ホームガジェット翻訳機【韓国旅行】翻訳機を使ったら初じめてのテグがとても素敵な旅に|韓国語が話せなくても大丈夫

【韓国旅行】翻訳機を使ったら初じめてのテグがとても素敵な旅に|韓国語が話せなくても大丈夫

この記事では、韓国第3都市といわれる大邱広域市(テグ)と翻訳機の魅力をご紹介します。

僕が韓国に渡航したのは、2018年の3月26日、そしてその3日前にツイートされた上記の通り、まったく無計画で今回の旅行はスタートしました。

というのも、渡航の目的が翻訳機『ili(イリー)』は本当に旅行に役立つか否か、の検証がメインだからです。

小心者の僕は、インターネットを使った完璧な予備知識で塗り固め、スマートフォンの翻訳アプリやGoogle検索を使ってピンチを回避してしまう=現地の人とコミュニケーションをとらない、と思われたので文字通りノープランで旅行することにしました。

上記理由もさることながら、旅行というのは「あーあそこいってみたい!あれが食べたい!」とインターネットやTVで無作為に流れてくる情報を目の当たりにして、『突如としていきたくなってしまうもの』だと思うのです。

例えば、韓国では年間230万人、日本人が渡航していることからも不意に「あー韓国でホルモン食べたい」「韓国美女と戯れたい」と思ってしまう人がいるのは当たり前のこと。

いままで韓国には興味があったけれど、『なかなか行く動機づけが自分の中でできない!』とか、『韓国語がまったくわからないからいけない』という人は、この記事を最後まで読んでいただければきっと「韓国っていいところなんだな」と思っていただけると思います。

 

目次

【テグ旅行1日目】翻訳機イリーで素敵な出会いをした1日を紹介

韓国のテグってどんなところ?

少しだけ紹介したいと思います。
韓国第3の都市といわれるテグは韓国の首都、ソウルのベッドタウン的な立ち位置としても有名で人口250万人の都市。

山に囲まれた盆地のため、夏は暑く冬は寒い。

古い建物をオシャレなカフェにリノベーション

また、テグは韓国カフェブームのはしりということもあって、テグにあるコンビニよりもリノベーションされたオシャレなカフェの方が多い。『テグのカフェに行くのが目的』という慣れた日本人旅行者も少なくないそう。

こうした理由により、はじめての韓国旅行の行き先にテグを選択する日本人旅行者は少なく、「韓国旅行に慣れている方でない限り来ない」「プサンやソウル観光ガイドの隅の方に書かれている都市」と日韓交流カフェを営むパクスンジュ先生に教えていただきました。

僕は初めての韓国旅行でテグを選択しましたが、翻訳機がなかったら( ^ω^)・・・

空港からでていきなり詰む

僕は韓国語を理解することもできなければ、ハングル文字を読むこともできないため、予習をせずにテグ空港に到着して、最初に思ったことは「日本語がない」ということでした。

英語表記のパネルをいくつかみつけることはできたものの、日本語で書かれていることはほとんどなく、多くの日本人観光者が訪れているのはソウルやプサンであり、テグ空港に直接降り立つ日本人は少ないのだろうと思いました。

そんなわけで、全くわからない、言葉も通じない。Wi-Fiも借りられない(借りるつもりは最初からない)

やばい!どうしよう!?そうだ僕には翻訳機イリーがあるじゃないか。

とりあえず、喉が渇いた僕はテグ空港近くのコンビニに寄りました。

ついついセブンイレブンに寄ってしまった。僕は自分自身の日本人の習性を垣間見た。

韓国のエナジードリンク安すぎない?

テグ空港近くのセブンイレブンのおじちゃんが神、イリーを使ったらタクシーを拾ってもらえた。

思えば、この時が僕の今回の旅行最大のピンチでした。バスを使う、タクシーを使うなど、選択肢はあれどインターネットが使えず混乱していた僕は、とにかく翻訳機を使ってみようとセブンイレブンのおじさんにレッドブルを差し出しながら

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”usshi.PNG” name=”うっしー”]ユニオンホテルに行きたいです。[/speech_bubble]とイリー経由で話しかけてみた。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”オジサン”]ユニオンホテル?[/speech_bubble]オジサンと空港近くの現地人はユニオンホテル(後で紹介します)を知らない…

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”usshi.PNG” name=”うっしー”](ユニオンホテルでは通じないのかこれはやばい…)[/speech_bubble]

と思った矢先このオジサン、スマートフォンで電話し始めました。番号案内に電話しているようでした。

なんと、セブンイレブンからユニオンホテルまでのタクシーの金額と電話番号を調べてこれをタクシーの運転手にみせれば大丈夫だよ(なんといっているのかはわからない)

とジェスチャーで教えてくれました。「いっていることはわからないけれどいいたいことはわかる」

それでも?な顔をしている僕に対し、オジサンはお店そっちのけでタクシーを拾ってくれることに。

今回ポケトークも持ってきたのですが、山に囲まれた盆地であるテグでは3G回線がつながらない場所があり、今回使用を試みたセブンイレブン内でも使うことはできませんでした。

イリーがあってよかった

ということでオジサンと記念撮影してタクシーに乗り込みます。

ユニオンホテルを紹介|コスパ重視の方にオススメ

ユニオンホテルは日本人が宿泊するホテルを各旅行会社の格安ツアーや、ホテル比較サイトで検索すると一番上に出てくるホテルで、韓国人の方はあまり利用しないとのこと。

今回、JTBのツアーで予約したところ、ツインのベッドが用意されておりとても広かったです。

ただ、TVの裏は埃など目立ちました。残念。

『コスパ重視』の方にはお勧めできるホテルです。

初めて韓国に旅行する方への注意点として、コンセントのプラグが違うので注意しましょう。ツイートの通り、僕はTVのUSBポートに差し込んでiPhoneを充電してました。

韓国のWi-Fiについて

ホテルについて少し触れたので、韓国のWi-Fi事情について触れたいと思います。

韓国では「iptime」というフリーのWi-Fiスポットがあり、パスワードなしで接続できます。観光者向けのスポットに数多く展開されているので、市内についてしまえばこっちのものです。

『テグハル』日韓交流センター兼オシャレなカフェ

ユニオンホテルで「カフェ」と検索したら一番近くにあったのが「BOOK CAFE DAEGUHARU」

本に囲まれると叡智を感じられる(適当)ような気がして、とても落ち着けるカフェです。

そんなテグハルおすすめのドリンクはこちら

カフェラテに手摘みのオレンジをふんだんに使った贅沢な「オレンジビアンコ」

甘いカフェラテにオレンジの酸味が合わさるとなんとも不思議な味に!夏場に飲みたいオシャレドリンクをいただきました。

テグハルはカフェでありつつも、テグの魅力や、テグの歴史を学び伝えるジャパニーズビジターセンターであり、日韓交流の場としても経営をしています。(というかこちらがメイン)

ここに来られる方のほとんどが日本が好きで日本語を勉強しているという方ばかり、そんなこともあって、堅苦しくなく日本人を受け入れてくれる場所でとてもありがたく感じました。

イリーを使おうとしたら、「日本の方ですか?」と気さくにはなしかけていただき、テグお勧めのトラベル情報誌を教えていただきました。

テグ専門のトラベル情報誌」というのは実はこれが初だそうです。しかも出版されたばかり!

こちらの雑誌はAmazonでも購入可能ですので、テグが気になる方は是非お求めください。

韓国の方に翻訳機のイリーとポケトークを検証してもらった

ここでサクッと本題に戻ります。テグハルビジターセンターには流ちょうな日本語をしゃべる韓国人の方がたくさんいらっしゃいます。「1年間奈良の大学にいました」というキムさん(左)と日本のドラマが大好きなムンさん(右)

ちなみにキムさんはアクセントも完ぺきで「日本人です」と言われてもまったく違和感がありません。

ムンさんは現在ひらがなを勉強中で日本語はこれからたくさん喋りたいとのこと、今回の旅行で一番お世話になった方です。

ポケトークとイリー実際のところどうなん?|日本語ペラペラな韓国人に聞いてみた

キムさんによると、

コーヒーが飲みたいです」→イリーの方が正しい言葉

辛いものが苦手です」→ポケトークの方が正しい言葉

など文章によって正確さが変わるということ。

ただ実際に会話する上では、どちらでも伝わるのでこのは製品二つとも素晴らしい。とおっしゃっていました。

韓国本場のホルモン焼き屋へ

観光で食べたいものと言ったら焼肉、ホルモンでしょう。チーズダッカルビも食べようかなと思いましたが、実は韓国では日本ほど流行っていないそう。

韓国人が好きなもの=マッチャン(ホルモン)だそう。

ということでムンさんと一緒にテグ発祥のチェーン店に連れて行ってもらいました。

韓国では、日本のような焼肉のシステムと違い、店員さんがガンガン焼いてくれます。だからどんどん食べるだけ。

店員さんもわき目も降らず焼き続けるものだから、食べるスピードが追いつかない。

「日本人の焼肉って自分で焼かないといけないからめんどうじゃない?」と後に現れるカフェ店員の美女もいっていました。

納得のおいしさ。

サムギョプサルの正しい食べ方も教わり大満足。

ニンニクにコチュジャンつけて、キムチとお肉全てサンチュに巻いて食べるとマジでうまい。でも辛い

あっという間にお腹いっぱいになりました。

お会計はイリーを使って「クレジットカード使えますか?」と聞いてみました(ムンさんがいるから安心しつつもきちんと使いましたよ!)

韓国のコーヒーチェーンEDIYA COFFEEで美女に「綺麗ですね」といったら連絡先を交換しちゃいました

カフェが多い韓国ではみんなコーヒーが大好きです♪とムンさんはいっていたため、食後のコーヒーを飲むためにコーヒーチェーンのEDIYA COFFEEに行きました。

ここでお勧めを聞くとバニララテがおすすめだよ♪といってくれる店員さん。(バニララテしか聞き取れない)

勇気を出してイリーで話をかけてみたところツーショット撮影することに。

何が起きているのか自分でもわからないのですが、同行者ムンさんによると

うっしーさんがハンサムだから一緒に写真撮影してくれたのでは?」とカタコトで大うけしながらいっていました。

その後、ポケトークに切り替えて会話することに成功しました。

「嵐が好き来年コンサートに行くために日本へ行くよー」

と、いっていた。

旅行の一週間前に失恋した僕にとって自信につながったのはいうまでもない。

こんな感じで一日目を終了させて大満足の僕の感想。

テグ旅行1日目感想

韓国語が一切わからずにテグ旅行を選択する人自体かなり『稀』らしく、ソウルやプサンに比べると日本語が喋れる人は圧倒的に少ないとのことでした。

それでも、翻訳機と持ち前のコミュ力?を発揮することで無事に韓国旅行1日目を終了することができたのがとてもうれしく、また内容の濃い1日を過ごせたなと思います。

チェック!
韓国旅行は韓国語が話せなくても翻訳機のイリーがあったおかげでとても素敵な旅行になりました。
イリーのレビュー記事を見る

【テグ二日目】アプサン近くのORDAカフェが意識高くてとてもオシャレ

韓国料理を朝から堪能!ボリュームがありすぎてお腹いっぱい

テグといったら「アプサンからの眺め」と日本人旅行者から絶賛される山に行こうかと思ったのですが、せっかくなのでもう少しオシャレなカフェをめぐってみようと思い1日目に出会ったムンさんが車で案内してくれることに。

その前に腹ごしらえということで、「韓国で一般的に食べられている料理を食べたい!」といったら連れてってくれることに

日本の文化と違い、ご飯を残すよりも「十分な量が振舞われた」ことを示すことが美徳とされてきた文化があり、大量に運ばれてくる食べ物に思わず面食らってしまいました。

ここでもコチュジャン、キムチ、ニンニクのコンビネーション。朝から?まじかよ。

ムンさんは「これが韓国のスタンダードフードです、残しても問題ありません」と笑っていました。

日本でいうすき焼きにあたる食べ物、これもとてもおいしかった。

とりあえず辛い、そして「これは辛くないです」というムンさん

韓国の食べ物は「だいたい赤い」と誰かがどこかでいってたような気がしますが、本当にだいたいあかかったし全部辛い。

このお店には家族連れやカップルが来ていましたが、みんな涼しい顔して食事をしている中、僕だけ汗をかきながら食事をしているさまはなんとも滑稽だったようで、店員さんは笑っていました。

ORDAカフェはオシャレなルーフトップカフェ|ここでもイリーを使って店員さんにオススメを聞いてみた

アプサン近くにあるORDAカフェはテグを一望できるルーフトップカフェ。

最高の景観とオシャレなコーヒーを飲みながら素敵なひと時を過ごせる場所です。

イリーで店員さんにオススメはなんですか?と聞いたら、ローズミルクということなので僕はホット、ムンさんはアイスを注文。

アイスの場合、ローズシロップを後から入れるのですが、バラの香りとラテに入っているミルクがマッチして激うま!

イチゴミルクの愛称が最高であることは知っていましたが、バラも合うとは( ^ω^)・・・

韓国人のムンさんに2日間でポケトークとイリーどちらの翻訳機があったらうれしいか聞いてみた。

1日目の記事でもご紹介しましたが、2日間にわたって僕の隣で翻訳機を使うさまをみていて思ったことを教えてもらいました。

ムンさん「僕は日本語があまり上手じゃないので、うっしーさんともっと日本についてお話したいので黒い方(ポケトーク)がいいですね。」

コミュニケーションを深く取りたい場合、双方向翻訳ができるポケトークの方がやはり有利なのでしょうか、この点については比較記事に記載していますので気になる方は下記リンクからごらんください。

ここでムンさんとお別れし、一人で街を歩いてみることに。

テグの繁華街にはコスメショップがいっぱい

一見してNYのタイムズスクエアをちょっとだけ思い出しました。

テグのダウンタウンといわれるストリートにはコスメショップが多数並び、若者に人気。

コスメショップアンドコスメショップアンドコスメショップみたいな並びで、歩くとコスメショップかカフェがたくさんあります。

女性の方はやっぱりうれしいですよね。

そうこうしている間に、サムスン電子直営店舗でキャッチされ、中に案内されることに。

ポケトークガチンコレビューサムスン電子の新型GalaxyS9の説明をポケトーク介してしてもらった

日本ではまだ発売されていないスマートフォンGALAXYS9の新機能の説明をしてもらったらどうなるのだろう?

とふと思い立ち、日本人とわかったとたん入口で呼び込みをしているスタッフに落胆されたものの、これは良い機会だと思い、トライしてみました。

残念ながら店内スタッフが少しでも映ってしまう撮影は全てNGでした。

サムスン電子のセキュリティの問題らしく本社に確認をとらないといけないといわれてしまったため、

「そもそも君は何をしに来ているんだ?何が目的なんだ?」

と、尋問のような感じになりつつも笑顔でポケトークを見せることで快諾。こうしたやりとりを1時間ほどしたことで、日本語が少しだけわかる美人スタッフが説明をしてくれることになり、僕としてはうれしかったのでよかった。

というわけで使ってもらいました。

Galaxy S9の機能の説明。

画像のようにかなりの文章を翻訳しているものの、これだけだされるとなにをいっているのかはわかりません。

ただ、実際に商品の前で説明されれば理解できます。

Bixby Visionの説明を受けるとこうなります。うんわかる。

Galaxy S9の機能であるBixby Visionは高性能カメラを被写体に向けることで書かれている文字をリアルタイムで翻訳する機能。商品の説明で実際に体験できるものについてはポケトークの有効性を確認することができました。

かなりの量を翻訳していました。

初日に行った美女とどうしても会話したくなったので再びカフェへ

さて、これからどうしようかなと思ったのもつかの間、カカオトークに通知が。

韓国の方はLINEよりもカカオトークをしようしているユーザーが圧倒的に多く連絡手段はカカオが常識らしい。

朝ご飯の量が本当に多く、あまり食べられないと思ったのと今日何してるの?と連絡してきてくれたので、1日目に寄ったEDIYA COFFEEへ。

真ん中にあるチーズロールを夕食としました。

終始、ポケトークとイリーを使ってコミュニケーションをお互いにとっていました。

年齢や好きなアーティスト日本の好きな場所など、仕事中なのに笑顔で対応してくれてこれはもしや…?と期待を募らせながら、「今年の暮れに札幌に雪を見に行きたい」と笑顔で答えてくれたのがとても印象的。

ちなみにこの時の会話は英語、韓国語、日本語全部入り混じってわけわからない語で会話していました。

テグ旅行2日目感想

食事の楽しさはもちろんのこと、親日の方が多く丁寧に対応されることが多かったです。

政治的な背景はあるものの、異文化のコミュニケーションに触れるのは素直にうれしいし、『人』の優しさに生まれた国は関係ないのだと改めて感じました。

最後にはとても名残惜しい気持ちになりましたが、翌日のフライトが早かったため、2日目はそうそうに退散。

チェック!

異文化交流はとても楽しく、翻訳機はその手助けとして使うことで旅行がとても素敵になる。ポケトークは完全ではないにしろ長文の翻訳ができることでコミュニケーションはとることできる

韓国最高です!

ポケトークのレビュー記事を見る

はじめてのテグ旅行に翻訳機をもっていったら韓国旅行まとめ

まとめでは今回利用したツアー詳細、旅費、翻訳機の感想を紹介していきたいと思います。

JTBトラベルのネット予約限定セールを利用

僕がツアー予約したのは渡航10日前の3月15日でした。まさに思い立ったが吉日。

JTBで行くテグ格安ツアー旅費詳細
  • ≪基本旅行代金≫   39800円×1名=39800円
  • 合計 : 39800円
  • ≪国内空港施設使用料≫   2610円×1名=2610円   合計 : 2610円
  • ≪現地空港諸税等≫   2340円×1名=2340円   合計 : 2340円
  • ≪航空会社燃油サーチャージ≫   旅行代金に含む ※船舶燃油特別付加運賃は含まれておりません。 _____________________________________
  • ≪お支払い合計額(概算)≫   44750円×1名=44750円   合計 : 44750円
ソウル行はすべて埋まっており、残っていたのはテグ行のみこのことからもわかるように、テグに直接向かう日本人はとても少なく、今回僕が利用したJTBトラベルなどの格安ツアーはかなり安い。

もちろんこれには2泊分のホテルの代金も含まれています。

3月のピーク時かつ10日前予約ですから、閑散期中はさらに安くテグまでいけます。

航空会社エアプサンはどうだった?

直接テグ行きに日本人が乗ること事態すくないため、周りが韓国人の人で固められるという状況に自然となりますが、焦ることはありません。

日本のLCC(ローコストキャリア)という位置づけのようですが、機内食は食べやすくておいしいホットスナックがでてくるし、客室乗務員は日本語通じるしと特に困りませんでした。

JTBトラベル公式

翻訳機のイリーとポケトーク2日間利用してみての感想本当に旅行に必要なのはどっち?

『旅行』がメインならイリーの方が安心

僕はイリーがあれば安心だと思いました

  • オフラインでも利用できる
  • 反応速度

オフラインでも利用できるから不意に発生したアクシデントにも対応できる

今回はホテルやコーヒーのオススメを聴くことにイリーを使用、GALAXYS9の機能説明を聴くことにポケトークを使用。

それぞれの長所を活かした利用を行ってみました。

1日目を見ていただく限り、僕はイリーがなければもっと困難を強いられていたと思います。

もちろん事前準備していけば問題ないでしょ?という声も最もです。「備えあれば患いなし」とはよくいうものの、物事は常に計画通りに進むとは限りません。

コミュニケーションをとる際の反応速度が自然

ポケトークは100kbpsの通信速度があれば翻訳可能でスムースではあるのですが、イリーはさらに早い。

時間にすれば瞬間でも、コミュニケーションをとる場合はイリーの方が自然な速度です。ポケトークは一瞬の間があるため、少し焦ります。

そうした理由から、僕が旅行に携帯したいのはポケトークではなくイリーです。

これはオフラインで利用できるという点と、その形状(デザイン)が話しかけやすいといった点もそうですね。詳細はレビュー記事にまとめましたので是非ご覧ください

レビュー記事を見る

ポケトークのオススメポイント

一方でポケトークはだめなのか?というと一概にそうも言えません。

  • 現地で買い物をしたい場合
  • 踏み込んだコミュニケーションをとりたい場合

商品の説明、お土産の購入を悩んでいるときはポケトークが便利

2日目のGALAXYS9の説明を受けたように、現地の人ともう少し踏み込んだコミュニケーションをとる必要がある場合、イリーでは会話をすることは困難です。

長文での翻訳精度は完全とは言えないものの、理解できることがとても重要だと感じました。

理解することができれば、お土産の購入も失敗しづらいでしょうし、欲しいものを購入することができます。

現地の人と一歩踏み込んだコミュニケーションをとるならポケトーク

今回の旅行で韓国人のムンさんはポケトークがいいですね!といっていました。現地の人の意見では双方向で翻訳してくれた方がうれしいということが今回わかりました。

このように、知り合って行動を共にする際の一歩踏み込んだコミュニケーションをとりたい場合はやはりポケトークが良いでしょう。

レビュー記事を見る

旅行にもっていくのにはイリーがおすすめ

コミュニケーションをとることはもちろん素晴らしいのですが、旅行で困ったときは物凄く焦ります。僕もポケトークの操作を何度もミスしてしまいました。

まずは伝える、話はそれから」が旅行で困ったときの解決策。

つまり

  • 旅行にはある程度慣れている人→ポケトーク
  • 初めて旅行に行く人→イリー

みたいな感じで選択するとよいのではないでしょうか?

欲を言えば両方買っておけばマジで完璧です。

うっしー
うっしーhttps://usshi-na-life.com
静岡県出身。2014年にブログ「うっしーならいふ」を開設。 元家電量販店スタッの経験を活かし、PCのわかりやすい製品紹介記事を多数執筆。 2017年に「ウチヤマチカラ/うっしーならいふ」チャンネルとしてYouTubeでの活動も開始し、2022年11月現在でチャンネル登録者数は2万人を越える。
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Most Popular

Recent Comments

新潟ってそこそこ都会だよな JR新潟駅高架化工事完成へ [228348493] | 2ndMedia on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ
新潟県って何地方なの? on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ
いしづか on m-Book U400Sレビュー
いしづか on m-Book U400Sレビュー
【オワコン新潟】今すぐNGT48を解散し北陸の雄都・金沢にKRB48を設立すべし!【時代は金沢】 | 2chまとめサイト on 【陸の孤島】北陸に異動するあなたへ