デルが販売するDELL SE2222Hは22型で1万円台から購入可能な作業用のモニターだ。

今回メーカーより実機をレンタルできたので使い勝手を紹介する。

スペック

DELL SE2222H主要スペック表
モニターサイズ21.5型
解像度1920×1080ドット
アスペクト比16:9
パネルタイプVA
輝度250cd/㎡
本体寸法(幅×奥行き×高さ,cm)50.43×17.88×38.41
VESAVESA 100対応
電源内蔵型
保証先出し交換サービス・限定ハードウェア保証

特徴

21.5型の作業用モニター

DELL SE2222Hは一般的な作業用モニターで、台座、アーム部が樹脂素材でシンプルな作りをしている。

映像出力はHDMIとVGAに対応し、現代のノートPCはもちろんD-Sub 15pinの端子を持つノートPCデスクトップPCからの出力にも対応。

解像度はフルHDドットでパネルはVAなのでビジネス向けのモニターだ。

価格が安く手に入れやすい

SE2222Hはセール時で約1.3万円ほどで購入でき、手軽にノートPCとデュアルモニター環境を構築したい人におすすめだ。

本体・デザイン

モニターのデザインは標準的なベゼル幅で設計されている。昨今のモニターと比較するとスタイリッシュさに欠けるが、「低価格モデルだから」という理由で納得はできる。

背面はVESA100に対応し、モニターアームを装着可能だ。

  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • 取扱説明書

付属物は必要最低限。HDMIケーブルが付属してくるので追加で購入する必要はなし。

組み立て

DELL SE2222Hは工具不要で組み立て可能なタイプ

台座にアームを刺して組み立てるタイプでネジを回す必要はない。

台座、アームともに樹脂素材で22型程度のモニターであれば耐久性も問題なさそうな質感だ。

カバーを使うとVESAマウントを隠すことができる。

インターフェースについて

  • 電源
  • HDMI×2
  • VGA

パネルの性能について

キャリブレーションツールi1 display Proにて輝度の確認およびトーンカーブ・色域を検証。

モニター輝度について

カラープロファイルはモニターに標準搭載されている「標準」で計測を行う。

120cd/㎡で計測するといったものだが明るさ合わせの際に中央の輝度と端の輝度にムラがあることがわかったおおむね20nit程度のずれがあり中央で120nitに合わせた時に端では102nitで表示されていた。

色域について

sRGBカバー率は93.8%で標準的な作業に最適なモニターだ。

DELL SE2222Hの評価とまとめ

良い点

  • 1万円台前半から購入可能。
  • 仕事用のモニターとして必要な機能は揃っている
  • 電源内蔵でケーブルマネジメントしやすい
  • 低価格モデルでもVESA100対応

気になる点

良くも悪くも価格なりといった感じで、デザインにスタイリッシュさはなく、最新モニターと比較すると機能性も乏しい。SOHOなどで予算を抑えたい人向け。

1万円台でデュアルモニターに挑戦したい人におすすめ

DELLらしい高級感ないけれど、機能性は確保できているため、作業用モニターとして低価格で探しているなら選択肢の一つに上がるでしょう。

また、低価格ながらVESA100に対応しているためモニターアームを利用できる点はさすがDELLといった感じ。1万円程度で作業領域を広げるためにモニターを検討している人はこの製品もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)