HP ENVY x360 15(AMD)は日本HPの人気シリーズで、標準的なノートPCの形から、タブレットタイプに変形する2-in1コンバーチブルノートPCです。インテルではなくAMD社のCPUを採用することでコストパフォーマンスに定評があります。

日本HPより実機をお借りしたので、検証結果やおすすめポイントを紹介いたします。

スペック

HP ENVY X360 15(-ee0000)
CPU
  • Ryzen 5 4500U
  • Ryzen 7 4700U
iGPUAMD RadeonGraphics
メモリ
  • 8GB
  • 16GB
SSD512GB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)358×230×18.9mm
バッテリー持続時間最大17時間
充電タイプDCジャック
重量2.0kg
保証メーカー保証1年

検証機は米国モデルでUSキー配列ですが、日本HPから発売されるものは日本語配列です。インターフェース規格など仕様詳細は日本HP商品ページのスペック/価格より確認できます。

HP ENVY X360 15-ee0000(2020年モデル)特徴

HP ENVY X360 15-ee0000(2020年モデル)のおすすめポイント
  • タブレットにもなる2in1コンバーチブルノートPC
  • 高性能で低価格
  • デザインがオシャレ

動画でも解説しておりますので是非参考にしてください。

タブレットにもなる2-in-1コンバーチブルノートPC

HP ENVY x360シリーズはその名の通り、360℃回転させタブレットモードやテントモードなど、一般的なノートPC以外の使い方ができるよう設計されています。2020年に発売される4096段階の筆圧検知可能な別売りのアクセサリ「HP MPP アクティブペン」を利用することで、デジタルな資料に直接書き込むことが可能です。

また、プレゼンに利用することができるため、利便性の高いノートPCです。

優れたデザイン

HP ENVY x360 15はデザインに優れている点も人気の理由です。検証機のカラー「ナイトフォールブラック」は、光の当たり方でダークブラウンのようにもみえますが、紫のようにも見える絶妙な配色で、カメラマン(僕)泣かせです。

独特なカラーリングは他社にないデザインで、アルミニウム合金を採用した本体重量は2.0kgほどでずっしりとした重さがありますが、思わず持ち運びたくなるでしょう。

Zen2アーキテクチャのRyzenプロセッサを搭載し超パワーアップ

Cinebench R20

 

Cinebench R20の総合スコア

Core i9 10980HK(レビュー記)
4132pts
Ryzen 9 4900HS
4040pts 
Ryzen 5 4600H
3143pts
Core i7 10750H
2926pts
m-Book K700 Core i7 9750H
2643pts
HP ENVY x360 13(Ryzen 7 4700U)
2437pts
Ryzen 5 4500U
2270pts
Core i5 10300H
1941pts
ThinkPad E14 Gen 2(AMD)
1604pts
Prestige 15 Core i7 10710U
1587pts
mouse X5 (Core i7 10510UI)
1534pts
ThinkPad E595(Ryzen 5 3500U)
1333pts
ThinkPad X390(Core i7 8565U)
1245pts

CPUのレンダリングスピードを計測するCinebench R20では、2270ptsでした。

インテルCPUでいうところの、ゲーミングPCやMacbook Pro 16インチシリーズに採用される末尾が”H”のCPUと同等クラスのベンチマークスコアです。

昨年人気だった、Ryzen 3000番台のRyzen 5 3500Uと比較して70%ほどの増加。体感速度でも十分差が出てくる数値です。

ただし、超パワーアップした性能を手に入れるための価格は昨年のほぼ同額で、単純にAMDのCPU(APU)の性能が飛躍的に向上したおかげです。ありがとうAMD。

うっしーならいふ限定クーポンで7%オフ

日本HPより当サイト限定で7&オフクーポンを発行しております。ぜひご利用ください。

HP ENVY x360 15-ee0000(AMD)

公式サイトで確認

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

外観・デザイン

光が反射すると深紫(こきむらさき)のような感じです。紫は高価のもの表す色であり、高級感があります。

通常時はダークブラウンのような色合いで落ち着いた印象です。ビジネスパーソンにうってつけの配色だと思います。

底面のゴム足の控えめな存在感が好印象で、シンプルにまとめられています。

底面から吸った空気をヒンジ部にある排気穴から排出します。薄型の2-in-1PCながら性能がしっかりと発揮できる設計です。

側面表側にはENVYのロゴが印字されています。全体的にシンプルにまとまっているため、非常にオシャレだと思います。

モニターについて

HP ENVY x360 15 はタッチパネル採用でグレアタイプのパネルを採用しています。光の映り込みが気になるかもしれません。別途ノングレアタイプにするシートなどを別途購入することで反射を抑えられます。

画面のベゼルは画面下部が大きく削られ、昨年のモデルよりもさらに狭くなりました。2019年モデルは75%の画面占有率だったのに対し、2020年モデルでは88%に。タブレットモードにした際の印象が、よりスマートになりました。

色域・トーンカーブ

キャリブレーションツールでトーンカーブを測定しました。RGBがまっすぐで自然な色合いのモニターです。

HP ENVY x360 15(AMD)-ee0000の色域
sRGBカバー率62.3%
Adobe RGBカバー率46.5%

 

sRGBカバー率は62.3%で事務作業など標準的な利用するのに適したモニターでした。※これはデモ機によるもので、本来はsRGB100%カバーかもしれません。(確認中)

補足→購入した13.3型はsRGBカバー率が97%ほどでした。

キーボード・タッチパッド

指紋認証のセンサーをキーボード側に配置することで、フットプリント(PCの底面積)を14型と同等のサイズにしたHP ENVY x360 15はテンキーを採用したフルサイズスケールのキーボードです。

検証機はUSキーでしたが、日本語キー配列に対応します。

電源ボタン及びカメラキルスイッチはデリートキーの隣にあります。

ストロークは 約1.5mmと浅めタイプ。ボディ剛性が高いため強めに打鍵してもたわみは感じません。

パチパチを打鍵する感覚でクリック感はあまりないです。

タッチパッドは比較的大きめで操作しやすいと思います。

インターフェース

HP ENVY x360 15は汎用性に優れたUSB-Cに対応しており、DisplayPort1.4やUSB PowerDeliveryに対応します。USB-PDは30W以下の出力では充電されませんでした。モバイルバッテリーなどを使用する際は45W以上のモノを用意するとよいと思います。

左側面

  • オーディオコンボジャック
  • HDMI 2.0(4K出力対応)
  • USB-A 5Gbps対応
  • USB-C (USB-PD,DP1.4,10Gbps)

右側面

  • SDカードスロット
  • USB-A
  • DCジャック

ベンチマーク

FF14 漆黒のヴィランズ

FF14 FHDスコア
ノートPC標準品質4204/快適
ノートPC高品質3147/やや快適
最高品質2312/普通

Ryzen モバイルプロセッサに搭載されている AMD RadeonGraphicsはファイナルファンタジー14をノートPCの標準品質で快適に動作させるレベルの性能です。

フォートナイト

フォートナイトは、実際にソロでプレイを5分程度行い、その平均フレームレートを計測しました。(スカイダイブ時も計測しています。)

フォートナイトシーズン2の平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
高画質
32pts
中画質
60fps
低画質
120fps

フォートナイトは低画質まで落とすと、120fpsで快適に動作可能です。画質の粗さが気になるので、もしプレイするのであればおすすめは3Dスケールだけ中画質の品質まで引き上げることです。

中画質プリセットでも平均60fpsなので遊べないことはないです。

PhotoShop Bench

数値は当ブログの計測結果及び、PugetSystemsのデータを引用しています。

PugetBenchにおけるPhotoshopBenchではAppleのMacbook Air13型と同等以上の性能があります。また、4コア4スレッドのRyzen 3 4300Uよりも着実にパフォーマンスを伸ばしていることがこのベンチマークでわかりました。

コスパを重視するなら16GBモデルを選択するとよいかもしれません。

SSDの読込速度

NVMeSSDが採用されていましたが、読込速度はそこそこ。一般的なノートPCとしての用途であれば必要にして十分な速度です。

ファンの動作音や熱

ゲームのベンチマークソフトファイナルファンタジー14漆黒のヴィランズ実行時のファンの動作音や内部の熱を測定しました。

ファンの動作音

PCに高負荷がかかった状態でのファンの動作音は40.7dbでした。一般的なモバイルノートPCと同等の水準です。高い音がするので、気になる方は気になるかもしれません。

PC内部の熱について

ベンチマークテストを3時間動作させた際の温度です。Max80℃、おおむね70℃程度で安定していました。熱による故障は起きづらいと思います。

PC表面の温度

この時のPCの表面温度は概ね30℃程度でした。使用中に不快感を感じたり、低温やけどの心配はありません。

HP ENVY x360 15-ee0000 2020年モデルの評価とまとめ

良い点

  • 画面占有率88%でさらにスマートになったデザイン
  • ベースモデルでMacBook Airと同等以上の性能
  • 価格は8万円台から

気になる点

  • メモリがオンボード
  • 色域が普通

迷ったらコレでいい気がするノートPC

画像や写真補正は快適に行える性能がありながら、メモリがオンボードで増設負荷だったり、モニターの色域が一般的だったりと、ちょっと残念な感じはありつつも、性能やデザインは流石ENVYといったところ。

低予算で購入できるノートPCとしては非常に完成度の高いノートPCだと思います。10万円の予算でスタンダードノートPCを検討していて迷っているならHP ENVY x360 15 2020年モデルはおすすめです。

うっしーならいふ限定クーポンで7%オフ

HP ENVY x360 15-ee0000(AMD)

公式サイトで確認

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

日本HPより当サイト限定で7&オフクーポンを発行しております。ぜひご利用ください。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)