2022年5月20日よりNew XPS 13 Plusがデル直販サイトで販売開始されました。

XPS 13 Plusはインテル第12世代プロセッサを搭載し、タッチパッドを廃止した全く新しいXPSでそのパフォーマンスの高さと携帯性、所有欲を満たすプレミアムデザインでPCが好きな人から絶大な評価を得ています。

この記事では、実際にPCを購入する際のスペックの決め方カスタマイズ方法を解説します。

XPS 13 Plusの選び方

動画で見る

デル直販サイトではNew XPS 13 Plus プラチナとNes XPS 13 Plusプレミアムの2種類が用意されています。

グレード

違いはCPUで、「Core i7 1260P」「Core i5 1240P」です。

New XPS 13 Plusで用意されているカラーは2色です。「プラチナシルバー」「グラファイト」。

9310(インテル第11世代搭載モデル)はプラチナシルバーとフロストホワイトだったのでカラーバリエーションに変更があったということです。

キーボード側のカラーも全モデルからは変更されており、プラチナシルバーは薄いグレーのような感じ。すでに海外では実機レビューが公開されているため、参考にすると良いかもしれません。

個人的に今回はグラファイトかなーと。

CPU

Core i7 1260P(プラチナ)Core i5 1240P(プレミアム)
Pコア(高性能コア)44
Eコア(高効率コア)88
最大動作周波数(高性能コア)4.70Ghz4.30Ghz
最大動作周波数(高効率コア)3.40Ghz3.30Ghz
キャッシュ18MB12MB
価格241,513円214,952円

New XPS 13 Plusのグレードの差はCPUの差です。

インテル第12世代のCPUの差は、主に高性能コアの最大動作周波数とキャッシュメモリの量です。

おそらく、シングルコアあたりの性能はCore i7の方が高くなりやすく、全体的なパフォーマンスもCore i7の方が伸びやすいでしょう。従来のインテルCPUよりも発熱が抑えられており、Core i5 Core i7の差が名称通りに機能すると予想できます。

ただし、従来のインテル第11世代でも一般的な事務作業などは快適にこなせますから、第12世代ではCPUのグレードの差で性能差を感じられるかは僕は懐疑的です。

とはいえ、シングルコア性能が高くなればクリエイティブタスク処理時に差が出ますから、高画素なミラーレス一眼カメラのデータをRAW現像される方や高解像な画像処理を行うクリエイターはCore i7を選ぶべきでしょう。

メモリ

メモリは16GB(4×4GB)か32GB(4×8GB)が選択可能です。が、32GBを選択すると強制的にCore i7しか選べなくなります。

Windows 11になってから起動しているだけでメモリの占有が6GB以上、これからプログラムを起動させればさらにメモリの使用量が多くなります。マルチタスクを行うのであれば32GBを選択すべきでしょう。

32GBメモリ16GBメモリ
価格259,773円241,513円

New XPS 13 Plusのグレードの差はCPUの差です。

SSD

XPS 13 Plusでは「512GB」「1TB」「2TB」の構成から選択可能です。

全てPCIe Gen4です。内部をあけてないとわかりませんが、おそらく換装は可能でしょう。

2TB1TB512GB
価格292,641円257,947円241,513円
512GBとの差額51,128円16,434円0円

 

XPS 13 Plusに搭載されているであろうSSDはおそらく業界最高クラスの品質のものだと予想できます。市場で定評のあるもので言うとSamsungの 980 Proですが、2TBモデルで4万円程度であることを考えると、2TBモデルはやや割高な印象を受けます。

XPS 13 PlusはThunderbolt 4に対応したUSB-Cポートを2系統搭載しているため、外付けのストレージを利用することでデータの保存はカバーできますから、予算的に余裕がなければ512GBのままで良いと思います。

モニター

XPS 13 Plusで選べるパネルは3種類です。

  • 液晶/フルHD+(1920×1200ドット)/500Nit/非光沢
  • OLED/3.5K(3456×2160ドット)/400Nit/反射防止
  • 液晶/UHD+(3840×2400ドット)/500Nit/反射防止
4K3.5K2K
価格276,207円276,207円241,513円
2Kとの差額34,694円34,694円0円

 

パネルについてはクリエイターは4KorOLED、ビジネス用PCとして検討されている方はベースの2Kモニターで良いでしょう。

キーボード

XPSシリーズはJIS配列とUS配列を選択可能。(写真はXPS 9310)

これは完全に好みでしょう。

おすすめの構成

ビジネスパーソン向け

仕事用でPCを検討されている方には、XPS 13 Plus プレミアの構成で買うのをお勧めします。

ビジネスワークでの利用であればメモリは16GBで足りるでしょうし、そもそものスペックやパーツ品質が高いのでこのままで問題ないでしょう。

クリエイターのサブ機orメイン機用

メモリ32GB、SSD2TBの構成。

フォトグラファーの方で解像度が欲しい人はパネルを上位にアップグレードしても良いと思います。

コスパ重視

メモリ32GBの構成。SSDは後で購入するか下記のような外付けSSDを利用して解決する。

 

デル×うっしーならいふ限定楽天ポイントがもらえちゃうキャンペーン

デルとうっしーならいふ限定で楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

PCが対象ですが購入金額の合計がそれぞれ満たせればOKです

  • 合計で8万円(税抜)以上購入で3000P
  • 合計で15万円(税抜)以上購入で7500P

詳細は下記特設ページで確認できます。

注意事項下記に該当すると対象外になります。

  • ご注文後のキャンセルや、返品
  • ブラウザの設定で、クッキーがオフとなっている場合
  • デル・アウトレット製品の購入
  • デル・プレミアページ経由でのご購入
  • Cookie(個人関連情報)の第三者提供に同意せずに購入された場合

Cookieの確認方法は下記ページで紹介しています。

関連記事

1コメント

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)