2023年版Alienware M16R1 レビュー 16型で最強クラスのゲーミングノートPC

0
1596

Alienware M16R1をメーカーからレンタルできたのでレビューします

アフィリエイト広告です。

Alienware M16R1 スペック

Alienware M16
モニター16型(2560×1600ドット)16:10 165Hz
CPUCore i9 13900HX
GPUGeForceRTX4070(140W)
メモリ16GB(8×2)
SSD1TB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約368mm×奥行き約289mm×高さ約25.4mm
無線通信規格WIFI6E(802.11ax)
バッテリー86Whr
充電タイプ330W ACアダプター
重量約3.25kg
保証1年間のプレミアムサポート

仕様、詳細ALIENWARE M16(R1)製品ページで確認できます。

特徴

Alienware M16はデルが販売するAlienwareシリーズの16型のモニターを採用したモデルです。

筐体が大きくパフォーマンスが出しやすい設計なので、せっかくゲーミングノートPCを買うなら最高を求めたい人におすすめ。

デザインの美しさは見た目だけでなく、パフォーマンスの追及もされているので特にCPU性能を重視したい人におすすめです。

RTX4070の性能について

すでにレビューしているAlienware M18と同等クラスの性能で、非常に高性能です。

おそらくパフォーマンスは16型のなかでもトップクラスでしょう。

搭載されているRTX4070は出力が140Wのものが搭載されています。

せっかくCPUの性能が高いので、RTX4080搭載モデルの購入をおすすめしたいです。

宇宙船のようなデザイン

Alienwareはレジェンドデザインと称した独特のデザインを採用しています。

冷却性能とデザイン、利便性を兼ね備えたデザインで一部ユーザーからは定評があります。

ラインアップ解説

Alienware M16(インテル)は5種類のなかから選べます。個人的にはRTX4080搭載モデルがおすすめで、ここから予算を削るのであればもう少しランクの低いDell G16を選択したほうがコスパがいいと思います。

また、Alienwareシリーズはベースモデルから自分好みのスペックのカスタマイズにも対応しているので製品ページでチェックしてみてください

Alienware M16(インテル)

公式サイトでみる

デザイン

天板側は金属素材を採用しているため高級感があります。

カラーはダークメタリックムーンという名称です。

右下にはM16の16が刻印されています。

サイズは幅約368mm×奥行き約289mm×高さ約25.4mmです。ノートPC用のサイズとしては最大級の大きさです。

底面側吸気用の大きな穴が空いています。

内部は開封しませんが、デルのPCはSSDの交換やメモリの増設が可能です。

本体の重量は実測値で2.95kg程度。

ACアダプターは330Wタイプのものが付属します。

合計で4.0kg程度なので持ち運びは考えないほうがいいでしょう。

モニター

モニターサイズは16型です。搭載パネルIPSで視野角は広いです。

解像度はQHD+(2560×1600ドット)を採用しています。画面が大きく縦に長いので、ゲームも仕事もこれ1台で快適に行えます。

色域

モニターの色域はsRGBカバー率が99.1%でした。

色再現度が高く、没入感のあるゲーム体験ができます。

価格の高さはモニタースペックも考慮するとよいでしょう。

キーボード

キーボードテンキー秘湯非搭載のJIS配列のフルサイズスケールのキーボードです。

エイリアンの形をしたボタンが電源ボタンです。

一般的なゲーミングノートPCよりもタイピングがしやすく、ゲーム、事務作業どちらにも使いやすいキーボードだと感じました。

インターフェース

左側

  • 有線LAN
  • USB-A
  • オーディオジャック

奥側

  • USB-C
  • USB-C
  • USB-A
  • HDMI
  • MiniDP
  • SDカードスロット
  • DCジャック

搭載されているUSB-Cは映像出力に対応します。

性能

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。点数が高ければ高いほど高性能とされています。

マルチコア性能は25063ptsシングルコアは2011ptsです。

Core i9 13900HXはシングルコア性能はトップクラスです。競技性の高いゲームでフレームレートを伸ばせます。

また、クリエイティブタスクにおいても、動画編集や高画素写真の補正も楽にこなせる性能があります。

3DMark Time Spy

最新の重量級ゲームタイトルを想定したベンチマークソフトで、点数が高ければ高いほど高性能とされています。

総合得点は12824点で昨年のエントリークラスのゲーミングデスクトップPCと同等のパフォーマンスです。

Alienware M16はCPUの性能が非常に高いので、RTX4080モデルであれば、競合機種よりも高性能だと思います。

AAA(超重量)級タイトルの快適性

サイバーパンク2077は超重量級ゲームタイトルです。

QHD+解像度、ウルトラ画質でベンチマーク機能を利用したところ、平均フレームレートは57.75fpsでした。

フルHD解像度のウルトラ画質プリセットでテストした結果をグラフにまとめました。

最低フレームレートは59.86fpsで常に快適な水準でプレイ可能です。

重量級ゲームタイトル

シャドウオブザトゥームレイダーはPCゲームの重量級ゲームタイトルです。

ベンチマーク機能を使ってQHD+解像度、DLSSクオリティ、高画質でフレームレートを計測しました。平均フレームレートは134fpsで非常に快適です。

フルHD解像度で同様のテストを行った結果、平均169fpで非常に快適でした。

PCの温度とファンの動作音

ファイナルファンタジー15のベンチマークソフトを標準画質に設定し30分間動作させた際のログデータをエクセルにまとめます。

CPU温度は最大が90℃以下になるようコントロールされている感じです。ゲーム中は80℃付近で安定しています。

動作周波数の平均3.5GHz程度です。

この時のフレームレートですが、おおむね140fps程度で動作していました。100fpsを下回ることはほとんどなく、安定的にパフォーマンスを発揮できています。

表面の温度

PCの表面温度はベンチマークテスト中で41.4℃でした。

筐体サイズが大きく、ユーザーの利便性を損なわない設計になっています。これであれば長時間のゲームでキーボードを利用していも問題はないでしょう。

ファンの回転音の大きさ

ゲームのプレイ中は48.4db程度です。非常にうるさい音の大きさ。

まとめ 16型で最高クラスのゲーミングノートPC

キーボードやモニターの品質はトップクラスで、ゲーム性能も非常に高いです。

所有欲を満たせるデザインも素晴らしく、買って後悔することはないでしょう。

デメリットは以下

  • パフォーマンスを優先しているので静音モードでもうるさい

パフォーマンスは競合機よりも高いのですが、その分ファンの回転音も大きくなるため不快だと感じます。

パフォーマンスをユーザー自ら制限するか、ヘッドセットなどをして気にならない環境でゲームをプレイするかを選ぶ必要があります。

Alienware M16(インテル)

公式サイトでみる

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)