ideaPad Slim 170 14型(AMD)レビュー 必要最低限のスペックのビジネスモバイルノートPC

0
1441

ideaPad Slim 170 14型(AMD)をメーカーからレンタルできたのでレビューします。

アフィリエイト広告です。

ideaPad Slim 170 14型(AMD)のスペック

ideaPad Slim 170 14型(AMD)
モニター14型(1920×1080ドット)16:9
CPURyzen 5 7520U
GPURadeon Graphics
メモリ8GB(オンボード)
SSD512GB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約325mm×奥行き約216mm×高さ約17.9mm
無線通信規格WIFI6(802.11ax)、Bluetooth 5.1
バッテリー42Whr
充電タイプ65W ACアダプター
重量約1.4kg
保証1年間の標準保証

仕様、詳細はレノボ製品ページで確認できます。

特徴

レノボのideaPad Slim 170 14型(AMD)は14型の持ち運びしやすいサイズのモニターを採用したノートPCです。

レノボらしい低価格がポイントのPCでビジネスユースに必要な性能が最低限搭載されているといったモデルです。

その分、コストカットが随所に見られるため、ビジネスシーンで使う際は注意点もあります。

現在販売されているモデルはMicrosoftOfficeが付属しているかの違いです。

ideaPad Slim 170 14型AMD

公式サイトでみる

デザイン

PC本体は樹脂素材で作られています。

サイズは幅約325mm×奥行き約216mm×高さ約17.9mmです。14型なのでカバンに入れやすいサイズです。

底面側吸気用の大きな穴が空いています。グレーで統一されています。

重量は実測値で1.38kg程度。

ACアダプターは65Wタイプのものが付属します。

合計で1.7kg程度なので持ち運びも可能です。

モニター

モニターサイズは14型です。搭載パネルはIPS駆動方式の液晶パネルです。

解像度はフルHD(1920×1080ドット)を採用しています。

光の映り込みが少ないノングレアタイプなので事務作業用に最適です。

色域

モニターの色域はsRGBカバー率が59.9%。

キーボード

キーボードはUS配列をJIS配列に変更したキーボードです。

PC本体が樹脂なので強く押し込むとたわみを感じますが、軽いタイプで打鍵する人は使えるキーボードです。

タッチパッドも「かちかち」となります。押し感はやや頼りないのでマウスも一緒に使うと思います。

インターフェース

左側

  • DCジャック
  • USB-A(2.0)
  • HDMI 2.1
  • オーディオジャック

HDMIを4Kモニターに接続したところ、4K(3840×2160ドット)60Hzで出力できていたのでHDMIは2.1と思われます。

右側

  • SDカードスロット
  • USB-A(3.2 Gen 1)

IdeaPad Slim170 14型(AMD)は搭載されているUSB-Cが USB-3.2 Gen1なので5Gbpsの転送速度まで対応します。

PC本体への充電、映像出力はできないようになっています。

性能

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。点数が高ければ高いほど高性能とされています。

マルチコア性能は4787ptsシングルコアは1105ptsです。

Ryzen 5 7520Uは2世代前の規格を使ったCPUなのでトータルパフォーマンスは最新のCPUにおよびません。

PCMark 10

PCMARK 10はMicrosoftOfficeの互換ソフトやビデオ会議ソフト、画像編集ソフト、動画のカットなどをバッジファイルで動かしてどの程度の快適性があるかをスコアかするベンチマークテストです。

エッセンシャルがアプリの立ち上げやウェブの閲覧です、真ん中がワードやエクセル、右がコンテンツクリエイトの快適性を示すスコアです。

総合得点は4163点でビジネスワークまで快適な水準です。

MicrosoftOfficeの事務作業やテレワークは一つずつのタスクを実行する分には快適です。

バッテリーの連続動作時間

PC内部に保存されたHD画質の動画をループさせてバッテリーの連続動作時間を計測するベンチマークソフトの結果です。

100%から3%になるまでかかった時間は9時間19分でした。

14型のノートPCとして、バッテリーの連続動作時間は普通です。

バッテリーサイズは42Whrで安い14型ノートPCとしては普通くらいのサイズです。

PCの温度とファンの動作音

Cinebench R23の10minuteテストでCPU使用率を100%にし、PCの温度を確認します。

10分間高い動作周波数で動作させ続けられます。

表面の温度

PCの表面温度はベンチマークテスト中で36.6℃でした。

長時間使用しても問題はないと思います。

ファンの回転音の大きさ

43.9db程度です。ファンの回転音は聞こえますが、そこまで気になりません。

まとめ ビジネス利用で最低限のスペックで低予算でPCを買うならコレ

14型というコンパクトなサイズに8時間程度は利用可能なバッテリー連続動作時間はそれだけで魅力です。

ただし、Ryzen 5 7520Uは2世代前のCPUなので、MicrosoftOfficeの利用やビジネスソフトを動作させる程度の性能に収まっている点に注意が必要です。

また、ACアダプターがかならず持ち運び必須な点やキーボードの安っぽさも個人的には気になりました。

デメリットは下記

  • メモリ8GB
  • ACアダプター必須
  • 拡張性が低い

といった点が気になるポイントです。

ideaPad Slim 170 14型AMD

公式サイトでみる

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)