NEXTGEAR-MICRO am560BA1レビュー 8万円台で買えるRyzen 5 3600搭載ゲーミングPC

0
144

8万円台で購入可能なゲーミングPCはどの程度の性能なのか。

この記事では、マウスコンピューターから実機をお借りしてその検証結果と僕の感想を記載していきます。

NEXTGEAR-MICRO am560BA1の特徴

NEXTGEAR-MICRO am560BA1は第3世代Ryzenを搭載したコスパの高いゲーミングPCとなっておりまして、価格がとにかく安く、それでいて中級クラスのゲームのプレイまで快適に行える点が特徴です。

8万円台で購入可能

とにかく安くゲーミングPCが欲しいという方はまずこのNEXTGEAR-MICRO am560BA1を選択肢に入れると思うのですが、個人的には非常に良い選択肢だと思っていて、マウスコンピューターの強みであるBTOを活かせる作りです。

GTX1660まで搭載可能

G-Tuneはグラフィックボードのアップグレードに対応していて、NEXTGEAR-MICRO am560BA1はGTX1660にアップグレードできます。

上記のように、最近ではメモリの価格やSSD本体の価格が安くなってきていることもあり、別途用意すれば、安くて高性能なゲーミングPCに仕上げられます。

コンパクトで設置場所の確保が楽

NEXTGEAR i690シリーズとの比較です。am560はm-ATXサイズのマザーボードを採用しているため一回りコンパクトのミニタワー型のPCとなっています。他社デスクトップPCと比較しても非常にコンパクトです。

大きなミドルタワーPCと比較して拡張性が低いのですが、ゲームのプレイを優先してPCの購入を検討しているのであれば、問題ありません。

また、PCケースはフラットで直線的な形状をしているため、PCの上に物を置いたりすることもできますし、これによってPCの性能が落ちることはありません。

ゲーマーの意見を取り入れたPCケースのため、ユーザーが使いやすいよう設計されています。

下記動画では、G-Tuneの製品担当者に実際に取材してきたものですので、コンセプトや強みを詳しく知りたい方は参考にしてみるといいかもしれません。

おすすめの構成、ラインナップ

NEXTGEAR-MICRO am560の構成
型番おすすめCPUGPUメモリSSDHDD
am560BA1Ryzen 5 3600GTX16508GB256GB
am560SA1Ryzen 5 3600XGTX16608GB512GB
am560SA1-SPRyzen 7 3700XGTX166016GB512GB
am560SA2Ryzen 7 3700XGTX1660Ti16GB512GB
am560SA1-SP2Ryzen 7 3700XRX570016GB256GB1TB

ゲームの用途によって分けたほうがいいのですが、フォートナイトやPUBG、Apexlegendsを快適レベルで遊びたいのであれば、GTX1660Ti以上のモデルがおすすめです。

また、動画編集などを行う場合、現状動画編集ソフトの問題でRadeon RX5700ですと、実行性能がGTXシリーズに負ける可能性があるため、YouTube用に動画のアップロードを検討されている方は、am560SA2が無難だと思います。

NEXTGEAR-MICROam560のスペック

サイズミニタワー
CPURyzen 5 3600
GPUGTX1650
メモリ8GB
SSD256GB(M.2)
電源500W(80PLUS BRONZE)
寸法幅188.8×奥行396×高さ400mm
保証1年間メーカー保証+365日電話サポート

マウスコンピューターでは1年間のメーカー保証に加え365日の電話サポートに対応しています。

LINEサポートも行っていますので、初心者の方には安心だと思います。

ゲーム性能

デスクトップ用のGTX1650がゲームのプレイがどの程度快適にできるか、実際に1試合プレイしその平均フレームレートを計測しました。

フレームレートは、60fps以上で合格、100fps以上で快適としていますが、競技性の高いゲームタイトルでは、フレームレートが勝率を上げるカギとなるので、勝率を優先したい場合は、上位のグラフィックボードを選んだほうがいいかもしれません。

フォートナイト・PUBG中級ゲームタイトルの快適性

フォートナイトの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
エピック(最高画質)
97fps
高画質
109fps
中画質
132ps

人気ゲームタイトル『Fortniteフォートナイト』は中画質で132fpsでした。この数値であればゲーミングモニターの性能も活かせますし、おすすめできる性能はあります。

PUBGの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
ウルトラ
54fps
高画質
69fps
中画質
90fps

一方PUBGでは、最近高画質化された影響か思うようにフレームレートが上がりませんでした。中画質で90fps程度。もちろんプレイに支障はないのですが、今後もアップデートが入る可能性もあるので、その点が気になります。

ファイナルファンタジー15|重量級ゲームタイトルの快適性

ファイナルファンタジー15の平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
標準品質
48fps

重量級ゲームタイトルファイナルファンタジー15のベンチマーク中のフレームレートを計測。フルHD標準品質でやや快適レベル。

“やや”は最低フレームレートが60を切るシーンが何度もあり、カクツキがわかるレベルということです。

設定を一段階落とした場合、快適レベルまで向上するので、重量級タイトルのプレイもできなくはないレベルです。

シャドウオブザトゥームレイダー

シャドウオブザトゥームレイダーの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
最高画質
41fps
高画質
47fps
低画質
65fps

PC用ゲームで有名なシャドウオブザトゥームレイダーでは、低画質でやっと60fpsといった感じ。

NEXTGEAR-am560BA1のゲーム性能まとめ

GTX1650グラフィックボードはPUBGやフォートナイト、Apexlegendsなどの中級クラスのゲームタイトルをプレイするのにはおすすめできます。

画質を中程度に落とせば、ゲーミングモニターの性能を活かし、有利に進めることもできるでしょう。ただし、配信などを同時に行うのはかなり厳しいです。

また、高グラフィックな重量級ゲームタイトルをプレイする場合低画質まで落とさないと快適性を感じられません。

安定性を求めるなら、GTX1660Ti搭載モデルを。配信や動画編集を行う場合は、RTXシリーズを搭載した。NEXTGEAR i690GA5がおすすめです。

GTX1660Tiモデルは、mouseブランドのデスクトップPCでレビューしましたが、各ゲームでフレームレートが安定していたので快適性が高かったです。

外観・増設のしやすさについて

NEXTGEAR am560はフラットなデザインを採用したミニタワー型のデスクトップPCです。

ミドルタワー型との比較です。全体的に一回りコンパクトになっていまして、設置はしやすいと思います。

PCケースのサイドパネルはハニカム構造を採用、剛性が高くかつ、冷却性能も高い。

なお、サイドパネルはガラス素材を用いた専用パネルに変更が可能です。

価格は1万円とやや高めですが、メンテナンス性が向上し、お手入れしやすくなるのでおすすめです。

足についている、メッシュパネルは取り外しが可能です。埃が付着した際に掃除機で吸ったり、水洗いできます。

メンテナンス性が高く、ズボラな人でもメンテナンスしやすいと思います。

フロントにはUSBポートが二つ、ヘッドフォンとマイクが繋げられます。

フロントのHDMIは背面のケーブルとグラフィックボードのポートに指すことでフロントからも映像出力が可能となります。VR用におすすめです。

背面ポートはUSBポート6つにLAN端子。

外部との接続はそれほど多くはないのですが、ゲームのプレイを優先するのであればこれくらいコンパクトにまとまってたほうがいいかもしれませんね。

内部パーツについて

NEXTGEAR-am560は、m-ATXサイズのマザーボードで内部も非常にコンパクトです。

ケース内部の配線は黒で統一。非常にすっきりしています。

メモリはスロットは4つあり、自分でメモリを購入して増設してもいいと思います。

また、空気の流れを妨げないよう裏配線されているため、パフォーマンスを最大限発揮できます。

今回採用されていたマザーボードはASUS PRIME-B450Mでした。マウスコンピューターは時期によりパーツ変更される可能性があるため、必ずコレが搭載されるわけではありませんが、コスパの高いマザーボード。耐久性も問題ないと思います。

駆動音・熱について

ファンの駆動音

ファンの駆動音は52dbほど。PCが近くにあるとうるさいと感じるかもしれません。

ファイナルファンタジー15を起動した際のPC内部、パーツの温度です。

am560に搭載されているPCパーツは『ハイエンド』というわけでもないので、パーツ温度そのものの上昇は、43℃程度、グラフィックボードが最大でした。全く気にする必要はありません。

NEXTGEAR-MICRO am560BA1の評価とまとめ

配信はしない!ゲームを楽しみたい!そんなあなたにおすすめのコスパの高いゲーミングPC

実際に、Ryzen 5 3600というCPUは基本性能が高く、ミドルクラスのグラフィックボードまでならグラフィックボードの性能を十分に発揮できるCPUです。オマケに価格が安いから今売れているわけですが、これがゲームの配信や実況を行いたい!となると結構厳しい。

個人的には、ゲームを普通に楽しみたいけれどお金がない人におすすめ。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)