ThinkPad E16 Gen 1(intel)レビュー 利便性の高い据え置き型ビジネスノートPC

0
1227

ThinkPad E16 Gem 1をメーカーからレンタルできたのでレビューします。

アフィリエイト広告です。

ThinkPad E16 Gen 1のスペック

ThinkPad E16 Gen 1
モニター16型(1920×1200ドット)16:10
CPUCore i5 1335U
GPUIris Xe Graphics
メモリ16GB(オンボード)
SSD512GB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約356mm×奥行き約247.7mm×高さ約19.9mm
無線通信規格WIFI6E(802.11ax)、Bluetooth 5.3
バッテリー47Whr
充電タイプ65W ACアダプター
重量約1.8kg
保証1年間のプレミア保証

仕様、詳細はレノボ製品ページで確認できます。

特徴

レノボのThinkPad E16は16型の大きなモニターを採用したビジネスノートPCです。

法人向けノートPCらしく、カスタマイズに対応し、モニターやバッテリーサイズの変更が可能です。

もちろん家庭用ノートPCとしても購入可能なので、据え置き型で高性能なビジネスノートPCが欲しい人におすすめ

ThinkPad E16はカスタマイズ幅と同様にラインアップも豊富であるため、自分に合ったスペックの製品を購入できます。

コストパフォーマンスが高いのはCore i5/16GBモデルですが、ご自身のニーズによってはCore i7モデルを選択してもよいと思います。

例えば、動画編集や写真補正、マルチ画面出力などを行いたい場合などです。

ThinkPad E16 Gen 1

公式サイトでみる

デザイン

PC本体は金属素材で作られています。

サイズは幅約356mm×奥行き約247.7mm×高さ約19.9mmです。一般的な15.6型のサイズで16型を実現しています。

底面側吸気用の大きな穴が空いています。カラーは黒で統一されているのでビジネスPCとして最適だと思います。

重量は実測値で1.80kg程度。

ACアダプターは65Wタイプのものが付属します。

合計で2kg程度なので持ち運びも可能です。ACアダプタについては社外性のものを利用すると携帯性が良くなると思います。

モニター

モニターサイズは16型です。搭載パネルはIPS駆動方式の液晶パネルです。

解像度はフルHD+(1920×1200ドット)を採用しています。

光の映り込みが少ないノングレアタイプなので事務作業用に最適です。

色域

モニターの色域はsRGBカバー率が60.2%。

キーボード

キーボードは4列テンキー付きでJIS配列のフルサイズスケールのキーボードです。

ビジネス仕様に特化したキーボード配列で打ちやすいキーボードを探している人におすすめです。

タッチパッドも独立型のボタンが搭載されているため操作性は非常に高いです。

インターフェース

左側

  • USB-C(3.2Gen2)
  • USB-C(USB4)
  • USB-A(3.2 Gen1)
  • HDMI 2.1
  • オーディオジャック

HDMIを4Kモニターに接続したところ、4K(3840×2160ドット)60Hzで出力できていたのでHDMIは2.1と思われます。

右側

  • USB-A
  • 有線LAN
  • セキュリティロック

性能

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。点数が高ければ高いほど高性能とされています。

マルチコア性能は8051ptsシングルコアは1746ptsです。

Core i5 1335Uとしてはまずまずの性能です。

PCMark 10

PCMARK 10はMicrosoftOfficeの互換ソフトやビデオ会議ソフト、画像編集ソフト、動画のカットなどをバッジファイルで動かしてどの程度の快適性があるかをスコアかするベンチマークテストです。

エッセンシャルがアプリの立ち上げやウェブの閲覧です、真ん中がワードやエクセル、右がコンテンツクリエイトの快適性を示すスコアです。

総合得点は5387点でビジネスワークからクリエイティブワークまで快適な水準です。

画像編集程度までならコレ一台でいけます。

バッテリーの連続動作時間

PC内部に保存されたHD画質の動画をループさせてバッテリーの連続動作時間を計測するベンチマークソフトの結果です。

100%から3%になるまでかかった時間は6時間20分でした。

16型のノートPCとしては普通くらいの連続動作時間です。持ち運びされる方はカスタマイズでバッテリー容量を増やしてもいいかもしれません。

バッテリーサイズは47Whrで一般的な16型と同じ程度か少し小さい程度です。

PCの温度とファンの動作音

Cinebench R23の10minuteテストでCPU使用率を100%にし、PCの温度を確認します。

CPUが60℃~70℃程度で波打つようなコントロールがされています。

パフォーマンスを出す、というよりはPCの熱などをコントロールするための設計なんだと思います。

表面の温度

PCの表面温度はベンチマークテスト中で38.5℃でした。

長時間使用しても問題はないと思います。

ファンの回転音の大きさ

40.2db程度です。ファンの回転音は聞こえますが、そこまで気になりません。

まとめ 宅内使用のビジネスPCが欲しいならコレ

16型の法人用ノートPCとしては価格が手ごろで購入しやすい金額に収まっていると思います。

そのうえで、拡張性の高いUSB-C(USB 4)に対応しており使い勝手が良いです。

法人の方でスペックを細かく調整して購入したい場合はもちろん、個人の方でも自宅用のPCとして検討してもいいとおもいます。

デメリットは下記

  • 金属素材+色が黒なので指紋が目立つ

といった点が気になるポイントです。

ThinkPad E16 Gen 1

公式サイトでみる

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)