【レビュー】RYZEN7 2700Xで自作|Core i7 8700K以上の鬼パフォーマンスを紹介

0
521

CPUが多コア化するながれは今後続くとされています。AMD RYZENシリーズは長らく(というかずっと)インテルチップセットにパフォーマンスも人気も歯が立たない状況でした。

もちろん一部のAMD好きには垂涎の構成でインテルの牙城に勝負を仕掛けるも一般ユーザーまで浸透することはなく、半導体素子メーカーの長のインテルにAMDが果敢に勝負を挑み続けることは我々消費者にとっても大切なことです。

そんなAMDが発売したCPUが『RYZEN 7 2700X』です。

お得意のAPU(オンボードグラフィックチップがのったCPU)ではなく、純粋なCPUとして割り切った8コア16スレッドを有するモンスターCPUを今回は自作パソコンに組み入れたのでレビューしていきたいと思います。

なお、このレビュー記事はCPUにフォーカスをあてつつも、メモリ、CPUクーラー、マザーボード、SSDについても触れていきたいと思います。

参考になれば幸いです。

RYZEN 7 2700Xの特徴をさらっと紹介

RYZEN 7 2700Xは第2世代AMD Ryzenプロセッサーとして発表されました。コードネームは「Pinnacle Ridge(ピナクルリッジ)」

ちなみに、Pinnacle=頂点という意味。その名に恥じぬ頂点を目指したCPUであると2018年7月執筆時の僕は思います。

AMD Ryzen7 2700X IntelCore i7 8700K
プロセスルール 12nm 14nm++
希望小売価格 329ドル(安い) 359ドル(高い)
付属CPUクーラー 光る そもそも付属していない
オンボードグラフィック なし Intel UHD graphics 630

最新技術で安くて光る。のがAMD Ryzen7 2700Xの特徴ですね。

結論だけ記載しておくとゲーミングマシン特化であればインテル Core i7 8700Kをチョイスするのがスコア的によろしいです。普段僕が読んでいる物凄く詳しい人もそう書いてあったので間違いないです(おぃ)

僕が皆さんにお伝えできるところとしては、『比較的安く』『それとなく良さげ』なパソコン構成を目指したらこんな感じになりましたということを伝えたいのであります。

RYZEN 7 2700Xはグラフィックスカードが必須

AMDの公式ページの仕様詳細を見ればわかるのですが、Ryzen 7 2700Xにはオンボードのグラフィック(iGPU)搭載されておらず、ディスプレイに出力する際はグラフィックボードが必ず必要になります。

僕は以前利用していたASUS ROG STRIX GTX1060(6GB)を流用した形となります。ここは注意が必要です。

Ryzen7 2700Xのパフォーマンスを確認

CINEBENCH R15

僕の自作PCのRyzen 7 2700XのCINEBENCH R15計測結果

CPUのパフォーマンスを測定するCINEBENCH R15では上記のような結果に。

マウスコンピューターからレンタルしたモデルをレビューした際の計測結果、参考指標

このグラフは僕が普段からマウスコンピューターのパソコンをレビューしている際の計測データ、参考指標として利用していますが、Core i7 7820X(モデル:DAIV-DGX750)を凌駕するパフォーマンス。

とはいえ、シングルコア性能では以前インテルCPUが有利で、特にCore i7 8700K及び8700との差が顕著に出ています。(当ブログ計測データ

PASS Mark CPUMARK

僕の自作PCのRyzen 7 2700XのCPU計測結果
マウスコンピューターからレンタルしたモデルをレビューした際の計測結果、参考指標

同じくCPUのパフォーマンスをテストするPass Mark CPUMARKでは、以上のような結果になりました。

ゲーミングマシンに向いていないというのは、CINEBENCH R15に見られるようなシングルCPUもあたりのパフォーマンスが欠けているからであり、無理にRyzen 7 2700Xを選ぶ必要もないのです。ピークパフォーマンスを要求される動画のエンコード時、動画の配信時に力を発揮します。

FF15ベンチマークテスト

僕の自作PCのRyzen 7 2700XのCINEBENCH R15計測結果
マウスコンピューターからレンタルしたモデルをレビューした際の計測結果、参考指標

先ほども記載した通り、ゲーミング性能でいえばIntel Core i7 8700(Kなし)モデルにもスコアは及ばず、フレームレートを計測したところRyzen搭載マシンはi7 8700よりも20fpsほど低かったです。

詳細に関しては下記記事に記載してあります。

動画編集ソフトのエンコードスピード

僕はマウスコンピューターのパソコンをレビューする際、自前で制作したYouTube動画のレンダリング(書き出し)処理の時間を計測しパフォーマンステストとしています。

動画制作ソフト『Vegas Pro15』を用いて5分程度のmp4+(テロップ、BGM付)動画をMAGIX AVC/AAC MP4フォーマットの『インターネットHD 1080P 59.94』に変換してます。(画像が誤りです)

Ryzen 7 2700XCPUエンコード

CPU単体のエンコードスピードは11分40秒という結果でした。

Ryzen 7 2700X+GTX1060(6GB)ハードウェアエンコード(NVENC)

Vegas Pro15はNvidiaのハードウェアエンコード『NVENC』に対応しています。CPUとGPUを使ったエンコード処理は単体処理よりも短い時間で作業を終わらせることが可能です。

CPU CPU単体処理 NVENC(GPUエンコード)
Ryzen7 2700X+GTX1060 11分40秒(僕の自作) 8分44秒
Ryzen7 2700X+GTX1080 10分3秒(マウスレビュー品) 7分34秒
Core i7 7820X+GTX1060 10分24秒 8分00秒
Core i5 8400+GTX1080 15分9秒 7分41秒
Core i7 8700K+GTX1080 11分31秒 7分30秒

なんで僕のパソコン遅いんだ?という突込みは、高解像度の多画面出力してたからだということにしておいてください。(関係あるのか?)

さて、結果だけなぞっていきますと、CPU単体処理ではCore i7 7820Xをしのぐパフォーマンスです。(何か設定間違えたか…多分間違えた気がする)

いずれにしてもCore i7 8700Kと互角以上のパフォーマンスを発揮します。

ピークパワー時の熱

オーバークロックはしていませんが、『熱』問題を避けられないのがパソコンというものですよね。

備え付けのCPUクーラーと自作で用いた簡易水冷で検証してみました。

FF15ベンチ後のAMD備え付けのCPUクーラー

マウスコンピューターからレンタルしたAMD搭載モデルの結果

上記画像はマウスレビュー品ですが、FF15ベンチ後のCPU温度は62℃でした。七色に光る大型ファンを搭載したAMDのCPUクーラーとマウス独自のエアフロー設計ケースによりコントロールできています。

エンコード2連続後のCPU温度+簡易水冷CPUクーラー

Antecの簡易水冷 KUHLER H2OK120

エンコードを2つ連続で行った後のCPU温度です。68℃でした。

備え付けのCPUクーラーでも十分な冷却性能を発揮してくれますし、純正で七色に光るのは見ていて気持ちがいいものです。下記は簡易水冷のCPUクーラーをつけた写真です。

簡易水冷はこんな感じ。

Ryzen 7 2700Xの価格とintel Core i7 8700Kの価格で比較

僕はお金持ちではないので、できるだけ安くハイパワーを出したい(ゲームはそんなにプレイしません)

そんな時選択肢に上がるのがRyzen 7 2700Xだと思うのでCPU単体価格をEC(ショッピングサイト)で比較してみたいと思います。(記事執筆時2018年7月2日時点の価格

ショッピングサイト AMD Ryzen7 2700X IntelCore i7 8700K
Amazon 35,999円 40,430円
パソコン工房 39,938円 40,430円
ドスパラ 37,980円 40,430円
平均価格 37,972円 40,430円

Core i7 8700Kはおおむねどのサイトでも40,000円を超えてきており、平均で3000円ほどCore i 8700Kの方が高いということ。(Ryzen7 2700Xの方が7%ほど安いと考えれる)

オンボードにグラフィックチップが搭載されていないことは先ほど記載しましたが、このクラスのCPUを考えている人は当然ながら頭の中に専用のdGPU(グラフィックボード)が当初から予算の中に組み込まれていると思います。

それであれば、ゲーミング性能の10%程度のビハインドは購入金額で納得できるかもしれません。

ここからはRyzen7 2700Xを自作を考える際に思い付いたポイントを列挙して記載していきたいと思います。

Ryzen 7 2700Xを自作時のマザーボード選び方

Ryzen 7 2700X以外にもAMDのAM4ソケット対応CPU(APU)は多数存在し、世代を超えても利用できるソケットであることが個人的には「いいね!」ポイントでした。

X470シリーズのASUSを購入したのは単純にグラフィックボードがASUSだからで、PRIMEでもROGでもぶっちゃけどちらでもよかったのですが、今回は光らせたかったのでROG X470-Fをチョイスしました。

X470FシリーズはM.2SSDのアルミのヒートシンクを標準装備しており、熱をコントロールしてくれます。

PCIe接続を行う際気を付けなくてはならないのは、爆速のSSDをチョイスした際の熱です。

ヒートシンクなしでFF15のベンチマーク

マウスレビュー品のウェスタンデジタル社のM.2SSD

X470Fの備え付けヒートシンク付きでベンチマーク

自作PC用に購入したSandisk社が発売する500GBのM.2SSD

読込速度はとてもはやいのに温度を低く保ててるとヒートシンクの偉大さが伺えます。

お世辞にも僕のデスクトップパソコンのエアフローはBTOメーカーのマウスコンピューターほど考えられていないので、単純にヒートシンクが有無が温度差になります。

X470とZ370マザーボードの価格比較

ASUS ROGシリーズを参考にAMDとIntelチップセット搭載マザーボードを比較

ショッピングサイト ROG STRIX X470-F ROG STRIX Z370-F
Amazon 24,595円 26,401円
パソコン工房 24,590円 22,654円
ドスパラ 25,800円 22,874円
平均価格 24,995円 23,976円

マザーボードでいえば、AMDチップセットを搭載したモデルは平均で1000円ほど高い。

先ほどのCPUの価格比較も含めRyzen 7 2700Xを選ぶとCore i7 8700Kを選ぶより2000円ほど安く購入することができる。

また、Amazonでは行われていませんが、パソコン工房やドスパラなどではパーツセットで1000~2000円程度のセット割引も受けられるため、実価格の差額は4000円~5000円程度となるはずです。

Amazonでチェック パソコン工房公式ページで確認

まとめミドルクラスのクリエイティブ系、配信用で組みたいならRyzen 7 2700Xを選択しましょう

価格も見ていただいた通り、Ryzen 7 2700Xの方がトータルで安く組むことができるので、それ以外のところを気にするのであれば、ゲーミングに特化するのかどうか。

最大で10%ほどのベンチマークスコアに差がでてしまうので、本気でゲームだけやるのであればインテルを、動画の編集やRAW現像、動画配信を行いつつもゲーミングにいそしむという複合的な使い方をする場合はRyzen 7 2700Xの方がコスパが高い。

頂点の名をもつRyzen 7 2700XはCPUに極限の負荷をかけた状態でこそ、その真価を発揮するのかもしれません。

オススメBTOパソコンの紹介

NEXTGEAR-MICRO am540PA2

マウスコンピューターのG-TUNEブランドから発売されるエアフローが考えつくされた堅牢制の高いゲーミングPC、最上位モデルはRyzen 7 2700X+GTX1080構成

マウスコンピューター公式サイトで確認

コメントをいただけると喜びます\(^o^)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください