少ない予算の中からノートPCを選ぼうとするとCPUが低スペックなCeleronになってしまったり、メモリーの量を妥協しないといけません。

そこで今回は、最近売れてるAMD社CPU Ryzenを搭載した低価格ノートPCのおすすめをまとめたいと思います。

Ryzen搭載ノートPCとは

AMD社のCPU

パソコンに詳しい人であれば、「AMDのCPU(APU)なんて性能低くて使い物にならない」という意見を持ってる人も多いかもしれませんが、AMD社のRyzenシリーズは従来のモデルよりも大幅に性能がアップしています。

そのうえで価格はインテル製のものより安く抑えられるためコストパフォーマンスに優れています。

Ryzen搭載ノートPCは性能が高い

Cinebench R20

 

Cinebench R20の総合スコア

Core i9 10980HK
4132pts
Ryzen 9 4900HS
4040pts 
Ryzen 5 4600H
3143pts
Core i7 10750H
2926pts
m-Book K700 Core i7 9750H
2643pts
Ryzen 5 4700U(HP ENVY x360 13)
2437pts
HP ENVY x360 15Ryzen 5 4500U
2270pts
Core i5 10300H
1941pts
ThinkPad E14 Gen 2(AMD)
1604pts
Prestige 15 Core i7 10710U
1587pts
mouse X5 (Core i7 10510UI)
1534pts
ThinkPad E595(Ryzen 5 3500U)
1333pts
ThinkPad X390(Core i7 8565U)
1245pts

AMDのRyzenおよびインテルCPUのレンダリングスピードを計測するCinebench R20の結果です。AMDは下のモデルから性能が高く、Ryzen 3とCore i7が同等クラスです。

最新のRyzen 4000番台はRyzen 3でCore i7と同等

上記の通り、Ryzen 3 4300Uはインテル Core i7 10710Uよりもベンチマークスコアが高く性能が高いです。実際の使用感ではCore i5と同じくらいだと思いますが、非常に高性能なのでMicrosoftOfiiceや互換ソフトを動作させつつ簡単が画像編集を行うのであれば Ryzen 3 4300Uで十分です。

Ryzen CPUの利用目安

CPU別おすすめ用途
Ryzen 9 4900HSゲーム動画編集ゲーム、動画編集ウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作簡単な動画編集・イラスト制作・写真編集
Ryzen 7 4800Hゲーム、動画編集ウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作簡単な動画編集・イラスト制作・写真編集
Ryzen 5 4600Hゲーム、動画編集ウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作簡単な動画編集・イラスト制作・写真編集
Ryzen 7 4700Uウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作簡単な動画編集・イラスト制作・写真編集
Ryzen 5 4500Uウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作・イラスト制作・写真編集
Ryzen 3 4300Uウェブサイト閲覧・Officeソフト・動画視聴・イラスト制作

クリエイティブな作業を行うなら最上位モデルのRyzen 7 4700UやゲーミングノートPCに搭載される、Ryzen 5 4600HモデルやRyzen 7 4800Hモデルが良いと思います。

また、ゲーミングノートPCは下記にもまとめていますので是非参考にしてください。

officeなどの事務作業やウェブサイトの閲覧がメインならRyzen 3 3300Uを選びましょう。

ただし、各メーカーはRyzen 5 3500Uが最もコスパがよくなるよう、液晶モニターの解像度やメモリの量を調整してきていますので、価格で見るとRyzen 5 3500Uが最も購入しやすいと思われます。

Ryzen搭載ノートPCのメリットとデメリット

メリットは価格が安くて高性能なこと

モデルHP ENVY13 X360HP ENVY13
CPURyzen 3 4300UCore i5 1035G1
メモリ8GB4GB
SSD256GB256GB
価格70000円87000円

参考までに日本HPの売れ筋2機種を比較してみました。

Ryzen 3 4300U搭載モデルはCore i5搭載モデルよりも1.7万円程度安いです。

4000番台になることで、デメリットとなるベンチマークスコアほど実性能が出ない点は払しょくされました。実機検証でそれらがわかったので筆者の僕はRyzen 7 4700U搭載の新型ノートPCを購入しました。

スタンダードノートPCのおすすめ

HP 15-db0000

Ryzen 3 2200U構成が安い

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU: AMD Ryzen 3 2200U
  • メモリ:4GB
  • HDD:1TB
  • 価格:4万円台

光学ドライブ(ODD)搭載

15.6インチかつDVDライターを標準搭載しておりスタンダードノートPCとして税込み5万円程度で購入できる売れ筋モデルです。。

また、1TBのHDDを搭載しており保存できるデータも多いです。

おすすめモデル

CPUメモリSSDHDD価格
エントリーモデルE2-9000e4GB1000GB37,000円
ベーシックモデル←おすすめRyzen 3 2200U4GB1000GB47,000円
スタンダードモデル←おすすめRyzen 5 2500U8GB256GB62,000円

デル New Inspiron 15 3000(3585)

最新のNVMe接続のSSD搭載

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU: AMD Ryzen 3 2200U
  • メモリ:4GB
  • SSD:128GB
  • 価格:5万円台

高速のNVMe SSDを標準搭載

HPの格安タイプとは違い、大容量ではないけれど、最新のNVMeSSDを採用しています。

最新のNVMe接続のSSDは従来のHDDの20倍の速度が出ます。もちろん、SSD個々によってばらつきがありますが、いずれにしても超高速の読み出しが可能なので、Windowsの起動やデータファイルの移動が素早く行えます。

おすすめモデル

CPUメモリSSDHDD価格
スタンダードRyzen 3 2200U4GB12853,980円
プレミアム←おすすめRyzen 5 2500U8GB25674,980円

 

チェック!
デルはクーポンが発行されることが多く、プレミアムモデルが税込み64,000円程度で購入できる可能性もあるため公式ページで確認してみてください。

レノボ ThinkPad E585

Ryzen 5 2500Uが安い

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU: AMD Ryzen 5 2500U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:6万円台

超コストパフォーマンスを実現

レノボのThinkPad E585はRyzen 7 2700Uモデルまで取り揃えているのですが、そのなかでもおすすめなのが、このRyzen 5 2500U搭載モデルです。

フルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイにSSDが256GBついて、税込み8万円弱なので、かなり安いです。

第3世代Ryzen搭載モデルが販売されたのでかなり安くなりました。

そのうえ、ThinkPadブランドなので打ちやすいキーボードも搭載しています。

予算を抑えたうえで高性能を手に入れるならこのモデルでしょう。

おすすめモデル

CPUメモリSSDHDD価格
スタンダードRyzen 3 2200U4GB128GB54,810円
パフォーマンス←おすすめRyzen 5 2500U8GB256GB63,239円
プレミアムRyzen 7 2700U16GB256GB102,416円

Lenovoは税込み・送料込み価格です。

レノボにおいてもEクーポンが発行されている可能性があるため公式ページで確認してください。

レノボ ThinkPad E595

Ryzen 5 3500Uが安い

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • CPU: AMD Ryzen 5 3500U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:7万円台

新型だけど安い

レノボのThinkPad E595はRyzen 7 3700Uモデルまで取り揃えているのですが、そのなかでもおすすめなのが、このRyzen 5 3500U搭載モデルです。

標準でフルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイにSSDが256GBついて、税込み8万円弱なので、かなり安いです。

そのうえ、ThinkPadブランドなので打ちやすいキーボードも搭載しています。

予算を抑えたうえで高性能を手に入れるならこのモデルでしょう。

おすすめモデル

CPUメモリSSDHDD価格
パフォーマンスRyzen 5 2500U8GB256GB79,553円
パフォーマンス+オフィスRyzen 5 2500U8GB256GB84,866円
プレミアムRyzen 7 3700U16GB-1TB105,862円

Lenovoは税込み・送料込み価格です。

レノボにおいてもEクーポンが発行されている可能性があるため公式ページで確認してください。

mouse X5-B

Ryzen 3 3500U搭載デザインがオシャレ

  • 画面サイズ:15.6型
  • CPU: AMD Ryzen 5 3500U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:8万円台

高性能モバイルノートPCのおすすめ

マウス mouse x4-B

14インチFHD 

  • 画面サイズ:14.0インチ
  • CPU: AMD Ryzen 5 3500U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:7万円台

赤を基調としたデザインで、女性におすすめのモデルです。低価格でもOfficeなどの用途なら快適にこなせます。

レノボ idea PadS540ミネラルグレー

14インチFHD IPSパネル

  • 画面サイズ:14.0インチ
  • CPU: AMD Ryzen 5 3500U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:6万円台

ideaPad530Sは14インチタイプのノートPCです。持ち運びに便利なサイズ感と6万円台の安い価格帯が魅力です。

6万円台から購入可能なスタンダードモデルでもFHDの高解像度モニターが搭載でコスパが高いモデル。

上位モデルは512GBSSDと容量が多くなり非常に使いやすい性能です。

おすすめモデル

製品型番CPUメモリSSDHDD価格
81NH002PJP←おすすめRyzen 5 3500U8GB256GB60,329円
81NH002RJPRyzen 7 3700U8GB512GB98,366円

Lenovoは税込み・送料込み価格です。

レノボ ThinkPad X395

13.3インチHD パネル

  • 画面サイズ:13.3インチ
  • CPU: AMD Ryzen 3 3300U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:9万円台

細かいカスタマイズが可能

注意点として、一番安いモデルは液晶モニターがHD画質(1366×768ドット)である点。

価格を抑えるために、カードリーダーなどが非搭載です。カスタマイズの幅は広いのですが、納期が長くなります。

おすすめモデル

製品型番CPUメモリSSDHDD価格
スタンダード←おすすめRyzen 3 PRO 3300U8GB256GB96,876円
パフォーマンス←おすすめRyzen 5 PRO 3500U8GB256GB111,974円
プレミアムRyzen 7 PRO 3700U16GB512GB135,302円

Lenovoは税込み・送料込み価格です。

タッチパネル対応のコンパーチブルノートPCのおすすめ

HP ENVY 13 x360(ar0000)

プレミアムクラスなのに安い!

  • 画面サイズ:13.3インチ
  • CPU: AMD Ryzen 3 3300U
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 価格:8万円台

ナローベゼルデザイン採用でコンパクト

液晶のフチが狭いナローベゼルデザインを採用しており、高級感があります。ナローベゼルの恩恵は、従来のモデルよりもワンサイズ本体を小型化しつつも液晶ディスプレイはそのままといった点です。

上記画像は、15.6インチとしていますが、イメージとしてはこんな感じです。13.3インチなのに従来の11インチくらいの大きさしかないため持ち運びにも向いています。

このHP ENVY 13 x360は低価格ですが、非常にオシャレです。Microsoft社のSurfaceにはちょっと手が届かないと考えている人におすすめできる。

タブレットPCとしても使えるコンパーチブルノートPCです。

おすすめモデル

グレードCPUメモリSSDHDD価格
ベーシックモデル←おすすめRyzen 3 3300U8GB256GB100,224円
スタンダードモデルRyzen 5 3700U8GB256GB111,024円
パフォーマンスモデル←おすすめRyzen 7 3700U16GB512GB143,424円

HPの価格は税込み価格です。

 

2019年の新モデルになり、一番グレードが低いモデルから8GBのメモリを標準で搭載しており非常にお勧めできます。

また、パフォーマンスモデルはうっしーならいふ限定クーポンで7パーセントオフとなりますので是非ご利用ください。

うっしーならいふ限定クーポン

マウスコンピューターと日本HPにクーポンを発行してもらっていますので、ぜひ下記バナーから詳細をご覧ください。お得にPCを買えます。

関連記事

4 コメント

  1. AMDのAPUですと非公式ですけどFluidMotion当てれるので、はじめからインストールされてれば、かなり売れそう気がします。今がAMDとしては、チャンスな気がするんですけどね、AMD頑張れ。もっと熱くなれよ(;´Д`)

  2. >クリエイティブな作業を行うなら最上位モデルのRyzen 3 3300U。
    >officeなどの事務作業やウェブサイトの閲覧がメインならRyzen 7 3700Uを選びましょう。

    記述が逆ですかね。

コメントをいただけると喜びますヽ(`▽´)/

コメントの投稿をお願いします!
氏名を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)