デルの人気シリーズInspironのなかでコストパフォーマンスが最も高いノートPCは個人的に、17.3型のInspiron 17 3000だと思っていて、低価格ながら最新のインテルCPUを搭載しつつ16GBのメモリを採用しています。

デザインは、13.3型のInspiron 13よりもやや不格好な印象を持ちますが家で使うためのノートPCとして最適だと思います。

メーカーから検証機をお借りしたので検証結果と僕の感想を記載いたします。

Inspiron 17 3000(3793)の特徴

ODD(DVDドライブ)標準搭載

もうすっかり、出番の少なくなった光学ドライブですが、業務用のソフトウェアや行政で使われるソフトはDVDドライブで配布されていることが多く、「普段は使わないけれどないと困る」という人のためのDVDドライブが標準で搭載されています。

家で使うためのスタンダードノートPCの購入を検討されている方には非常におすすめできるモデルですね。

専用のグラフィックスチップ搭載で簡単な画像編集も楽々

Inspiron 17 (3791)は専用のグラフィックスチップ GeForce MX230を搭載しています。重量級のゲームを動かすためではなく、画像編集や簡単な動画編集に使える性能です。

また、第10世代のインテルCoreプロセッサを搭載しているため、MicrosoftOffice系のソフトも快適に動作します。

搭載CPU
  • Core i5 1035G1
  • Core i7 1035G7

パソコンの性能はノートPCの中でも高めに位置しますので、10万円前後で検討されている方には良い選択肢ではないでしょうか。

16GBメモリ選択可能

Inspiron 13Inspiron 14では選択できなかった16GBメモリを選択可能です。最近ではWindows 10の機能が豊富になったことやウェブブラウザでできることが多くなり便利になった反面、メモリが8GBだとやや心もとないシーンも増えてきました。

また、画像編集やちょっとした動画の編集を行いたい方にとってメモリ8GBでは少ないので、16GBメモリを選択可能なのは非常にありがたいポイントです。

検証機のスペック

Inspiron 17 3000(3793)プラチナモデル
モニター17.3型(1920×1080ドット)
CPUCore i7-1035G7
dGPUNvidia GeForce MX230
メモリ16GB(8GB×2)
SSD512GB
インターフェースSDカードリーダー/光学ドライブ/オーディオジャック/USB 2.0×1/USB 3.1×2/USB-C※/DCジャック、HDMI×1/セキュリティロック
フロントカメラ720p HDカメラ
ワイヤレス機能802.11ac 1×1 Wi-Fi & Bluetooth
サイズ415.4×279.2×25.0mm
重量約2.79kg
保証購入時から1年間引き取り修理

※USB-Cはグラフィック搭載型番のみ

市場で販売されるノートPCよりもややスペックの高いモデルを検証機としてお借りしました。

DELL Inspiron 17 3000(3793)

公式サイトで確認

Inspiron 17 3000(3793)プラチナモデルの性能

Cinebench R20

CPUのレンダリングスピードを計測するCinebench R20では、1224ptsでした。

他のモデルと比較してもマルチコアパフォーマンスは低めです。インテルCPUは冷却システムにパフォーマンスが依存するため、性能を発揮するためにはノートPC用のクーラーやスタンドがあるとよいと思います。

FF14

PCのグラフィックス性能を評価するためにファイナルファンタジー14を起動しました。軽量のゲームタイトルでして、MX230ならこの程度のゲームは動かせます。

画像処理や簡単な動画編集に使えるパフォーマンスはあると思います。快適性を突き詰めるならば、GTX10xxシリーズを搭載した上位デルGシリーズを検討するのが良いと思います。

なお、この際のPCの表面温度で最も熱い箇所は42.5℃でした。作業には支障がありません。キーボード側でも熱い部位は40℃程度ですので、作業中に「熱い」と感じることはないでしょう。

ファンの駆動音は46.1db。17.3型の大きめの筐体ですが、モバイルノートPC並みの静かさです。

オフィスや静かな場所での利用では気になる大きさですが自室で使うのであれば問題ないでしょう。

PCMARK10

パソコンの総合性能を評価するベンチマークソフト「PCMARK10」では、Officeソフトの使用やウェブの閲覧は全く問題ない高水準でした。

コンテンツクリエイトもこなせる程度の性能です。

Inspiron 17  3000(3793)プラチナモデルの性能まとめ

17型モデルとして納得の性能でOfficeソフトなどの一般的な作業から簡単なゲームのプレイ、画像編集など幅広い用途に対応可能です。

価格も税込み10万前後なのでコストパフォーマンスもよいPCだと思います。

デザインや外観について

Inspiron 17はシルバーとブラックの2色展開で非常にオーソドックスなカラーです。

カラーは購入時に選択する方式です。

PC本体は樹脂素材でできており、サラサラとした手触りです。CMやドラマで見るような、デル製のノートPCといった感じで、シンプルで良いと思います。

17.3型ということもあってスマートフォンと比較すると大きい印象を受けます。

底面です。ゴム足が4か所に配置されており、吸気口は小さめ。比較的取り外しやすい構造だと思います。

Inspiron 17 3793の重量
本体2.596kg
本体+AC2.924kg

17.3型のモデルとしては一般的な重量で、持運びは難しいですが、宅内移動は可能ですので比較的作業スペースを確保でき、大画面で操作しやすい人におすすめですね。

液晶モニターについて

Inspiron 17 3(793)はノングレアタイプの液晶パネルを採用しておりまして、反射が少ないため一般作業に適したモニターです。

一方で最近スタンダードになりつつあるナローベゼル(狭額縁)ではなく、スタイリッシュさには欠ける印象です。

色域・トーンカーブ

キャリブレーションツールによるガンマカーブの測定結果です。青が強く、実際に肉眼でも青白い印象を受けました。

Inspiron 17 3793の色域
sRGBカバー率93.4%

 

若干の色の”クセ”はあるものの、作業用モニターとしては広い色域を持つモニターでした。ウェブコンテンツ作成用のノートPCとしてはアリ。

キーボード・タッチパッドについて

フルサイズスケールのテンキー付きキーボードです。

べたべた触った後に撮影したのですが、皮脂や指紋が目立たないよう、カーボン調の加工が施されています。高級感のあるデザインでとても良い。

キートップは黒色。文字は白色で印字されています。シンプルで飽きの来ない配色だと思います。

キーストロークは1.5mm程度で浅めで打鍵時にバチバチと軽めの打鍵音が鳴ります。打鍵感は良好で使いやすいと思います。

17.3型にしては小柄なタッチパッドでボタンは一体型でした。マウスがあったほうがいいと思います。

インターフェース

左側面

  • DCジャック
  • USB-C
  • HDMI
  • LANポート
  • USB-A(3.1Gen1)×2

右側面

  • SDカードスロット
  • USB-A(2.0)
  • DVDドライブ
  • セキュリティロック

Inspiron 17は17.3型だけに拡張性が高く、USBポートを3つそして映像出力を2つ備えています。

SDカードスロットとDVDドライブを2つ装備しているノートPCは昨今では少ないため、レアな構成のノートPCといえるかもしれません。

デル Inspiron 17 3793の評価とまとめ

良い点

  • 低価格+ハイパフォーマンス
  • 液晶パネルの品質高め
  • 飽きの来ないデザイン

気になる点

  • 筐体が大きい
  • ナローベゼルじゃない

一家に一台!に最適な17.3型のスタンダードノートPC

デルのInspiron シリーズはパフォーマンスにばらつきがみられ品質評価をしづらいのですが、こと、Inspiron 17 3793に関しては、全体的にバランスが良く、そのうえで価格が安いことを考えると非常にコストパフォーマンスが高い17.3型のノートPCといえます。

ただし、デザインが従来から大きく進化していない点が少し残念な点。PCを使う上では全く関係のない視点なので、無視できる点です。

個人的には17.3型のスタンダードノートPCを検討している人にとっての選択肢の一つとしてありだとおもいます。

DELL Inspiron 17 3000(3793)

公式サイトで確認

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)