【限定3500台】m-Book B506H|乃木マウス新CM記念モデルをレビュー

0
1942

某夢の国は35周年で、期待を超えるコンピューターを発売するマウスコンピューターは25周年です。おめでとうございます。

乃木坂46といえば生駒里奈さんが卒業し、乃木マウスもどうなることか思っていましたが、新メンバーに堀マウスこと堀未央奈さんが新たに加入しました。

抜群の可愛さは健在の乃木マウス新CMを記念してこの度マウスコンピューターから限定3500台で発売されたモデルといえば、超コスパノートパソコンの『m-Book B506H』です。

マウスコンピューターからお借りしたのでレビューしていきたいと思います。

m-Book B506Hの特徴をサラッと紹介

m-Book B506H|即買いレベルのコスパ!超おすすめ

  • 動画編集もこなせる第8世代4コア8スレッドのCore i7 8550U
  • 高速起動のM.2規格の512GBSSD
  • 目に優しいノングレアの15.6インチIPS液晶
  • 以上を搭載し税抜き99800円

といった超太っ腹なモデルとなっています。僕は以前にも超コスパモデルのB504Hをレビューしていますが、今回の主な変更点としては、グレア液晶からノングレア液晶に、USB3.0ポート(Type-C)を搭載するなどグレードアップして同じ金額で登場しました。

ぶっちゃけこの金額のパソコンは超安いので即買いしてもよいレベルです。(もちろん外観などの紹介はこれからします)

乃木マウス紹介ページで確認

m-Book B506Hレビュー

m-Book B506Hの外観

天板

限定台数と設定されているBシリーズは樹脂素材に白をカラーリング、目立ちすぎないチーズのマークが特徴です。とてもキュートでかわいいです。

安いんだけどそれとなく良さげな雰囲気を醸し出します。

本体サイズはA4ノート二枚分と一般的なノートパソコンと変わりません。

側面:左

左側側面です左から

  • ケンジントンロック
  • 電源
  • HDMI
  • USB3.0ポート
  • USB3.0Type-C
  • イヤフォン
  • マイク

側面:右

左から

  • USB2.0×2
  • マルチカードリーダー
  • D-sub15pin
  • LAN端子(Ethernet)

となっています。

すっきりした印象ですが、拡張性も申し分なく、外付けモニターへの出力やSDカードからの写真の読み出しも簡単に行うことができます;。

重量

メーカー公称値では、2.1kgとなっていましたが、実測値ではバッテリー搭載時で1.898kgでした。ACと合わせて2.1kgでした。メーカーページでは、ケーブル類は含まないと記載がありましたが…

とにかく、公称値よりも200g程度軽く、持ち運びも可能です。

液晶ディスプレイ、キーボード、タッチパッド

今回の液晶ディスプレイは15.6インチのIPSパネルを搭載しています、僕が以前レビューしたモデルはグレア液晶(てかてかとした反射するタイプ)でしたが今回はノングレア採用しています。

グレア液晶

ご覧いただいている通り、反射が強く目が疲れやすいのがグレア液晶です。

チェック!
視認性もよく目が疲れない液晶になりました。

キーボード

マウスコンピューターの公式サイト仕様詳細では、キーストローク(キーの沈み込み)1.8mm、キーピッチ(キーとキーの間)18mmとのこと。

実際に打ち込んでみるとストレスなく打鍵することができますが、全速力でうちこむとやはりがちゃがちゃとした音が気になります。

キーボードバックライトも採用しています。

Twitterにあげた動画のような感じで浮かび上がるようなバックライトを10万円程度のパソコンに搭載しているのは本当にすごい。

チェック!
打ちやすいキーボードとかっこいいキーボードバックライト搭載

m-Book B506Hのパフォーマンスを確認

B506Hのスペック

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620
メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×1)
SSD 512GB Serial ATAIII M.2規格
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ IPSパネル/ LEDバックライト)
無線 IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応
Bluetooth Bluetooth 4.2
マウスコンピューター公式サイトで確認

CPU

CINEBENCH R15

CPUの性能をテストするCINEBENCH R15ではマルチコアのスコアが504でした。

この数字は第4世代のデスクトップCPU Core i7 4770に匹敵するパフォーマンス。動画の編集やRAW現像なども時間はかかりますがこなせるパフォーマンスです。

とはいえ、快適におこなうのであれば上位モデルも検討した方が良いです。

Pass Mark CPUMARK

PCMARK10のスコア

パソコンのトータルパフォーマンスを測るPCMARK10では、3427という数値でした。

  • Essential=ウェブブラウジング、アプリケーションソフトの起動速度
  • Producibility=エクセル
  • Digital Content Creaticon=写真編集、イラスト制作など

クリエイティブ系のスコアは低めですが、なんとかこなせるレベルだと思われます。(動画の書き出し作業は後述します。)

SSDの読込速度

m-Book B506Hに搭載されるM.2規格のSSDはADATAのSU800を搭載しています。SATA接続ではあるものの読込速度は高速です。

起動速度

iPhoneのストップウォッチ機能を用い手動計測した結果は下記のとおりです。電源ボタンONからおおむね10秒程度でホーム画面を表示することができます。

1回目 2回目 3回目 平均
10秒58 11秒11 11秒50 11秒06

クリエイティブ性能を確認

YouTube向けに編集された5分程度のフルHD動画(テロップ、BGMあり)をレンダリング(書き出し)し、その変換速度をVegas Pro15で検証します。

CPU単体では30分3秒でした。

5分のフルHD動画をレンダリングした結果
CPU レンダリング時間
Core i7 8550U 30分3秒
Core i5 8400(デスクトップCPU) 15分50秒
デスクトップCPUのCore i5 8400と比較すると倍の時間がかかってしまいます。が、レンダリング自体問題なく行えるため、動画編集、YouTubeのアップロードは『できなくはない』レベル。

これが一段下のCerelonになるとかなり厳しくなってきます。

僕のオススメポイントを紹介

超高コスパモデルは売り切れ次第終了

前回レビューした限定モデルは発売より一か月ほどで予定台数を売り切りました。

安いか高いかでいえば『安い』。買いか買いじゃないかといえば『買い』。そういうモデルです。もちろんいらないのに買う必要はないのですがw

「ちょっと今度パソコン買い換えようかなー」と思っている人であれば、ノーカスタマイズで購入しても後悔しないモデルです。

それくらいコストパフォーマンスは高いモデルとなっています。

オススメ構成例

オススメ構成例 m-Book B506H(記事紹介モデル)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
メモリ 8GB PC4-19200
SSD 512GB Serial ATAIII M.2規格
価格
ノーカスタムでそのまま購入する感じですね。

なお、価格や仕様は記事執筆時の2018年7月1日時点のものです。変更となる恐れがあるため注意してください。

m-Book B506H|即買いレベルのコスパ!超おすすめ

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU:Core i7 8550U
  • メモリ:8GB
  • グラフィックボード非搭載
  • 価格:9万円台~
公式サイトで確認

 

 

関連記事

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください