DELL G15 5520はインテル第12世代CPUを搭載したゲーミングノートPCだ。

Dell G15シリーズはコストパフォーマンスの高さに定評のあるデルの中堅クラスのシリーズで、上位モデルのSE(スペシャルエディション)は天板がアルミシャーシに変更され、240Hzのリフレッシュレートをもつパネルを搭載するスペシャル仕様。さらに、インターフェースのUSB-Cは3.2Gen1からThunderbolt 4に変更されているためクリエイターが使っても満足可能な万能PCとして設計されている。

今回は筆者が購入したDELL G15 SE(5520)の性能、使い勝手を紹介していく。

スペック

今回の検証機はRTX3070Ti搭載の即納プラチナモデル

Dell G15 SE
モニター
  • 15.6型(2560×1440ドット)240Hz
CPU
  • Intel Core i7 12700H
dGPU
  • NVIDIA GeForce  RTX3070Ti
メモリ
  • 16GB
SSD
  • 1TB (NVMe)
サイズ(幅×奥行×厚さ)幅約357.30mm×奥行き約272.11mm×高さ約24.9mm
バッテリー86Wh
無線通信規格Wi-Fi6/Bluetooth V5.2対応
充電タイプDCジャック
重量約2.6kg
保証1年間引き取り修理サービス・パーツ保証

 

特徴

動画で見る

インテル第12世代プロセッサ搭載でデスクトップPC顔負けのフレームレートに

Dell G15 SE はプロセッサにインテル第12世代プロセッサを搭載し、ゲーミングノートPCとしての完成度をさらに高めた。

デル製品は最上位モデル以外は作りや安っぽく排熱が弱点だったが、そもそも発熱が抑えられたプロセッサであれば全く問題ない。その上でパフォーマンスはミドルクラスのデスクトップPC以上の性能を発揮可能なので、ノートPCでも十分に重量級ゲームを快適にプレイ可能だ。

また、今回購入したRTX3070Tiモデルは最大グラフィックスパワーが140Wだった。

RTX3070Ti搭載モデルとしては高い出力が設定されており、パフォーマンスも非常に高い。

定番ベンチマークソフト3DMark Time Spyではグラフィックススコアが10547ポイントでデスクトップPCのRTX3060〜3060Ti程度の性能がある。

240Hz 400Nitのハイスペックゲーミングモニター搭載

Dell G15 SEはリフレッシュレートが240Hzかつモニターの明るさを示す輝度が400Nitほどある。ゲーミングノートPCに搭載されるものとしては最高クラスのグレードのパネルでシューター系のゲームタイトルとの相性が抜群だ。

人気のシューター系ゲームタイトルApex Legendsでは画質調整を施して平均200fpsオーバーも可能。搭載されているゲーミングモニターのパフォーマンスを活かしきれる性能がある。

SE(スペシャルエディション)ならではの高級感

スペシャルエディションのDell G15 は天板がアルミシャーシでできており、非常に高級感がある。

また、キーボード側下部にはLEDのライトが埋め込まれ、PCのソフトウェアで制御可能だ。筐体そのものはDell G15 Ryze Editionと同じような感じではあるが、パーツの構成を変えているため、非常に高級感のある仕上がりだ。

即納モデルあり、インテル第12世代の上位機を購入できるのはデルだけ?

Dell G15 SEはデルの国内倉庫の在庫を発送する「即納モデル」が存在しており、注文してからすぐに手元に届く。

2022年6月時点で、大手外資系メーカーインテル第12世代プロセッサとNVIDIAのGPUの組み合わせのゲーミングノートPCが買えるメーカーは希少ですぐに欲しいとなるとDell G15 SEが最有力だ。

デル×うっしーならいふ限定楽天ポイントがもらえちゃうキャンペーン

デルとうっしーならいふ限定で楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

PCが対象ですが購入金額の合計がそれぞれ満たせればOKです

  • 合計で8万円(税抜)以上購入で3000P
  • 合計で15万円(税抜)以上購入で7500P

詳細は下記特設ページで確認できます。

注意事項下記に該当すると対象外になります。

  • ご注文後のキャンセルや、返品
  • ブラウザの設定で、クッキーがオフとなっている場合
  • デル・アウトレット製品の購入
  • デル・プレミアページ経由でのご購入
  • Cookie(個人関連情報)の第三者提供に同意せずに購入された場合

Cookieの確認方法は下記ページで紹介しています。

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

性能について

検証機は前述の通り、Core i7 12700H/RTX3070Ti(140W)/メモリ16GB/SSD1TBの構成で計測。

Cinebench R23

Cinebench R23はCPUのパフォーマンスのみでコンピューターグラフィックを生成し、CPUの性能を測定するベンチマークソフト。点数が高ければ高いほど高性能とされているが、実際のソフトウェアを動作させた際の実性能と差が開く可能性があるが結果下記の通り

 

Cinebench R23の総合スコア

Core i7 12700H(レビュー機)
16052pts
Core i9 12900H
14884pts
Core i7 11800H
14111pts
Ryzen 9 5900HX
13894pts
Ryzen 7 5800H
12651pts
Ryzen 9 5900HS
12058pts
Ryzen 7 5800H
11670pts
Core i7 11800H
11250pts
Ryzen 7 5800H
11224pts
Ryzen 5 5600H
8815pts
Ryzen 7 5800U
7889pts
M1
7372pts
Core i7 11370H
7135pts 
Ryzen 5 5500U
6727pts
Core i7 1165G7
6594pts 
Core i7 1165G7
5379pts
Ryzen 5 4500U
4463pts
Core i5 1135G7
4223pts

最新のCinebench R23(Minimum Test Duration OFF)では16052pts。

インテル第12世代プロセッサはインテルの第11世代デスクトップPC並みのパフォーマンスがあるようで、マルチスレッド性能やシングルスレッド性能が非常に高い。ゲーム系のベンチマークやクリエイティブワークでも高いパフォーマンスを発揮可能だ。

ノートPCの中ではもちろんトップクラスの性能。

3DMark Time Spy

同じくFutreMarkが提供する3D Mark TimeSpyはゲーム系のベンチマースソフトウェア。グラフィックスコアが相対的にどんなGPUより優れていてデスクトップPCだとどれくらいなのかということがわかるもの。

総合スコアは10627ポイントで、注目のポイントはGPUスコア、一般的なデスクトップPCのRTX3060〜RTX3060Tiクラスの性能がある。CPU、GPU共にデスクトップ級である。

SSDの読み書き

搭載されていた512GBのウェスタンデジタル製のSSD。大容量データの書き込み時に速度の低下があった、やはり、デルのゲーミングノートPC最上位ブランドAlienwareとはパーツで差別化をおこなっているようだ。

とはいえ、ランダムアクセスも高速で一般的に、「遅い」と感じるはずはないので特に問題はない。

ゲーム性能

ApexLegends

Apex Legendsの平均フレームレート
フルHD(1920×1080ドット)
射撃訓練上(高画質)
160fps
射撃訓練上(低画質)
233fps

人気のシューター系ゲームタイトル「Apex Legeds」では解像度をフルHDに設定し、高画質、低画質でフレームレートを測定。

高画質時、射撃訓練場では平均で160fpsを記録。

画質調整を行えば、平均で233fpsも出せる。実際のゲームのプレイでは165〜200fpsがターゲットとなり、モニターのパフォーマンスは十分に発揮可能だ。

シャドウオブザトゥームレイダー

重量級ゲームタイトルシャドウオブザトゥームレイダーはWQHD解像度で高画質、DLSSクオリティで計測。

平均フレームレートは114fpsで余裕の動作。

サイバーパンク2077

トリプルA級のビッグタイトルサイバーパンク2077ではWQHD,フルHD解像度でウルトラにて計測。DLSSはバランス

サイバーパンク2077の平均フレームレート
ウルトラ画質(フルHD)
104fps
ウルトラ(WQHD)
67fps

ウルトラ画質に設定してNVIDIAのテクノロジーDLSSを設定項目でバランスにするとWQHD解像度でも平均で67fpsで描画できた。

サイバーパンク2077は超重量級のゲームタイトルなのでこのゲームタイトルでここまで快適にゲームをプレイできれば全てのゲームを快適にプレイ可能と言っていいだろう。

Adobe Premiere Pro CC動画の書き出し速度検証

過去YouTubeにアップロード用に作成したプロジェクトの書き出し時間を測定しました。α7R4で撮影したフルHD動画をH264 YouTube1080Pプリセットで書き出し、その時間を検証するというもの。

Premiere ProCCは2022年5月30日時点の最新バージョンに更新、ハードウェアエンコーディングで実施しました。

  • XAVC S FHD24P(50Mbps)
  • 動画の長さ15分11秒
  • テロップ/カット編集/画像挿入あり
  • シーケンス設定は24fps
機種24fpsの書出し時間
Dell G15 SE(レビュー機1分35秒
HP Pavilion Gaming (AMD)2分12秒
ROG Strix SCAR 172分13秒
ASUS TUF DASH F152分22秒
Dell G15 Ryzen Edition2分51秒
HP ENVY 14-eb(電源接続時)2分53秒
HP ENVY 14-eb(バッテリー動作)2分56秒
ROG Flow X13(バッテリー動作時)3分10秒
MacBookAir (M1)(ハードウェア)4分24秒
mouse K55分5秒
XPS 13(9310)6分25秒
ASUS ZenBook 14 Ultralight UX4356分36秒
Yoga Slim 750iCarbon7分34秒
mouse X5-R710分29秒
MacBook Air (M1)(ソフトウェア)10分46秒
mouse X5-R511分22秒
Yoga 650(AMD)12分39秒
Inspiron 14 541527分03秒

弊ブログで毎度おなじみのYouTube動画の書出しでは、処理時間が1分35秒だった。

もちろん過去最速値で、デスクトップPCと比較しても遜色のないパフォーマンスを発揮。動画編集においてもインテルCPUの強さが現れている。

Lightroom Classic CCにてRAW現像時間を検証

Adobe Lightroom Classic CCにてα7Ⅱで撮影した24MPのRAWファイル100枚を一斉に書出し、その速度を検証しました。

LightroomClassic CC初期プリセットで画質を100に設定し、デスクトップへ書出し。結果は下記のとおり。

機種書出し時間
Dell G15 SE(レビュー機57秒
ROG Strix SCAR 171分26秒
HP Paivlion Gaming 15(AMD)1分27秒
ROG Flow X131分32秒
ASUS TUF DASH F151分41秒
XPS 13(9310)1分37秒
HP ENVY 14-eb(電源接続時)1分44秒
mouse K51分53秒
mouse X5-R71分57秒
ASUS ZenBook 14 Ultralight UX4351分58秒
MacBook Air(M1)1分58秒
Dell G15 Ryzen Edition2分12秒
Yoga 6502分57秒
Yoga Slim 750i Carbon2分57秒
mouse X4-R53分8秒
Inspiron 14 545155分53秒

こちらももちろん最速。

1分切りはノートPCにおいて初で非常に高速になっている。

デザイン

Dell G15 SEのオブディシアンブラックは天板、キーボード、底面全てがブラックで作られており、高級感のある作り。

スペシャルエディションは天板がアルミシャーシでできているため通常モデルよりも所有欲を満たせるデザインだと感じた。

ライティングをしなければ、ゲーミングPC感もう擦れるため、クリエイティブワークで使いたい人にもおすすめしやすい。

裏蓋は黒のネジで止められており、統一感があってかっこいい。

精密ドライバーがあれば裏蓋を開閉するのは比較的簡単だ。

SSDはショートサイズのモノが採用されており、2280規格のものに変更すれば本来のパフォーマンスが発揮できそうな感じもあるが、メーカー保証対象外になるため行う場合はそのつもりで。

そして、残念ながら今回は右側のSSDスロットは実装されていなかった。

電源は240WのACを採用。

モニターついて

Dell G15 SEに搭載されているモニターは240Hzのリフレッシュレートを持つゲーミングモニター

リフレッシュレートが高ければ高いほど、1秒間に映し出される画の枚数が増え滑らかに見えるようになり、競技性の高いゲームにおいては敵を視認しやすくなるなどの効果があるためゲームのプレイ時に有利になるとされている。

Dell G15 SEはパフォーマンスが高いため240Hzのモニターの恩恵を受けられる。

色域

sRGBカバー率は実測値で100%。シネマカラーのDCI-P3は96.7%。

明るさは実測値で最大406Nitほどありメーカー公称通りだった。ビジネス、ゲーム、クリエイティブ全てに対応可能なモニター。

インターフェース

左側

  • 有線LAN
  • ヘッドフォンジャック

右側

  • USB-A×2

奥側

  • USB-C
  • USB-A
  • HDMI
  • DCジャック

Dell G15 SEは背面側にもインターフェースを搭載している。通常モデルとは異なりUSB-CはThunderbolt 4に対応している。

キーボード・タッチパッド

Dell G15 SEはキーボード側も黒で統一されており、シンプルにまとまっている。

キーボードの配列はUS配列を日本語に切り替えたような形で、キーボードに関しては通常モデルと変わらない。タッチパッドも同様だ。

インターフェースや各パーツは高品質であるがゆえに少し勿体無い気がした。

PCの温度やファンの動作音について

パフォーマンスモードにて計測

PC内部の温度について

CPU使用率を100%にできるソフトウェアを使い、後負荷時の挙動を確認。CPUの最大値は94℃まで上昇。各種ベンチマークの結果を見るとパフォーマンスは問題ないと思われる。

PCの表面温度

最大負荷時のPCの表面温度は最も熱い箇所で41.2℃。キーボードの奥側なので、触りにいかなければ問題はない。

キーボード側は人の体温程度なのでほんのり温かさがある程度だ。

ファンの動作音

この時のファンの動作おんは41.2dbほど。数年前のモバイルノートPC並みの静粛性がある。

Dell G15  SE 5521の評価とまとめ

良い点

  • インテル第12世代プロセッサ搭載+高出力のRTX3070Tiで非常に高いパフォーマンス
  • 搭載モニターのクオリティが高い
  • Thunderbolt 4搭載で拡張性が高い
  • アルミ天板採用で高級感がある
  • ファンの動作音がゲーミングノートの中では静か

気になる点

  • SSDのスロットが一つ潰されている
  • キーボード・タッチパッドは従来モデルと同じ

クリエイティブにも使えるデスクトップ級パフォーマンス

Dell G15 SEは1世代前のミドルハイクラスのデスクトップPC並みのパフォーマンスがある。ゲームにおいてもクリエイティブにおいても有効だろう。また、性能だけでなく、各パーツのクオリティも高く、このまま買ってすぐに動画編集に使えちゃうような完成度の高さが魅力だ。

残念な点は、キーボードやタッチパッドが標準モデルと変わらない点だろう。ここまでしっかり作り込んであるのであれば、キーボードとタッチパッドにも力を入れて欲しかった。とはいえG15シリーズはデルの中では中堅クラスのゲーミングノートPCの位置付けで販売されているため、出来過ぎも良くないのかもしれない。

冷却性能も申し分なく、パフォーマンスがかなり高いため、インテル第12世代CPUを搭載したミドルハイ〜ハイエンドのノートPCを検討されている方にはおすすめできるモデルだ。

デル×うっしーならいふ限定楽天ポイントがもらえちゃうキャンペーン

デルとうっしーならいふ限定で楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

PCが対象ですが購入金額の合計がそれぞれ満たせればOKです

  • 合計で8万円(税抜)以上購入で3000P
  • 合計で15万円(税抜)以上購入で7500P

詳細は下記特設ページで確認できます。

注意事項下記に該当すると対象外になります。

  • ご注文後のキャンセルや、返品
  • ブラウザの設定で、クッキーがオフとなっている場合
  • デル・アウトレット製品の購入
  • デル・プレミアページ経由でのご購入
  • Cookie(個人関連情報)の第三者提供に同意せずに購入された場合

Cookieの確認方法は下記ページで紹介しています。

価格や仕様は変更となる恐れがありますので、必ず公式ページでご確認ください。

関連記事

 

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)