DAIVは国内メーカーマウスコンピューターのクリエイター向けブランドとして展開されています。

この記事では、動画編集者やフォトグラファー向けに、実機レビューの検証結果をもとにおすすめのDAIVノートPCを紹介する記事です。

DAIVの特徴

動画編集者やフォトグラファー、3DCGモデラーのために必要なマシンパワーを提供するべく、パフォーマンスやデザインにこだわったPCが特徴です。

過去、マウスコンピューター本社でDAIVの製品担当者に動画取材を行った際に、マウスコンピューターが定義するクリエイターとは、編集時にひと手間加える作業を行う人をクリエイターと定義しているため、初心者の動画編集者にも使いやすい入門機も取り扱いがあるため、個人的にもお勧めしやすいと感じました。

持ち運びしやすい重量・所有欲を満たすシンプルデザイン

DAIVブランドのPCはマウスコンピューターの他のブランドのPCと違い、シンプルなつくりが特徴です。

クリエイター向けのノートPCは外資系メーカーが販売するようなアルミニウム合金を採用し、シルバーカラーを基調としたノートPCが人気です。

DAIV PCはアルミニウム合金よりも剛性に優れるマグネシウム合金を採用しつつ、メーカーロゴの配置やカラーリングをシンプルにすることで、所有欲を満たすデザインのノートPCを販売しています。

また、マグネシウム合金はアルミに比べて軽量化できるというメリットもありますので、持ち運びできるクリエイターPCを検討している方にもおすすめです。

高性能GPU搭載で冷却性能が高く他社モデルよりも性能が高い製品が多い

上記画像は、DAIV 5N 2021年モデルをレビューした際のものです。

2021年最新のグラフィックスチップは各PCごとに出力が決められており、同じGPUが搭載されているはずなのに性能が異なる場合があります。これはPC本体の冷却性能が間に合うか間に合わないかといった点も大きく影響してくるのです。

DAIVはグラフィックスチップの最大出力に耐えられる冷却設計で販売されているため、他メーカーの同じグラフィックスチップを搭載しているモデルよりも性能が高いのです。

USBポートが多く使いやすいインターフェースで初心者にも安心

DAIVは従来の有線LANポートやUSB-Aのポートを各ノートPCに搭載されているため初心者でも使いやすいよう設計されています。

大手外資系メーカーの高性能なクリエイターPCは高速なデータ転送が可能なポートが搭載されている代わりに、その数は多くありません。たしかに、そのほうがスタイリッシュな感じですが、結局外付けのアダプターを通して外部のストレージに接続するなど二度手間になる可能性があります。

ハードウェアの知識があれば、特に問題はありませんが、これからクリエイティブな作業に挑戦する人にとっては余計なハードルになります。PCの知識は後から覚えていけば問題ないのではじめのうちはわかりやすさを重視したほうが良いと思います。

ベースモデルに32GBモデルアリで大容量メモリが必要な人も安心

DAIVシリーズには、メモリを32GB搭載したモデルがベースモデルとして販売されている。モデルによっては最大で64GB構成も選べるものもあります。

他社では最大16GBまでといったモデルも多いため、ハイスペックなノートPCを必要とするユーザーにお勧めできます。

デメリット・気になる点

DAIVのデメリットはパフォーマンスを重視しすぎるあまり、PCを全開動作させるとファンの動作音がうるさくなることです。

また、ややパフォーマンスに特化しているため、搭載されているパーツのクオリティが外資系メーカーと比較すると若干不利です。個人利用で検討されているなら特に問題ありませんが、プロユースで使うのであれば個別のレビュー記事や動画を吟味していただければと思います。

DAIVのおすすめノートPC3選

【1位】DAIV 5P 2021年モデル

  • 画面サイズ:15.6型
  • CPU:Core i7 10750H
  • GPU:GTX1650Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:5126GB
  • 価格149,800円(税込み153,780円)
レビューをみる

DAIV 5Pは専用のグラフィックスチップを搭載した15.6型ながら重量は1.5kgほどしかかなく、持ち運び可能です。

主張の少ないシンプルなデザインで使う人を選びません。動画編集やRAW現像の入門機として検討されている人におすすめのクリエイターPCです

オススメポイント
  • 専用GPU搭載15.6型で1.5kgほどで軽い重量
  • ベゼルが細くスタイリッシュなデザイン
  • 32GBモデルアリ
  • 動画編集用・フォトショップ・イラストレーターにおすすめ

【2位】DAIV 5N 2021年モデル

  • 画面サイズ:15.6型
  • CPU:Core i7 10870H
  • GPU:RTX3060
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • 価格:179,800円(税込み197,780円)
レビューをみる

DAIV 5N 2021年モデルは最大130W出力で動作するRTX3060を搭載している点が魅力で、他社のノートPCよりも高性能です。

4K動画の編集や3DCGのレンダリング用にハイパフォーマンスなノートPCを必要としている人におすすめ。

オススメポイント
  • 高性能GPUでとにかく性能が高い
  • 色再現度の高いモニターを搭載

【3位】DAIV 4N 2021年モデル

  • 画面サイズ:14型
  • CPU:Core i7 1165G7
  • GPU : GTX1650Ti
  • メモリ : 16GB
  • SSD : 512GB(NVMe)
  • 価格144,800円(税込み159,280)

14型の筐体に専用のGPUを搭載した、モバイルクリエイティブノートPCです。最大で64GBのメモリ増設・カスタマイズに対応しメインPCとサブPC両方で使えるオールインワンモデル

オススメポイント
  • 14型で専用グラフィックスを搭載し1.4kgと軽量
  • 最大64GBまでのカスタマイズに対応するハイスペックモデル

DAIVデスクトップPCの特徴

下記動画で実際に僕がDAIVのデスクトップPCを解説していますので是非参考にしてください。

 

セール情報

最大で6万円引きのセールを開催中です。下記ページにて値引き額も記載していますので、参考にしてください。

関連記事

スポンサーリンク

2 コメント

  1. 記事を見ました。

    NG4500は、魅力的です。
    ただ、15.6型も考えています。

    5720は、重さが気になります。
    G-tune 5320は、いかがでしょうか。

    お教えいただけましたら、幸いです。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)