レノボが発売するLegionシリーズの16型モデルはRyzen 9 5900HXとRTX3080を搭載したフラグシップゲーミングノートPCだ。

今回メーカーより借りることができたので使い勝手やベンチマーク結果をレビューしていく。

スペック

検証モデルはRyzen 9 5900HX/RTX3080(165W)/32GB/の構成

Legion 760
モニター
  • 16型(2560×1600ドット)
CPU
  • AMD Ryzen 9 5900HX
iGPU
  • AMD Radeon Graphics
dGPU
  • NVIDIA GeForce RTX3080
メモリ
  • 32GB
SSD
  • 1TB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約356mm×奥行き約261mm×高さ約23.5mm
バッテリー持続時間
充電タイプ300W ACアダプター
重量約2.5kg
保証標準保証・1年間の引き取り修理

使用・詳細はレノボ公式ページから確認してください。

特徴

動画で見る

動画でもレビューしてます。チャンネル登録もぜひ!

最大165W出力のRTX3080搭載、最強のゲーミングノートPC

Legion 760は最大165W出力のRTX3080を搭載している。RTX3080の中でも最高クラスの出力で、現行ノートPCのなかで最もパフォーマンスの高いゲーミングノートPCだ。

最新のRTX30xx番台は最大出力と冷却性能こそがそのゲーミングノートPCの評価といっても過言ではないため、高価なゲーミングノートPCを購入する際にチェック項目としては必須。

とにかくパフォーマンスを求める人に検討してもらいたい1台だ。

背面インターフェースでケーブル接続が楽

Leigonシリーズは、背面に各種のインターフェースを搭載し、LEDでどのポートがどこにあるかを教えてくれるため、暗い部屋でもケーブルを接続しやすいというメリットがある。

奥側に映像出力やUSB-Cポートを設置しているため、専用モニターへの接続も容易だ。USBーAポートは右側に設置されているため、マウス・キーボードの接続もしやすくなっている。

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

デザイン使い勝手について

Legion 760は16型のサイズで販売されるノートPCではあるが、筐体は薄型のベゼルを採用しているため、15.6型のモデルとさほど変わらない。

天板にはLegionロゴとLenovoロゴが印字されている。カラーは落ち着いたグレーで無骨な印象。

底面部も重厚感のある作り。吸気用の穴は細かく空いており、デュアルファンが覗ける。

モニター

Legion 760は165Hz/3msのゲーミングモニターを採用している。モニターサイズは16型で解像度は2560×1600ドット。

最大輝度は実測値で506nitだった。

色域

sRGBカバー率は99.6%。sRGBに多いかぶるような色域、映像視聴やコンテンツクリエイトにも利用可能。

キーボード・タッチパッドについて

Legion 760はUS配列を日本語配列に切り替えたような配列だ。キーストロークも浅く、打ちやすさはあるが好き嫌いが分かれそうな感じだ。

とはいえ、筐体そのものが頑丈に作られているため、強く押し込んでも問題はなり。

タッチパッドも同様で、レノボのIdeaPadシリーズよりは使いやすいと感じるが、ThinkPadほどではない。

インターフェースについて

  • USB-C(3.1)
  • オーディオジャック

  • カメラキルスイッチ
  • USB-C(USB3.0)

  • RJ45
  • USB-C(3.1)
  • USB-A(USB3.0)×2
  • HDMI
  • USB-A(USB3.0)
  • DCジャック

電源は300Wで大きい。

性能について

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通り

 

Cinebench R23の総合スコア

Core i7 11800H
14111pts
Ryzen 9 5900HX(レビュー機)
13894pts
Ryzen 9 5900HX
13306pts
Ryzen 9 5900HX
12442pts
Ryzen 7 5800H
12651pts
Ryzen 9 5900HS
12058pts
Ryzen 7 5800H
11670pts
Ryzen 7 5800H
11224pts
Ryzen 7 5800U
7889pts
M1
7372pts
Core i7 11370H
7135pts 
Ryzen 5 5500U
6727pts
Core i7 1165G7
6594pts 
Core i7 1165G7
5379pts
Ryzen 5 4500U
4463pts
Core i5 1135G7
4223pts

最新のCinebench R23(Minimum Test Duration OFF)では13894pts。

AMD Ryzen 9 5900HX搭載機の中で最もパフォーマンスが高い。現行最強モデルと言っていいだろう。

3DMark Time Spy

FutureMarkが提供する3D Mark Time Spyは、DX12に対応したゲーム系のベンチマークソフトでCPU、GPUや総合スコアを算出し相対的な性能がわかる。

グラフィックススコアは12000点を超えており、デスクトップ用RTX3060以上のパフォーマンスが期待できる。

SSDの読み書き

搭載されていた1TBのSSDはウェスタンデジタル製のもの。大容量データの書き込み時にシーケンシャルライトの速度低下が見られたがランダムアクセスライトの書込み速度の低下はなかった。

SOT

重量級ゲームのシャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダーは最高画質でも平均106fpsで描画可能だった。どのゲームタイトルもフルHD解像度であれば快適にプライ可能だろう。

PCの温度・ファンの動作音について

PCの使用率を100%にできる負荷テストOCCTを使いLegion 760の挙動を確認。

最高温度は75°近くまで上昇、動作周波数も4.3GHzで安定しており、パフォーマンスを常時発揮できる。

この時のPCの表面温度は30℃以下で非常に低い温度だった。

ファンの動作音について

パフォーマンスモードで41.4dbほどで非常に静か、おそらくハイエンドゲーミングノートPCの中でも最も静かな水準だろう。

Legion 760の評価とまとめ

良い点

  • 最高クラスのパフォーマンスを発揮、維持が可能
  • 静粛性が業界トップクラス
  • 豊富なインターフェース
  • 明るいモニター

気になる点

  • 300W電源の大きさ

ハイエンドゲーミングノートPCの最適解か

Legion 760の素晴らしいところは、ハイエンドパーツの組み合わせでピークパワーを長時間維持できる点に尽きる。モニターの輝度や色域、インターフェースももちろん素晴らしいが、その他のゲーミングノートPCでも同等クラスはいくつもあるからだ。

これまで何台もゲーミングノートPCをレビューしてきたが、Legionが最もおすすめできる。とにかくパフォーマンスと静粛性を追求したいのであればLegion 760が最適解だろう。

奥側に映像出力やUSB-Cポートを設置しているため、専用モニターへの接続も容易だ。USBーAポートは右側に設置されているため、マウス・キーボードの接続もしやすくなっている。

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)