Dell Inspiron 13 5330(インテル) レビュー 持ち運びならCore i3 1315U搭載モデルを選びましょう

0
2497

貸出提供 デル・テクノロジーズ株式会社 アフィリエイト広告

デルから発売されている、人気ノートPC Inspiron 13 5330を借りられたのでレビューします。

結論として、低価格かつビジネスにも使えるモバイルノートPCを検討している人におすすめのノートPCです。

Dell Inspiron 13 5330のスペック

Inspiron 13 5330
モニター13.3型QHD+(2560×1600ドット)
CPUCore i7 1360P
iGPUIris Xe Graphics
メモリ16GB(DDR 5)
SSD512GB(NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約296mm×奥行き約213mm×高さ約15.65mm
無線通信規格WIFI6E(802.11ax)
バッテリー54Whr
充電タイプ65W ACアダプター
重量約1.24kg
保証標準保証

仕様詳細はInspiron 13(5330)製品ページで確認できます

特徴

Inspiron 13 5330は13.3型としては大容量の54Whrのバッテリーを搭載し、1日使えるノートPCです。

重量は1.24kgと非常に軽量なので持ち運びしやすく、モバイルノートPCを探している人に最適なモデルだと思います。

また、上位モデルはCore i7 1360Pを搭載しているため非常に高性能です。

動画編集にもトライしつつ、事務作業をこなせる性能のモバイルノートPCを検討している人におすすめです。

13.3型としては大型の54Whrのバッテリーを搭載

Inspiron 13 5330は13.3型としては非常に大きなバッテリーを搭載しています。

PCの内部に保存されたHD画質の動画を10時間30分以上再生し続けることができました。ネット通信下の作業ではこの動作時間よりも短くなることが予想されますが、非常に長い連続動作時間です。

ただし、Inspiron 13 5330は解像度がQHD+(2560×1600ドット)に対応しているため、同じランクのPC(Inspiron 14 5435)よりもバッテリー持ちは悪いです。

連続動作時間を気にする方は多少スペックダウンをしたとしてもCore i3 1315Uモデルを選んだほうがいいかもしれません。

拡張性の高いインターフェース

Inspiron 13 5330は低価格モデルからUSB-C(Thunderbolt 4)を2ポート搭載しています。そのため、拡張性が非常に高く、後から外付けストレージを追加したり、外部モニターをたくさん接続したりといった利便性の高さが魅力です。

価格と選び方

持ち運び重視で連続動作時間を気にするならCore i3モデルを選びましょう。ただしメモリが8GBで増設できない点は注意が必要です。

パフォーマンス重視で上のグレードを選ぶ際は画像編集や写真補正など、クリエイティブな作業も行われる場合はCore i7モデルでもいいと思います。

価格差的にCore i5のほうがコストパフォーマンスは高いような気がします。

デザイン

本体はアルミ素材が使われており、高級感があります。

カラーはシルバーです。清潔感のあるPCを探している人におすすめ。

サイズは幅約296mm×奥行き約213mm×高さ約15.65mm。A4ノートと同じくらいのサイズです。

重量は実測値で1.18kg程度。

ACアダプターは65Wタイプのものが付属します。重量は310g程度です。USB-C充電器で65Wのものがあればそちらでも充電できます。

モニター

モニターサイズは13.3型です。

縦横、アスペクト比が16:10の構成なので、専用のモニターがいらないくらい見やすい大きさです。

色域

モニターの色域はsRGBカバー率が99.0%でした。

色域が広くクリエイティブな作業にも最適なモニターです。

キーボード

キーボードはUS配列を日本語にしたものです。キーピッチは約19mmのフルサイズスケールキーボードを採用しています。

日本で発売されるモデルについてはエンターキーが大きめに作られているなど、昨年のモデルから変更が加えられています。

アルミ筐体を採用しているため、しっかりと反発も感じられうち心地はよいと思います。

タッチパッドも非常に広く操作性は高いと思います。

インターフェース

左側

  • HDMI
  • USB-C(Thunderbolt 4)
  • USB-C(Thunderbolt 4)

右側

  • USB-A
  • オーディオジャック

インターフェースは一般的なノートPCよりも豪華だと思います。

別途必要な場合は、USB-Cハブなどを購入するとよいでしょう。

性能

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。点数が高ければ高いほど高性能とされています。

マルチコア性能は11302ptssシングルコアは1847ptsです。

マルチコア性能、シングルコア性能ともにモバイルノートPCとしてはトップクラスのパフォーマンスです。

PCMark 10

PCMARK 10はMicrosoftOfficeの互換ソフトやビデオ会議ソフト、画像編集ソフト、動画のカットなどをバッジファイルで動かしてどの程度の快適性があるかをスコアかするベンチマークテストです。

エッセンシャルがアプリの立ち上げやウェブの閲覧です、真ん中がワードやエクセル、右がコンテンツクリエイトの快適性を示すスコアです。

総合得点は4000点以上なのでまずまずといった結果です。

ウェブの閲覧や、MicrosoftOfficeの利用は全く問題ないと思います。画像の編集も快適に行えるレベルだと思います。

PCの温度とファンの動作音

Cinebench R23の10minuteテストでCPU温度と動作周波数を確認してみました。

CPU温度は最大が90度程度で動作するようにコントールされています。

温度が高くなりそうになると動作周波数を下げてコントロールしています。

Core i7 1360Pは13.3型のノートPCに搭載するとパフォーマンスを使いきれないので注意が必要です。逆に言えばもっと大きなサイズのノートPCであればもっとパフォーマンスが出せるということです。

表面の温度

PCの表面温度はベンチマークテスト中で41.8℃でした。CPU温度が高いのでPCの表面温度もかなり高くなってしまいます。

気になる場合は、「MyDell」から静音モードにきりかえるのをおすすめします。

ファンの回転音の大きさ

パフォーマンスモード時

ベンチマークテスト中のファン回転音は47.6dbほどでした。かなりうるさいです。

静音モード時

静音モード時はファンの回転音はとても静かです。外で利用していても気にならないレベルでしょう。

ただしパフォーマンスは落ちます。

まとめ 携帯するならCore i3を選びましょう

Core i7 1360Pの高性能は魅力ですが、全開で回すと、ファンの回転数だったり、キーボードの表面温度などの不都合が生じます。

フルパワーで動作させないのであればモバイル用として割り切ってCore i3 1315Uモデルを選択したほうがバッテリーもちやパフォーマンス面のバランスがいいと思います。

このモデルは低価格なのにUSB-C Thunderbolt 4を2つ搭載している点が最大の魅力といってもいいのでコスパ欲ビジネスPCが欲しい人はCore i3を選択しましょう

デメリットは下記

  • キーボードがぺこぺこ

といった点が気になるポイントです。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)