【超まとめ】マウスコンピューターの評価と評判|パソコン初心者に購入時の注意点を徹底解説

21
30951

マウスコンピューターのパソコンは最新のCore i 5 Core i7を搭載したモデルがDELLやHPよりも1万円以上、国内の富士通やNECよりも3万円以上安く購入でき、コストパフォーマンスの高さに定評があります。

しかし、マウスコンピューターのメリットは価格だけではなく、品質の高さやサポートに力を入れたユーザー目線の経営方針。そしてそれらが関連企業から高く評価されています。

僕はマウスコンピューターの一般向けノートPCはすべて実機レビューしています。

そんな僕が、2019年最新のマウスコンピューターの評判や保証内容などの各種サービスのオススメをまとめています。またシリーズ別のオススメ機種やマウスコンピューターのパソコンを安く買う購入方法まで網羅しているため長くなっております。目次から気になるところを読んでください。

マウスコンピューターの評価と評判

マウスコンピューターの評判を動画でみる

10分程度の動画にしてマウスコンピューターのパソコンメーカーとしての評価を僕がまとめてみました。

サポートの評判はこちら mousePCレビュー一覧はこちら G-Tuneレビュー一覧はこちら DAIVレビュー一覧はこちら

マウスコンピューターとは

日本が誇るパソコンメーカー

マウスコンピューターは長野県飯山市で国内生産されたパソコンを国内に出荷しています。
国内で組み立てを行うため、品質チェックに抜かりはなく、各企業からの評価や評判が高い一流のパソコンメーカーです。

長野県飯山市の工場による国内生産

熟練した技術者による組立

生産ラインを長野県飯山市に一極集中させることで数多くのラインナップ展開が可能であり、有名企業にパソコンを提供するなど、関連企業からの評価が高いです。そしてマウスコンピューターは完成品の負荷テストを徹底的に行うことで、製品の品質を保っています。

実際に僕が工場見学をしてマウスコンピューターの初期不良が少なくなってきている理由を紹介した記事を書きました。より詳細なマウスコンピューターの生産技術を知りたい方は下記記事を参考にしてください。

マウスコンピューターの受注生産の仕組み

  1. インターネット、家電量販店などから注文を受ける
  2. 長野県にある飯山工場で国内製造
  3. 国内工場にて品質チェック(国内で行うため初期不良が少ない)
  4. 出荷
ポイント
マウスコンピューターでパソコンを購入した場合、日本人の手による品質チェックを通過したパソコンが手元に届きます。外資系メーカーにありがちな空輸や船便による衝撃を受けないため、初期不良が起きづらくなります。

初期不良が起きた際のアフターサービス

マウス自慢のアフターサービス

万が一初期不良が起きた際は購入後1か月以内は無償交換となります。配送料金が挙がるなかトラブルが起きた際のアフターサポートに力を入れています。パソコン購入後1年間は無料で24時間365日サポートが付帯されます。これがマウスコンピューターでパソコンを購入するメリットです。

一般消費者からの評価や評判

価格.comプロダクトアワード3年連続受賞

マウスコンピューターは大手価格比較サイト『価格.com』のユーザーレビューによる投票で最も満足度の高い製品に対し『プロダクトアワード』を毎年選出しています。家庭用PC部門において3年連続マウスコンピューターのパソコンが受賞しました。実際のレビューに基づいているため、信頼性のある評判だと思います。

マウスコンピューターの公式サイトでは実際にパソコンを購入した人からの評価や評判を掲載し、高い評価を受けています。

関連企業からの評価

Microsoft OEMパートナー資格を保持

マウスコンピューターは『Microsoft Partner Program Gold OEM』を取得する日本有数のPCメーカーです。日本国内で有名な富士通やNECと同様、きちんとしたパソコンメーカーであることをWindows OSを作るMicrosoftから保証されています。

このほか、国内有数のウェブメディア『週刊アスキー』『日経トレンディー』など、みんなが目にする雑誌ではハイスペックなパソコンが高く評価されています。

元家電量販店員の僕からの評価・口コミ

これまで50台以上マウスコンピューターのパソコンの実機レビューを行っていますが、初期不良に当たったことはありません。友人や知人に購入をオススメした際も初期不良を見かけたことはありません。

実際に家電量販店で働いていた時も、DELLやLenovoと比較してもマウスコンピューターは初期不良は少ないと思います。しかし、基本的にパーツそのものは外資系メーカーと変わらないため、どうしてもパーツそのもののの初期不良は考えられます。

市販されている人気のパーツが使用されている

また、パソコンをレビューしていく中でパーツの検証をすべて行っていますが、メモリーやHDD、SSDなどは市場の中でも比較的”安価”で”評価の高い製品”を使っています。ゲームをプレイするためにデスクトップパソコンを最高品質のパーツを使って購入したいという方を除いて、動画編集や事務処理に向いたパソコンが多くラインナップされているため、一般の人が買うにあたって非常にコスパが高いと思います。

唯一欠点を上げるとするのであれば、デザインがやや地味。とはいえノートパソコンは持ち運ぶシーンが少なかったりしますし、ビジネス用であればそれこそあまり気にしないと思うので問題ないと思います。

衰退市場だった日本のパソコンメーカーのなかでマウスコンピューターが最も元気があり成長している会社なので信頼できるメーカーだと思います。

サポートの評判

購入した後のアフターサービスが気になっている方のために、マウスコンピューターに寄せられる購入した人の実際の口コミを下記に記載します。

マウスコンピューターに寄せられる”お客様アンケート”

  • すばやく丁寧に対応してくださり、不具合がすぐに解消されたので、大変助かりました。以前他社のサポートで問題が解決されず、ストレスがたまることが多かったのですが、御社のサポートはとてもスムーズで的を得た(射た)サポートでいいと思いました。ありがとうございました。
  • 70歳の女性ですが、ウィルスの疑いがあるものをインストールしてしまい、困ったところ、スタッフが非常に親切に、適切に対応、処理してくださり助かりました。
  • Windows 10のupdateの後、特定のソフトが機能しなくなったトラブルでしたが、原因を特定するためのプロセスが手際よく、これまでで一番優れた担当者だったと思います。
  • 夜間(マウスは365日いつでも連絡可能)に対応でもこんなに丁寧で、専門知識のあるスタッフが対応できるのはとてもすごいと思います。
  • 5か月間、直らなかった問題が3日で解決しました。もっと早く送ればよかったと後悔しております。大変お世話になりました。今後パソコンを買うときはマウス様のものを購入しようと思います。ありがとうございました。

マウスコンピューターの飯山工場にお邪魔した時に、サポート部門の統括担当に聞いたところ、現在のマウスコンピューターは下請けなどは使わず自社でサポート部門を運営しているため、素早く丁寧な対応が可能になっているということでした。
そして、マウスコンピューターはLINEで問い合わせも対応しているため気軽に相談できます。

LINEトークサポート

24時間365日LINEでトークできる

LINEのトークサポートを利用すると、マウスコンピューターに自分のパソコンに起きたことを伝える待ち時間がなく即日対応してもらえます。また修理にかかる日数もマウスコンピューターのホームページで確認できるようになっています。最速72時間で修理可能!

マウスコンピューターのパソコンが動かなくなった際の改善点の探し方や、LINEの登録方法は【LINEサポート】マウスコンピューターのパソコンが壊れたらLINEで修理の仕方をオペレーターに相談しようにまとめましたので是非参考にしてください。

マウスコンピューターでパソコンを買うメリットとデメリット

メリットデメリット
  • 価格が安い
  • 付属マニュアルがわかりやすい
  • デザインが地味

マウスコンピューターでパソコンを買うメリット

DELL,富士通の売れ筋モデルと比較

で、本当にマウスコンピューターのパソコンって安いの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますので、安さで評判のDELLが発売している、2018年の売れ筋モデルで性能と価格を比較をしていきたいと思います。

『J350m-Book J350SN-S2』『Inspiron 13 7000』料金比較

メーカーモデル名CPUメモリSSD価格
マウスm-Book J350SN-S2Core i5-8250U8GB240GB94,800円
デルInspiron 13 7000Core i5-8250U8GB256GB105,980円

『J350m-Book J350SN-S2』『LIFEBOOK WS1/B3』料金比較

モデル名CPUメモリSSD価格
マウスm-Book J350SN-S2Core i5-8250U8GB240GB94,800円
富士通LIFEBOOK WS1/B3Core i5-8250U8GB256GB160,639円

Core i5搭載の売れ筋商品はマウスコンピューターが1番安い

 

初期設定が簡単

購入時に付属するサポートマニュアルが親切

マウスコンピューターのサポートマニュアルにはマウスコンピューターのパソコンの初期設定の仕方から故障時のハウツーまですべて記載されているため初心者でも簡単にパソコンの設定ができます。

マウスコンピューターでパソコンを買うデメリット・注意点

マウスコンピューターのパソコンはAppleのMacのようにオシャレにはできてないのと、パソコン本体が他社の同じクラスのパソコンと比較するとやや重い点です。

本体が厚くやや重い

旧型のJシリーズとMacbookAirの比較写真です。MacbookAirは薄型で外に持ち運んでオシャレに使う用途がメインで開発されていますが、マウスコンピューターはコストを削って「業界一の安さ」がウリであるため仕方ないことかもしれません。とはいえ本来のパソコンの作業にデザインは全く関係ありません。マウスコンピューターは国内組立の効率の良い量産態勢を取るために、モデルチェンジした際もデザインは大きく変わらずマイナーチェンジ程度です。

2019年現在では、最新モデルが薄型、軽量化しオシャレなデザインとなっています。

G-tuneのゲーミングパソコンは自作に比べて高い?


以前僕がレビューした記事では、配線もすっきりきちんと動作してくれてすごい!と評価をしたパソコンがありますが、自作のパソコンとG-tuneのモデルを比較するとややG-tuneの方が高いという結果に。

ただし、時期によるもので、パソコンのパーツ自体が高騰してくるとほとんど金額は変わらなくなります。むしろ組み立てる手間や保証の一元化ができることを考えるとマウスコンピューターなどのBTOメーカーを利用した方が賢い買い物といえます。

BTOパソコンと自作パソコンどちらがよいか。

パソコンのクオリティの高さはブランドによってばらつきがある。

上記動画は、YouTubeのマウスコンピューターのCMを流しているシーンがあります(僕がレビューした動画です。)マウスコンピューターのノートパソコンに限らず、CPUの性能がアップしたことにより、ゲームや動画編集ができるようになったモデルが多いのですが、マウスコンピューターの液晶ディスプレイは残像が良く残る印象でした。

一方で、一般向けのmouseパソコンの一部製品や動画編集を行うクリエイター向けのDAIVブランドのモデルでは広い視野角や高精細な液晶ディスプレイを搭載しているノートパソコンもあります。用途を明確にしてモデルを選定しないとがっかりする恐れがあります。

ファンの音がうるさい

G-TuneやDAIVなどのデスクトップPCでよくあるのが「ファンの音がうるさい」といったものですが、グラフィックボードに外排気モデルを搭載しているからです。

また、ノートPCでは他社製品と比較してパソコン内部の温度管理にかなり気を使っています。マウスコンピューターはPCの性能を100%発揮できる設計なので少なくとも損はしてません。

もし、強い不安や疑問が残る方は、下記記事にファンがうるさくなる理由や液晶ディスプレイの見栄えに関して詳細に記載したものまとめましたので参考にして下さい。

パソコンの納期が遅い

実際に購入画面まで行くと実際の納期が表示されるのですが、他社よりやや納期が遅いと評価されることが多いです。しかし、翌営業日出荷サービスを利用すれば最短で2日で手元に届くため、デメリットというデメリットでもありません。

むしろ翌営業日出荷サービスを使うと3000円お得になる可能性もあるため、購入する場合、オプションをつければすぐに手元に届きます。

パソコンを購入する際の選び方・予算の目安

上記動画に2018年レビューしたなかでおすすめのノートパソコンを3機種紹介しています。

マウスコンピューターのBTOとは自動車を新車で購入する時のような受注生産方式のことです。

マウスコンピューター公式サイトで紹介されているパソコンのグレードが自分自身の希望にマッチしていれば、そのままパソコンを購入すればよいです。

以下、僕が実際にレビューして感じた用途と予算の目安です。各機種の特徴やオススメポイントも記載していきますのでレビュー記事もぜひ参考にしてください。

mouseパソコン

mouseブランドを選んだ方がいい人

  • Microsoftofficeの利用
  • ドラゴンクエストXなど軽いゲーム
  • 予算が10万円程度の人
mousePCレビュー一覧はこちら

G-Tuneパソコン

G-TUNEブランドの用途予算

  • PUBG,MHWなど重量級ゲーム
  • 動画編集、配信
  • 予算が15-20万円程度の人
G-Tuneレビュー一覧はこちら

DAIVパソコン

DAIVブランドを選んだ方がいい人

  • 動画編集、書き出し
  • RAW現像、イラスト制作
  • 3DCGやDTM
  • 予算が15万円以上程度の人
DAIVレビュー一覧はこちら

mouseパソコンの特徴・評判

mouseブランドのパソコンは低価格かつ高性能で、デザインよりも性能が高さが特徴です。

一般用途向けのmouseブランドです。格安のモバイルノートからPCゲームがプレイできるハイスペックなものまで幅広く展開されています。どうしてもわからなくなった時は下記記事を見てください

モバイルノートパソコン

モバイルノートパソコン持ち運びに適した11.6インチ~13.3インチのモデルです。他社のモバイルノートPCと比べるとやや重量はありますがコスパの高いモデルが多いです。

m-Book J322シリーズ

  • 画面サイズ:13.3インチ
  • CPU:Celeron 3867U
  • メモリ:4GB~
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:4万台~
公式サイトで確認 レビューをみる

m-Book J371シリーズ(4K)|万能4K

  • 画面サイズ:13.3インチ
  • CPU:Core i7 8550U
  • メモリ:8GB~
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:12万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

13.3インチで女性からも評価の高いホワイトボディを採用しています。LTEモジュールをBTOで追加可能、高色域な4Kディスプレイを搭載したハイスペックモデル!

m-Book Jシリーズ(FHD)|超売れ筋オススメ!!

  • 画面サイズ:13.3インチ
  • CPU:Core i5 8250U
  • メモリ:8GB~
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:8万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

当ブログから最も購入いただいている人気のモデルです。高視野角で他社の同スペックのマシンと比較しても安く購入でき、mouseブランド屈指のコストパフォーマンスの高さです。

スタンダードノートパソコン

家においておくタイプのノートパソコンです。特に全部入り機能をもつFシリーズの人気が高く、台数限定のB508Hは異次元のコスパの高さです。

m-Book Fシリーズ|とにかく安くてコスパの高いモデルが欲しい人向け

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Celeron N4100~Core i7 8550U
  • メモリ:4GB~16GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:64800円~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

低価格ながらSSDを搭載しつつDVDドライブも搭載する全部入りモデルがかなり人気です。SSD+HDDの上位モデルへカスタマイズして購入する人が多い。

価格.comプロダクトアワード受賞の超コスパモデル、新CM公開とともに一新して発売。

m-Book B400H|オシャレでコスパ高いオススメモデル

  • 画面サイズ:14インチ
  • CPU:Core i7 8550U
  • メモリ:8GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

ベゼルの狭い液晶ディスプレイに性能の高いCPUを搭載、標準で256GBのSSDも搭載しており、期間限定で9万円台で購入できるため、売り切れ前に購入しましょう。(限定台数を過ぎると1万円値上げされます。)

m-Book B401H|新色のゴールド採用

  • 画面サイズ:14インチ
  • CPU:Core i5 8265U
  • メモリ:8GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

m-Book B507H|即買いレベルのコスパ!超おすすめ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8550U
  • メモリ:8GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみむ

 

乃木マウスCM記念モデルがB507Hです。他社にまねできないほどの低価格とハイパフォーマンスなモデルです。

m-Book B508H|おすすめ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8565U
  • メモリ:8GB
  • SSD:512GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:10万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

ナローベゼルを採用しているコンパクトかつ大画面を実現したノートPCです。ノートPCとして、大幅に性能があがっておりすごくおすすめです。

m-Book G|デスクトップCPU搭載

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i3 8100~
  • メモリ:4GB
  • HDD:500GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:7万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

デスクトップCPUを搭載しており、簡易デスクトップとして使うのに適しています。

グラフィックボード搭載ノートパソコン

軽いゲーム~重たいゲームのプレイが可能な専用グラフィックスを搭載しています。動画編集やRAW現像などにおススメの機種が多いです。

m-Book Kシリーズ|マウスコンピュータ屈指の売れ筋おすすめ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce MX150
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

デスクトップ級の性能を持つ高性能CPUを搭載してるので動画の編集ができます。また、グラフィックボードも搭載しているため軽いゲームプレイ可能

m-Book Nシリーズ|ビジネス向け

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8550U
  • メモリ:8GB
  • GeForce MX150(2GB)
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

高視野角でスタイリッシュかつ性能は高く、バッテリーもちもこのクラスのなかでは長い。15.6インチですが、持ち運びたいビジネスマン向け。

m-Book Rシリーズ|スタイリッシュ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8565U
  • メモリ:8GB
  • GeForce MX150(2GB)
  • 価格:10万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

Core i7 8565Uを搭載し、アルミ削り出しボディを採用したスタンダードノートPCです。

m-Book Tシリーズ|VR対応のGTX1060(6GB)搭載超オススメ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1060(6GB)
  • 価格:12万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

マウスコンピューターの中でもデザインがオシャレで高視野角、ハイスペックなのでゲーム用のパソコンとしてもオススメできるノートパソコンです。

m-Book Wシリーズ|GTX1050(6GB)搭載ノート

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:12万円台~
公式サイトで確認 レビューを読む

17.3インチの大き目の液晶ディスプレイを搭載しており、専用グラフィックスも搭載しているため動画編集入門機としてお勧めできます。

mouseブランドのデスクトップパソコン

価格.comプロダクトアワード受賞モデルがあるmouseブランドのデスクトップパソコンは超省スペースタイプから、専用グラフィックスを搭載したパフォーマンスモデルのラインナップとなっています。

LUV MACHINES Slimシリーズ|超スリムケース搭載

  • 本体サイズ:省スペースデスクトップ
  • CPU:Celeron G4900~i7 8700
  • メモリ:4GB~
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:4万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

わずか書籍4冊分程度の幅しかないため、置き場所に困る人にオススメ。省スペースというくくりで他社よりも比較的性能が高いのもポイント

グラフィックボード搭載可能なIGシリーズもあります。

LUV MACHINES iH・IG700シリーズ|価格.com金賞受賞モデル有

  • 本体サイズ:省スペースデスクトップ
  • CPU:Core i3 8100~i7 8700
  • メモリ:4GB~
  • グラフィックボード搭載モデル有
  • 価格:5万円台~
公式ページでみる レビューをみる

スタンダードなミニタワーデスクトップです。グラフィックボードも搭載したモデルのコストパフォーマンスが非常に高く、人気です。

LUV MACHINES iH・IG810シリーズ

  • 本体サイズ:省スペースデスクトップ
  • CPU:Corei7 9600K
  • メモリ:4GB~
  • グラフィックボード搭載モデル有
  • 価格:8万円台~
公式ページでみる レビューを読む

第9世代CPUを搭載したmouseブランドのハイエンドデスクトップです。ベース価格は高めですが、性能も確かです。

G-Tuneブランドの特徴・評判

高性能なゲーミングPCを購入することができるG-TUNEブランドはコスパの高さに定評があります。ゲーミングノートよりはデスクトップを選んだ方がいいです。

目隠しパーツが多いという評価ですが、GPUは評判の良いZOTACやMsi社の製が使われております。G-tuneブランドのデスクトップPCの選び方やパーツ内部に関しては下記に記載しました。

G-TUNEゲーミングノートパソコン

今、最も売れているパソコンがゲーミングノートパソコンですが、その中でもG-TUNEのノートパソコンはコストパフォーマンスが高く人気です。統計的にGTX1060搭載モデルを購入している人が多くおすすめできます。どうしてもわからなくなった時は下記記事を見てください

NEXTGEAR-NOTE i5330シリーズ|エントリーゲーミングノート

  • 画面の大きさ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:10万円台~
公式サイトで確認 レビューをよむ

 

格ゲーや動画編集を行うのに適した性能です。初心者におすすめ

NEXTGEAR-NOTE i5340シリーズ|デスクトップCPU搭載で高コスパ!おすすめ!

  • 画面の大きさ:15.6インチ
  • CPU:Core i5 8400
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認

 

デスクトップ用のCPUを搭載しているため、動画の編集や軽いゲームの配信などに向いています。

NEXTGEAR-NOTE i5540シリーズ|GTX1060(3GB)搭載モデル

  • 画面の大きさ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 7700HQ
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1060(3GB)
  • 価格:13万円台~
公式サイトで確認

 

人気のゲームを快適に遊べるマシンですが、CPUが旧世代です。※現在セール中で値引きされています。

NEXTGEAR-NOTE i5730シリーズ|GTX1070搭載モデル

  • 画面の大きさ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 7700HQ
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1060(3GB)
  • 価格:17万円台~
公式サイトで確認

 

GTX1070を搭載したゲーミングノートですが、コスパはやや悪いです。

NEXTGEAR-NOTE i7920シリーズ|超おすすめ

  • 画面の大きさ:17.3インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1060
  • 価格:16万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

メカニカルキーボードを採用した、本格的なゲーミングノートです。温度管理やパフォーマンスが優れており、初心者はコレを選べば間違いない。ぜひレビューを読んでください

NEXTGEAR-NOTE i71130シリーズ|究極のゲーミングノート

  • 画面の大きさ:17.3インチ
  • CPU:Core i7 8700
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1080 SLI
  • 価格:46万円台~
公式サイトで確認 レビューをよむ

ノートパソコンにハイスペックデスクトップパーツを搭載したマシン。コスパは圧倒的に悪いですが、性能は高いです。

G-TUNEのデスクトップパソコン

G-TUNEのデスクトップパソコンは、ゲーマー御用達のPCケースメーカー『IN WIN』とコラボしているため、デザインがオシャレです。かつ、どのモデルもハイスペックな構成を選べるのが特徴。

NEXTGEAR-MICRO im610のGTX1060搭載モデルが最もコスパが高いどうしてもわからなくなった時は下記記事を見てください

LITLEGEAR-MICRO i330シリーズ|コンパクトデスクトップ

  • 本体の大きさ:ミニタワー
  • CPU:Core i5 8400
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:8万円台~
公式サイトで確認 レビューをよむ

 

省スペースながらもハイエンドの専用グラフィックスGTX1080Tiまで選択可能なのはマウスコンピューターのG-TUNEだけです。ただし拡張性は低いです。

NEXTGEAR-MICRO im610シリーズ|ゲーミング初心者に超おすすめ

  • 本体の大きさ:ミニタワー
  • CPU:Core i3 8100
  • メモリ:4GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:7万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

価格.com金賞受賞モデルがあるシリーズでゲーマーたちから定評があります、GTX1060搭載モデルがオススメ

NEXTGEAR- i680シリーズ|

  • 本体の大きさ:ミドルタワー
  • CPU:Core i5 8400
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

CPUのオーバークロックモデルと水冷モデルを選択可能です。個人的に、最上位モデルを選ばない場合NEXTGEAR-MICRO im610がいいと思います

MASTERPIECEシリーズシリーズ|フルパワーデスクトップ

  • 本体の大きさ:フルタワー
  • CPU:Core i7 8700
  • メモリ:16GB~
  • GeForce GTX1060
  • 価格:16万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

ダブル水冷モデルや最新のRTX2080、2080Tiを搭載できるG-TUNEのフラッグシップモデルですケースがかっこいいので人気が高い。

DAIVブランドの特徴・評判

動画編集やRAW現像を行うために、広い色域を持つ液晶ディスプレイ搭載のノートパソコンと堅牢制に優れたハイパフォーマンスなデスクトップがDAIVブランドの特徴です。

フォトグラファーやイラストレーターの”声”を取り入れた製品群なので、コンテンツクリエイトに向いていると評判です。

下記記事にRAW現像、動画編集など用途に絞った選び方を詳細に解説しています。

全て検証に基づいた根拠あるデータですので是非参考にしてください。

DAIVブランドのノートパソコン

個人的に、DAIVブランドのノートパソコンの中で最も完成度が高いNG5720シリーズが鉄板だと思います。

DAIV NG4500シリーズ|持ち運びできるクリエイター向けノート

  • 画面の大きさ:14インチ
  • CPU:Core i7 7700
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:11万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

持ち運び可能な14インチの動画編集用パソコンです。メイン機というよりはサブ機におすすめです。

DAIV NG5720シリーズ|動画編集初心者が買うならコレ!超おすすめ

  • 画面の大きさ:15.6インチインチ
  • CPU:Core i7 7700HQ
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1060
  • 価格:11万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

フルHDの動画を制作するのに適しています。パソコン本体の完成度が高いため動画編集を行いたい初心者におすすめです。

DAIV NG5500シリーズ|デスクトップCPU搭載で安定した作業環境を!おすすめ

  • 画面の大きさ:15.6インチインチ
  • CPU:Core i5 8400
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

デスクトップ用のCPUを搭載しているため、RAW現像や動画のレンダリングに強いノートパソコンです。DAIVノートのなかで低価格なのも魅力

DAIV NG7510シリーズ|第8世代CPU搭載の4K動画編集ノート

  • 画面の大きさ:17.3インチ
  • CPU:Core i7 8750H
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1070
  • 価格:22万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

動画編集用ノートパソコンとしてはもっとも効率的な性能を持つパソコンです。高視野角と高色域+4Kなので、クリエイターすべてにオススメできます。

DAIV NG7630シリーズ|ノートの完成形!4K編集はコレがおすすめ

  • 画面の大きさ:17.3インチ
  • CPU:Core i7 9700K
  • メモリ:32GB~
  • GeForce GTX1080
  • 価格:34万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

第9世代デスクトップCPUを搭載したモンスターノートPC出力ポートも豊富で実機で計測したところ色域はAdobe RGBを100%以上カバーしていました。Apple社のiMacにも負けないポテンシャルを持ちます。

DAIVのデスクトップパソコン

DAIVのデスクトップパソコンはTeam Laboが主催するデジタルミュージアムにマウスコンピューターが採用されました。幻想的な空間を作りだす映像制御を行う性能を持ちながら耐久性のあるプロ向けモデルです。

DAIV DGZ530シリーズシリーズ|クリエイター向けデスクトップおすすめ

  • 本体の大きさ:ミドルタワー
  • CPU:Core i5 8400
  • メモリ:8GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:16万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

 

RAW現像やイラスト制作におすすめのエントリーモデルです。

DAIV DGX-750シリーズシリーズ|Intel X シリーズCPU搭載

  • 本体の大きさ:ミドルタワー
  • CPU:Core i7 7800X
  • メモリ:16GB~
  • GeForce GTX1050
  • 価格:16万円台~
公式サイトで確認 レビューをみる

8コア16スレッドの超高性能CPUを搭載しています。4K動画の編集やDTM、3DCGの制作におススメのモデルです。

マウスコンピューターのパソコンが壊れた際に助かる延長保証やアフターサービスについて記載します。

パソコン故障時の修理は高額になるため、個人的には1番安価でコスパが高い『3年保証セントバック修理保証』を付けるのをお勧めします。

パソコン購入時に利用したい保証サービス・おすすめオプション

マウスコンピューターの保証内容|1年間~3年間まで選べる 定額保守サービス

マウスコンピューターの選べる保証内容一覧
  • センドバック修理→製品をマウスコンピューター修理センターに送って修理
  • ピックアップ修理→運送業者が自宅でパソコンを引き取ってマウスコンピューターで修理(送料はマウスコンピューター負担)
  • オンサイト修理→修理してくれる人が自宅に来て部品交換、修理(ノートパソコンは不可)

セントバック修理

PCを修理センターに自分で送って修理

セントバック修理は、初期不良以外の保証期間内にパソコンが故障した際、宅配業者を使いマウスコンピューター修理センターに送って修理をしてもらいます。※片道分の送料は自費です。

セントバック修理ノートパソコンデスクトップパソコン
1年標準標準
3年9,000円(税別)7,000円(税別)

ピックアップ修理

指定宅配業者に渡して修理センターで修理

ピックアップ修理は、初期不良も含めて修理後3か月以内に再度同じ症状で不具合が起きた際、マウスコンピューターが送料を負担し、指定の宅配業者が自宅や希望の指定場所までパソコンを取りに来てくれます。

ピックアップ修理ノートパソコンデスクトップパソコン
1年3,000円(税別)なし
3年12,000円(税別)10,000円(税別)

オンサイト修理

技術者が自宅まで修理に来る

オンサイト修理は技術者が自宅にきて部品交換修理を行います。ノートパソコンでは加入できません。

オンサイト修理ノートパソコンデスクトップパソコン
1年なしなし
3年なし15,000円(税別)

破損盗難保証サービス

上限金額まで何度でも修理が可能

各保証レベルに該当する上限金額を超えるまで何度でも保証を受けることができます。さらに、同時購入した周辺機器 ( バッテリー/液晶ディスプレイ/キーボード/マウス ) およびプリインストール品のソフトウェアも対象になります。破損盗難保証については20万円以上の程度の高額ノートパソコンは加入した方が得です。

破損盗難保証サービス2018年8月よりスタートした新たな保証サービスが破損盗難補償サービスです。

マウスコンピューターの安心パックサービスとリモートサービスで最速修理が可能

マウスコンピューターの安心パックサービスの特徴
  • 最短で当日に修理返却→事前に電話、LINEで連絡した後、午前中までに修理センター着の場合
  • 初期不良の新品交換→通常では修理扱いになるパソコンが新品交換
  • 安心パック専用ダイヤルにて無料サポート
  • 別途料金でリモートサービスを追加可能

マウスコンピューター最強の保証サービスが安心パックリモートサービスです。

リモートサポートサービスを利用すると、自分のパソコンをインターネット経由で電話先のオペレーターと操作することで、ソフトウェアの不具合などの迅速な解決が可能になります。

マウスコンピューターのパソコンを安く買う方法


マウスコンピューターはアップグレードがお得になるキャンペーンや旧機種が激安で買えるアウトレットセールを行っています。ネット通販のなかでもマウスコンピューターの公式サイトが一番安くマウスコンピューターのパソコンを購入することができます。公式ページでは以下の方法を利用することにより何も考えずにパソコンを購入するよりも2~3万円安く購入することが可能です。

  • キャンペーンをチェックする
  • アウトレットセールをチェックする
  • 購入時に楽天のポイントサイト『楽天リーベイツ』を経由する

なお、キャンペーン情報やアウトレットセール情報は僕が下記ページにまとめていますので是非利用してお得に購入してください。これら詳細については下の記事で詳しく解説しましたので是非ご覧ください

ちなみに、僕はマウスコンピューターという会社に興味を持って企業の決算書にまで目を通し、マウスコンピューターがなぜこれだけ売れてるのか!というのも解説した記事もあります。マウスコンピューターという会社を知りたい方は↓の記事を読んでみてください

当ブログでは、パソコンを検討されている方に最適なパソコンをおすすめすることを目的に運営しております。疑問点、不安点等ございましたら、コメント欄より受け付けております。

マウスコンピュータ―担当者に確認することもできますので是非ご利用ください。

そのほかのパソコンメーカーの評価

関連記事

21 コメント

    • こんばんわ^^
      4年ほど前に、エディオンさんとマウスコンピューターさんのエッグプラスセレクトでPC購入しました。それで今年になって、自作PCを作ったので手放しました。気になっていたことがあって、マウスコンピューターさんの当時の取扱説明書見ると、購入後のPCのアップグレード対応しますと書かれていたのですが、ウェブの方で見ても詳しく書かれていないのが私、気になります><

      • suiさん。
        コメントありがとうございます。
        取扱説明書に記載されていたということですね。担当に質問してみます。
        時間がかかると思いますが回答届き次第こちらに掲載させていただきますね。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)