【Mac】MacBook Airでwindowsを使う場合、ParallelsとBootCampどちらが良いのか。

0
521

Macユーザーの悩みの一つに、Macでwindowsを使いたいけど・・・

と言った悩みがある。

実際私が、デスクトップを処分しきれずにいるのも、まだ完璧にWindows断ちできていないのが最大の原因であるのだが、Macを使っている人にその理由を問うと至極単純な返答か帰ってくる。

Windowsの方が慣れているから。

この考え方は私としては、やや、卑屈に考えすぎではないか、あるいは、「それほどまでにWindows使いこなしているんですかおのれらは」となるのであります。

ともあれ、Macであれば、windowsもLinuxも動かせますから、実に最強なのであります。

私がWindowsを使いたいと思う理由

はいたって単純である。Windowsにしか対応していないソフトを使いたいから。
昨今のMacブームで増えたとはいえ、未だにWindowsにしか対応していないソフトウェアも当然あるのだ。

具体的に挙げると、楽天証券のマーケットスピード(マック版もあるのだが、極めて使いにくい、表示がとかの問題ではなく実際の取り扱いできる商品が少ない)

MT4が使いにくい。これもMac版で動かすと文字化けしたり、Windowsの時に使えていたものが、非常に使いにくくなったりする。

そうした理由により、主に私は、チャートを眺めるためなのだが、とにかくMacでは不可能とまではいかないが、不便であると言わざるおえない。

じゃあWindows入れちゃえば?

Windowsを動かす方法は主に二つ

  • 仮想マシンソフトを使ってOSX上で走らせる方法
  • bootCampを使って別パーティションにwindowsをインストールする方法

実際にbootCampでwindowsを使う方法は一度したことがある。

実際のところ、Parallelsの方が便利なんじゃね?的なそういう意見になりそうなものだが・・・

Parallelsのメリット

仮想化なので、文字どおりMac使いながらWindows使える

デメリットは、メモリなどのハードウェアリソースを消費するので、起動させている最中は著しくパフォーマンスが低下するということだろう。
推奨スペックが普通にWindowsを動かすときよりも高くないとダメ。

ソフト代金は8000円程度+WindowsのOS代金15000円程度

bootCampのメリット

仮想化でなく、通常のwindowsとして動作する。必要スペックは実際のWindowsマシンと同じ
ソフト代金は不要なため、OSだけ揃えれば良い。

デメリットは普通のwindowsマシンなのでMac使っている感がないWindowsマシンを普通に買ったほうが安い。また並行してOSXで作業するためにはリブートする必要があり、外部ストレージに頼る必要がある。

これは以前あげたMacのストレージ問題を解決する方法であれば、windowsも対応するのでこう言った場合も対処は可能であるが。

http://usshi-na-life.com/2016/07/19/post-1121/

仮想化ソフトは他にもあり、一番有名どころがParallelsなので今回はご紹介した。

実際のMacBook Airで動かすならbootCamp

これは、当然なのだが、パフォーマンスが原因なのであるが・・・

MacはSSDで駆動させているので、リブートやデータへの読み込みはかなり早い。

がしかし、ブラウザ(Chromのせい)は複数タブ常時起動が当たり前のユーザーとしては、いささか処理能力が足りないと感じることがある。

これはメモリーが原因とかではなく、単純にCPUの処理が追いついていないのではないかと思うのだが。(メインPCのCPU core i7 4770を利用)

この状態でWindowsを動かしたらどういう状態になるかは、容易に想像がつく。

MacBook Pro、あるいはMac mini程度の性能は必須だと感じる。

必要なもの

windowsを動かすために必要なものは、OSとParallelsの場合はソフトを購入しなければならない。

Macを購入する際に注意するべきことをここに追記しておくとするのであればwindowsを使う予定のある方は、MacBook Pro、iMac、Mac miniの購入をお勧めする。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)