【2019年4月版】コスパの高いゲーミングノートパソコンのおすすめまとめ。初心者向けに選び方も紹介

0
2182

2019年3月14日更新:最近価格が安くなっているゲーミングノートPCのおすすめをまとめます。

この記事を執筆する僕は、年間100台以上のPCレビューを行っており、自分自身はゲーミングPCの自作を行っているため、ほかの人よりは詳しいと思います。厳選したモデルを紹介させていただきます。

2019年版ゲーミングノートPCを選ぶ際のポイント

ゲーミングノートPCを選ぶ際のポイントはいくつかありまして、CPUやグラフィックボードなどです。どの程度の性能を選べば”失敗しないのか”を解説いたします。

CPU

ゲームのプレイ時に使う”CPU”は重たいゲームをプレイする際にはグラフィックボードを手助けする役割を持っています。あまりにもCPUの性能が低すぎるとゲームのプレイに支障をきたします。

ただし、ノートPCに搭載されるCPUはメーカー側が事前にバランスを考えているため、真剣に悩む必要もありません。

ゲーミングノートPCに搭載されてるCPU
インテルCore iシリーズ最もオーソドックスなCPUでCore i7 8750H搭載モデルを選べば間違いありません。またミドルスペッククラス程度ならCore i5 8300Hがコスパ高いです。
AMD Ryzenシリーズ価格を安く抑えるのに向いてます。コスパを求めるならRyzen 7 1700などがおすすめです。

 

GPU(グラフィックボード)

グラフィックボードはゲームの3Dグラフィックを作り出す役割を持ちます。

グラフィックボードの性能が低いと満足にゲームのプレイができないなどの弊害がありますが、最近”ゲーミングノートPC”として売られているモデルは、安いモデルでもGTX1050を搭載しています。GTX1050を搭載しているモデルは、低画質~中画質程度でゲームをプレイするのに向きます。

一方たまにめにする,Radeon(ラデオン)シリーズはAMD社が販売するコスパに優れたグラフィックボードです。特徴としては、GeForceよりも性能が高いモデルが安く購入できる点です。

デメリットは、ゲームに最適化されていない可能性があるため、モンスターハンターワールドなどの重量級オンラインゲームなどでは不利な点です。

ゲーミングノートPCに搭載されてるグラフィックボード
Nvidia GeForceシリーズGTX1050搭載モデルでも低画質に下げれば度のゲームも遊べます。GTX1060がコスパ高いです。MX150は選ばないようにしましょう。
AMD RadeonシリーズGeForceシリーズよりも価格が安いです。予算が少ない方はRadeonシリーズで選ぶのもありだと思います。

ちなみに、Geforceシリーズで末尾に”Ti”とついているものは、付いてないものと比較すると性能が高めです。なかでもGTX1050Tiはかなりコスパの高いグラフィックボード。

下記記事が、GTX1050と1050Tiを実機で検証した結果をまとめた記事となっています。もし、どのグラフィックボードを選べばいいか真剣に悩んでいる方は、実機で検証した結果を信じることをおすすめします。

メモリ

メモリーが少ないと起きる弊害

3D描写がとても綺麗な(情報量が多い)ゲームをプレイする際にメモリーがすくないと快適にプレイができない可能性があります。

FPS系のゲームにおいては、そこまで重要視する必要はありませんが、年々要求性能が高まっているため長く使うのであれば16GBモデルの検討をお勧めします。

必要メモリー目安
8GB軽めのゲームなら8GBで十分。
16GB←おすすめ黒い砂漠やFF15、MHWなど重量級ゲームを動かすなら16GB必須です。
32GB本格的なゲーミングノートPCでRTX2070以上のグラフィックボードを搭載してるなら32GB欲しいです。

 

SSDやHDDについて

基本的にはSSDを選択するのが無難です。ただし、最近話題のNVMeSSDに無理にする必要はありません。(ゲームの処理速度は変わらないから)

どちらかというと、SSD500GB程度にゲーム保存用に大容量で品質の高いHDDをチョイスすると安く利便性が高いです。

最近では、SSD+HDD(デュアルストレージ・ダブルストレージ)構成が一般的となっています。

SSDとHDDのおすすめ
NVMe SSD読込速度は高速ですが、ゲームのプレイに実はあまり関係ない
SATA SSDSATA SSDがコスパ高いためWindows起動用にコレを選ぶのが鉄板
HDDゲームソフト保存用にHDDを選択するなら7200rpmで大容量のものを選ぶのをおすすめします。

 

その他の要素

nVidia G-SYNC AMD Freesync

本格的に格闘ゲームや、FPSゲームで、対人プレイを行うのに必要な技術です。ガチ勢でなければ必要ない機能

高リフレッシュレートモニター

144hzや165hzで駆動するモニターです。上記G-SYNCなどと組み合わせると、画面が常に安定してサクサク動きます。

ただ、こうした要素を盛り込むと金額が跳ね上がりますし、最近では外付けのゲーミングモニタも増えてきているため、モニター技術に関しては外付けモニターを買った方が安いです。

With MAX Qdesign(ウィズマックスキューデザイン)

グラフィックボードを薄型化したモデルのことです。本体も軽量化されているため、持ち運びしやすくなりますが、性能が普通のモデルと比較するとやや落ちます。

おすすめのゲーミングノートのスペック

CPUCore i5 8300H以上
GPUGTX1050以上
メモリ8GB以上
SSD256GB以上
HDD1TB以上
液晶15.6インチ

です、ここからは実際におすすめのゲーミングノートPCを紹介していきます。

コスパの高いおすすめゲーミングノートPC

G-Tune NEXTGEAR i5330GA2-C

デュアルストレージが安い

  • 液晶:15.6インチFHD,非光沢
  • CPU:インテル Core i7+ 8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050(2GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:12万台

マウスコンピュータ―の強みは、大容量のNVMe接続対応SSDが非常に安いです。この点が他社になり強みとなりますので、普通のパソコンとしてもかなりコスパが高い。

弱点としては、GTX1050のメモリが2GBなので格闘ゲームや最適化済みのFPSゲーム向きといった点です。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends△or×
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ△or×

他社と競い合うゲームに関しては、×としてあります。理由は性能で負ける可能性があるからです。プレイできないわけではありません。

公式サイトでみる

ASUS TUF Gaming FX504GE (FX504GE-I5H1S1)

Core i5 8300H搭載

  • 液晶:15.6インチFHD,非光沢
  • CPU:インテル Core i5+ 8300H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
  • メモリ:8GB
  • SSD:128GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:12万台

ASUSのTUFゲーミングシリーズのおすすめポイントは、GTX1050Tiを搭載しつつCPUをCore i5 8300Hに抑えている点です。

上記はドスパラ限定モデルで、ゲームのプレイに特化した構成でコスパが高いです。

ただし、メモリーが8GBなので重量級ゲームのプレイに向いていません。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050Tiであれば、画質を下げれば性能の差を少なくできます。

「ASUS?なにそれどこのメーカー」という方は下記記事も参考にしてください。

公式サイトでみる

HP Pavilion Gaming 15-cx0000

OptaneメモリーでHDDなのに早い

  • 液晶:15.6インチFHD,IPS,非光沢
  • CPU:インテル Core i5+ 8300H+optaneメモリー
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050(4GB)
  • メモリ:8GB
  • HDD:1TB
  • 税込み価格:10万9,944円

HPのPavlion Gaming 15最大の特徴は一番安いモデルでもintel Optaneメモリーを採用しているためSSDではありませんが、読込速度が高速化されています。

低価格なのに高性能を実現したうえオシャレなので万人におススメできるゲーミングノートPCです。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050(4GB)はこんな感じです。

公式サイトでみる

ドスパラ ガレリア GCF1050TGF-E

コスパ高め

  • 液晶:15.6インチFHD,IPS,非光沢
  • CPU:インテル Core i5+ 8300H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
  • メモリ:8GB
  • SSD:500GB
  • 価格:10万円台

ドスパラのガレリアはHDDを搭載していませんが、SSDが500GBあります。ゲームの保存用としては少ないので増設しましょう。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050Tiであれば、画質を下げれば性能の差を少なくできます。

公式サイトでみる

DELL G3 15プラチナ

売れ筋ナンバー1

  • 液晶:15.6インチFHD,IPS,非光沢
  • CPU:インテル Core i7+ 8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
  • メモリ:8GB
  • SSD:128GB
  • HDD:1000GB
  • 価格:10万円台

DELLのGシリーズは低価格で高性能を実現したモデルです。弱点はメモリーのカスタマイズができない点ですが、GTX1050Tiで遊ぶのであれば8GB程度でも十分ゲームのプレイが可能であるため、現状最もコスパが高いです。

また、筐体はオシャレでゲーミングっぽくないのでちょっと持ち運ぶといった用途にも対応できます。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050Tiであれば、画質を下げれば性能の差を少なくできます。

公式サイトでみる

高性能なおすすめゲーミングノートPC

G-Tune NEXTGEAR i7920 GA1

GTX1060の限界を引き出せる

  • 液晶:17.3インチFHD,144Hz
  • CPU:インテル Core i8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:18万円台

ナローベゼルデザイン採用の17.3インチゲーミングノートPCです。

17.3インチですが、本体サイズは15.6インチと変わらず、液晶ディスプレイだけ大きくなっています。

上記画像は、14インチの例ですが、イメージとしてはこんな感じでワンサイズ小さいボディに大きな液晶ディスプレイを搭載できます。

また、実機レビューをした結果、搭載されているパーツの基本性能が非常に高く、限界性能を引き出せていました。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1060(6GB)を搭載しているのでどのゲームも快適なプレイが可能です。

公式サイトでみる

HP OMEN by HP 17

高品質パーツを詰め込んだPC

  • 液晶:17.3インチFHD,144Hz
  • CPU:インテル Core i8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:18万円台

他メーカー製と比較するとやや高めですが、使われているパーツ群が高品質、高性能でおすすめできます。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1060(6GB)を搭載しているのでどのゲームも快適なプレイが可能です。

公式サイトでみる

New Dell G5 15 スペシャルエディション プラチナ

高性能で安い

  • 液晶:15.6インチFHD,
  • CPU:インテル Core i8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX2060(6GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:16万円台

最新のRTX2060を搭載しつつ、クーポン適用で税込み16万円台で購入できます。超おすすめです。

どのゲームもフルHD画質で100fps以上で駆動してくれます。ただし、IPSパネルであるためFPSゲームなどをプレイする場合は外付けディスプレイを別途用意した方がいいと思います。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

RTX2060(6GB)を搭載しているのでどのゲームも超快適にプレイが可能です。

公式サイトでみる

G-Tune NEXTGEAR i7940 GA1

RTX2070搭載+144Hz対応

  • 液晶:17.3インチFHD,144Hz
  • CPU:インテル Core i8750H
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070(8GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB(NVMe)
  • HDD:1000GB
  • 価格:23万円台

ボディ本体は先ほど紹介したi7920と一緒ですが、RTX2070を搭載しています。

黒軸相当のメカニカルキーボードを採用しており、これ一台でどのゲームも快適にプレイすることが可能です。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

RTX2070であれば、FHDの1個上のWQHDに出力しても快適なプレイが可能です。

公式サイトでみる

持ち運び可能なおすすめゲーミングノートPC

Microsoft Surface Book 2

1.6kgの最軽量ゲーミングPC

  • 液晶:13.5インチ,IPS,光沢
  • CPU:インテル Core i7+ 8750H
  • GPU: GTX 1050(2GB)
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:26万円台

 

Microsoftが販売するSurface Book2はGTX1050(2GB)を搭載しています。解像度が3000×2000ドットなので、ゲームのプレイに向かない点もありますが、最軽量クラスのゲーミングPCです。

メモリの増設やSSDの増設が後からできない点と、価格が高いことを除けば、PCとしての完成度もトップクラスです。

弱点としては、GTX1050のメモリが2GBなので格闘ゲームや最適化済みのFPSゲーム向きといった点です。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends△or×
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ△or×

他社と競い合うゲームに関しては、×としてあります。理由は性能で負ける可能性があるからです。プレイできないわけではありません。

公式サイトでみる

msi GF63 (8RD-067JP)

1.85kgの本格モバイルゲーミングPC

  • 液晶:15.6インチ,IPS,光沢
  • CPU:インテル Core i7+ 8750H
  • GPU: GTX 1050Ti(4GB)MAXQ
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB
  • HDD:1000GB
  • 価格:13万円台

現実的な価格で持ち運び可能なゲームのプレイが可能なノートPCがmsiのGF63です。GTX1050モデルと1050Tiモデルがありますが、価格があまり変わらないため、このモデルがおすすめです。

with MAX Qデザイン採用でコンパクトかつハイパワーを実現します。

また、筐体はオシャレでゲーミングっぽくないのでちょっと持ち運ぶといった用途にも対応できます。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050Tiであれば、画質を下げれば性能の差を少なくできます。

公式サイトでみる

Lenovo ThinkPad X1 Extreme

1.71kgのクリエイティブゲーミングPC

  • 液晶:15.6インチ,IPS,光沢
  • CPU:インテル Core i5+ 8300H
  • GPU: GTX 1050Ti(4GB)
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB
  • 価格:22万円台

クリエイターのために作られたPC ThinkPad X1 Extremeは高価格でありながら1.71kgの重量しかありません。

色域の高いディスプレイを装備しているため、クリエイティブ作業がメインであり、Surface Book2とう同じようなコンセプトのノートPCとなっています。

ゲームタイトルおすすめ度
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends〇or△
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

GTX1050Tiであれば、画質を下げれば性能の差を少なくできます。

公式サイトでみる

4KゲームプレイにおすすめなゲーミングノートPC

NEW ALIENWARE AREA-51M プラチナ VR

デスクトップ最上位パーツ選択可

  • 液晶:17.3インチFHD,
  • CPU:インテル Core i7 8700
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX2080(11GB)
  • メモリ:8GB
  • SSHD:1000GB
  • 価格:37万円台

RTX2080をオーバークロックした最上位パーツで構成されています。

超強烈な冷却システムを装備することによってノートPCながら、デスクトップ最上のCore i9 9900Kまで選択可能。

ただ、ベースモデルはなぜかメモリ8GBなので増設しましょう。パーツ交換が可能なので後からCPUを変更することも可能です。

ゲームタイトルおすすめ度(4K
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

基本的には全てのゲームが快適にプレイできます。4Kディスプレイ時の快適性です。

公式サイトでみる

ASUS ROG G703GX-I9KR2080

最強のゲーミングノートPC

  • 液晶:17.3インチFHD,144hz
  • CPU:インテル Core i9 8950HK
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX2080(8GB)
  • メモリ:64GB
  • SSD:512GB(RAID0)
  • HDD:1000GB
  • 価格:59万円台

現存するノートPCで最強のノートPCがROG G703GX-I9KR2080です。価格は3組のSSDでRAID0構成だからにつきます。

正直ここまでの性能は必要ないというかロマンですので、お金に余裕のある方にオススメです。

ゲームタイトルおすすめ度(4K
鉄拳7FR・SFⅤ(格ゲー)
レインボーシックスシージ・CSGO(最適化済みFPS)
PUBG・フォートナイト Apexlegends
MHW・FF15・黒い砂漠・BFⅤ

基本的には全てのゲームが快適にプレイできます。4Kディスプレイ時の快適性です。

公式サイトでみる

まとめ:ゲーミングノートPCの購入の懸念点をつぶしたい人へ

ゲーミングノートPCは高額です。なにか気がかりなことがあると踏みとどまってしまうのが人間なので、メリット・デメリットと、僕が記載した記事を列挙いたします。

お力になれれば幸いです。

ゲーミング”ノート”パソコンを選ぶメリットとデメリット

デスクトップパソコンではなくノートパソコンを選んでもいいのか心配の方もいらっしゃるでしょうからメリットとデメリットを列挙しておきます。

メリット

  • 狭い部屋でも場所をとらずスペースの有効活用ができる
  • 組立の必要がなく楽
  • 持ち運べる

デメリット

  • 最高性能を求めるとかなりコスパが悪い
  • 拡張性が低い
  • 修理代金が高額になりがち
  • 冷却性能が低い

中間性能までは差がありません。もう「ゲームはデスクトップでという時代は終わってます。

修理代金が高いとしていますが、デスクトップパソコンでもパソコンに詳しくないと原因究明までの手間とお金は絶対に発生しますし、メーカーの手厚い延長保証に加入すれば簡単にクリアできる点です。

ゲーミングノートパソコンの最大の弱点は冷却性能です。デスクトップパソコンにいまだ勝てません。

熱を逃がすのはデスクトップが有利

家の電気代を安くする節約術で、「冷蔵庫にモノを入れすぎない、隙間が空くようにする」と聞いたことはありませんか?デスクトップパソコンは隙間がかなりあいてて空気の通り道が確保されていますがノートパソコンにはありません。熱がこもってしまうのです。

ノートは隙間なく詰められている

熱はパソコンが壊れる原因であり、これこそがノートパソコンの弱点。なのでミドルスペックまでのグラフィックボードを搭載しているゲーミングノートを延長保証付きで購入するというのが僕の編み出した最適解。

各メーカーの保証レベルがあがってきており、安い金額で延長保証に加入すればPCパーツの故障を治すことができる、がゲーミングノートのメリットですよ!

価格がネックならローンを組むのも検討

予算が足りない場合は、ショッピングローンで無理のない返済が行えるメーカーから購入するのもありです。下記記事に金利手数料無料でショッピングローンが組めるメーカーをまとめました。

ゲーム以外の用途も検討したい場合

動画編集・写真編集も行ってみたいという方は下記記事も参考にしてみるといいかもしれません。

下記記事群では選び方を解説しているため、そのスペックを満たしていればゲーミングノートPCでも可能です。

サポートを重視したい

高額なゲーミングノートPCを購入するのであれば、サポートを重視したいのは当たり前だと思います。個人的に、サポートを重視したい方は国内メーカーのマウスコンピューターをおすすめします。

また、メーカーによる特徴をつかみたい方は、それぞれの特色を解説した記事を記載していますので参考にしてください。

ゲーミングモニターのおすすめ

ゲーミングノートにしたいけれど、モニターは専用のものが欲しいという方におすすめなのが下記記事です。プロゲーマー・配信者のかたにおすすめのゲーミングモニターについて聞いてきた内容をまとめています。

そもそも高いモニターや高いリフレッシュレートがなぜ必要なのか疑問に思っている方は下記記事も参考にしてください。

グラフィックボードについて詳しく知りたい方

「そもそも、グラフィックボードってなに??」という方は下記記事もおすすめです。一からグラフィックボードについて解説しています。

このほか、不明な点、質問等がございましたらブログコメント欄にいただけましたら、可能な場合は検証あるいは調べて、情報を追記させていただきますので是非僕を利用してください。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)