

LUV MACHINES IG810、IH810シリーズの構成

LUV MACHINES IG810シリーズ スペック
GTX1050搭載モデル
iG810SN Core i5 9600K メモリ8GB HDD1TB
iG810HN Core i7 9700K メモリ8GB HDD1TB
iG810HN-M2SH2←オススメモデル※1 Core i7 9700K メモリ8GB SSD240GB HDD1TB
GTX1060搭載搭載モデル
iG810H2N-M2SH2←オススメモデル Core i7 9700K メモリ16GB SSD240GB HDD1TB
iG810UN-M2SH2 Core i9 9900K メモリ16GB SSD240GB HDD1TB
iG810U2N-M2SH2※2 Core i9 9900K メモリ16GB SSD240GB HDD1TB
※本記事でレビューするモデルです。※RTX2070を搭載しています。Core i7 9700KとRTX2070を搭載したモデルは下記にてレビューしていますので、パフォーマンスが気になる方は参考にして下さい。

LUV MACHINES IH810シリーズ スペック
iH810SN Core i5 9600K メモリ8GB HDD1TB
iH810SN-SH2←オススメモデル Core i5 9600K メモリ8GB SSD240GB HDD1TB
iH810HN Core i7 9700K メモリ8GB  HDD1TB
iH810HN-M2SH2 Core i7 9700K メモリ8GB SSD240GB HDD1TB
iH810H4N-M2SH2←オススメモデル Core i7 9700K メモリ16GB SSD240GB HDD2TB
iH810UN-M2SH2 Core i9 9900K メモリ8GB SSD240GB HDD1TB

LUV MACHINES IH・iG810

  • 第9世代CPUで安定挙動
  • マウスとキーボード付属
  • 置き場に困らないミニタワー

59,800 円(税別)~

公式サイトで確認

LUV MACHINES iG810HN-M2SH2のスペック

今回マウスコンピュータ―からレンタルしたのは売れ筋のLUV MACHINES iG810HN-M2SH2でGTX1050搭載のスタンダードモデルです。

OS Windows 10 Home 64ビット
マザーボード Z390M-S01
CPU Core i 7 9700K
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ SSD:240GB(PCIe)+HDD1TB
グラフィックス GeForce GTX 1050 2GB
光学ドライブ -(オプションで追加可能)
通信機能 1000Base-T対応有線LAN
インターフェース USB2.0×2USB3.0×4/USB3.1×2(Type-C×1)/ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン、マイク入力、S/PDIF/Displayport×1,DVI×1,HDMI×1
セキュリティ マカフィーリブセーフ60日版
電源 500W 80PLUS BRONZE
サイズ/重量 幅170mm×奥行403mm×高さ360mm
保証 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

 

ベンチマーク結果

LUV MACHINES iG810 HN-M2SH2のベンチマーク結果を記載していきます。がCINEBENCH R15とCPU Markの写真を削除してしまったため、同社が発売しているDAIV-DGZ530シリーズのデータを引用します。(ごめんなさい)

Core i7 9700K CINEBENCH R15

CINEBENCH R15のベンチマークスコア※
Core i7 9700K
1463
Core i7 8700K
1368
Core i5 8400
937
Ryzen 7 2700X
1745
Ryen 5 2600
1092

※CINEBENCH R15によるCPUの性能を測るテスト結果。当サイトの別PCによる測定結果です。あくまで参考指標です。

CPU MARK

同じCPUパフォーマンスを計測するCPUMARKでは、17254とCore i7 7820Xに迫る結果に

CPUMARKのベンチマークスコア※
Core i7 9700K
17254
Core i7 8700K
16051
Core i5 8400
12088
Ryzen 7 2700X
16743
Ryzen 5 2600
12851

Core i7 8700Kと比較すると7-8%ほどパフォーマンスが向上しています。

3D Mark Time Spy

3D Mark Fire Strike

PC Mark10

SSDの読込速度

ADATAのSX8200が搭載されていました。PCIe接続(NVMe)の理論値は3500Mb/sですので、かなり高速です。

動画のレンダリングとRAW現像で実性能を確認

プロ向け動画編集ソフトVegas Pro 15にて5分程度に編集されたテロップ、アニメーションありの実際にYouTubeに僕が投稿した元データの書き出しスピードを計測します。(インターネットHD1080p 59fps)

すると下記のような結果になりました。

CPU CPU単体処理 NVENC(GPUエンコード)
Core i7 7820X+GTX1060 10分24秒 8分00秒
Core i7 8700K+RTX2080 11分7秒 6分56秒
Core i7 9700K+GTX1080 11分10秒 6分33秒
Core i7 9700K+GTX1050 12分24秒 7分56秒
Core i7 8700K+GTX1080 11分31秒 7分30秒

若干おそいですね。とはいえ理由がありまして、並行してゲームのダウンロードまで行っていたためスコアが低下したものと思われます。NVENCを利用したもので、Core i7 9700K+GTX1050とCore i7 8700K+GTX1080にそこまで差がないのも、CPUパフォーマンスが向上しているからだと思います。

RAW現像

Adobe Lightroom Classicにて、α7Ⅱで撮影したRAWファイル(1枚あたり24Mb)を100枚JPEGに書き出しするスピードを計測しました。

スペック 書き出しにかかった時間
Core i7 9700K メモリ32GB 1分24秒
Core i7 9700K メモリ16GB 1分26秒

RAW現像では1分26秒ほどでした。

LUV MACHINES iG810・IH810のデザインや外観

同じZ390チップセットを搭載してるため両機の違いはGPUを搭載しているか否かです。ミニタワーデスクトップのサイズ感は、ほぼ正方形に近い形をしています。

一般ユーザー向けとしながらも、フロント下部のファンが収納されている部分は独特なつくりをしています。

黒く無骨なデザインは重そう駄と感じますが、本体重量は7.3kgとデスクトップパソコンとしては軽めです。

デスクトップ種類 重量目安 設置のしやすさ
スリムタワー 5~7Kg程度
ミニタワー 7~9kg程度
ミドルタワー 10kg程度
フルタワー 10kg以上 ×

10kg以上のデスクトップパソコンを開墾設置する場合、一人だと危険で、パソコンを落としてしまい床を傷つけてしまうおそれがあるため、×としました。なれている人であれば楽勝です。

ミニタワーデスクトップPCは比較的設置がしやすく、性能が高いというメリットがあるので売れています。

拡張性の確認

フロントIOは、USB2.0×2ポート、イヤフォン、マイクとなっています。

搭載マザーボードがMSIのZ390M-S01です。

  • USB3.0×2
  • DVI
  • DisplayPort
  • USB3.0×2
  • LAN
  • USB3.1×2(Type-C1)
  • S/PDIF
  • マイク
  • ラインイン
  • ラインアウト
  • リアスピーカー
  • センタースピーカー

及び、グラフィックボード部にDVI,HDMI,DPです。

マザーボードZ390M-S01の特徴

M.2SSDのヒートシンクを標準搭載しており、SSDの温度が常に安定します。またマザーボード本体の熱を逃がす機構が備わっています。

サーモグラフィーカメラで実際にフルパワー時マザーボードで一番熱くなった場所がヒートシンクで僕が計測した限り最高は45.4℃程度でした。

チェック!
非常に安定していると思います。一般的なマザーボードですが、メモリの増設やHDDの増設箇所はまだあるため、パソコンに慣れている方なら増設は難しくないでしょう。不慣れな方は購入時にカスタマイズしておくことをオススメします。

LUV MACHINES iG810・IH810のエアフローを確認

サーモグラフィカメラで計測し、視覚的に風の通りを確認したところ、フロントから吸気して背面から排気しているながれがよくわかります。

ピーク時においてもCPU付近の温度は40℃程度としっかりとPC内部のコントロールができていました。

おすすめポイントと評価

オーソドックスなミニタワーデスクトップPC

ノートパソコンよりも安価で高性能なデスクトップPCが欲しい方にオススメです。第9世代CPUでの懸念点は温度が上がりすぎてしまうのでは?といったところなんですが、ご覧の通り温度管理が完璧なので、安心です。

キーボードとマウスが付属で初心者に最適

また、取り回しも楽にでき設置も簡単に行えることからパソコン初心者の方が購入する最初のデスクトップPCとしても最適。

キーボードやマウスが標準で付属していることからもいままでパソコンを利用したことがない人に親切な商品となっています。

液晶ディスプレイで迷ったらマウスコンピュータ―グループ会社のiiyamaディスプレイがおすすめです。セットで購入する方は下記記事を参考にしてみてください。

翌日出荷サービス利用可能モデル

マウスコンピューターでは、翌日出荷サービスといって、最速翌営業日出荷オプションがあります。これを利用することで注文してから最短2日で手元に届くため、すぐにパソコンを手に入れたい方はこちらのオプションを利用するとよいでしょう。

地域やモデルによってことなるため、気になる方は下記記事を参考にしていください。

LUV MACHINES IH・iG810|初心者におすすめ

  • 第9世代CPUで安定挙動
  • マウスとキーボード付属
  • 置き場に困らないミニタワー

59,800 円(税別)~

公式サイトで確認

なお、価格や仕様は、記事執筆時12月3日時点の情報であり変更となる恐れがありますので必ず公式ページで確認するようお願いします。

関連記事

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください