Surface Go 2は10.5型のコンパクトなディスプレイを採用したタブレット型ノートPCでサブPC的な使い方を想定したユーザーにおすすめの製品だ。

日本マイクロソフトより検証機を借りたので検証結果を記載していく。

スペック

Surface Go 2 スペック
モニター
  • 10.5型(1920×1280ドット)
CPU
  •  Intel Pentium Gold Processor 4425Y
iGPU
  • Intel UHD Graphics 615
メモリ
  • 8GB
SSD
  • 128GB
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約245mm×奥行き約175mm×高さ約8mm
バッテリー持続時間
充電タイプSurface Connetor/USB-C
重量約0.54kg
保証1年間ハードウェア保証

日本マイクロソフトはSurface用の延長保証のMicrosoft Complete補償プランを追加で購入すると最大4年の延長保証として利用できる。

このMicrosoft Complete補償プランは偶発的な損傷に対する補償つきなので、外で頻繁にPCを使うユーザーなら選んでおきたい。また、この補償があるからSurfaceを選択する人も多いため、検討材料にしてほしい。

 

なお、価格や仕様は変更となる恐れがあるため必ず公式ページにて確認を。

Suraface Go 2の特徴

Surface Go 2は最上位モデルのみCore m3+LTEモジュールを搭載しているが、今回の検証機はIntel Pentium Gold Processor 4425Y/メモリ8GB/SSD128GBの構成。

タブレットサイズのWindows PC

Surface Go 2はタブレットで主流の10.5型サイズを採用しているため、一般的に売れ筋とされる、13.3型や15.6型と比較すると非常にコンパクトだ。

実際に13.3型のMacBook Airやスマートフォンと比較した画像。Surface Go 2は非常に小さい。重量は本体のみで500g程度なので持ち運びのしやすさはモバイルノートPC屈指で、常にPCを持ち運びたい人には非常におすすめできる。

別売りのタイプカバーキーボードでデタッチャブル型ノートPCとして利用可能

Surface Go 2は人気のSurface Pro 7シリーズの廉価グレートで同じくSurface Go タイプ カバーキーボードを採用している。本体サイズが10.5型とコンパクトなため、キーボードも全体的に小さい点が少し気になったが、UMPCシリーズ(超小型ノートPC)と比較するとSurface Go 2用のタイプカバーキーボードは比較的タイピングしやすいと思う。

タイプカバーキーボードはアルカンターラ素材を採用押しているため、汚れが付着しづらい上、質感が高い点が特徴だ。

今回借りられたタイプカバーキーボードはカラーがアイスブルーでSurface Go 2に装着した際の外観がフォーマルな印象で、ビジネスシーンで映えると感じた。

この、タイプカバーキーボードはSurface Go 2と接続し、開閉時にスリープ/解除の機能も併せ持つ。できれば一緒に揃えたい。(高い)

ハードウェアの性能は控えめでクラウドストレージ、外付けストレージの使いこなしは必須

Surface Go 2に搭載されているプロセッサはIntel Pentium Gold 4425YでLTEモデルにはCore m3が搭載される。どちらも2コア4スレッドの低消費電力CPUだが、性能は「Celeron Uシリーズよりも若干性能が高い」といった程度で、2021年現在はでお世辞にも高性能は言い難い。

スマートフォンに搭載されるプロセッサが高性能化し、ウェブサイトやアプリケーションの要求スペックが高くなっている上、Surface Go 2はメモリやストレージのカスタマイズも限定的であることから、MicrosoftOfficeなど事務的な作業やプログラミングなどで利用するためのPCとして検討するのが良いだろう。

ただ、USB-CポートやSurface Connectポートを搭載しているため、外付けのメモリなどを利用すればストレージの問題は簡単に解決できそうだ。

このほかMicrosoftのOnedriveなどクラウドストレージを前提とした使い方が求められるタブレットPCだと思う。

 

なお、価格や仕様は変更となる恐れがあるため必ず公式ページにて確認を。

デザインや使い勝手について

Surface Go 2はプラチナカラーに塗装されたマグネシウム合金を採用している。これはSurface ProシリーズやSurface Laptopシリーズ、Surface Bookシリーズにも共通するカラーリングで、定評のあるデザイン。

背面のキックスタンドはデザインもさることながら開閉角度の自由度が高く、利便性が高い。

最大開閉時には、写真のように映像視聴に最適だ。

別売りのタイプカバーキーボードを付けると、ノートPCとして利用できるのが非常に魅力的。

インターフェースについて

  • 3.5 mm ヘッドフォン ジャック
  • USB-Cポート
  • Surface Connectポート

  • MicroSDXC カードリーダー

Surface Go 2のUSB-Cは充電にも対応。手持ちの計測器では約30Wほどで給電されていた。

専用の電源は24Wで、非常にコンパクト。

モニターについて

Surface Go 2は10.5型のグレアタイプのパネルを採用しているため、光りの反射、映り込みが気になるかもしれない。個人的には映像視聴用として利用するならありだと思う。

トーンカーブ・色域

キャリブレーションツールでトーンカーブを計測したところ画像のような結果に。Surface Go 2はBOE製のパネルを採用し、計測器では最大輝度が370cdオーバーだったため、かなり明るいための調整と思われる。工場出荷時で十分使いやすい色味だと感じた。

色域はsRGBカバー率が99.0%、対比では105%と非常に広い色域を有する。

ウェブデザインや制作物の確認するのにちょうどよい。

性能について

Cinebench R20

Cinebench R20はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通り

 

Cinebench R20の総合スコア

Ryzen 9 5900HX
5177pts
Core i9 10980HK
4132pts
Ryzen 9 4900HS
4040pts 
Core i7 10875H
4037pts
Ryzen 7 4800H
3823pts
Ryzen 5 4600H(TUF Gaming)
3143pts
Ryzen 5 4600H
3021pts
Core i7 10750H
3053pts
Core i7 11370H
2755pts
m-Book K700 Core i7 9750H
2643pts
HP ENVY X360 13 Ryzen 7 4700U
2437pts
HP ENVY x360 15Ryzen 5 4500U
2270pts
Core i5 10300H
1941pts
Core i7 1065G7
1868pts
ThinkPad E14 Gen 2(AMD)
1604pts
Prestige 15 Core i7 10710U
1587pts
mouse X5 (Core i7 10510UI)
1534pts
ThinkPad E595(Ryzen 5 3500U)
1333pts
ThinkPad X390(Core i7 8565U)
1245pts
Core i5 1035G1
1211pts
Pentium Gold Processor 4425Y
353pts

マルチスレッド性能は353ptsで、格安モバイルノートPCなどに採用されるCeleron Uシリーズに近いスコアだ。

PC内部のハードウェアが好きという方にはなじみぶかいかもしれないが、性能はかなり低い。PCMARK 10でも言及しているが、性能においてはMicrosoftOfficeや互換ソフト・ビデオ会議ソフトを動作させる程度にとどめる必要がある。それ以上の作業ははもっさりとした印象。

PCMARK 10

FutureMarkが提供するPCMARK 10は、MicrosoftOfficeのWord、Excelに類する互換ソフトウェアや、ビデオ通話会議ソフト、画像編集ソフトのバッジファイルを実際に動作させ、どの程度の快適性があるかをスコア化。提供元はおおむね4000点以上あれば快適としている。

結果は総合スコアが1806でMicrosoftOffice互換ソフトやビデオ会議ソフトなどの利用は比較的快適だが、画像編集などのクリエイティブタスクは厳しいという結果に。

これにともない、動画編集やRAW現像ソフトの書きだしは今回は割愛。

Surface Go 2の評価とまとめ

良い点

  • 気軽に使える10.5型
  • Surfaceシリーズらしいハイクオリティデザイン
  • インターフェースがタブレットPCとしては豊富
  • ファンレス設計でどこでもストレスフリー

気になる点

  • 性能がノート用のCeleronシリーズと同等
  • 価格が高め

Chromebookとの二択になるならこっちがいいかも。

Surface Go 2は高い質感やデザイン性に定評があるSurface Proシリーズと同様、本体の作りがよくできていて、とてもオシャレなタブレットPCだと感じた。

10.5型の絶妙なサイズもあいまって、タイプカバーキーボードタイピングのしやすさをぎりぎり残している点も非常にすばらしい。これ以上小さいとタイピングは絶対にしづらいし、そもそもこの大きさでも打ちづらさを感じる人はいるだろう。

例えば「子どものプログラミング用に」「ビジネス用のサブPC用に」といった用途にはハマる製品。

気になる点は、低価格ノートPCでおなじみのCeleron Uシリーズよりも気持ち性能が高い程度で市場の中で見るとしたから数えたほうが早い、といった点で、性能に期待できない上に、価格が税込みで85,580円と昨今の低価格ノートPCよりも3万円ほど高価であること。

Surfaceシリーズの強みは、Microsoft謹製という付加価値ではあるものの、パフォーマンスの低さからくる割高感を覆すほどのパワーはないと思っていて、コストパフォーマンスは低いと感じた。

なお、価格や仕様は変更となる恐れがあるため必ず公式ページにて確認を。

関連記事

スポンサーリンク

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)