【YouTuber】になるためのオススメのパソコン選び、編集ソフト紹介。初めて動画編集する人も安心して使える環境を考えてみました。

0
1746

YouTuberになりたいと思っても、『何から始めていいかわからない人』は多いのではないでしょうか。

こんな記事を書いてみようと思ったのも、僕がYouTubeに動画投稿をしようと決心したのが友達がYouTubeに動画を挙げていたことを聞き、話を聞いてみることで『あ~こんな感じなんだ
と、なんとなーく理解することが大切だと感じました。

なのでなんとなーく理解できるような記事を書きたいと思います。

あなたの参考になればこれ幸いです。

YouTuberといってもたくさんのジャンルがあるわけですから、自分がどういう動画を投稿したいのか考えるところからスタートした方がいいかもしれません。

何系YouTuberになりたい?YouTuberの種類をざっくりと紹介

バラエティ番組、アイドル系YouTuber

有名なヒカキンさんやはじめしゃちょーさんは大人気YouTuberです。ゲーム配信から自分の日常を面白おかしく、投稿するような感じです。

某人気YouTuberの方がいっていましたが、「再生数を稼ぐにはTV番組の真似(構成や演出)をするのが最も効率的」とおっしゃっていました。

しかしながら、構成から演出まで一人でこなさなくてはならないため、作業量が膨大になるためサラリーマンの方などは向いているとは言えません。

芸人の方がYouTuberとして活動しても再生数が稼げないのは編集スキルの問題やそもそも動画の構成の仕方に問題があるから、という意見も多いです。

ヒカキンさんもボイスパーカッションを駆使したレビュー系YouTuberだったことから、レビュー系YouTube→再生回数が伸びてきたらバラエティ系に変化するのが王道の流れだと思います。

また、女性ではかわいい女性が配信していれば男性視聴者のファンを集めることができるので、女性で有名なYouTuberは美人が多いと思います。

バラエティ系YouTuberに向いている人
  • 最初から人気がある人
  • たくさんの人の前で話すことに慣れている人
  • とにかく面白いこと(動画をおもしろくすること)
  • 動画の編集時間に1日の大半を費やすことができる人

レビュー系YouTuber

比較的参加者が多いのがこのレビュー系YouTuberです。
というのも、商品レビューを目的として配信する配信者側の意向と、その商品のことだけを知りたい視聴者側の意向があり、再生数が少なくても確かなニーズがそこにあります。

例えば、

  • ヒカキンさんがオススメしている商品だから買いたい!
  • 商品のことだけ知りたい、知れたら買う!

この二つは大きな違いがあります。僕もレビュー系YouTuberなので後で詳しく記載します。

サラリーマンの方や学生の方はレビュー系から始めるのがお勧めです。
僕もここから始めましたし、僕の友人もここです。

レビュー系YouTuberに向いている人
  • 時間のないサラリーマンはレビュー系YouTuberから始めるのがオススメ
  • みんなに紹介するネタを発見するのが難しい人
  • 顔は出さず手元だけ出したい人

How To系、クッキング系YouTuber

顔を出さず、かつ、自分の専門的知識を発揮できるのがこの二つのYouTuber。

特にクッキング系は万人受けされるものということもあり、広告単価もかなり高いということです。
バラエティ系YouTuberもクッキングチャンネルを開設したりと、今後参入してくる人がさらに増えてくると予想されます。

また、How TO系では車関連のDIYから動画の編集の仕方、プレゼンの仕方など様々なHow Toを動画に投稿することで、検索した人に最後まで見てもらえる動画として専門的な知識がある方が専用のチャンネルを持っています。

How To系、クッキング系
  • 人に観て、聞いてもらって納得させるだけの知識量がある人
  • 動画は綺麗、説明は丁寧、にできる人
  • 専門性がある人

ゲーム配信系YouTuber

ゲーム系専用のプラットフォームではないものの、YouTubeではゲームの配信系も人気。

有名配信者はニコニコ動画や、その他配信サービスからファンごと引越ししている人が多く、ゼロからスタートされる人はサブでゲーム配信をすると若い視聴者を手に入れることができるかもしれません。

ゲーム系YouTuberはプレイがある程度上手(見ている人が上手いと思うレベル)かつ面白い発言や、たまに神プレイを見せるなど腕前とトーク力が求められます。

ゲーム配信系
  • ゲームの操作がうまい人
  • トークがうまい人
  • 編集技術がある人

この記事では誰にでもできる『レビュー系YouTuber』について記載します。

レビュー系YouTuberは誰にでもおすすめできるジャンルなのでどんどん参入した方が良い

動画のジャンルは最初は特化させた方が再生数が伸びる

それぞれを組み合わせてYouTubeに動画投稿する人は数多くいるため一概には言えないのですが、動画の系統は特化した方が、視聴者数はふえ、再生数も伸びます。

これはブログも同じで、特化する=自分のチャンネルの専門性がYouTube(Google)にサジェストされやすい(関連動画表示)ブログの場合は検索順位ですが、YouTubeの場合はサジェストです。

そして関連商品を投稿すればするほど、関連動画から自分の再生数が増えていくため、視聴者はふえ、収益の増加も狙えるというわけですね。

レビュー動画のネタ=この世で買える商品の数!つまり無限

視聴されるか、されないかはこの際置いておきましょう。

有名YouTuberも悩むところだと思いますが、ネタがないことが一番困ることです。

ネタがない=みんなに伝えたいことがない=動画投稿できない

そしてこの沼はだれもが陥るところだと思います。何にも伝えるべきこと(おもしろいネタ)がないのに動画を投稿すると視聴者からの評価が下がるだけでなく、自分自身を見失うことにもなりかねません(炎上系YouTuber)

レビュー系の場合、少なくともAmazonや楽天などで販売される商品はレビュー商品として取り扱うことはできるわけですから、ネタは無限にあるといえます。

現代はモノと情報が世に溢れすぎていてニーズがどこに存在しているかは作ったメーカですらわかりません。

自分が使ってみて『こんな使い方もある』『これと組み合わせたら便利』『こんな新商品が凄い。』など、レビューの幅は単に値段と使い方紹介だけでなくいろいろな紹介ができるのです。

レビュー系は誰にでもできるから自分に合ったものを見つけましょう

視聴者が体験したことのない製品を疑似体験のように伝えることができるのがレビュー系YouTuberの強みだと僕は思います。

そのうえで頭に入れておかなければならないことは、詳しい人に勝てないと思わないこと。だと思います。

例えば、仮面ライダーの変身ベルトのレビューをしたとします(僕は仮面ライダーのベルトを人生で購入したことは1度もありませんが)

このレビュー一般の視聴者が欲しいのはどちらの意見だと思いますか?

  1. アラサー男子の僕が購入した感想
  2. 5歳児が実際につけて喜んでいる映像

絵的に2番目の方が見られるし、商品購入につなげやすいと思います。

つまり、自分が紹介すると売れそうなものを考えてレビューするのが最も効率的かつ、きっとそれは自分が好きなこと、得意なことになるはずです。

そのため、僕はパソコン関連の動画が多いです。

レビュー動画は顔出す必要がない、むしろ顔出しはマイナス

知名度が高い人が顔を出して動画レビューをするのは、すでにその人に信用があるからです。

信用がある人がオススメしている=良い製品

これはまちがいないです。でなければメーカーは芸能人を広告、CMに使ったりしないでしょう。

しかし、一般の僕たちはそういうわけにもいきません。

顔を出して発言をするということに説得力を出すためにはかなりの時間(顔と声に慣れてもらう)と実績(再生数)が必要になります。

当然、そこに顔出しリスクも存在するのでハードルがかなり高いように思う人が多いのではないでしょうか。

家電量販店店員の僕の経験則では、おすすめする店員の信頼よりも商品の説明が丁寧だから購入する人の方が多いです。(もちろん

丁寧な商品説明とは

丁寧な商品説明とはいったい何でしょうか?ということですね。

丁寧な商品説明は、

  • 商品の外観が見ている人にはっきりとわかる
  • 使った感想がが見ている人にはっきりとわかる
  • その商品の特徴(長所、短所)がはっきりとわかる
  • 金額がはっきりとわかる

この4つの条件がきちんとそろっていれば人は商品を購入します。もちろんもっと細かい内容まで詰めていくと膨大な量になりますが、これを必ず動画に組み込むことによって収益を発生させることが可能です。

レビュー系のYouTuberになるためにはこれらを心掛けてスタートするのをお勧めします。

さて、ここからは実際にYouTuberになるための道具を解説していきます。

YouTuberになるために必要なもの

YouTuberになるために必要なもの
  • 動画編集ソフト
  • パソコン(動画編集ソフトが動くもの)
  • 高画質なカメラ(スマートフォン、iPhoneでも可能)
  • コンデンサーマイク
  • 折れないハート(重用)

物理的に必要なものは4つだと思います。

現在ではスマートフォンもかなり高画質化されており、高価なビデオカメラや一眼レフをいきなり購入しなくても、綺麗な動画は作れます。

むしろパソコンと編集ソフトだけ揃っていれば誰でもYouTuberになることができます。

まずはパソコンと編集ソフトから紹介していきたいと思います。

動画編集ソフトはAdobe Premiere?Vegas Pro?Final Cut Pro?

これに関しては、人によって変わるということですね。現在僕が利用している動画編集ソフトはVegas ProとAdobe Premiere CS5です。

動画の編集ソフトによって完成する映像が大きく変わることはなく、編集スキルの違いがかなりでますので、編集ソフトにこだわるよりは、たくさんの数をこなした方が良いと思います。

また、ファイナルカットプロはAppleが販売しています。Macユーザーはファイナルカットを選ぶことになるでしょう。

動画の編集ソフトを使う上で覚え置ておきたいこと

パソコンのOSはWindowsが圧倒的に有利です、安く動画の編集ソフトを手に入れられることもでき、またパソコン本体の金額もMacに比べて安いからです。

初期費用をかけられない人はWindowsを選びましょう。

動画の編集ソフトはランニングコストとイニシャルコストで考えましょう。

以前書いたVegas Proのレビュー記事です。

【レビュー】映像制作ソフト『VEGAS Pro15』を初心者YouTuberの僕が使ったら

Adobe Premiereは月額2180円とランニングコストが発生します。

そのため、作成する動画にどれくらいの時間を自分は費やすことができるのか考えましょう。

多く時間を費やせるのであれば、Adobe Premiere、サラリーマンの方や学生の方で本業が忙しく時間が取れないのであれば買い切り制のVEGAS Proを選ぶことをお勧めします。

最近の動画編集ソフトは昔と比べてうん十万円するということがなくなってきましたので本当にだれでも参入しやすくなっています。

チェック!
  • 動画編集ソフトよりも編集者の力量で映像はかわる
  • 自分がどの程度時間をさけるのか考えましょう
  • 映像編集の基本は全て一緒なのであとからでもソフトの変更は可能です

動画編集に必要なパソコンはデスクトップとノートどちらが良いのか。|可能な限りデスクトップパソコンを選ぼう

YouTubeに動画を挙げるときに一連の流れ
  1. 企画
  2. 撮影
  3. 編集
  4. レンダリング
  5. アップロード

パソコンで行う作業は3-5番目の作業、YouTuberが行う作業の大体の部分を占めるといっても過言ではありません。

編集作業からアップロードまで、速やかに終わらせるために必要な自分の編集能力+それを実行するパソコンのスペックが大切です。

したがって、『置き場所がない』以外の理由でノートパソコンを選ぶ理由は実はほとんどありません。

出先で動画編集仕様などと思っていたらバッテリー切れ、エラーでせっかく編集したデータが消えて最初からなんていうこともめずらしくないため、動画の編集=家で行う作業と思った方がいいと思いおます。

だからデスクトップパソコンを選びましょう。

それでもノートパソコンが良いという方のためにノートパソコンからご紹介させていただきます。

YouTuberにオススメなノートパソコンをランキング形式で紹介

1位DAIV-NG4500S1-S5

DAIV-NG4500S1-S5スペック
  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー
    (4コア/2.80GHz/TB時最大3.80GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス GeForce® GTX 1050(2GB)
  • メモリ 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD 480GB SerialATAIII
  • ディスプレイ 14型 フルHDノングレア (LEDバックライト)

チャンネル登録者数25万人を超える人気YouTuber「ゆきりぬ」さんとコラボしたモデル。

ノートパソコンでもパワフルな性能で持ち運びも可能。省スペースで編集環境を構築できるのでオススメです。

また、マウスコンピューターとゆきりぬさんのコラボ動画もございますのでご紹介しておきます。

チェック!
  • 14インチで持ち運びも楽々
  • 動画編集用ブランドなので文句なしスペック
  • Adobe Premiere(プロ向け動画編集ソフト)
レビュー記事を見る マウスコンピューター公式サイトで【YouTuberオススメモデルを確認】

2位m-Book m-Book K686XN-M2SH2

m-Book m-Book K686XN-M2SH2スペック紹介
  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • CPU インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー
    (4コア/2.80GHz/TB時最大3.80GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
  • グラフィックス GeForce® MX150 (2GB)
  • メモリ 16GB PC4-19200 (16GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD 256GB Serial ATAIII M.2規格
  • HDD 1TB Serial ATAII 5400rpm(デュアルストレージ)
  • 液晶パネル15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
  • 無線IEEE 802.11ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール

このノートパソコン、実際に僕も利用してみましたが、並みのデスクトップパソコンより性能が高いので動画の編集もへっちゃらです。

この春1番の売れ筋モデルであることは間違いないです。

また、1位のモデルとのスペック差もそんなにありません。

チェック!
  • 15.6インチでデスクトップパソコン級のスペック
  • もちろん動画編集も楽にこなせます。
  • この春売れ筋ノートパソコン

またレビュー記事も掲載してありますので気になる方は参考にしてください

レビュー記事を見る

 

マウスコンピューター公式サイトで確認

3位m-Book n500SD-M2SH2

m-Book B504H スペック
  • CPU Core™ i7-8550U プロセッサー
  • メモリー 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD 256GB Serial ATAIII M.2規格
  • 液晶 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)

グラフィックボードはK686シリーズと同様のMX150を搭載。最新のCPUを搭載しているため処理能力に問題はありません。

 

チェック!
  • K686との違いはCPU
  • 持運び用途に最低なオシャレなデザイン
レビュー記事を見る マウスコンピューター公式サイトで確認

YouTuberにオススメなノートパソコンをランキング形式で紹介

1位:DAIV-DGZ520S3-SH2-C2

DGZ520S3-SH2-C2スペック紹介
  • CPU インテル® Core™ i7-8700 プロセッサー
    (6コア/ 3.20GHz/ TB時最大4.60GHz/ 12MB スマートキャッシュ/ HT対応)
  • グラフィックス GeForce® GTX 1050 (2GB)
  • メモリ 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD 240GB Serial ATAIII (6Gbps/ Serial ATAIII接続)
  • ハードディスク2TB SerialATAIII 7200rpm (6Gbps/ Serial ATAIII接続)
  • チップセット インテル® Z370 チップセット
  • 電源500W 【80PLUS® SILVER】

最新の第8世代intel CPUを搭載したモデル。

AdobeにしろVegasにしろ動画の編集を行う上で最も無駄な時間はレンダリング=完成した動画をYouTubeにアップロードする形式に変換している時間です。

それを大幅に削減してくれるのがハイパワーCPU。

本格的にパソコンで動画の編集を行う場合はこの辺が最低ライン。

チェック!
  • 動画編集者向けに作られた専用PC
レビュー記事を見る マウスコンピューター公式サイトで確認

2位:iiyama LEVEL-M0B3-R5G-VHS

LEVEL-M0B3-R5G-VHSスペック紹介
  • CPU AMD Ryzen5 2400G プロセッサー
  • グラフィックス RX Vega11
  • メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
  • SSD 240GB Serial ATAIII (6Gbps/ Serial ATAIII接続)
  • チップセット AMD B350チップセット
  • 電源350W 【80PLUS® BRONZE】

最新のRyzen5 2400Gを搭載しつつ安価な価格で購入することが可能なモデル。

パフォーマンスというよりはコスパ重視でこちらを選ぶ人は動画編集向けでなくても多いのはないでしょうか。

チェック!
  • インテルと比較して価格は半分性能は同じくらい
  • とにかくコスパが高い
レビュー記事を見る パソコン工房公式ページで確認

 

マウスコンピューターで初めてパソコンを購入する方にはこちらの記事もおすすめです。

 

撮影用にオススメな高画質なカメラのオススメも紹介しておきます。

現在僕が利用している撮影用カメラはCanonのPower Shot G1X Mark2を利用しています。

ハイスペックコンパクトデジカメを利用する上でのメリットから紹介します。

メリット
  • 持ち運びが楽
  • 一眼レフ並みの高画質
  • コンパクトなので外で怪しまれにくい
  • 動画でも写真は使う

動画撮影でビデオカメラなど高画質なものを外で構えるとどうしても怪しい感じがします。その点コンパクトデジカメならいくぶんか軽減されますし、スマートフォンならなおよいですね。

もちろん、画質は高画質のビデオカメラが一番良いですが、カメラの性能はどんどんあがっているため、スマートフォンを利用しているYouTuberの方も多いようです。

動画でも写真を使って説明はわかりやすく、YouTuberの方は多用されている印象です。

ビデオカメラよりはハイスペックコンデジを選んだ方が良いと思います。

動画、写真撮影にオススメなハイスペックコンデジ、一眼レフ

撮影用コンデンサーマイク

動画を撮影する際に必要なのはカメラだけでなく、音をきちんと拾ってくれるマイクも必要です。

僕の上げている動画は、パソコンに吹き込むだけですが、パソコン用のマイクを使っています。

こちらはそんなに金額が高いわけではなく、Amazonで1600円程度のものを購入しました。

スマートフォン、iPhone用、ビデオカメラで利用できるコンデンサーマイクも用意しておくと、出先で録音、録画するときにかなり捗ります。

まとめ:折れない心は超重要

最後に一番大切なことを書いておきます。ブログもYouTubeも観てくれる人を実際に自分がネット上で目撃するのは結構辛抱が必要な作業です。

その間、黙々と一人でパソコンに向かって執筆、撮影、編集するのは精神的につらいものがあります。

しかし、少しずつ見てくれる人が増えてくれることがやる気につながることは間違いないので、迷っている人や不安な人は『とりあえずやってみる』ことから始めてはいかがでしょうか?

ブログもYoutubeも失敗しても誰も起りませんから。

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください