Dell Inspiron 14 5430(インテル) レビュー 実はデルで一番人気の14型ノートPC

0
2336

貸出提供 デル・テクノロジーズ株式会社 アフィリエイト広告

デルから発売されている、人気ノートPC Inspiron 14 5430を借りられたのでレビューします。

結論として、低価格で拡張性の高い高性能ノートPCを検討している人におすすめのノートPCです。

Dell Inspiron 14 5430のスペック

Inspiron 14 5430
モニター14型(1920×1200ドット)
CPUCore i5 1335U
iGPUIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB(LPDDR5)
SSD512GB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約314mm×奥行き約226mm×高さ約16mm
無線通信規格WIFI6E(802.11ax)、Bluetooth 5.3
バッテリー54Whr
充電タイプ65W ACアダプター
重量約1.53kg
保証標準保証

仕様詳細はInspiron 14(5430) 製品ページで確認できます。

特徴

Inspiron 14 5430は低価格モデルながら超高速データ転送が可能なUSB-C (Thunderbolt 4)を1つ搭載している点が非常に魅力的なノートPCです。

また、メモリ16GBを搭載したモデルが10万円以下という低価格で購入できるという点が市場の中でも群を抜いてお得であることから、デルの売れ筋ランキングでは常に上位を獲得しています。

セール時には7万円台で16GBモデルが購入できるようになるので、日ごろからデルのセール情報をチェックすることをお勧めします。

USB-C(Thunderbolt 4)搭載

Inspiron 14 5430はUSB-C (Thunderbolt 4)を左側に1ポート搭載しています。

Thunderbolt 4に対応したUSB-Cはモニターの映像出力枚数や、外付けストレージのデイジーチェーンに対応するなど、拡張性が非常に高く、家でも外でもノートPCを最大限活用したいユーザーにとって必携のインターフェースです。

一般的に10万円以上のモデルに搭載されていることが多いのですが、Insipiron 14 5430は低価格モデルながらUSB-C(Thunderbolt 4)に対応します。

低音に優れたスピーカーシステム搭載

Inspiron 14に搭載されているスピーカーは合計5Wの出力を持っています。

一般的なノートPCでは底面側にスピーカーを設置し、音がつぶれてしまいますが、Inspironはキーボード側に設置することでサラウンドを表現可能なスピーカーシステムとなっています。

低価格モデルの中での音質はトップクラスの音質なのでPCで音楽再生を楽しみたい方にもおすすめです。

価格と選び方

事務作業用として利用するなら8GBモデルでもよいのですが、セール時には16GBとSSD512GBを搭載したモデルが7万円台で購入できるので、真ん中のモデルがおすすめです。

デザイン

本体はアルミ素材が使われており、高級感があります。

カラーはシルバーです。清潔感のあるPCを探している人におすすめ。

底面側も同様のカラーでまとまっています。

サイズは幅約314mm×奥行き約226mmです。A4ノートよりも少し大きなサイズです。

重量は実測値で1.49kg程度。

ACアダプターは65Wタイプのものが付属します。重量は333g程度です。USB-C充電器で65Wのものがあればそちらでも充電できます。

モニター

モニターサイズは14型です。

縦横、アスペクト比が16:10の構成なので、専用のモニターがいらないくらい見やすい大きさです。

色域

モニターの色域はsRGBカバー率が63.4%でした。

モニターのクオリティは低いです。

キーボード

キーボードはUS配列を日本語にしたものです。キーピッチは約19mmのフルサイズスケールキーボードを採用しています。

日本で発売されるモデルについてはエンターキーが大きめに作られているなど、昨年のモデルから変更が加えられています。

アルミ筐体を採用しているため、しっかりと反発も感じられうち心地はよいと思います。

タッチパッドは非常に広く操作性は高いと思います。

インターフェース

左側

  • DCジャック
  • HDMI
  • USB-A
  • USB-C(Thunderbolt 4)

右側

  • SDカードスロット
  • USB-A
  • オーディオジャック

インターフェースは一般的なノートPCとして必要なものを備えています。

別途必要な場合は、USB-Cハブなどを購入するとよいでしょう。

性能

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。点数が高ければ高いほど高性能とされています。

マルチコア性能は7907ptssシングルコアは1626ptsです。

マルチコア性能はAMDのプロセッサよりは不利です。

シングルコア性能は有利なので事務作業などはきびきびと動作すると思います。

PCMark 10

PCMARK 10はMicrosoftOfficeの互換ソフトやビデオ会議ソフト、画像編集ソフト、動画のカットなどをバッジファイルで動かしてどの程度の快適性があるかをスコアかするベンチマークテストです。

エッセンシャルがアプリの立ち上げやウェブの閲覧です、真ん中がワードやエクセル、右がコンテンツクリエイトの快適性を示すスコアです。

総合得点は5000点以上なのでまずまずといった結果です。

ウェブの閲覧や、MicrosoftOfficeの利用は全く問題ないと思います。画像の編集も快適に行えるレベルだと思います。

バッテリーの連続動作時間

PC内部に保存されたHD画質の動画をバッテリーが切れるまでループさせるテストです

結果は100%から%になるまでに8時間50分でした。AMDのCPUを搭載しているモデルと比較すると大幅に連続動作時間が短くなっています。

バッテリーレポートではAMDのCPUを搭載したInspiron 14 5435と同じバッテリーサイズであることがわかっています。

PCの温度とファンの動作音

Cinebench R23の10minuteテストでCPU温度と動作周波数を確認してみました。

静音モード試したところでCPU温度は最大が64度程度で安定動作するようにコントールされています。

動作周波数が1.8Ghz程度で動作します。

表面の温度

PCの表面温度はベンチマークテスト中で36.4℃でした。

高パフォーマンスモードの場合はもっと上がる場合があるので注意しましょう。

ファンの回転音の大きさ

静音モード時は41.6dbほどと比較的静かな音の大きさで動作します。

まとめ 低価格でUSB-C(Thunderbolt 4)を搭載したモデルが欲しいならコレ

Inspiron 14 5430はスペック比較するとコストパフォーマンス上位に位置するノートPCです。

USB-C Thunderbolt 4とインテル第13世代CPUも併せて搭載しているモデルというくくりであればコスパ最高クラスでしょう。

学生やビジネスパーソンの方で、携帯性を犠牲にしてでも拡張性の高さ各種パーツのスペックの高さを重視したい人におすすめのノートPCです。

デメリットは下記

  • キーボードの配列
  • DCジャックが垂直
  • 14型としては重め
  • バッテリーの連続動作時間がAMDモデルよりも短い

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)