【格安旅行記】貧乏旅行のハワイで最上を3つも経験した。

1
2162

アロハ〜といえば、ハワイの挨拶の代名詞であり、日本に生息するなんちゃってハワイアンの挨拶だったりしますが、僕はどうしてもハワイに行きたくなったので格安でハワイに行ってきましたのでそのまとめを記載したいと思います。

貧乏旅行実際いくらでハワイに行った?

貧乏旅行とはいっても、さすがにヒッチハイク的なことはしておらず、格安航空会社を利用した格安ツアーでの旅行。

画像は一緒に行った友人のS君と教習したスプレッドシートから、二人ともクレジットカードしか使わないので、建て替え払いが発生して貸し借りとなっていますが、大体7万円弱。
この7万円弱で航空券、ホテル代が含まれてるのですから本当に安いですよね。

THE貧乏旅行

今回はDeNAを利用しました。

DeNAの格安ハワイツアーを公式サイトでチェック 楽天トラベルでチェック
ハワイ旅行をお金重視で考えている人へ
  • ハワイは人気の旅行先です。ツアーの金額が2万円から3万円程度前後するのがあたりまえです自分のスケジュールを重視すると、次にサイトを確認したら値段が上がっていた、ということが頻繁にあります。 金額重視の方は先に予約してしまった方が良いと思います。

席を指定しなかった結果嬉しいハプニングが

今回は成田空港からの発着でした。成田空港といえば、近くにANAのスカイセンターがあります。
僕が大学生の時に就職活動の際にANAのマナー講座を受けた際に見学させていただいた場所でもあります。なんか懐かしい気分になりました。

成田空港の北ウイングからの発着の便であります。

今回は友人のSくんとの旅行。彼はもう貧乏旅行にかけてはプロフェッショナルで(月1海外旅行している)どのようにすればコストパフォーマンスがいいかを網羅しているので大人しく従う(僕は素人なので)

うっしー
ねーねーSくんデルタアプリで席取れるよ?とっていい?
S君
ダメっす!

彼は語気を強くして僕を制した。

ちょっと不服なのだけれど、それが彼のいう「コスパ」につながるのであればいいかと思った。

チェックインを済ませそそくさと荷物を移し替える姿が何とも「熟練者感」をかもしだしていた。

受諾手荷物を預け入れる際に座席を決めるのですが、受付の方と5分程度問答をした結果、僕らの座席はビジネスクラスになっていた。

Sくんは旅行前日、LINEの会話で

S君
僕はゴールドメダリオンなんだ!

と、豪語していた。僕はメダロッターなのかなと思っていた。

メダリオン会員の方は、フライトご利用時にいつでも上質な旅をお楽しみいただけます。受託手荷物無料や無制限無償アップグレードなど、旅程のあらゆる場面で最高級の特典をご利用ください。以下のメダリオン特典を利用して会員資格の魅力をご堪能いただけます。

メダリオンとはデルタ航空の会員ランクでランク得点が高ければ高いほど、有事の際に優遇されるということらしい。

彼はメダロッターだったようだ。

 

そして僕は寝た。

旅の楽しみの一つビジネスクラスのデルタ航空ラウンジは最上の一言

旅の楽しみの一つにラウンジを利用するということがあります。
参考-【旅行】プライオリティパスのために楽天カードプレミアムにした話

今回は偶々、航空会社の配慮を賜りこのような素敵な時間を過ごすことができました。

写真に掲載されているラウンジの食べ物飲み物はすべて飲み放題です(ビジネスクラスだったから)
アップグレード特典を利用することにより、ビジネス以外でも利用可能です。

旅の一つの楽しみとして、今後も利用していきたいと思いました。
でもお酒の飲み過ぎは注意です。

 

1日目ハワイ到着、苦労を共にしたのは海軍将校?

僕たちが宿泊したのはワイキキビーチより徒歩5分のところにある「アクアワイキキパール

なんといってもワイキキ近し!

ツアーでの宿泊だったのであまり期待していなかったのですが、とても綺麗なホテルでびっくりしました。
観光地のホテルは安くても侮れないです。

ベッドはダブルサイズが最低なので、窮屈感じることはないと思います。レビューサイトでは水回り(洗面所とお風呂)にやや不満の声が上がっていますが、僕は余裕で我慢できました。

その上、ホテルで用意してくれるバスタオルが大変ありがたく、1日に一度タオルカードをと交換できるシステムなのですが、大きいタオルで海水浴も余裕でこなせます。

しかし、問題はチェックイン時間です。
ハワイに現地時間の朝7時に着いて、ホテルのチェックインは15時。

S君
暑いっすね!
うっしー
死ぬ!

この空白の時間に現地でツアーを申し込むのが理想的なのですが、久しぶりの旅行疲れと下調べ不足による準備不備で直で大型ショッピングセンターにあるアラモアナに向かってしまった(これはこれで楽しかったのですが。)

ホテルにチェックインするまで待機しなければならなかったのですが、面白い出会いがありました。

大きな白人がアロハシャツと短パンに白い靴下といった出で立ちで、僕たちを通り過ぎたと思ったらそそくさと、ホテル1階のトイレに駆け込んで行きました。

トイレの前を更衣室(ロビーとは壁ひとつ隔てた小さい部屋になっている)として使ってくれと言われたので、着替えていたら、先ほどの外人がトイレで呻き声をあげていて、僕とSくんは苦笑。

その後ロビーのソファに腰掛けていたら話しかけられて、僕とSくんは非常に懐疑的な面持ちで会話していたのだが(拙い英語で会話)終始「フゥゥ」と低いため息をついていました。

二日目に判明したのですが、「仕事でハワイに来た」その仕事とはどうやらアメリカ軍の会議らしく、ホテル前で会った白人は初日とは打って変わってフォーマルな服装。肩に1つぼしを乗っけてベレー帽を被り、シャキッとしていた

彼はどうやら軍の偉い人らしい、エレベーターに乗ったら最上階のボタンを押していた・・・

ハワイのコナコーヒーは美味い?不味い?僕は苦手

話は一転してアラモアナビーチに戻ります。

ハワイの観光地として観光客が押し寄せるアラモアナショッピングセンターですが、高級ブティックが立ち並ぶ、「如何にも」みたいな状態で、僕としては御殿場のアウトレットに毛が生えたようなものだという認識です。

アラモアナのインフォメーションセンターは日本語がバリバリ通じる、というか日本人だった

どっか休めるところある?と聞いたらコナコーヒーが飲めるところがあるとのこと。移動疲れで満身創痍の僕たちはとにかく座りたかったのでコナコーヒー店へ。

スタッフのお姉さんがすごく可愛かった。

コナコーヒーは酸味が凄く効いていて、好きな人は凄く好きだと思いますが、僕の舌には合いませんでした。
キリマンジャロをさらに酸っぱくしたような印象でした。

ハワイのツアーは現地で組みましょう。VIPツアーがオススメ

さて、3日間という限られた日数で回れるところは限られています。

個人的にはアラモアナショッピングセンターはスルーしても良いかなとも思いますが、アラモアナビーチは日本人のマリッジフォトが流行りまくっているらしく、この日は6組の幸せなカップルを目にした。

ツアーにもよりますが、1200ドル(13万円程度)で結婚式用の写真が撮れるらしいです。

ワイキキ周辺を歩いていると観光客用のツアーのフリーペーパーが置かれています。

おもむろに最安保証しているので手に取ってみました。

二日目に利用したレンタカーと三日目のマリンスポーツ体験はVIPツアーから申し込みました。
日本国内でこういったオプショナルツアーを利用した場合、代理店がマージンを取っているらしく(内容は一緒)現地で予約すると2割ー3割程度安く参加できます。

VIPツアーの受付の人はそのほとんどが韓国人となっているようでした。

担当してくれたアジアンビューティ(おそらく韓国人)は1年だけ日本に交換留学できていた程度らしいのですが、とても流暢な日本語で優しく対応してくれました。
こちらの少し無茶な要望(スケジュール都合)を伝えると少し困惑した表情を見せつつも、丁寧に対応してくれたのでとても気に入りました。

次回ハワイに行くときもVIPツアーを利用したいと思います。

ちなみに日本の旅行会社で組んだ時と比較したら30%程度やすかったです。

ハワイ旅行二日目は世界1を二つ経験

少し無理難題をふっかけた後に、レンタカーを借りてドライブすることにしました。

その前に腹ごしらえ!

僕がずっと行きたかったのはbils

そう世界一美味しい朝食で有名なあそこです。東京でもたべれるのですが、オーストラリア発祥でハワイから有名になったので、ぜひハワイでと決めていました。

リコッタパンケーキ!甘すぎない甘さでとても柔らかく、何度でもたべたいと思いました。
こっちが世界一の名を持つスクランブルエッグでございます。 かなりのボリューム、シェアするのが基本のようです。

 

店員さんがあまりにも可愛かったので・・・写真撮ってもらった

うっしー
キャンナイテイクアピクチャウィズミー

というアホな英語で話しかけると

え?写真ですか?

日本の方でした・・・めちゃくちゃ恥ずかしかった。

快く承諾してくれた店員さんは間違いなく今年見た中で一番の美人でした。

本当、可愛かったなぁ。

さてさて、レンタカーはダラーレンタカーをレンタルしました。

憧れのダッジチャージャー。ワイルドスピードのそう、あれです。

ビンディーゼルを見てから僕は寝ても覚めてもダッジチャージャー

でも、彼が作中で乗ってたのはチャレンジャーで、チャージャーが出てきたのは4作目何ですけどね・・・

一日目にワイキキビーチにも行きましたが人が多すぎて面食らってしまったため、人が少なくてもっと綺麗な海に行こうと話し合って決めました。

ラ二カイビーチが素敵すぎる

ラニカイ・ビーチです。

うっしー
ウォォォッォォォめっちゃ綺麗だ!!!

 

うっしー
うぉぉぉっぉおぉ
うっしー
すごい、なんて綺麗なんだ。僕は今まで下田こそ最高の海だと信じていた(下田の海も本当綺麗なんです)が、それ以上に綺麗。
エメラルドグリーンが無限に広がる世界はまさに楽園!

 

高まり続けるテンション。

そして僕はねた。

三日目はマリンスポーツツアーで天国の海サンドバーへ

僕は気づいた、引きこもりの生活でなくなるのは人間関係だけはないことを・・・

体力の限界だった。

だけど、ツアー予約しちゃったし行くか!

ということで三日目は天国の海へ。

この日はシュノーケリング、ジェットスキー、バナナボートです。

同行したグループ(5名1組)どうやら僕の地元企業のようで、方言とか、節々気になっていたところはあったんだけれど、帰国の時のお迎えのバスではっきりとわかってしまった。静岡〇〇・・・一緒に同行してた隣の女の子めっちゃ可愛かった。

 

ジェットスキーをSくんと楽しんでいたら、口笛を吹かれ

危険運転やめなさい」と指摘され、その代わりにインストラクター自ら運転するジェットスキーに載せられ、全力疾走されるという嬉しいハプニングが。

うっしー
ヤメテェェェェ
うっしー
飛んでチャッうううううううう

 

残念ながら海のアクティビティだったため、カメラを持ち歩かずiPhoneだけとなってしまったため、表情から察して欲しいです。

こうなりました。

運動不足の大人が泳いで、掴んで、体重移動するアトラクションに参加すると3時間で死人のような表情になります。

ツアーにはフルコンボ7種というのがあって、運動不足の方は覚悟して臨んだ方がいいと思います。死にます。

わーきゃあしている間に、アクティビティも終了したため、腹ごしらをしにロイヤルハワイアンセンターへ。

マハロハバーガーを食べに行きました。

ロイヤルハワイアンセンターB館2階フードコートにて
店員さんもすごく気さくで「にほんごチョットナラワカル」と言ってくれた。
マハロハバーガー、ニューヨークで食べたシェイクシャックもすごかったけどボリューム感はこちらの勝ち
アボカドバーガー量がやばい

 

ハワイ感想

僕のハワイの感想は海が綺麗で気候も過ごしやすいという、月並な印象。
本当にその通りで、暑いなと思って日陰に入ればすぐに涼しくなるし、海はとにかく綺麗。常夏のパラダイスなのは間違いない。

一転、観光で、というのはちょっと違うような気がしました。

観光する時にかっつめてツアーを組むというのはあまりハワイの土地に適切ではない気がします。

例えば、ツアーの時間に制限があるということですね。

この木なんの木も時間制限、マリンスポーツも時間制限。

しようがないことですが、ハワイの「観光名所」と言われているところすべて、他国の人が訪れる場所で一度見たらなんども足を運ぶことはないと思います。

むしろ、何度でも来たいと思うのは、ハワイの気候が過ごしやすかったり、海が見たこともないくらい透き通っているということで「自然なハワイ」がとても素晴らしいのではと感じました。

ちなみにご飯のクオリティはニューヨークとあまり変わらなかったと思いました。

今回の旅行はこちらを利用しました!本当に安くてオススメです。

あと、お出かけが多くなるハワイですのでモバイルバッテリーは必須、日本に帰国した際のことも考えてモバイルバッテリーを持っていきましょう。こちらの記事では僕がオススメする2ポート使えるモバイルバッテリーです。旅行しているパートナーの携帯電話なども充電できちゃいます。

参考記事リンク

【レビュー】Anker PowerCore (大容量13000mAh )|2ポートが魅力なモバイルバッテリー


今回の記事まとめ

  • 格安ツアーを組むと7万円前後でハワイに行ける
  • レンタカーは日本人向けの小型車はマッハで売り切れる
  • ラニカイビーチは日本人がいなくて神みたいな海なのでレンタカーは借りよう!
  • オプショナルツアーは現地で組むとマージンが取られないので安く済ませることができる
  • Wi-Fiはぶっちゃけワイキキ周辺ならいらない
  • 現金よりも体力を持っていこう
DeNAの格安ハワイツアーを公式サイトでのぞいてみよう! 楽天トラベルでチェック

ハワイで日本語が通じる理由、場所

よく、「ハワイは日本語が通じるから外国感がない」という人がいますが、半分本当で半分嘘です。

ハワイで開催されているツアーなどは、主に日本、韓国、中国など、のアジア圏向けに開催されているものが多く、今回行ったツアーも漏れなくそうでした。
ロイヤルハワイアンセンターもbilsもアラモアナショッピングセンターも日本語が通じる。

これはワイキキ周辺だからです。

日本人向けに作られたツアーやショッピングセンターで日本語が通じない方がおかしいと思った方がいいです。
反対にレンタカーでちょっと北の方に出向いてみると日本語は全く通じません。

つまり、ハワイで日本語が通じるのは、日本観光客がよく行く観光スポット限定というわけです。

日本のツアーで組まれた場所に行くだけなら英語を一切話さず過ごすことも確かに可能ということですね。

英語を話したい、なんとなくでも聞き取りたいという方は英語の教材のレビューをしましたので参考にしてください。

やるのとやらないのではかなり違います!詳しくは下の記事を見てください

ハワイ旅行に必要なもの要らないもの

ここで持ち物のチェックをしましょう。

僕はニクソンのバックパックで行きました。個人的に要るものと要らないものを列挙して行きます。
必要最低限で記載して行きますので、こだわりがある方は別の方法で持って行くのも良いでしょう。

下の記事は33リットルのバックパックのレビュー記事です。悩みや選んだ理由なんかも記載してます。
参考-【コスパ】ニクソンのバックパックLANDLOCK II NC1953に感動!うまい棒90本入れて見た!

要るもの

  • オーラルケアセット(歯ブラシ、化粧水、乳液など)
  • カメラ
  • クレジットカード
  • パスポート
  • VISA付きデビットカード
  • スマホ
  • スマホの充電器
  • 喫煙道具(喫煙者のみ)

要らないもの

  • タオル
  • 海パン
  • サンダル
  • 日焼け止め
  • 両替したドル

え、海水浴道具要らないの?と思った方もいるかとは思いますが、今回僕が宿泊してくれていたホテルで無料貸し出ししてくれていたこともあり、タオルでは困りませんでした。

その上、海パンやサンダルなどは現地でも楽に調達できますし、それほど高くないのでお土産ついでに現地で調達することをオススメします。

反対に手に入らないものは日本製の化粧水やタバコです、正確にはタバコは手に入りますが、日本と違ってハワイはアメリカなのでタバコが11ドル弱します(日本円で1300円程度)アイコス用は手に入らないのでここは注意が必要です。

あとは現金

よく空港の両替所で並んでいる人を見かけますが、アメリカはカード社会で現金は不要です。

お釣りの計算など、アメリカの場合は非常に面倒なのでクレジットカードを利用しましょう。

現金が必要になる場面も考えられますので、VISA付きのデビットカードの利便性が非常に高いです。僕はサービス当初からしようている、スルガ銀行VISAデビットがあるのでそれを利用します。

クレジットカードやデビットカードは為替の手数料が「両替」よりも有利です。両替所は3-4円程度スプレッド(交換損失)が発生してますので、もったいないです。
10ドルのものをクレジットカードで利用した場合と両替所で両替して買う場合、日本円で約30円程度損します。

ハワイでプリペイドSIMの契約は必要か?

ハワイはアメリカですのでAT&T系のGopohoneが利用可能です。アメリカはプリペイドが日本より進んでるので(本当は日本の方が先行していましたが、法律により後退)契約は簡単にできます。

あとで紹介するアラモアナショッピングセンター内で契約は可能ですか、Wi-Fiは必要かどうかという話です。

基本的に、ワイキキにあるホテルには無料で使えるWi-Fiが完備されていますし、ワイキキ周辺の観光スポットでも、無料のWi-Fiを使うことができます。

そのため、データSIMを利用する必要が本当にあるのは地図での利用になるかと思いますが、レンタカーを借りる場合、精度高めのカーナビをつけてくれますし、あらかじめWi-Fiのある場所で観光地などをピックアップすれば問題ないと思います。

地図にしてもグーグルマップのオフライン版をダウンロードすれば難なく使えます。(ハワイは島自体が小さいのでダウンロードもすぐ終わります。)

何故ハワイなのか

個人的な理由から。

僕は高校時代の修学旅行でハワイが設定されていましたが、転校したため行くことはありませんでした。

その当時、「大人になってから自分でいけばいいや」と思っていたこともあり、特別もったいないなと思うこともなく過ごしてきましたが、一転大人になってお金は自由に使えるようになったものの今度は時間が自由にならずにいけないという、社会人なら誰しもが考える「いけない理由」の構築が容易にされてしまい、気づけば20代後半。このまま過ぎる人生を歩んでもいいのかと思ったのが一つ

航空会社の競争が進み国内よりも海外の方が安いから。

「沖縄最高」という人はあなたの周りにも必ず存在している。
確かに沖縄は素晴らしいかもしれない、僕は行ったことがないので今度行きます。

 

格安ツアーを調べるとハワイのローシーズンであるゴールデンウィークあけはハイシーズンの3分の1の価格で行けるのです。
実際ゴールデンウィーク期間中は20万円していたツアー料金も明けた週からガクッと下がり、5万円〜6万円と価格が大きく下落していました。

ツアー料金は往復航空券及び宿泊ホテルの値段も込みなので、これだけ申し込んでおけば最悪泊まることはできるので、大いに活用したいと思いました。
今は添乗員(付き添いの人)がいないフリープランが主流なので、定められた期間、日程をこなすだけで滞在期間中は何をしても自由、ホテルや時間は自分で選ぶことはできませんが、料金が通常よりも安い(半値)のでそのぶん旅行中のアクティビティに回すことができ、お土産もたくさん買えてしまうということなのです。

各人、行きたい理由、いけない理由はあると思うのですが、僕はこんな感じでした。

ハワイ行きの旅行会社は比較サイトから

旅行比較サイトとして最強のトラベルコを利用しその時の最安値だったDeNAトラベル
を利用しました。

航空会社は1週間前に判明するためマイル狙いはできないようになっています

これはあくまで、「価格」だけの話です、実際問題として、昨年旅行会社が潰れたケースもあり、そう行ったリスクも飲み込まなくてはいけないと思います。

JTBやHISではダメなのか

ダメではありません、日本の大手旅行会社の代名詞とも言える二社は航空会社や宿泊先、アクティビティなどの明記がしっかりとされおり、日程や時間などの不安から解放してくれます。格安の旅行会社で組むツアーというのは、航空会社未定がデフォルトであり、「初めて海外旅行します、チェックインって何ですか?」という人は絶対に大手旅行会社をオススメします。
【JTB海外航空券】手配・発券手数料 0 円 !リアルタイム空席検索で楽々予約

航空会社はデルタ航空になった

デルタ航空といえば、僕が始めてアメリカのニューヨークに行った時もデルタ航空でした。
昨今問題になっているユナイテッド航空同様、デルタ航空はアメリカの会社です。しかし、2007年にCEOが代わり、多額の設備投資を行い顧客満足度向上に務めた結果大躍進中の航空会社です。

僕がニューヨークに渡航した際の印象は今あるLCCみたいな印象で、やはり日本航空(JAL)やANAには劣るのだろうと勝手に決めつけていましたが、Fly Deltaのアプリを利用したスマートチェックインなど、ユーザーに優先度を置いたサービスが非常に利便性が高く今ではとても気に入っています。

デルタ航空のアプリ

スマートチェックイン画面受諾手荷物もここでエントリーできます
AppleWatchのアプリでは搭乗可能時間になると通知してくれます。
渡航でついたマイルの確認も一発で確認できます。
フライト記録も簡単に確認できます。

Fly Delta

Fly Delta
無料
posted with アプリーチ

このようにして、デルタ航空のアプリは非常に利便性が高いのです、反面英語表記なので英語が苦手な人は扱いにくいといわざるおえないとも思いました。

1コメント

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください