msiのGE75Raiderはノート用インテルCPUの第10世代最上位グレードのCore i9 10980HKとGPUにNvidia GeForce RTX2070SUPERを搭載したウルトラハイエンドゲーミングノートPCです。

今回メーカーより実機をお借りしたので検証結果と僕の感想を記載していきます。

msi GE75Raider GE75-10SFS-011JPの特徴

国内で発売されるGE75-10SFS-011JPの特徴について記載いたします。

動画で見る

動画で各種ゲームのフレームレートなども解説しております。チャンネル登録もおまちしておりますよ~

Core i9 10980HK搭載でノートPC最高クラスの性能

ゲーミングノートPCやクリエイター向けのノートPCで多く採用されている末尾にHが付いたCPUの最上位モデルCore i9 10980HKを採用しています。

ノート用ながら8コア16スレッドで5.3Ghzという高いクロック周波数を実現するため、デスクトップPCに匹敵する性能です。

加えて、搭載GPUもRTX2070SUPERとなり、eSportsに必要とされるハイリフレッシュレートの描画が可能です。

17.3型の大迫力の240hz液晶搭載

狭額縁デザインが主流となり、従来のモデルよりもフットプリントを小さく液晶を大きくできるようになったため、昨今ゲーミングノートPC市場においては17.3型を選択するユーザーが増えてきているようです。

そして、GE75 RaiderはeSportsシーンにおいて必要不可欠な240hzの高リフレッシュレートに対応したモニターを搭載しています。

eSportsシーンでは特別なスキルはなくとも高いリフレッシュレートを採用したモニターを使うとキルデスレートがあがるという統計データをNvidiaが発表しており、GE75に搭載されている240hzの高リフレッシュレートモニターはビギナーからプロ級の腕前を持つユーザーすべての人におすすめしたいモニター性能です。

steelseries ゲーミングキーボード採用

また、従来より採用されていたsteelseriesキーボードが採用されています。高耐久で同時押しに対応したゲーミングキーボードで鮮やかなRGBライティングが特徴です。

別途専用のゲーミングキーボードを用意せずとも最高クラスの環境を手に入れることができます。

以上が概要となっています。msiはスタイリッシュ+ハイパワーに定評があり、日本国内において2018年、2019年2年連続売上販売台数No1を達成していまして、上記の挙げた要素も人気の要因だと思います。

GE75 Raider  GE75-10SFS-011JP スペック

GE75 Raider GE75-10SFS-011JPスペック
モニター17.3型(1920×1080ドット)240hz ノングレア
CPUCore i9-10980HK
dGPUNvidia RTX2070SUPER
メモリ16GB
SSD512GB
HDD1TB
インターフェースUSB3.2 Gen2 Type-C(Thunderblot 3) ×1/USB3.2 Gen2 Type-A ×1/USB3.2 Gen1 Type-A ×2/Mini DisplayPort ×1/HDMI ×1/ヘッドホン出力(Hi-Res対応)×1/マイク入力 ×1
フロントカメラ92万画素カメラ
ワイヤレス機能Killer Wi-Fi 6 AX1650(2×2、11ax、Bluetooth 5.1)Killer Ethernet E2500(10/100/1000Mbps)
サイズ397×268×27.5mm(突起部を含まず)
バッテリー51Whr,4730mAh
重量約2.64kg
保証2年間のメーカー保証

GE75 Raiderは最新の通信機能、Wi-Fi6やBluetooth5.1に対応しています。

メーカー保証は2年間となっています。そして、MSI公認ショップであれば、下記のとおりメモリの増設、サブストレージの追加、が可能です。

国内のMSI公認ネットショップですと、PCパーツショップのarkアークがおすすめです。

GE75 Raider GE75-10SFS-011JP

ゲーム性能

中級ゲームタイトル・フォートナイト/PUBG

フォートナイトは、実際にソロでプレイを5分程度行い、その平均フレームレートを計測しました。(スカイダイブ時も計測しています。)

フォートナイトシーズン2の平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
エピック(最高画質)
137ps
高画質
173fps
中画質
213fps

人気ゲームタイトル『Fortniteフォートナイト』は最高画質で137fpsでした。最高画質でも十分にプレイ可能ですが、240hzのモニターを活かすのであれば、中画質まで調整したほうがいいでしょう。

PUBG

PUBGはトレーニングモードで建物周辺を5分程度集会した平均を算出。おそらく、実際のゲームプレイでは、平均で10fps以上低下するものと思われます。

PUBGの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
ウルトラ
173fps
高画質
158fps
中画質
167fps

PUBGではウルトラで173fpsでした。PUBGのトレーニングモードに関しては、周囲のプレイヤーの人数や攻撃を受ける回数によって上下してしまいます。中画質では同じ画面に5人以上プレイヤーが存在することもあり、フレームレートが安定しませんでした。

とはいえ、どの画質でも150fps以上で推移していたので快適にプレイ可能なのは間違いないです。

モンスターハンターワールド・重量級ゲームタイトル

モンスターハンターワールドは、重量級ゲームタイトルの筆頭です。垂直同期をオンにし、1-1のマップを5分ほど周回しました。

のMHWの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
最高画質
90fps
高画質
119fps
中画質
120fps

MHWは重量級ゲームタイトルの筆頭ですが、最高画質でも90fps以上でていました。

MHWはシューター系のゲームではないため、60fps以上でプレイできれば概ね快適とされていますが、もう一つ上のWQHD(2560×1440ドット)でのプレイも視野に入ります。

ファイナルファンタジー15ベンチマーク

ファイナルファンタジー15のスコア比較
フルHD(1920×1080ドット)
最高画質 GE75
8585
最高画質 他社デスクトップ
9593
WQHD(2560×1440ドット)
最高画質 GE75
6632
最高画質 他社デスクトップ
7150
4K(3820×2160ドット)
4KDLSS GE75
5556
4KDLSS 他社デスクトップ
6068

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果を他社デスクトップPCと比較しました。他社デスクトップPCはCore i7 9700K+RTX2070SUPER搭載モデルです。

わずかにパフォーマンスでは劣るものの、ノートPCとデスクトップPCの性能差がこれほど詰まるとは驚きでした。

ゲーム性能まとめ

すべてのゲームタイトルを快適にプレイ可能な性能があります。またメインとなる中級クラスのシューター系ゲームでは画質調整でほとんどのタイトルで240hzの高リフレッシュレートモニターの性能を活かせる性能があるでしょう。

性能差は同パーツを搭載しているデスクトップPCと同水準といっていいほど性能を高めていました。デスクトップPCの性能が欲しいけれどPCの設置スペースがない方の選択肢としてはありだとおもいます。

クリエイティブ性能

Adobe Premiere Pro

過去、実際に僕がYouTubeにアップロードしたこのとある、アニメーションありのフルHD画質、テロップ、アニメーションありの動画の元データを使い書き出しを実行しました。

書き出し条件は下記の通り

  • H264
  • YouTube 1080P
  • 動画の尺を5分に設定し書き出し
GE75-10SFS-011JPの動画の書き出し時間
CUDA2分26秒

レンダリング時間はデスクトップ上位のCPUを搭載するモデルと同水準です。

Adobe lightroom Classic CCによるRAW現像

RAWデータの加工が可能なAdobe lightroom Classic CCにて書き出しを終えるまでの時間を計測しました。条件は下記のとおりです。

Adobe lightroomClassic CCにて、Adobe Lightroom Classicにて、α7Ⅱで撮影したRAWファイル(1枚あたり24Mb)を100枚JPEGに書き出しするスピードを計測したところ1分30秒でした。

  • 画像形式JPEG
  • カラースペースsRGB
  • 画質60
  • メタ情報『すべてのメタデータ』人物情報の削除、場所情報を削除
100枚の現像にかかった時間
Core i9 10980HK+メモリ16GB1分30秒

RAW現像はCPUパフォーマンスとメモリの量がダイレクトに影響する作業です。クリエイティブな作業も行う場合、メモリを32GBに増設すれば快適性はさらに増すと思われます。

コンテンツクリエイトの性能まとめ

コンテンツクリエイトの性能は流石といったところで、ゲーム性能同様、ハイエンドデスクトップ級のパフォーマンスを発揮できます。録画データを編集してYouTubeにアップロードするような作業も苦もなくこなせるでしょう。

また、一般的な動画クリエイターにもおすすめできるほど高性能です。

ベンチマーク結果

Cinebench R20

Cinebench R20の総合スコア

Core i9 10980HK
3807pts
Core i9 9980HK
3254pts
Core i7 9700
3144pts
Core i7 9750H
2716pts

CPUのレンダリングスピードを計測するCinebench R20では、3807ptsでした。サンプルがないので測定結果には記載していませんが、ベンチマークスコアで言えば、Core i9 9900Kと同水準で、まごうことなきデスクトップ級のパフォーマンスです。

PASSMARK CPUMARK

CPUMARKのベンチマークスコア※
Ryzen 7 3700X
23722
Core i7 9700K
17254
Core i9 10980HK
16831
Core i7 8700K
16051
Core i7 9700
14613
Core i5 8400
12088
Ryzen 7 2700X
16743
Ryzen 5 2600
12851

PASSMARKのスコアではCore i7 9700Kに一歩及ばずといったところ。

いずれにしてもミドル~ハイエンドクラスのゲーミングPCなみのパフォーマンスは出せそうな結果です。

SSDの読み書き

搭載SSDはウェスタンデジタル製のものが採用されていました。シーケンシャルリードは3412mb/sと理論値付近。非常に高速です。ゲームのプレイや動画編集も全く問題なく使えるでしょう。

ピーク時のCPU温度・GPU温度

FF15のベンチマークテストを1時間実行した際のCPU温度とGPU温度のログデータをグラフ化したものです。CPUが99℃-100℃付近でGPUも温度を下げているのはサーマルスロットリングの挙動だと思われます。

GPUはまだいけそうだけど、CPUが先にパワーダウンしちゃってるような感じ。

GE75Raiderはデュアルファン搭載で冷却性能は高いのですが、やはりハイエンド構成ですと熱に悩まされてしまうのかもしれない。

対策方法として、

  • ノート用クーラーやスタンドを利用する。
  • メーカー保証外になりますが、CPUグリスを塗布する。

以上を実行してみるとゲームプレイ時にさらにフレームレートを伸ばすことができるかもしれません。

デザインや外観について

msiはスタイリッシュなデザインがゲーマーに好まれるといった点も人気を支える要因の一つです。

ドラゴンのエンブレムと爪痕をイメージしたオーナメントが特徴です。黒を基調としたPC本体とmsiのコーポレートカラーである赤でデザインされています。

背面にはRaiderロゴが印字されているほか、排気用の大きな穴とヒートシンクを見ることができます。世界観をうまく踏襲しつつ機能性を持たせたデザインでパフォーマンスが出るのもうなづけます。

底面にもそのこだわりがみられ、サイバーパンクな模様から、本体と地面の隙間を作るゴム足まで、一つ一つがゲーマーのために作られていることがわかるゲーミングノートPC。

なかでも特徴的なのは、デュアルファンです。

msiとえいば、ハイエンドにGT Titanシリーズ、モバイル用の最上位にGS StealthシリーズなどノートPCにこれでもかとパワーを詰め込んがノートPCが多いのですが、それらを可能にするのがこのデュアルファンからなるCooler Boostシステムです。

限りなく小さく、そして高い冷却性能を持つCooler Boost 5がGE75の要といえます。

暗い部屋で活動するゲーマーのためのライティングでUSBが赤く光るため、キーボードやヘッドセットを迷わず接続可能です。

GE75Raiderの重量
本体重量2.62kg
本体+電源3.65kg

重量は合計3.6kgほどでした。持運びはきついですが宅内用でなら許容範囲内です。

また、数年前までハイエンドのノートPCが5kg程度で販売されていたことを考えると”ハイエンドノートPCも軽くなった”といえる数値だと思います。

液晶モニターについて

GE75Raiderに搭載される液晶パネルはノングレアタイプです。17.3型のノートPCですが、ベゼルが狭く、本体がコンパクトに作られているため大きさを感じさせないつくりになっていると思われます。

GE75Raiderはmsi True Colorを採用しているため、ソフトウェアで色の調整が可能です。一般的なsRGBカラーからクリエイター向けのAdobe RGBなどを設定可能。

リフレッシュレートは240hzに対応しています。

色域・トーンカーブについて

sRGBにセットした状態でキャリブレーションツールにて測定しました。微妙に青が強かったですが、おおむね発色は自然だと思います。

今回の検証機には大手台湾メーカーのゲーミングモニター全般に採用されるメーカーAUO社のパネルが採用されていました。

GE75 Raiderの色域
sRGBカバー率93%
sRGB比93%

ゲーミングノートPCとしては必要にして十分なsRGBカバー率93%でした。動画編集や趣味で行う写真補正程度であれば全く問題ない水準だと思います。

液晶モニタまとめ

GE75Raiderに搭載されているゲーミングモニターは240hz駆動の高リフレッシュレート表示が魅力で、そのほかの表示機能は一般的なノートPCと同じか、ちょっといいくらいです。ゲームのプレイは全く問題なく超快適だと感じました。

マシンパワーを活かしてクリエイティブな作業を行いたい方は別途専用のモニターを用意したほうが良いでしょう。

キーボード・タッチパッドについて

GE75 Raiderにはフルサイズスケールのキーボードが搭載されています。矢印キーが「0」のとなりに入り込んでいますが、それ以外は設置個所に癖はなく打ちやすいと思います。

キーストローク(キーの沈み込み)は1.8mmで従来通りといった感じ。個人的にゲームのプレイにおいては深めのほうが操作性は高いと考えているんのでコレはコレでいいと思う。

steelseriesのゲーミングキーボードということで、Per-Key RGBに対応。

LEDのライティングは電源ボタンの下にあるボタンあるいは、PCのソフトウェア上から変更可能です。

タッチパッドには独立ボタン付きのものが採用されています。押し心地は硬め、操作性はよいのですが、ゲームで使用する場合はマウスがあったほうがよいでしょう。

インターフェースについて

GE75Raiderは外部ディスプレイの出力やヘッドフォン出力が魅力。

  • セキュリティロック
  • イーサネット(Killer LAN)
  • HDMI
  • miniDisplay
  • USB 3.2 Gen2
  • USB-3.2 Tyep-C(Thunderbolt 3)

Thunderbolt 3はUSB PD、Alt Mode非対応です。

右側面

  • SDカードスロット
  • USB 3.2 Gen2
  • USB 3.2 Gen2
  • DCジャック

となっています。ゲーマーのための構成といった感じでUSB-Aのポートが3つあります。GE75Raiderだけでもゲーム環境は構築可能ですが、ゲーミングキーボードやマウスの接続も用意。

動作音・PCの表面温度設定項目

ファンの駆動音

今回の検証はすべて下記のとおり最大パフォーマンスを発揮するための設定で実行しています。

Dragon Centerにてパフォーマンスレベルを「Turbo」、ファンスピードを「Cooler Boost」にて実行。

ファイナルファンタジー15のベンチマーク中の駆動音です。56.5dbでした。ゲーミングノートPCの中でもファンの駆動音はトップクラスです。

かなり耳障りな音が鳴り響きますが、パフォーマンスとトレードオフです。ヘッドセットは必須かもしれません。

GE75 Raiderのファンの駆動音
アイドル時約39db
ピーク時約56db

とはいえ、アイドル時は普通のモバイルノートPCと同じ水準あるいはむしろ静かなくらいでしたので通常使用ではあまり不快感は感じないと思います。

PCの表面温度

ファイナルファンタジー15を1時間駆動した際のPC表面温度は44.6℃付近で中央部はかなりホット。

しかし、「W」「A」「S」「D」周辺は人の体温程度でしたので操作に全く問題ない水準でした。ゲーム中に触れる場所は人が触れても問題ない温度になるよう設計されています。

msi GE75 Raider GE75-10SFS-011JPの評価とまとめ

良い点

  • デスクトップのハイエンドに迫るパフォーマンス
  • eSportsに必要なツール全部入り

気になる点

  • 価格が高い
  • 熱と音

1台で戦える戦闘用マシン

文字通りデスクトップ級のパフォーマンスを持ちながら、それをいかんなく発揮できるボディ設計が魅力。ただし、ノート用のハイエンドCPU、GPUはそれでも完全に冷やしきることはできないため、可能であれば、ノートPCスタンド、クーラーを別途用意したいところ。

価格は30万円を超えているため購入者を選ぶと思いますが、eSportsを存分に楽しみたいユーザーにおすすめのノートPCです。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)