この記事では国内メーカー大手マウスコンピューターのおすすめノートPCをまとめています。

本記事は僕が実際にレビューしたモデルで構成されていますので安心してご覧ください。

セールでお得に購入可能

マウスコンピューターは公式サイトにて、PCのセールに力を入れています

セール対象製品になったものをベースとしてカスタマイズして購入してもよいですし、そのまま購入しても、問題のない構成で販売されるため、初心者の方で選び方がわからない方はセール対象製品の中から選んでみるのもよいかもしれません。

動画で確認

マウスコンピューターの製品部担当者におすすめポイントや評判を聞いてきました!迷われている方は是非参考にしてください。

YouTubeでチャンネル登録

2021年のノートパソコンおすすめポイント

ナローベゼルデザイン採用でスタイリッシュなデザインに

最新のノートPCはモニターのふちが狭い、いわゆるナローベゼルデザインを採用することによって小型化軽量化しています。

ナローベゼルデザインのメリットは従来モデルと比較して、画面の迫力、没入感がますため、作業性向上する点と、PC本体を小型化できます。

上記画像のようなイメージで、従来の14型のPCボディサイズなのに、搭載モニターは15.6型に。

15.6型のPCボディサイズなのにモニターは17.3型にできます。

マグネシウム合金で軽量

マウスコンピューターはPC本体の素材にマグネシウム合金を採用することで、ねじれに強い筐体を設計しました。

また、マグネシウム合金はアルミニウム合金と比較して軽量なため、他社モデルと比較しても持ち運びがしやすいです。

マウスシリーズを代表するモデルの重量
モデル名重量
mouse X4-R5(14型)約1.2kg
mouse X5-R7(15.6型)約1.49kg

性能が高い

mouseシリーズのノートPCはパフォーマンスの高さも評価されている理由の一つになっています。

例えば、マウスコンピューターの売れ筋ノートPC mouse X5-R7でCPUの性能を測定するベンチマークソフトCinebench R20を動作させると、価格が20万円以上するノートPCと同等のCPU性能を発揮できます。

ちなみにこのCinebench R20はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通りです。

 

Cinebench R20の総合スコア

Ryzen 9 5900HX
5177pts
Core i9 10980HK
4132pts
Ryzen 9 4900HS
4040pts 
Core i7 10875H
4037pts
Ryzen 7 4800H(レビューモデル)
3823pts
Ryzen 5 4600H(TUF Gaming)
3143pts
Ryzen 5 4600H
3021pts
Core i7 10750H
3053pts
Core i7 11370H
2755pts
m-Book K700 Core i7 9750H
2643pts
HP ENVY X360 13 Ryzen 7 4700U
2437pts
HP ENVY x360 15Ryzen 5 4500U
2270pts
Core i5 10300H
1941pts
ThinkPad E14 Gen 2(AMD)
1604pts
Prestige 15 Core i7 10710U
1587pts
mouse X5 (Core i7 10510UI)
1534pts
ThinkPad E595(Ryzen 5 3500U)
1333pts
ThinkPad X390(Core i7 8565U)
1245pts

 

標準的な作業を行う上では、必要にして十分な性能があるので、ファンの回転数を最低にして静かな状態で利用したとしても他社の一般的な15.6型のノートPCよりも性能が高い点が魅力です。

以上の理由からマウスコンピューターはコストパフォーマンスが高いとされていますが、実はコストパフォーマンスよりも、購入者の口コミや評価が高いから購入するといったユーザーが多いのも素晴らしい点です。

デメリット・気になる点

マウスコンピューターのPCはキーボード・カメラ・マイクのつくりは標準的で、モデルによってキーボードの配列に癖があったり、カメラの画質がそこまでよくないなど、細かい点に目を向けると気になる点がでてきます。

筆者のYouTubeのコメント欄にもそうしたコメントが散見されます。

購入時に細かい点まで気にしたい方は、別メーカーを選択するか、個別レビューを参考にしていただければ失敗しないと思います。

マウスコンピューターおすすめノートPC3選

今回このランキングを作るにあたっておすすめノートPCをマウスコンピューターと一緒に考えコラボモデルを構成させていただきました。

通常販売されているモデルりも2000円以上安く買えますので是非ご利用ください。

現在マウスコンピューターと当サイトうっしーならいふ限定のコラボモデルを販売中です!通常モデルよりも2,000円以上お得

【1位】mouse X4-R5

  • 画面サイズ:14型
  • CPU:Ryzen 5 4600H
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格89,800円(税込み98,780円)
レビューをみる

14型だけどサイズは13.3型!

14インチのボディに売れ筋の13.3型のモニターを搭載したモデルです。

Ryzen 5 4600Hzプロセッサを搭載し、他社14型よりも高性能な点が魅力!マグネシウム合金採用で持ち運びしやすい点も素晴らしい!

オススメポイント
  • 外資系メーカーのモデルよりも高性能
  • マグネシウム合金採用で軽くて持ち運びやすい

【2位】mouse X5 R7|大人気ノート

  • 液晶サイズ:15.6インチ
  • CPU:Ryzen 7 4800H
  • メモリ:8GB
  • SSD:512GB
  • 価格:109,800円(税込み120,780円)
レビューをみる

mousesシリーズのなかでも屈指の高性能CPUを搭載し非常にパフォーマンスが高い、動画編集やRAW現像まで楽にこなせる高性能CPU搭載、動画編集入門機にもおすすめ

オススメポイント
  • Ryzen 7 4800H搭載で最高クラスの性能
  • sRGB比100%画像編集、動画編集もできる
  • 価格が安い!コスパ最高

【3位】mouse K7

  • 画面サイズ:17.3インチ
  • CPU:Core i7 10750H
  • GPU : GTX1650
  • メモリ : 16GB
  • SSD : 512GB(NVMe)
  • 価格139,800円(税込み153,780)
レビューを読む

17.3型の大きな筐体が特徴のノートPCです。専用のグラフィックスを搭載しているため、動画編集やゲームのプレイに最適です。

オススメポイント
  • 17.3型の大きいなボディでフルサイズテンキー搭載で使いやすい
  • 専用のグラフィックスを搭載しているため動画編集におすすめ
  • 32GBモデルも選べる

最大で6万円引きのセールを開催中です。下記ページにて値引き額も記載していますので、参考にしてください。

関連記事

スポンサーリンク

2 コメント

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)