LGが販売する24MK400H-Bは1万円台で買える安価な価格ながらも、応答速度が1msリフレッシュレートが75hzと格闘ゲーマーや任天堂Switchユーザーに最適なスペックのゲーミングモニターです。

Amazonタイムセールで値下がりしたタイミングで購入。実際に格闘ゲームをプレイしつつ検証したのでおすすめポイントなどを記載します。

スペック

サイズ23.5型
解像度フルHD(1920×1080ドット)
パネルタイプTN
応答速度1ms(GtoG)
リフレッシュレート75hz
輝度250cd
スピーカー非搭載
首振りチルト対応
VESAVESA75対応
重量2.8kg
サイズ(幅×高さ×奥行)
  • スタンドあり:555×421×182mm
  • スタンドなし:555×331×38mm
入出力HDMI/ヘッドフォンジャック/D-Sub(アナログ)

LG24MK400Hの特徴

  • 1万円台で買える格安ゲーミングモニター
  • 豊富な表示機能
  • 軽量で設置しやすい

動画で見る

YouTubeでも解説しているので是非チェックしてみてください。

1万円台で買える格安ゲーミングモニター

低価格なゲーミングモニターというと頼りない印象ですが、LG 24MK400Hは75Hzのリフレッシュレートと応答速度1msの高速モニター。それでいてパネルはLG品質が搭載されているので、コストパフォーマンスが非常に高い。

Amazonセール時では、11,550円まで値下がりしたので速攻で購入しました。

豊富な表示機能

LGは中級者向けの機能として、2万円以上の価格帯のモニターに搭載しているブラックスタビライザーや、照準を合わせやすくさせるクロスヘアを標準で搭載しています。

それだけでなく、ちらつきのもととなるテアリングを防止するAMD FreeSyncを搭載。機能が完全にお値段以上で「流石LG」といわざるおえないほどの機能性でした。

軽くて設置がしやすい

モニターは2.4kgほどで片手で持てる重量です。スタンドを合わせた総重量でも3kgを超えることはないため、誰でも簡単に設置できると思います。

また、背面は75mmVESAに対応しているためモニターアームや壁掛けマウントに取り付けることも可能です。

付属物、設置の仕方

付属物について

  • ユーザーズマニュアルCD
  • モニター設置セットアップガイド
  • HDMIケーブル
  • ACアダプタ
  • 電源ケーブル
  • スタンド
  • スタンドネック
  • ネジ
  • 製品保証書

この製品は、購入するとHDMIケーブルが付属しています。低価格モデルには珍しく、誤って追加で購入しないよう注意しましょう。

電源内蔵タイプではなく、ACアダプタが付属するタイプです。

設置の仕方

ネジを回す必要があるためドライバーを用意しましょう。コンビニで販売されている精密ドライバーで大丈夫です。

  • スタンドネックをモニター背面にはめ込む
  • ネジを回す
  • スタンドを取り付ける

特殊な部品などが使われておらず、スタンドネックやスタンドは樹脂でできているため、はめやすいです。

ただし、ネジをしっかし回さないとぐらつきます。ここは比較的力が必要な個所で、最大の難所、ネジ穴がしっかり成形されてないので、斜めに力を入れると、ネジが斜めに入ってしまうと思います。注意しましょう。

スタンドネジは、コイン、ドライバー、手回しいずれかで大丈夫です。

色域・見え方について

モニターの見え方です。TNパネル独特の白みがかったような色合いです。右側がメインで使っているUWQHDのモニター

一般的なTNパネルの見え方です。現状では、視野角が広く彩度の高いIPSパネルのモニターも1万円前後で購入できるため、PCの作業用に検討されている方はそちらを購入したほうがいいです。

色域・トーンカーブ

キャリブレーションツールによるトーンカーブです。赤がわずかに強いのですが、変な癖もなく、自然な発色だと思います。

LG24MK400H-Bの色域
sRGBカバー率91.8%
AdobeRGBカバー率71.2%

色域は一般的なモニターよりも少し広めですが、TNパネルですのでクリエイティブな作業には向きません。「モニターに搭載される色調整機能を使って、ゲーム画面を見やすくできる」というように考えたほうがよいでしょう。

実際に使ってみた評価

実際に格闘ゲームをプレイした感想と組立てた際のデザインについて記載しますが、ゲーミングモニターとしての感想で、一般的な作業での感想ではないためご了承ください。PC作業用なら絶対IPSパネルがいいです。

格ゲーをプレイした感想

筆者の僕は鉄拳7の中級者クラスの腕前です。(最高段位Steamで雷神)このモニターはテアリングがなく、目視では感じられませんでした。

ゲーミングモニターとしての優位性は手に入れられると思います。

デザインは微妙

昨今のモニターは、フレームを削り取ったフレームレスやナローベゼルデザインが主流ですが、LG24MK400Hは約2cmほどのフレームの厚さで、細いフレームに慣れている人だと気になるとおもいます。

また、スタンドが樹脂素材の質感が少し頼りない感じがします。ネジはしっかり締めましょう。

格闘ゲーマーや任天堂Switch用におすすめ

60hzまでのゲームで高速の応答性を必要とする格闘ゲーマーや、30fpsで動作する任天堂Switchにおすすめのゲーミングモニターで、1万円とは思えないほどの機能やパネル品質で非常にコストパフォーマンスが高いです。

スタンドは頼りないもののVESAに対応しているため、モニターアームと一緒に購入するのもありだと思います。

関連記事

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)