【任天堂公式ライセンス】付きバッテリーAnker PowerCore 20100 Nintendo Switch Editionレビュー

0
36

Ankerが発売する【任天堂公式ライセンス】を取得したモバイルバッテリー『Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition』は、20100mAhの超大容量モバイルバッテリーで、USB PDに対応しているため、任天堂Switchも含め、大容量のバッテリーを搭載する電子機器の充電に役立ちます。

Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Editionの特徴

任天堂公式ライセンス商品

任天堂ライセンスは、任天堂製品との適合性が確認された製品。加えて玩具安全基準などの一般的な安全基準を満たす水準を確認している製品に対して付与されるライセンス。

Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Editionは上記のライセンス商品です。

20100mAhの超大容量モバイルバッテリー

20100mAhは例えばiPhone XSで言えば、約5回ほどフル充電可能です。Nintendo Swichでいえば、2回と半分。

Switch本体とこのモバイルバッテリーを持ち運べば、丸一日は外で遊べるでしょう。

なお、充電回数の目安の詳細は下記記事で説明しているのでモバイルバッテリーの選び方がわからない方は参考にしてください。

USB PD対応

USB PDパワーデリバリーは、通常のモバイルバッテリーと比べ高出力であるため、Switch本体やタブレットなど大きなモバイルバッテリーを搭載している機器の充電が可能。

上記のような特性を持ち、ゲーム機だけでなく、PCやスマートフォンの利用にも最適。

付属物・ポーチ

Anker PowerCore+ 26800mAh PDを購入すると下記が同梱されています。

  • Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition本体
  • USB-C&USB-Cケーブル
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書
  • 保証書

通常のAnker製品のトラベルポーチとの違い

スエード布地で高級感があります。

また、見た目だけでなく、子どもが使っても落っことさないよう、ワンアクションでしっかりと封ができます。

通常のトラベルポーチは、留め具を操作する手間があり、携帯する際の向きによってはリチウムイオン電池を落としてしまいかねないのでこういう工夫は大切。

よく考えられたトラベルポーチだと思います。

外観・サイズ

Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Editionは、通常のAnker製品と違い、モバイルバッテリーのAnkerロゴは控えめで中央にSwitchのマークが目立つようになっています。

前述のとおり、”モバイルバッテリー”ですから、Nintendo Switchにしか使えないということはありません。

もし、子どもに持たせるなら、”Switch専用”だとはっきりわかるので、普段自分が使っているモバイルバッテリーを使われてしまうということもなくなるかもしれません。

接続先が2つしかないのはシンプルでわかりやすい

ポートはシンプルに2ポートというのが素晴らしい。

基本的に、Switch本体との接続はUSB Type-Cで行います。挿し口が二つしかなければ迷うことなくUSB PDの挿し口にケーブルを差し込めるのでお子さんが使うのには最適だと思います。

サイズ

大容量のモバイルバッテリーですが、スマホ1.5台分ですので、持ち運びは簡単です。

重量は実測値で370gでした。20000mAhを超えるモバイルバッテリーの中では軽量です。

出力の確認

iPhoneとスマートフォン2台同時に充電してみました。この時の出力は20W程度。

どちらも規定値付近で安定しています。

任天堂Switch本体を充電するのに必要な電力量

任天堂公式サイトによると、Switch本体のバッテリー定格情報によると16Whとのことなので、15Wも出力が出ていれば、モバイルバッテリーを接続した状態でSwitchをプレイし続けられます。

今回の検証では、Switch本体を充電していないため正確なデータではありませんが、Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch EditionならSwitchをプレイしながら充電することも可能でしょう。

他社のモバイルバッテリーとの違い

他社機との比較
製品名Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch EditionRAVPower RP-PB159
最大出力24W45W
容量20100mAh20100mAh
サイズ168×62×22mm160×78.5×23mm
重量360g400g

競合他社RAV Powerの売れ筋モデルと比較した表が上記です。

総合的なコストパフォーマンスはRAV Powerのほうが良いと思います。

ちなみにNitendo Switchは、7.5W出力のモバイルバッテリーでも充電可能なため、出先で友達をプレイするのであれば、PD対応でなくとも問題はありません。

評価とまとめ

やや高い印象はありますが、Switch専用で子どもに持たせるモバイルバッテリーとしては、シンプルかつ軽量で優秀だと思います。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)