モバイルバッテリー容量のおすすめはどれくらいなのか。

0
55

電子機器が増えるにつれて、モバイルバッテリーの存在感が日に日に大きくなっています。

特に、スマートフォンは電子決済などの普及により財布の代わりになり、生活のライフラインといっても過言ではありません。

何を隠そう僕も、QRコード決済をメインで利用しており、スマートフォンが使えない=お金が支払えない、といった事態に陥る。

このほか、ゲーム機器やヘッドフォン加熱式タバコなど、今後もデジタルなものが増えていく中で最適な容量のモバイルバッテリーは必携。

実際にモバイルバッテリーはどれくらいの容量を購入するのがベストなのか僕の独断と偏見で記載していこうと思います。

モバイルバッテリーが実際に充電できる容量は表記の7割程度

まず、これを覚えておくと自分に必要なモバイルバッテリーの容量のものを探しやすいです。

モバイルバッテリー、リチウムイオンバッテリーは電圧変換する際に”無駄”が生じるため実際は記載されている容量の6割~7割程度とされています。

つまり、10000mAhのモバイルバッテリーが実際に機器に充電できるのは7000mAh程度ということです。

7掛けはメーカーによって異なる
実際に7掛けでバッテリー容量を算出するのは目安です。

高効率で電圧変換できるものだけであり、メーカー、製品によって6掛けになることもあります。 信頼できるメーカーのものを購入するのがいいでしょう。

各機器の充電回数の目安

10000mAhを基準として計算してみます。例としてスマートフォンの場合下記の通り。

スマートフォンの充電回数目安
スマホのバッテリー容量×7000mAhで計算

スマートフォンを充電する場合の目安

さて、スマートフォンを充電する場合ですが、これはメーカーがスマートフォン本体のバッテリー容量を公開してくれているのでおすすめしやすいです。

iPhoneの場合

iPhoneのバッテリー容量は、日本国内では公表されていませんが、中国では、政府の認可を取るためにAppleが中国政府に提出した情報が公開されています。

10000mAhを利用した際のiPhoneの充電可能回数
機種iPhone XS MAXiPhone XSiPhone XRiPhone 8 PlusiPhone 8
バッテリー容量3174mAh2658mAh2942mAh2691mAh1821mAh
充電可能回数約2.2回約2.6回約2.3回約2.6回約3.8回

各iPhoneのバッテリー充電回数は上記になります。

Androidの場合

最新のAndroid端末の場合3000mAh~4000mAhの大容量バッテリーを搭載していることが多いです。

10000mAhを利用した際のiPhoneの充電可能回数
機種Xperia1Galaxy S10Pixel 3Pixel 3aHuawei P30
バッテリー容量3200mAh3300mAh2915mAh3000mAh3650mAh
充電可能回数約2.1回約2.1回約2.4回約2.3回約1.9回

 

Wi-Fiルーターの充電回数目安

使い放題のWiMAXなどが提供するWi-Fiルーターの充電可能回数は下記のとおりです

10000mAhを利用した際のWi-Fiルーターの充電可能回数
機種W06WX05W05D1801HW
サービスWiMAXWiMAXWiMAXどんなときもWi-FiYmobile
メーカーHUAWEINECHUAWEIuCloudlinkHUAWEI
バッテリー容量3000mAh3200mAh2750mAh3500mAh3000mAh
充電可能回数約2.3回約2.1回約2.5回約2.0回約2.3回

Wi-Fiルーターもスマートフォン同様、3000mAhクラスの大容量バッテリーを搭載していることが多いです。

Nintendo Switch

任天堂SwitchはPD充電に対応し、モバイルバッテリーで機器への充電が可能です。

任天堂公式サイトに公開されていた情報は下記のとおりです。

10000mAhを利用した際の任天堂Switchの充電可能回数
機種Nintendo Switch本体Joy-ConNintendo Switch Proコントローラー
バッテリー容量4310mAh525mAh1300mAh
充電可能回数約1.4回約13.3回約5.3回

任天堂Switchを充電したい方は【任天堂公式ライセンス】取得済みの下記製品がおすすめです。レビュー記事は下記に記載しました。

ミラーレス一眼カメラの充電の目安

ミラーレスカメラに関しては、USB接続の充電中写真撮影ができない。ということもあり、予備のバッテリーを携帯している人が多いと思います。

予備バッテリーは専用の充電器を利用することで、効率的に充電が可能です。

ミラーレスカメラ用のバッテリー容量

各メーカーが公表しているミラーレスカメラ用のバッテリー容量で計算した結果は下記のとおりです。

10000mAhを利用した際のカメラ用バッテリーの充電回数
機種NP-FZ100NP-FW50LP-E6NEN-EL15bDMW-BLF19
メーカーソニーソニーキヤノンニコンパナソニック
対応カメラα7Ⅲなどα7ⅡなどEOS RなどZ7などGH-5Sなど
バッテリー容量2280mAh1020mAh1865mAh1900mAh1860mAh
充電可能回数約3.0回約6.8回約3.7回約3.6回約3.7回

フルサイズ機に搭載されるバッテリーは2000mAhのものが多く、10000mAhのモバイルバッテリーで3回程度充電可能です。

動画の撮影などを頻繁に行う撮影者の人ならば、専用の充電器+モバイルバッテリーの組み合わせが望ましいでしょう。

翻訳機

海外旅行などで活躍する翻訳機が最近話題です。

各メーカーが公表しているミラーレスカメラ用のバッテリー容量で計算した結果は下記のとおりです。

10000mAhを利用した際の翻訳機の充電回数
機種ポケトークWポケトーク
メーカーソースネクストソースネクスト
バッテリー容量2200mAh2000mAh
充電可能回数約3.1回約3.5回

公表されているのが、ソースネクストが発売するポケトークWとポケトークのみでした。

富士通の『arrows hello AT01』も恐らく2000mAh付近だと思われるので、約3回ほど充電が可能。

用途別モバイルバッテリーのおすすめ

さっと数字だけ見て僕が感じたのは、1日だけ使うのであれば、10000mAhの容量があれば1日使うだけなら問題がなさそうだということ。

とはいえ、ミラーレスカメラやWi-Fiルーターなど、スマートフォンについで利用時間が伸びそうな大容量のバッテリーを搭載している機器も同時に使おうと思ったらやや心もとないと思われます。

通勤通学におすすめのモバイルバッテリーの容量は10000mAh

とにかく荷物を減らしたい、だけどバッテリー切れは困るという方にお勧めなのが、Anker が発売するAnker PowerCore 10000で、非常に軽く使い勝手が良いです。

充電可能回数の目安
  • スマートフォン→2回以上
  • Wi-Fiルーター→2回以上
  • ゲーム機→1回以上
  • デジカメ→3回以上
  • 翻訳機→3回以上

 

大容量の接続機器が多くて困っている方は大容量モバイルバッテリー

「10000mAhでは足りない、もっとパワーを」と考えている人には、AnkerのAnker PowerCore Speed 20000 PDがおすすめです。

高出力のモバイルバッテリーなので接続機器を選ばず、充電が可能。

USB-PD対応の充電器も付属するため、非常にお得です。

充電可能回数の目安
  • スマートフォン→4回以上
  • Wi-Fiルーター→4回以上
  • ゲーム機→3回以上
  • デジカメ→6回以上
  • 翻訳機→6回以上

出張、旅行が多い方におすすめの超大容量モバイルバッテリー

出張や長期の旅行で電池切れの不安から解放してくれるのが20000mAhを超える超大容量モバイルバッテリー『Anker Power Core+26800mAh PD』です。

USB PowerDeliveryに対応した超大容量モバイルバッテリーでして、スマートフォンを6回以上充電可能。

モバイルバッテリー本体の充電時間も大幅に短縮でき、絶対的な安心感のあるモバイルバッテリーです。

また、ほかの機器にも使えるACアダプターが付属してくるため非常にお得です。

充電可能回数の目安
  • スマートフォン→6回以上
  • Wi-Fiルーター→6回以上
  • ゲーム機→4回以上
  • デジカメ→12回以上
  • 翻訳機→12回以上

下記記事では実際に購入してみた感想と検証を記載しているため気になる方は是非ご覧ください。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)