G-Tuneでおすすめの人気ゲーミングPCを解説

0
2034

マウスコンピューターが展開するゲーミングPCブランド「G-Tune」はコスパの高さに定評があります。

ほぼすべての機種を実際にレビューしてきた僕が、ゲームジャンル別におすすめのモデルを徹底的に解説いたします。ゲーミングノートPC、デスクトップPC両機とも解説いたします。

基本的にコメントも受け付けておりますのでご不明な点等ございましたらコメント欄に記載ください。

G-Tuneの強み、メリットを解説

G-Tuneが人気の理由・製品部担当者に取材

 

 

Twitterやその他の口コミなど、参考になりそうでならないようなものがネット上に蔓延しているので、実際に筆者である僕が、マウスコンピューターの本社に行き、G-Tuneの製品部担当にG-Tuneの他社にない強みやメリットを聞いてきました。

ゲーマーの意見を取り入れた理想的なデザイン

G-Tuneの売れ筋モデルNEXTGEAR-MICROシリーズはPCケースをフラットな構造にし、PCケースの上側に物が置けるように設計されています。

「ゲーマーはケースの上に物を置くから」という理由で開発されました。

PCケースのサイズでお悩みの方は下記記事にPCケースと内部パーツを解説した記事を記載したので参考にしてください。

PCパーツの性能を使いきれる設計

デスクトップPCもノートPCも、CPUやGPUの性能を活かすための設計がされていないと宝の持ち腐れ。

G-Tuneは各パーツのポテンシャルを100%発揮するために風の通り道(エアフロー)を計算しゲーミングPCとして理想的な設計が施されています。

国内製造で安心365日電話サポート

G-Tuneは長野県飯山市で組み立て、発送が行われます。設計から組立まですべて自社で行うことで初期不良を未然に防ぎます。

快適なゲーム性能+安心の国内品質でユーザーからの評価が高いのです。

G-TuneのおすすめデスクトップPCを解説

G-Tuneの公式ページに記載のある「おすすめデスクトップPC」はメーカー側がおすすめするコスパの高いモデルで主にゲームのプレイだけを目的におすすめされているモデルです。

また、「デスクトップPC売れ筋ランキング」は実際に購入したユーザーの数字から算出されています。そのため、売れ筋ランキングのモデルは前のモデルが表記されていることも多いです。

実機レビューのデータがあるものは掲載しますが、ないものは下位モデル、あるいは上位モデルのデータを参考に僕の意見を記載しています。

おすすめモデルNEXTGEAR i690SA5

i690シリーズでおすすめされている、NEXTGEAR i690SA5はゲーム用途に適したコスパの高いモデルです。

NEXTGEAR i690SA5のスペック
CPUCore i7 9700
GPUGeForce GTX1660Ti
メモリ8GB
SSD256GB
HDD1TB
電源500W
価格129,800円

中堅クラスのグラフィックボードを搭載しているため非常にコストパフォーマンスが高いモデルで、フォートナイトやPUBGなど最新のバトルロイヤルゲームを快適にプレイできる性能があります。

以下は実際にGTX1660Tiを搭載したモデルで計測したデータです。画質ごとに快適な指標であるフレームレートを計測しました。

フォートナイト

フォートナイトの平均フレームレート(FHD)
エピック(最高画質)
112fps
高画質
143fps
中画質
242fps

人気ゲームタイトル『Fortniteフォートナイト』は最高画質で100fps以上で描画可能。

中画質となると平均が242fpsまで伸びます。ただし、マップ読込が少ないシーンでフレームレートが300まで高くなるためです。最低フレームレートは158fpsでしたので中画質ならば、240hz駆動のゲーミングモニターなどを使い本格的なゲームのプレイを楽しめます。

PUBG

PUBGの平均フレームレート(FHD)
ウルトラ(最高画質)
100fps
135fps
145fps

PUBGでは、フォートナイトほど中画質は伸びませんでした。ゲームタイトルの違いによるものかもしれません。

とはいえ、144hz駆動のゲーミングモニターで安定駆動させられるレベルには快適です。今回は未検証ですが、Apex Legendsなどバトルロイヤル系のゲームをプレイするのであればGTX1660Ti搭載モデルを購入すれば安心。

ゲーミングノートPCと比較するとフレームレートに大幅な差があることに驚きました。せっかく差が縮まってきたと思ったのですが…

コスパを最優先するならやはりデスクトップPCが有利ですね。

シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー

シャドウオブザトゥームレイダーの平均フレームレート(FHD)
最高
74fps
85fps
88fps

シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダーはDirect X12対応の重量級タイトルです。モンスターハンターワールドやファイナルファンタジー15と同程度の性能を要求してきます。

結果としては、最高画質で74fpsで描画されていたため、フルHDでプレイするのであれば快適です。

上記のとおり、G-Tuneがおすすめする「NEXTGEAR i690SA5」はフルHD画質でほぼすべてのゲームを快適にプレイできる性能があります。

基本的にNEXTGEAR i690SA5を選んでおけば、性能不足で困るということはないと思います。

 

NEXTGEAR i690SA5

レビューをみる

おすすめモデルNEXTGEAR-MICRO am560SA1-SP

AMD社のRyzenを搭載し、価格を安く抑えていますが性能が低いわけではありません。他社製のゲーミングPCでは、Ryzen 2000番台を安く販売することでコスパを訴求していますが、性能がかなり違うので、長く使いたいなら3000番台を搭載したam560シリーズがおすすめです。

NEXTGEAR MICROam560SA1-SPのスペック
CPURyzen 7 3700X
GPUGeForce GTX1660
メモリ16GB
SSD512GB
HDD
電源500W
価格129,800円

GTX1660は”TI”と比較すると数%性能が落ちますが、基本的にコレでもPUBGやフォートナイトは快適に遊べます。

計測はしていませんが、下位モデルのBA1をレビューしています。

 

NEXTGEAR MICROam560SA1-SP

レビューをみる

おすすめモデルNEXTGEAR-MICRO im620SA5-SP3

Intel CPUを搭載したミドルクラスゲーミングPCです。グラフィックボードの性能が高いため、ゲーム+ゲーム実況配信も視野に入れている方におすすめです。

配信を伴わないゲームのプレイは先ほど紹介した「NEXTGEAR i690SA5」とそんなにかわりません。

NEXTGEAR MICROam560SA1-SPのスペック
CPUCore i7 9700K
GPUGeForce RTX2060Super
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB
電源700W
価格169,800円

RTX2060SuperとGTX1660TiではPUBGやフォートナイトなどを中画質で240hz駆動のゲーミングモニターでプレイした際の安定性に差があり、RTX2060Superのほうが有利です。

せっかくゲーミングPCを購入するのだから、より盤石な体制を築きたい方はこのモデルがおすすめ。

am560とはPCケースが同じでCPUが違うだけですので基本は一緒です。

 

NEXTGEAR-MICRO im620SA5-SP3

レビューをみる
マウスコンピューター/G-Tune
G-Tune公式ページはこちら

おすすめノートPCを解説

NEXTGEAR NOTEとG-Tune 型番が混在していますが、基本的には同じような設計で、型番のわかりづらさを緩和するためにじょじょに変更されていきます。

G-TuneのノートPCのメリットは、他社製のものと比べて排熱効率が高く、同じパーツを使っていても実行性能が高い点です。

おすすめモデルNEXTGEAR-NOTE i5750GA1

NEXTGEAR-NOTE i5750GA1は240hzのリフレッシュレートモニターを採用するミドルハイエンドゲーミングノートPCです。

NEXTGEAR-NOTE i5750GA1のスペック
画面サイズ15.6型
CPUCore i7 9750H
GPUGeForce RTX2070
メモリ16GB
SSD256GB
HDD1TB
重量2.6kg
価格229,800円

ノートPC用のRTX2070はデスクトップPCに搭載されているモデルほどではありませんが、フルHDの環境下ですべてのゲームタイトルを快適にプレイできる性能があります。

そのうえで240hz駆動の液晶モニターを採用しているため、ゲームのプレイを快適かつ有利に進めるための1台です。

モニターの恩恵に関しては下記動画でわかりやすく解説しているので、是非参考にしてください。

 

NEXTGEAR-NOTE i5750GA1

レビューをみる

おすすめモデルG-Tune P5

G-Tune P5はGTX1650を搭載し、256GBのSSDと1TBのHDDが搭載されたデュアルストレージゲーミングノートPCです。

G-Tune P5のスペック
画面サイズ17.3型
CPUCore i7 9750H
GPUGeForce GTX1650
メモリ16GB
SSD256GB
HDD1TB
重量2.5kg
価格129,800円

 

フォートナイト

フォートナイトの平均フレームレート(FHD)
エピック(最高画質)
56fps
高画質
70fps
中画質
97fps

人気ゲームタイトル『Fortniteフォートナイト』は中画質で97fps以上で描画可能。

バトルロイヤルゲームは高画質で楽しむというよりもフレームレートを安定させてサクサク動かしたほうが勝率が上がるので、低予算で行くならコレでもオーケー

PUBG

PUBGの平均フレームレート(FHD)
ウルトラ(最高画質)
65fps
70fps
82fps

PUBGやフォートナイトよりもやや重めです。快適にプレイするのであればワンランクGPUをグレートアップさせたい。

FF15

ファイナルファンタジー15の平均フレームレート(FHD)
56fps

ファイナルファンタジー15は重量級ゲームです。低画質でギリギリプレイできるかどうかといった感じ。

もともとグラフィックが綺麗なゲームは低画質でも遊べなくはないですが、個人的にはやっぱり物足りないと思います。

おすすめモデルNEXTGEAR-NOTE i7941PA1

NEXTGEAR-NOTE i7941PA1はメカニカルキーボードを採用し、144hzのリフレッシュレートモニターを採用するハイエンドゲーミングノートPCです。ナローベゼルデザインを採用しているのでモニターのフチが狭く没入感が高い。

価格が高いのでコスパはあまりよくありませんが、ノートPC一台でゲーム環境を構築したいならおすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i7941PA1のスペック
画面サイズ17.3型
CPUCore i7 9750H
GPUGeForce RTX2070
メモリ32GB
SSD512GB
HDD2TB
重量2.7kg
価格269,800円

ノートPC用のRTX2070はデスクトップPCに搭載されているモデルほどではありませんが、フルHDの環境下ですべてのゲームタイトルを快適にプレイできる性能があります。

下記は初期モデルのレビューですが、ゲーミングキーボードや画面のフチなどはわかりやすいと思います

 

NEXTGEAR-NOTE i7941PA1

レビューをみる

G-Tuneのセール情報

最大で6万円引きのセールを開催中です。下記ページにて値引き額も記載していますので、参考にしてください。

当サイト限定でマウスコンピューターのパソコン購入で10,000円分のAmazonギフト券をもらえるキャンペーンを行っております。下記セールとも併用可能ですので是非ご利用ください。

また、当サイト経由で15万円以上(税別、送料別)のパソコンを購入すると後日Amazonギフト券がもらえる限定キャンペーンを行っております。

2019年12月14日から2020年1月15日購入分までが対象です

関連記事

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)