ホーム液晶モニターの選び方DELL S3221QS レビュー 31.5型の4Kモニター

DELL S3221QS レビュー 31.5型の4Kモニター

デル・テクノロジーズ株式会社が販売するS3221QSは4K解像度と1800Rの湾曲率がある4Kモニターだ。色鮮やかなVAパネルを搭載し、USB-HUBの機能も標準搭載。

今回、メーカーから1台レンタルできたので使い勝手やモニターパフォーマンスを評価していく。

スペック

DELL S3221QS主要スペック表
モニターサイズ31.5型
解像度3840×2160ドット
アスペクト比16:9
パネルタイプVA
輝度300cd/㎡
本体寸法(幅×奥行き×高さ,cm)70.92×20.7×44.81
VESAVESA 100対応
電源内蔵型

 

そのほか、スイベル、ピボットなどモニター位置調整機能が付帯。詳細はメーカーページ、Amazon販売ページから確認可能。

特徴

1800Rの湾曲モニター、PCモニターを1枚にしたい人におすすめ

S3221QSは湾曲するモニターで、そのカーブは1800R。31.5型の湾曲モニターとしては標準的なカーブで急すぎず、緩すぎず。

湾曲モニターについては、各個人でさまざまな意見があるだろう。筆者は2500R程度であれば作業、クリエイティブどちらにも快適に行えるだろうという予想からDELL U4021QWを購入し使っている。

S3221QSをもしメインで利用するなら1枚が理想だろう。一般的なデュアルモニター以上で構成する場合、湾曲モニターを中央に配置し、フラットに使えるモニターを左右に設置というのが利用だが、視聴距離が伸び、視線移動が大変なのでこのモニターを利用するなら1枚がおすすめだ。

HUB機能を搭載

S3221QSは背面にUSB-Aのポートが2つ搭載されている。このポートを利用するには付属のUSB-A to USB-BケーブルをモニターとPC間で接続する。そうするとPC側からモニターをHUBとして利用できるというもの。

USB-Aのポートが1つしかついていないモデルでもモニターやキーボードを接続し作業効率を高めることができる。

価格は5万円台

価格はデルの公式直販サイトのクーポン適用時で5.3万円ほどと高めに設定されている。おそらく湾曲しているパネルを使ったコスト高によるもの。デルでは31.5型にこだわらなければ4Kモニターは買えるので、S3221QSは大きさと湾曲率に魅力を感じている人におすすめだ。

デザイン・付属物について

DELL S3221QSは31.5型。筆者が撮影スペースとして利用している机は90cm幅なので狭く感じた。(ノートPCが机からはみ出している)

つまり、それくらいモニターが大きいということなのだが、机に設置するのであれば最低でも120cmの幅がないと窮屈に感じるだろう。

背面は白。デルのモニターは電源が内蔵されているので肉厚なボディで狭い部屋では圧迫感を感じるかもしれない。

付属品について

  • モニタースタンド
  • 台座
  • USB-A to USB-B ケーブル
  • 電源ケーブル

台座、アーム部は清潔感のあるシルバーカラー。メーカーではプラチナシルバーという名称で呼んでいる。DELL製のノートPCにもシルバーのモデルが人気なので合わせやすいカラーなのだろう。

VESA100に対応しているためモニターアームと組み合わせて利用することも可能だ。

組立

DELL S3221QSは工具なしで組立て可能なタイプ。

台座裏のネジは手回し可能なのでアーム部と組み合わせて回すだけ。

アーム部をモニター裏にガチャっとはめ込むだけで組立ては完了。

パネルの性能について

キャリブレーションツールi1 display Proにて輝度の確認およびトーンカーブ・色域を検証。

モニター輝度について

カラープロファイルはモニターに標準搭載されている「標準」で計測を行う。

また、最大輝度は291nitでメーカー公称値よりをやや下回った。

色域

トーンカーブはフラットで明るい箇所では青がやや弱めに調整されている感じ。

sRGBカバー率

sRGBカバー率は99.7%。

S3221QSはVAパネルを採用しているため色域は広め、DCI-P3カバー率も80%以上はあるので映像を楽しみたい人にも適したパネルだろう。

DELL S3221QSの評価とまとめ

良い点

  • 4K解像度と色域広めのVAパネルで映像視聴した際の色彩、精細が美しい
  • USB-HUB機能を搭載しているため机周りをすっきり使える
  • 昇降・チルト対応で視みやすい位置に調整しやすい

気になる点

  • 価格が高め

1枚で高解像度を使いたい人におすすめのモニター

DELL S3221QSは1800Rの湾曲率が必要な人におすすめで、前述の通り高解像度を求めるのであれば27型でもう少しやすいモニターが存在している。S3221QSのメリットは高解像度であり湾曲しているというポイントで大きなモニターを1枚利用したいというユーザーにおすすめ。

湾曲しているということは画面の視聴距離が全画面を通して変化しづらい=見やすいということでもあるので、視聴距離を稼ぎづらい、小さい部屋に大きなモニターを設置したい人におすすめだ。

うっしー
うっしーhttps://usshi-na-life.com
静岡県出身。2014年にブログ「うっしーならいふ」を開設。 元家電量販店スタッの経験を活かし、PCのわかりやすい製品紹介記事を多数執筆。 2017年に「ウチヤマチカラ/うっしーならいふ」チャンネルとしてYouTubeでの活動も開始し、2022年11月現在でチャンネル登録者数は2万人を越える。
関連記事

コメント

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)