【海外ドラマ】DEXTER(デクスター)に学ぶ|人に好印象を与える方法と感想

0
1696

僕は好きな海外ドラマがいくつかありますが、実生活にまで影響を与える作品は指で数えるほどしかありません。

この記事で紹介する『デクスター警察官は殺人鬼』(邦題)もまさにそのひとつであり、10代のころの僕が海外ドラマにはまるキッカケとなった作品のおもしろさを紹介したいと思います。

DEXTER(デクスター)はどんな物語?

デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]

物語のあらすじ|警察官は殺人鬼じゃなくて『鑑識』

これから見る人のためにネタバレに注意して書きますが、抵触していたらごめんなさい。

主人公であるデクスターモーガンはマイアミメトロポリス殺人課の鑑識です。邦題はわかりやすくするために『警察官』と題していますが、正確には『鑑識』であり物語を理解する上で最も重要なステータスとなります。

3歳のころに実の母親が惨殺され『サイコパス』になってしまったデクスターが義父ハリー・モーガンから教えられた「捕まらないための掟」の下、死刑になりそうな(或いは終身刑)犯罪者を自分の欲望を発散させるために殺害していくというストーリーです。

全8シーズンから構成される本作品は各シリーズにメッセージあるのでまだ見てない人は是非見てほしいと思います。

主人公デクスターが魅力あふれる『サイコパス』

デクスター シーズン4<トク選BOX> [DVD]

デクスターが鑑識の理由|捕まらないための職業

デクスターの職業が血痕分析専門の『鑑識』なのは理由があります。

現場に常にいられる職業かつ、殺害時の状況把握能力が人一倍長けてる職業はデクスターにうってつけであると同時に、自分が犯した殺害現場の証拠隠滅や、ねつ造を行うことです。

デクスターは格闘技マーシャルアーツの大会で優勝するほどの実力者で医学部を首席で卒業する文武両道

又、サイコパスの特徴として頭脳明晰であると一般的に言われていますが、デクスターは秀才であり医学部を首席で卒業したにもかかわらず血痕分析官であることをおかしく思う人もいます。

さらに、大学で行っていたマーシャルアーツの大会で優勝するなど、屈強な重犯罪者と対峙したときに負けないように常に体も鍛えています。

デクスターの人生設計は全て捕まらずに人殺しをするため

この様に、デクスターの人生設計は捕まらずに人殺しをすることに特化されたものであり、『完璧すぎる人柄』は物語に出てくるキャラクターたちからあやしまれます。その顛末を見届けるのがこの海外ドラマ『デクスター』です。

設定だけで面白そうな内容ではありますが、普通の人が求めるような明るい夢や希望を提供作品ではなく、エログロな表現もあるため視聴する方を選ぶ作品かもしれません。

ここからはサイコパスの主人公デクスターから学ぶ好印象の与え方を学ぼう!です。

デクスターはなぜ好印象を持たれる?

サイコパスだからこそ好印象を持たれなければならない理由

デクスターは人の感情がわからない、おまけに人殺しもしたい。捕まらないためには周囲に溶け込まなくてはいけない。

周囲に溶け込む→良い印象をもってもらわなくてはならない。

人との関わり合いを苦手とするデクスターはいろいろな方法で周囲に溶け込む方法をドラマ上で披露してくれます。

①職場で毎朝ドーナツを配る

いやそれ、アメリカ人だけやろ!」というツッコミもありそうですが、確かにこれは良い行動だと思いました。

毎日ドーナツをたくさん買って職場にもっていき、ひとりひとり挨拶をしながら渡します。

人には単純接触効果があるため、このドーナツ配りをすることで上司、部下関係なく信頼関係(いい人だと思われる)を構築するのにとても良い方法であるといえます。

いい人だと思われることで、デクスターは困ったときの頼み事(大抵の場合嘘ついて自分の証拠隠滅)を相手にしたりすることができます。

僕たちの実生活で証拠隠滅することはないと思いますが、誰かに頼みごとをしたり困ったときに助けてくれる人を多く作る上でとても重要だと思いました。

②他人の意見は全部肯定、否定しないのは感情がわからないから

デクスターは「俺には感情がない」と物語の終盤まで自問自答しますが、最終的にそれは違うのでは?とある人から諭されます。

それは見ていただくとして、デクスターは他人に全く興味がないので、自分にとって面倒でない場合、他人からの相談事は全てYESで答えます。

日本では「やめておいたほうがいいのでは?」という意見の方が多いため、これは学ぶべきことだと思います。他人からアドバイスや助言を求められたときに否定をしない人は僕は良い人だと思います。

特に自分が迷っているときに背中を押してくれる人の存在はありがたいもの。

「チャレンジしよう」という人に「頑張れ」といえる人の方が僕は貴重だと思います。もちろん軽々にそういえない場合もあるとは思いますが。

デクスターを見ると、全部肯定してあげると相手にとっては気持ちが良いのかもしれないと思えます。

③趣味は大事|偽りの趣味で自分を隠す

他人からの評価を考えたときに、デクスターの趣味は口外できないもの(殺人)。

デクスターは他人から「趣味は?」と聞かれたときに様々な返答ができるような趣味があります。

このドラマの舞台はフロリダ州マイアミ。

主人公のデクスターはマイアミ沖で死体処理をするために小型のボート「スライスオブライフ(人生のひとコマ号)」を1隻所有しています。当然表向きは釣りを楽しむため。

又、マイアミ警察殺人課のボウリングクラブに所属するなどアクティブな一面を他人に見せられるような趣味をもち、それをきっかけに他人と仲良くなることがあります。

アウトドアな趣味を持つことで人と仲良くなることができることをしりその重要性を僕は感じました。

④勝負に負けて試合に勝つ|優等生は喧嘩もうまい

大人の世界では暴力沙汰はご法度です。デクスターは表向き真面目で優秀な血痕分析官として署内で評判。

シーズン2で同僚のドークスに「お前が大量殺人犯ではないか?」という疑念を持たれて衝突する一幕があります。

周囲に植え付けた自分自身の評価を逆手にとってデクスターは、自分のオフィスに迫ってきたドークスにけがにならない程度に頭突きして直後オフィスを後にして署員から見えやすいフロアにでます

それをうけたドークスは頭に血が上ってデクスターに馬乗りになって殴りつけますが、これにより停職処分になりました。

目の前の消したい人(面倒な人目の上のたんこぶ)がいる場合、殺害せずに社会的に制裁を与える方法をたびたびデクスターは他人に対してとるのですがそのさまがいつも見事。

どうやったら他人からの評価が下がるのか、筋書がきちんとデクスターは見えているので邪魔ものの排除は枚挙にいとまがない。

⑤自分にとって大切な人に対してとてもやさしい人柄|女性にモテまくる主人公デクスター

デクスターは警察の鑑識で働いている設定ということもありますが、物語で2回「僕の車を使ってよ、警察まで送ってくれれば署の車を使うから」と困った女性を助けてあげます。

1度目は彼女(その後妻になる)のリタ、2度目は自分の息子のベビーシッター(友人の妹)

自分の目的達成を阻害されなければデクスターはとてもやさしい人間です。おまけにターゲットは重犯罪者だけなので普通の人特にブロンド美女にはめっぽう優しい。

デクスターは文武両道と先ほど書きましたが、なにをやるにしても計画性があり、度胸も良く、なおかつ頭も良いため困った人を助けてあげるシーンはとても多いだから女性からめちゃくちゃモテる

デクスターに出てくる女優さんはとてもきれいなので見てほしいですね。

ここからは海外ドラマデクスターの感想です。

デクスター感想

デクスター シーズン2 コンプリートBOX [DVD]

誰にオススメしたい海外ドラマか?

人にはいろいろな一面がありますが、デクスターは強烈。このドラマを見て実際にアメリカで事件になったこともあるくらいでDVDレンタル等をしない限り見る機会はないと思います。が、それほどによくできたドラマなのでぜひ見てほしいと思います。

見る人によってはかなりショッキングな映像であるため、男性の人にオススメですね。

字幕と吹き替えどちらでみるのがオススメか?

僕はどちらも視聴しました。字幕版ではもちろん俳優さん本人の声が聴けるのですが日本語訳も素晴らしかったので、日本語訳をおすすめします。

マイケル・C・ホールの日本語訳を担当するのは声優・桐本拓哉さん。

ブラッドリークーパーの訳や海外ドラマ『スーツ』の主人公ハーヴィー・スペクター訳で有名な人、声も聞き取りやすく冷静な声色、感情的な声色の差の表現が素晴らしく字幕版とトーンがかなり似ていて見やすいです。

ただ、デクスターに生まれる子供ハリソンが初めてデクスターに喋る言葉「ばいばい」が「die・die」に聞こえるなど、ブラックジョークもおもしろいのでやはりどちらも見てほしい。

悪いことし続けるには頭が良くないと無理ということを知った。

このドラマのテーマは殺人なのですが、やはり悪いことをし続けるにはそれほどの労力が必要なのだなと思いました。またシリアルキラー(連続殺人鬼)と呼ばれるためには同様の犯行が3回連続で起きる必要があるなど、原作はシーズン1でのみ踏襲されているようで、シーズン2以降はオリジナルということですが、破綻があまりないストーリーで完成度はとても高いので又見てない方は是非見てください。

DEXTER(デクスター)を無料で視聴する方法

FOD(フジテレビオンデマンド)で見放題|Yahooアカウントで登録すると1ヶ月(31日間)無料

作品の内容があれなので(米本国ではR-15指定)、なかなか見放題サービスに上がってこないと思っていたら、フジテレビオンデマンドで全話一挙特集をやっていました。

現在FODでは31日間無料視聴可能というキャンペーンを行っています。

コードブルーや古畑任三郎など、日本の有名ドラマ(フジテレビ系)も独占配信していますので、デクスターが気になる方は是非登録してみてください。

Yahoo!アカウントをお持ちの方はYahooウォレットにクレジットカードを登録していれば簡単に登録することができます。

僕はヤフープレミアム会員で登録していたので即FODに登録しました。また、無料でない場合も1ヶ月800円で見放題とデクスターを視聴するだけであれば大変お得に見ることが切るようになっています。

詳細は下のリンクから

公式ページ

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)