ホーム液晶モニターの選び方DELL S2421Hレビュー 2万円で買える23.8型の作業用モニター

DELL S2421Hレビュー 2万円で買える23.8型の作業用モニター

デルが販売する23.8型のモニターDell S2421HはフルHDの解像度を持つモニターで作業用に最適なサイズだ。今では標準的なインターフェースのHDMIと接続してモニターに映像出力が行える。

このモニターはセール時に2万円以下で購入できる製品なため、市場では人気度が高い。

今回、メーカーより試用機をレンタルできたので検証結果や使い勝手を紹介していく。

スペック

DELL S2421H主要スペック表
モニターサイズ23.8型
解像度1920×1080ドット
アスペクト比16:9
パネルタイプIPS
輝度250cd/㎡
本体寸法(幅×奥行き×高さ,cm)53.78×15.28×41.28
VESAVESA 100対応
電源内蔵型
保証先出し交換サービス・限定ハードウェア保証

特徴

23.8型で小さな机にも設置しやすい

S2421Hに搭載されているパネルは23.8型。細く狭いベゼルがより一層コンパクトにまとまっている感を演出してくれる。隣にあるXPS 13は13.4型のモバイルノートPCで合わせて使うのにちょうど良いサイズのような気がする。

また、撮影している机は90cmほどだが、23.8型であればノートPCとモニターを並べておいて過不足なく収まるサイズ。

大きな机がなくともS2421Hであれば設置しやすいだろう。

視野角の広いIPSパネルを搭載し作業用に最適

搭載されているパネルはIPSで視野角は。キャリブレーションツールで計測したところ、中央と端に輝度ムラが確認できた。最大輝度は250cd表記で、実測値では白色点の最大輝度は230nitほどだった。

人気のモバイルノートPCなどでも明るさが300cdを超えるものもあるため、S2421Hは低価格で販売されてるノートPC、スタンダードノートPCと合わせて使うと違和感が少なく利用可能だと思われる。

また、3W出力のスピーカーも搭載されており、HDMI接続を行えばPCの音声をモニターのスピーカーから出力も可能だ。

デル公式ページで2万円以下で購入可能

S2421Hは安い価格が魅力で、デル公式ページで大きなセールが開催されている2万円以下で購入可能。標準的な作業を行う上では必要にして十分なモニター性能かつ、カラーはシルバーで高級ノートPCとの相性も良いので低価格なモニターを検討されている方はぜひチェックしてほしい。

デザイン・付属物・組立

デザイン

S2421Hはオーソドックスな23.8型のモニターといった感じのデザインでありつつも、ナローベゼルデザインを採用している。

低価格ながらスタイリッシュな印象だ。

背面の写真。台座やスタンド部はシルバーで背面は白。

このスタンドについては、ティルトには対応しているが、スイベル(首振り)やピボット(画面回転)には非対応。

付属品について

製品は購入するとモニター本体他、

  • アーム
  • 台座
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • 背面パネル

が付属してくる。

組立

台座の裏は手回し可能なネジがついているのでアーム部とくっつけてネジを回すだけでスタンド部ができる。

モニター裏に組み立てた台座を差し込むだけで完成なのでかなり楽に組立が可能だ。

パネルについて

搭載されているパネルをキャリブレーションツールで測定したところ、白色点輝度の最大は230nitほどだった。

デルの人気ノートPCInspironシリーズと合わせるのにちょうど良い明るさだと感じる。

逆に、XPSシリーズなど明るいパネルを採用しているモニターと比較するとS2421Hの方が暗いといった逆転現象が起きるため、安いノートPCと合わせて使うのに最適だ。

色域

ウェブコンテンツの基準となるsRGBカバー率は90.8%だった。

やはりクリエイティブワーク向けというよりはビジネスユースに適しているモニターだと思う。

DELL S2421Hの評価とまとめ

良い点

  • ナローベゼルデザイン採用で安っぽさはない
  • IPSパネル採用で視野角が広め
  • VESA対応でモニターアームも利用可能
  • 2万円以下と低価格で購入可能

気になる点

  • 輝度ムラがちょい強め
  • 最大輝度は230nitほど
  • インターフェースは最低限

省スペースで専用モニターを使いたい人に検討してほしいモニター

輝度ムラがあったり、最大輝度が公称値に及ばない(計測方法によるものかもしれない)など製品クオリティは低価格モニターそのもので、絶賛できるほどのクオリティはないが、2万円以下と低価格で購入可能ということでデルの格安ノートPC群とセットで利用するのに最適だ。

また、こうしたデメリットが無視できる事務作業などのデスクワークをしている人にとっては、おすすめ、と言える。

インターフェースはHDMIのみとDPやUSB-Cに対応していないため、15.6型のスタンダードノートPCや14型のノートPCとセットで使ってほしい。

うっしー
うっしーhttps://usshi-na-life.com
静岡県出身。2014年にブログ「うっしーならいふ」を開設。 元家電量販店スタッの経験を活かし、PCのわかりやすい製品紹介記事を多数執筆。 2017年に「ウチヤマチカラ/うっしーならいふ」チャンネルとしてYouTubeでの活動も開始し、2022年11月現在でチャンネル登録者数は2万人を越える。
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Most Popular

Recent Comments

新潟ってそこそこ都会だよな JR新潟駅高架化工事完成へ [228348493] | 2ndMedia on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ
新潟県って何地方なの? on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ
いしづか on m-Book U400Sレビュー
いしづか on m-Book U400Sレビュー
【オワコン新潟】今すぐNGT48を解散し北陸の雄都・金沢にKRB48を設立すべし!【時代は金沢】 | 2chまとめサイト on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ