Microsoftが2019年に発表したSurface Laptop 3は2機種で13.5型と15型です。

今回レビューするのは15型のSurface Laptop 3です。

「Surfaceシリーズだから買いたい」「あこがれのSurfaceが欲しい」という人が失敗しないよう適切に紹介させていただきます。

Surface Laptop 3 15の特徴

Ryzen 5 3580U Ryzen 7 3780U選べるAMD

 

Surface Laptop 3 15の構成はRyzen 5 3580U、Ryzen 7 3780UというSurface Laptop 3 15のためだけに作られたAMD社のCPUが搭載されています。

カラーは2色、ブラックかプラチナ

Surface Laptopで人気だったアルカンターラ素材を用いたキーボードではなく、メタルボディのみです。

アルカンターラが欲しい方は13.5型のSurface Laptop 3を選択しましょう

Microsoft Office 2019 Home&Businessが標準で付属

今だ日本市場で根強い人気を誇るMicrosoftOfficeが標準で付属します。

  • Word
  • Excel
  • Outlook
  • PowerPoint

が使えます。

職場や学校などでMicrosoftofficeが必要になる状況は多くありますので、安心です。

Surface Laptop 3 15インチ検証機のスペック

Surface Laptop 3 15インチの スペック
モニター15型(2496×1664ドット)10点マルチタッチ対応
CPURyzen 5 3580U
iGPUVega 9 グラフィックス
メモリ16GB
SSD256GB
インターフェースUSB-C/USB-A/3.5mmヘッドフォンジャック/Surface Connect
フロントカメラ720p HD f2.0
ワイヤレス機能Wi-Fi5 802.11ax/Bluetooth 5.0対応
サイズ339.5mm×244mm×14.69mm
バッテリー駆動時間約11.5時間
重量約1542g
保証1年間のハードウェア保証

Surface Laptop 3 15と13.5の違いはCPU及び液晶サイズですので、その点を中心に記載しようと思います。

Ryzen 5 3580Uについて

AMD社のモバイルプロセッサRyzen 3580UはSurface Laptop 3 15にのみ搭載されているモデルで比較対象があまりありませんが、ベンチマークスコアを見ればどの程度の性能なのかが明らかになります。

Cinebench R20

Cinebench R20の総合スコア
Core i7 9750H
2643pts
Ryzen 7 3750H
1767pts
Core i7 1065G7(Surface Pro 7)
1690pts
Core i7 8565U
1640pts
Ryzen 5 3550H
1630pts
Core i5 1035G7(Surface Laptop 3 13)
1547pts
Ryzen 5 3580U
1479pts
Ryzen 5 3500U
1373pts

ベンチマーク結果を見る限りでは、非常に残念な結果です。4コア8スレッドのRyzen 5 3580Uのスコアは一般向けに製造されるRyzen 5 3500Uと同程度のスコアに収まっており、”特別感”をあまり感じません。

ゲーム性能でSurface Laptop 3 13.5と比較

ファイナルファンタジー14のスコア
フルHD高品質(1920×1080ドット)
Surface Laptop 13.5 (Core i5 1035G7)
2484
Surface Laptop 15(Ryzen 5 3580U)
2032

Surface Laptopでゲームをプレイしたいというユーザーニーズは少ないと思われますが、単純にパフォーマンスを比較するとRyzen 5 3580Uは13.5型に搭載されている Core i5 1035G7よりもスコアが伸びないという結果に。

その代わり?といってはなんですが、GPU温度とCPUのクロック周波数に関しては安定していました。

PCMARK 10で総合的なパフォーマンスを計測

ベンチマークソフト、『PCMARK10』はウェブの閲覧や表計算ソフトを動かして、PCがどの程度快適に動作するかを測定するものです。

結果として、ウェブのブラウジングやOffice互換ソフトは問題なく使える水準でした。デジタルコンテンツクリエイション、つまり、画像の編集などを行う際は、同価格帯のノートPCと比較すると不利な結果です。

Ryzen 5 3580Uの性能まとめ

現行のRyzen 5 3500Uよりやや上の性能で、Intel Core i5 1035G7よりは下の性能という結果になりました。

Microsoftofficeや画像編集系のソフトを動かすのには問題ない性能だと思いますが、”価格”を考えるとすこし残念な性能だと思います。(Ryzen 5 3500U搭載モデルは10万円以下で購入できるので)

Surface Laptop 3 15のデザイン・質感が好きな方は費用対効果を無視できるかもしれませんが、個人的にはおすすめしづらいです。

デザイン・外観について

Surface Laptop 3 15はアルミ合金素材を用いたノートPCで質感が非常に高いです。

プラチナとブラックであれば、ブラックをおすすめしたいです。

なお、ブラックは、Ryzen 5 3580U+16GBメモリの構成から選べるようになります。

元々底面の排熱部の穴は見えませんが、黒にするとなおのこと目立ちません。無機質なデザインが非常に良いと思います。

キーボード側も同様で統一感があります。

インターフェースについて

  • Surface Connect ポート x 1

  • USB
  • USB-C
  • 3.5mmヘッドフォンジャック

Surface Laptop 3 15は非常にシンプルなつくりをしています。

Surface Laptop 3 15インチの評価とまとめ

良い点

  • Surfaceらしい質感の高いデザイン

気になった点

  • コスト/パフォーマンスが悪い

ぶっちゃけコスパは微妙

Surface Laptop 3 15の価格
Ryzen 5 3580Uメモリ8GB SSD128GB161,480円
Ryzen 5 3580Uメモリ8GB SSD256GB183,480円
Ryzen 5 3580Uメモリ 16G BSSD256GB231,880円
Ryzen 7 3780Uメモリ 16GB SSD512GB280,280円

Ryzenプロセッサは、オフィスワークソフトを起動させるには十分の性能を発揮しますが、グラフィックスパフォーマンスはそれほど高くなく、むしろ13型のSurface Laptop 3 13に性能で不利です。

個人的にはとてもがっかりですが、Surfaceが好きな方、オシャレな15インチが欲しい方は一つの選択肢にしてもいいとは思います。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)